リネレボ 工匠。 『リネレボ』新PvP“栄光の戦場”や新システム“エンチャントボード”が発表

【リネレボ】工匠のシステムまとめ【リネージュ2レボリューション】

リネレボ 工匠

工匠とはなにか・システム全体の流れ 新たな育成コンテンツに必要なアイテムを制作 工匠は、システム実装と同時に追加されるダンジョン「工匠の庭園」にて獲得した素材を使用し、新たな育成コンテンツに必要なアイテムを制作できるシステム。 今後、今まで以上にキャラを強化するために必要となってくるシステム。 工匠全体の流れ まずは採取 まずは工匠に必要なアイテムを「工匠の庭園」で集める必要がある。 採取には「採掘」、「植物採取」、「釣り」の3種があり、どの採取方法を選択するかで後に工匠、制作が行える項目が変わってくる。 強化したい項目に応じてアイテムを制作 必要素材を採取したら、それらを利用して新たな育成コンテンツの必要なアイテムを制作する。 制作で育成コンテンツ用アイテムを獲得するためには既存の消耗品アイテムを制作して工匠のレベルを上げていく必要がある。 制作を行って工匠のLvが5になると「専門家」として育成コンテンツ用アイテムを獲得することができるようになる。 採取の種類・ポイントまとめ 3種類の「採取」が存在 採取には「採掘」、「植物採取」、「釣り」の3種が存在し、「工匠」の技術を通じてアイテム製作を行うための素材を集めることができるコンテンツとなっている。 採取の種類種類と仕様 採取の種類 対応する工匠 仕様 採掘 ・鍛冶屋 ・宝石細工師 工匠の庭園に存在する鉱物オブジェクトを採取して鉱物類の材料を獲得する技術 植物採取 ・錬金術師 ・魔法付与師 工匠の庭園に存在する薬草オブジェクトを採集して薬草や木材などを獲得する技術 釣り ・料理人 工匠の庭園に存在する魚を釣ることで魚類の材料を獲得する技術 採取の重要ポイント よりよい素材を取るためにレベル上げが必要 採取には3種の採取方法別に「熟練度」が存在する。 熟練度は最大Lv15まで上げることができ、 熟練度が高ければ高いほど良い素材を獲得しやすくなる。 工匠の庭園まとめ 採取によってアイテムを入手できるダンジョン ピンクの枠と重なる時を狙う ゲージがたまると出てくる徐々に小さくなる円がピンク色の枠と重なったタイミングでタップし、より枠線に近いほど良い材料を獲得することができる。 採取ランクによって入手できるアイテム 収穫アクションランク 獲得アイテム1 獲得アイテム2 Lv5以上オブジェクト 限定獲得アイテム Good 収穫物少量 - - Great 収穫物中量 - 虹の庭園の贈り物1個 Perfect 収穫物多量 工匠のエッセンス1個 虹の庭園の贈り物2個 オート採取も可能 オートで採取する際に、キャラクターが自動で動く範囲を予め設定しておける。 効率よく採取させるために、必要のない距離を移動したりしないよう事前に設定しておくのがオススメ。 採取道具がなくなったらオート採取を終了するかどうかを設定可能 採取道具は使用することで採取によって入手できるアイテムのランクを一定ランク以上で収穫できるようになるアイテム。 これがなくなった際にオート採取をやめるようにしておかないと、アイテムのランク保証がない状態で採取回数を使ってしまうことになるので事前に設定しておくのがオススメ。 【採取道具って何?】 収穫時の収穫アクションランクが一定以上になることを保証してくれるアイテム。 採取道具を使用すると、必ず「Great」以上でアイテムを収穫することができ、一定の確率で「Perfect」獲得も可能。 工匠の仕様について 制作に使用する技術を指す 工匠とは、制作に必要な5つの技術を指す。 それぞれの技術を使って制作を行うことでLvを上げることができ、Lv5までいった工匠は「 専門化」を行うことができる。 工匠の主な仕様まとめ 工匠名 最大Lv 専門化の可否 錬金術師 鍛冶屋 宝石細工師 魔法付与師 Lv15 Lv5以上で可能 いずれか一種のみ 料理人 Lv10 不可 専門化できるのは1つだけ 専門化を行うことで新たな育成コンテンツに必要な素材を制作できるが、 専門化できる工匠はどれか一つのみ。 各工匠で強化できる項目は決まっているので、自身が強化したい項目に対応している工匠を専門化するようにしよう。 専門化の流れ• 制作を行い、工匠のLvを上げる• 工匠と同時実装の「依頼所」を通じて「工匠の証」を獲得• 「工匠の証」を使用して専門化 専門化しなかった工匠でのみ入手できる素材の入手方法 詳細はまだ不明だが、 専門化しなかった工匠で入手出来る素材は他ユーザーに依頼をすることで入手できるようになるとのこと。 なので、専門化した工匠に対応した項目以外のキャラ強化も行うことはできる。 制作のやり方・作成できるアイテム それぞれの工匠を利用して行う 「制作」は5つの工匠を利用し、アイテムを作成することが出来るシステム。 ポーションや研磨剤など既存の消耗品アイテムに加え、新育成システムに必要な素材を作成できるシステムとなっている。

次の

【リネレボ】工匠のシステムまとめ【リネージュ2レボリューション】

リネレボ 工匠

リネレボの工匠システムの中のとエリクサー超越について、採取オブジェクトや製作材料・費用などの詳細をまとめています。 序盤は問題なさそうですが、終盤のLR超越では採取レベルの方が高くなっているため、もし採取レベルが足りなければ魔法付与材料を集めるのも吉 URエリクサーの超越 超越と名付けられている通り、エリクサーの最大製作数を上げることができるシステムです。 錬金Lv. 5〜6 上段4種のURエリクサー超越 まず、錬金術師としてやれることは、HP・MP・攻撃力・防御力の4種のエリクサーの超越です。 超越1回に使用するのはこの神秘のエリクサー1個とお手軽で、成功するたびにエリクサーを追加で5個製作して、戦闘力を上げることができます。 超越の花びら T1 の入手方法 採取オブジェクト名 :超越の花 T1 必要植物採取レベル :Lv. 早く攻撃・防御を上げたいところですが製作には専門化してからLv. 6にする必要があるため、最初はHP・MPの神秘エリクサーを作るか、素材を温存するなら依頼をこなしていく必要があります。 7〜8 下段4種のURエリクサー超越 レベルが上がると次は命中・回避・クリ・クリ抵抗のURエリクサーも超越可能となります。 しかし、Lv. 7以上になるためには都度工匠の証による専門化が必要となるため、クリ・クリ抵抗超越までの道のりは長くなります。 超越の花びら T2 の入手方法 採取オブジェクト名 :超越の花 T2 必要植物採取レベル :Lv. 上段4種と下段4種は似ていますが全く異なる素材が必要となっている点を見落とさないようにしてください 採取レベルと錬金レベルは別物であるため、錬金専門化に手こずっている間にもこの花びら T2 集めは可能です。 LRランクアップに必要なもの ・輝くエリクサーエッセンス50個 ・エリクサーエッセンス50個 ・エリクサーと同じ色の薬草300個 Lv. 輝く薬草 T4 の入手方法 採取オブジェクト名 :輝く薬草 必要植物採取レベル :Lv. 最奥のエリアに咲いているため、方向音痴な方はこのあたりからマップのポータルを利用した自動移動を活用してみてください。 LRエリクサーの超越 LR超越も、材料のランクが上がるだけでURと同様に神秘のエリクサー1個から進めることができます。 10〜11 上段4種のLRエリクサー超越 地味な部分ですが、製作に必要な道具キットが高級に変わっているため、神秘のエリクサー1個にかかるアデナが実は2倍となっています。 超越の花びら T3 の入手方法 採取オブジェクト名 :超越の花 T3 必要植物採取レベル :Lv. 12〜13 下段4種のLRエリクサー超越 超越の花びら T4 の入手方法 採取オブジェクト名 :超越の花 T4 必要植物採取レベル :Lv. 錬金術師を選択するにあたって 専門化の選択や採取・製作の進め方はひとりひとりの好みによるため十人十色です。 錬金術師を選ばなくてもエリクサー超越をしていくことは可能ですし、逆に錬金術師を選んでもエリクサーを進めずの依頼で錬金レベル上げと証集めをこなして手助けしつつ、自分は釣りをして料理を作りまくる、なんてやり方もあります。 何を選んだとしても、最終的にはどの製作も存分に楽しめるだろうということを念頭において、後悔のない選択をしましょう。 1〜5 錬金術師のレベル上げについて 特に作りたい消耗品がない場合はLv. 1素材であるコハコベエッセンスやハートフラワーエッセンスと、製作したエッセンスだけで作れるHP・MPエリクサーエッセンスや特性の石がおすすめです。 これら以外を製作する場合は、獲得できる経験値に対して必要素材の量が多く、余分に採取を行わなければならないためAPを多く消費することになります。 採取オブジェクト名 :輝くコハコベ 必要植物採取レベル :Lv. 5以上のオブジェクトからは消費APの5倍の採取経験値が貰えるのに対し、Lv. 1のオブジェクトは消費APの4倍と経験値効率が少し悪いのが特徴です。 専門製作に関して、エッセンスや必要アデナ等 超越の成功率という不確定要素がありますが、ざっくり何がどのくらい必要になってくるのか、というデータをまとめました。 エッセンスと薬草のみ、エリクサー製作とLRランクアップに使用するだけでランダム要素が関係しないため正確な必要数が出ています。 ちなみに鍛冶屋や魔法付与師も道具キットによって莫大なアデナがかかるため、数字の大きさに気後れしないように。 まとめ 神秘のエリクサー1個から育成を始められるとっつきやすさが魅力的な工匠です。 パッと見はアデナの消費が多そうで敬遠されがちですが、他の製作の方が使用する道具キットの量が多く、まとめてアデナを取られる形となっています。 少額での製作のうちから戦闘力に反映されるのが錬金術師のポイントともいえます。 今回の工匠「錬金術師」の採取・製作のまとめはここまでです。

次の

『リネレボ』新PvP“栄光の戦場”や新システム“エンチャントボード”が発表

リネレボ 工匠

ネットマーブルは、スマートフォン向け超巨大マルチバトルRPG 『リネージュ2 レボリューション Lineage2 Revolution 』の公式番組「リネレボTV」を、本日12月13日(金)より、YouTubeにて公開したことをお知らせいたします。 本番組では、リネレボの実況・解説でお馴染みのOooDa氏とS嶋氏のお二人が、近日実施するアップデートにて実装予定の新システム「工匠(こうしょう)」やクリスマスイベントについて、詳しく紹介しております。 また、クリスマスにちなんだイベントなどの新情報も紹介いたします。 本日12月13日(金)に新しい記事の公開を予定しているほか、今後も順次情報を更新していきますので、皆様ぜひご確認ください。 ゲームエンジンにはアンリアルエンジン4を採用し、スマートフォンゲームにおける最上級のグラフィッククオリティで原作の世界観を表現しています。 多くのユーザーが集まるフィールドは、スマートフォンゲーム史上最大規模のオープンワールドとなっており、広大なマップを移動することが可能です。 また、時間と場所にとらわれずに行なうことが出来るリアルタイムの戦闘は、MMORPGの醍醐味である大人数が同時にプレイすることの真の楽しさを体感することができます。 [ 開発会社 ] Netmarble Neo [ 対応OS ] Android ver. 4以降 / iOS ver. 0以降 [ サービス開始日 ] 2017年8月23日 [ 価格 ] 基本無料(アプリ内課金あり) 情報の掲載及び画像掲載の際は、下記のコピーライトの表示をお願いいたします。 c NCSOFT Corp. c Netmarble Corp. All Rights Reserved. 現在、全世界で急成長しているモバイルゲーム会社の一つであり、全世界を代表する開発社兼パブリッシャーです。 グローバルMMORPGゲームの開発社Kabamの親会社であり、グローバルカジュアルゲームの開発社Jam Cityの最大株主でもあるネットマーブルは、アジア最大のエンターテイメント企業CJ ENM、アジア最大のインターネット企業Tencent Holdings、MMOで有名な企業NCSOFTと戦略的パートナーシップを締結し、協力し合ってきました。 ネットマーブルに関する詳しい情報は、 をご覧ください。 日本国内では、ネットマーブルの日本法人であるネットマーブルジャパン株式会社がスマートフォン向けモバイルゲームのサービス提供を行っています。 詳しい情報は、 をご覧ください。 App StoreはApple Inc. のサービスマークです。 Google Play、Android、YouTubeはGoogle LLCの商標または登録商標です。 TwitterはTwitter,Inc. の商標または登録商標です。 記載されている会社名・製品名は、各社の商標または登録商標です。

次の