ブレイブ ボード。 ブレイブボード人気おすすめランキング10選【子供から大人まで】

ブレイブボードとリップスティックの違い。種類と正しい選び方。

ブレイブ ボード

【 本記事のターゲット 】• 子供に外で遊べる何かをプレゼントしたい• ブレイブボード・リップスティックに興味がある• 小学校低学年や幼稚園児でも乗れるか心配 最近やたらと公園で見かけるブレイブボードという乗り物、皆さんも一度は子供が乗っている所を見た事があるのではないでしょうか? こういったボード系の乗り物を「キャスターボード」というらしいですが、日本でメインで売られているのは「ブレイブボード」か「リップスティック」の2種類、それ以外にも色々な種類が販売されています。 実は発祥は韓国らしく、それも2000年に入ってからとまだまだ最近の話。 確かにmog自身、昔見た事もないですし、子供の頃遊んだ記憶もないですから... ぱっと見た感じ、結構簡単そうに乗れそうだけど実際どうなんだろう... と思っている方、子供にプレゼントしたいけどちゃんと乗れて遊べるのか?という所が気になる方も多いのでは? という事で、今回mog家の8歳の息子に「リップスティック DLX ミニ」をプレゼント、親子共に乗れるまで特訓してみた内容をご紹介します。 エスボードが気になるという方は、下記記事も参考にしてみて下さい。 GW期間前に届いたので、早速あけてGW期間中に練習してみる事に... 子供が抱えれるくらいの大きさ、重さは2kg 箱を開けて本体を取り出すと下記のような感じ。 今回ミニという事なので、思った以上に小さかったです。 子供でも両手で全然持てるくらいの大きさで、重さも2kgと軽量です。 対象年齢8歳以上、79kg以上の方は乗れないという仕様 今回購入した「リップスティック デラックス ミニ」ですが、買ったのはいいのですが、そもそも何歳から乗るのか、対象年齢っていくらなんだろうと気になる所... 確認してなかった(汗) 下記商品の裏側を見てみると、諸々注意事項が記載されており、• 8歳未満のお子さんはご利用出来ません• 体重が79kgを超えての本製品のご使用は出来ません。 との事。 なので小学校2年生の途中(8歳になるタイミング)から利用出来るようなイメージでしょうか。 公園で見ていても、大体小学校高学年の方が多い気もします。 逆に中学生はあんまり利用している所を見ないですね... キャスターボードとスケボーとの違い、流れに乗れば自立走行可能 「リップスティック デラックス ミニ」ですが、こちらの商品をはじめ、ブレイブボードなどのキャスターボード類とスケボーとの違いってどういう部分何だろう?と疑問に思う方も多いかと。 色々違う箇所はあるのですが、一番違う部分としてあげるのであれば、キャスターボードはひねったり前後に動かすとそれだけで前に進む事が出来るという部分になるかと。 下記リップスティックの取扱説明書ですが、乗り方部分を見てみると... 左右の足から腰にかけて前後にひねると進みます。 と記載されています。 流石に坂を登るのは厳しいですが、平で障害物等が無いエリアであれば、恐らく体力の続く限りいつまでも進み続ける事が出来るのがキャスターボードの特徴になるかと思います。 あとは前方と後方で別々に曲げる事が出来るのも特徴。 丁度真ん中を挟んで、足を別の方向に傾けるとそれぞれ逆方向に曲げる事が出来ます。 上手くなればなるほど、こちらを使って細かいテクニック(ターン)などが出来るみたいです。 mog自身まだそこまでの域には達していませんが... リップスティックDLXミニ、小学生&幼稚園児が実戦練習してみた結果 ではここからは実際にmog家の息子(小学校3年生、8歳)が多少乗れるようになるまでの練習手順や方法などをご紹介してみたいと思います。 恐らくこのボードを見て最初に乗った時に皆さんこう思うはず... いや、こんなの乗れるわけない... 激ムズ... 実際mogがそうだったので...。 しかしそんな事は無く、少し恐怖心を取り除いてコツを掴めば、進む事だけであればすぐ出来るようになりますので。 乗れるまでの恐怖心を克服、これが一番大変 さて、では実際に多少乗れるようになるまでの手順をmog家の練習風景を元に順を追って説明してみたいと思います。 mog家ベースなので、諸々間違っていてもご容赦下さい。 一応この手順で一人で前に進めるようにはなったので... まず一番最初にするべき事、それは恐らく自転車の補助輪を外した時と同じ心境かと思います。 とにかく最初恐怖心が芽生えます。 駒が前後に2つしかないのに、転けずに進める訳が無いと... なので、最初はどうしても下記のようになりがちです。 手をもって、ひたすらまっすぐ進むような練習... 最初はこれで良いかと思いますが、これだといつまでたっても乗れません。 何が必要か... そう、スピードが多少出ないと転けるのが当たり前という事実が理解出来ないといけません。 自転車だってそうですよね、停まっている状態で乗れる訳ないんです。 多少進んでいないと... なので、少し怖いと言われるかもしれませんが、このまま少し早歩きで進んで途中手を離す練習を繰り返します。 ちなみにmog自身も息子と一緒に練習しました。 が、当時mog自身足の小指を骨折していたため、あんまり積極的に練習は出来ず... この時点ではまだ足腰を前後に動かして進むような事は一切しなくて大丈夫。 とにかく少しだけスピードを付けて、転けないように5mでも10mでもそのまままっすぐ進めるという事が重要です。 これが出来れば、スピードがないと転けてしまうという事が子供にも理解出来ますので。 あとはこの時点で多少危なくなったら危機回避(思いっきり転ける前に、ボードから足を離したり、地面に足を付ける)の練習も行っておきましょう。 いや、このキャスターボード類ですが、転け方によっては結構な大けがをする事があります。 足のねんざ... もしくは骨折とか... それも子供に多いのではなく、大人に多いという事実... 実際にmogの周りでじん帯を痛めたりとか、mog自身この前思いっきり転けて、未だに地面に叩き付けた腰が痛い... 子供はヘルメット等を被せておけば、そんなに大きな怪我には繋がらないかと... でこぼこ道路は危険、なるべくタイル上の平らな場所で そういった怪我をしない為に、注意するべき事があります。 それは「練習する際の周りの環境」です。 例えば地面がでこぼこの所で、ブレイブボード・リップスティックを実施するのは自殺行為です。 実物を見れば分かるかと思いますが、底に付いている駒ってめちゃくちゃ小さいんです。 なので、地面がコンクリートでも、亀裂があってそこに駒が挟まって転倒してしまったり、つるつるのコンクリートではなく凸凹のコンクリートの場合でも駒が詰まってそのまま前のめりに転倒する事もあります。 あとは坂がある所なんで絶対に初心者は無理ですので、平坦な平&タイルのようにつるつるしている地面がベスト。 ちなみにmog家が練習している所は、下記のような公園の横にあるまっすぐで人通りが少ないコンクリートの道。 もちろん車が入る事も出来ません。 しかし、こちらのコンクリート若干凸凹しています。 上記写真よく見ると、途中コンクリートに亀裂が入っているので、この部分で何度か引っかかった事もあります。 が、周りにこれ以上いい条件がある場所がないのでこちらを利用しています。 最初キックして乗るという事がまだ怖くて出来ないみたいですが、壁を伝って少し勢いを付け、そしてその後前後に足から腰にかけてくねくねする事で前に進む事は出来るようになっていました。 そういえば... 気が付けば左足が前になっていますね... 多分これが正解なんですかね。 説明書やブレイブボードをやっている動画を見ると、前が右足だったり左足だったり様々... mog自身としては、スノボを意識してしまうのでやはり左足が前の方がしっくり来ますかね。 この後何度か見せてもらったのですが、最長で50mくらい一人で足つかずに進む事が出来ていましたよ。 練習した期間を合計すると、大体1週間ほどのようです。 という事で、小学校3年生&8歳であれば、嫁さんの手を借りずに一人で進む事が出来るようになります。 mog実戦動画レポート。 スノボ経験者は飲み込み早いかも。 その時の動画が下記。 実質練習二日目ですかね。 最初息子の進む姿を見て触発されたのですが... ちょっと乗ってみると案外スムーズに進む事が出来ました。 というのは、これイメージとしてはスノーボードを意識したような感じで乗ってみたんですよ。 進んでいる時のボードの向きなどを見て頂ければ分かるかと思いますが、前が右のときは後ろ左になっていますよね。 左右をくねくねする事でどんどんスピードがついて進んで行きました。 エッジを立てる... までは行かないですが、少しの体重移動&足から腰にかけてひねる感じでしょうか。 中々説明するのは難しいのですが、スノボ経験者であれば恐らく飲み込みは早いんじゃないかなと。 とりあえず二日目でここまで出来たのでmog自身としては満足。 息子はもっと練習して早くなったり細かいターンが出来るようになりたいみたいです。 ちなみに... この後mog自身思いっきり転けて今現在寝返りが出来ないくらい腰の横を痛めています... 危ないと思ったら無理せずにすぐボードから降りるようにしましょう。 無理すると、本当に怪我をしてしまいますので... 2020年追記:10才息子は余裕で乗れる、6才幼稚園児娘でも50mくらい乗れる さて、リップスティックを購入してから2年経過しましたが... 息子は小学校四年生になり、すでに変幻自在でどこでもリップスティックを乗れるようになりました。 対象年齢は先ほど紹介した通り8才以上になるので、ここは自己責任でお願いしたいのですが... 最後に 今回は小学校低学年でブレイブボードやリップスティックといったキャスターボードが乗れるかどうかという目線で、mog家の実体験をご紹介しました。 結果からすると、小学校3年生&8歳であれば問題なく乗れるかと。 男の子だけではなく、女の子&大人でも楽しむ事が出来ますので、ちょっと怪我は怖いですが外で遊べる道具として検討してみては如何でしょうか。

次の

ブレイブボード・リップスティックは小学生・幼稚園児でも乗れる?実戦レポ

ブレイブ ボード

ブレイブボードの人気の理由として、 楽しみながら体幹を鍛えられると いわれていることが挙げられます。 このような評判はトレーニング雑誌や スポーツ雑誌などでも取り上げられ、 子どもだけでなく大人からも 注目を浴びる大きな要因になっています。 今回の記事では、 ブレイブボードでは体幹が本当に 鍛えられるのか?そもそも、 体幹を鍛えるってどういうことなのか? という疑問にお答えしたいと思います。 そして、効果的なブレイブボードの使い方に ついても検証していきたいと思います。 是非、参考にしてください。 Contents• 体幹とは?鍛えるとどんなメリットがあるの? ブレイブボード(リップスティック)で遊ぶことに よって得られる効果として言われているのは 「体幹を鍛えられる」ということです。 本当に体幹が鍛えられるの? どんな風に遊べば効果的に鍛えられるの? という疑問の前に、 まずは「体幹」とは一体何なのかを説明します。 <体幹とは> 「体幹」という言葉は、 最近フィットネスや健康に関する 雑誌などで一般的にみられるようになりました。 フィットネスクラブやトレーニングジム、 ピラティスなどでもよく使用されています。 しかし元から専門用語として存在していたわけではなく、 使用されているうちに浸透していった言葉です。 したがって、使用する場面によって 少しずつ定義が異なります。 「体幹」の本来の意味は、文字通り「体の幹」、 つまり体の中心にある胴体を意味する言葉でした。 具体的には、胸や背筋、腹筋、腰回り、お尻、 太ももがすべて体幹ということになります。 フィットネスなどで使用される場合、 体幹はもう少し範囲が限定されることもあります。 腹腔というお腹の内臓が詰まった部分 (横隔膜、前腹壁,側腹壁,後腹壁,骨盤壁)を 囲んでいる部分を指します。 ブレイブボード(リップスティック)を使って鍛えられると いわれている部分としては、元々の広い範囲に及びますが、 特に強く鍛えられる部分としては 腹腔の部分であるといえるでしょう。 <体幹を鍛えるメリット> 一般的に、体幹を鍛えるメリットは 「力を発揮しやすくなる」ことです。 筋肉を無駄なく適切に使用できるからです。 スポーツをする際だけではなく、 日常生活においても 以下のようなメリットがあります。 ・ 疲れにくくなる ・ 重い荷物を持てる ・ 姿勢が良くなる ・ 通勤電車などでよろけにくくなる ・ 腰痛が治る ・ お腹がすっきりとし、身体のラインが美しくなる ・ 骨盤がしっかりと支えられるので、 安産しやすい体になる ・ 姿勢が良くなることで、自然と呼吸法が 浅い呼吸から深い呼吸法に変わり、 結果として自律神経のバランスが自然に整う また、子どもが体幹を 鍛えることも大きな意味があります。 ・ 体幹は体の土台となる部分なので、 鍛えることにより運動能力が上がる ・ 機敏な動作ができるようになることで けがをしそうな場面でもうまく回避できる ・ インナーマッスルが鍛えられ姿勢が良くなる。 姿勢が良くなることにより脳に 好影響があり、学力向上にもつながる 体幹トレーニングは、 サッカー日本代表の長友選手など プロスポーツ選手も重要視して実践しているほど、 運動神経の発達や健康の維持に 大きなメリットがあるのです。 <一般的な体幹トレーニング> 一般的に体幹を鍛える方法は、体幹トレーニングです。 方法は様々ですが、 フロントブリッジやヒップリフトなど 決まった姿勢を一定時間撮ることにより 普段使用しない筋肉を 使用することで鍛えるものが多いです。 一回のトレーニングは短時間で できるものが多く、広い場所や器具、 お金を必要とするものでもありません。 また、小学生低学年くらいの子どもからできる トレーニングもあり、始めようと思ったときに いつでも始められます。 とはいえ、トレーニングを日常的に継続することは よほどトレーニングが好きか、 トレーニングをする目標が はっきりと定まった人でなければ 難しいことなのではないでしょうか? もしブレイブボード(リップスティック)で 遊ぶことを通して自然に鍛えられるとしたら、 メリットとしては非常に大きなものがあります。 特に、8歳~12歳の小学生の場合は、 運動神経が飛躍的に伸びる「ゴールデンエイジ」と 呼ばれる年代です。 こうした時期に、体幹をしっかり 鍛えておくことは、一生の財産になります。 ブレイブボード(リップスティック)で本当に体幹を鍛えられるの? では、ブレイブボード(リップスティック)で 本当に体幹が鍛えられるでしょうか? ブレイブボード(リップスティック)を 日本で輸入販売するビタミンアイファクトリー社の ホームページでは「徹底検証シリーズ」として、 ブレイブボードが体にどのような効果が あるのかを検証しています。 <科学的根拠1.体幹を鍛えられるか否か> 大東文化大学スポーツ健康科学部が、 モーションキャプチャを使って ブレイブボード(リップスティック)に 乗る際にどのような筋肉が使用されているかを 3次元分析する検証を行いました。 モーションキャプチャとはハリウッド映画を 製作する際にも使用されている機器です。 ・ 検証結果 ボードに初めて乗る初心者では ボードの上に乗せた足の筋肉だけで バランスを取ろうとし、結果的に うまく乗りこなせていない状態でした。 しかし、20分の練習の後の計測では 上半身の力をうまくボードに伝えて バランスを取れるようになっていたことが 確認できました。 そして、その際に使用していた力が まさに体の中央付近にある体幹の筋肉でした。 ブレイブボード(リップスティック)は、 前後2枚のボードが90度以上傾くという 構造をしています。 この構造により、 ボードのどの面に足を乗せても体重や力が伝わりやすく、 バランスを保つためには 繊細な体重移動や体のひねりを必要とします。 こうした動きにより、遊びながらでも しっかり体幹を鍛えることができるのです。 当然ですが、こうした効果は継続することに より効果が大きくなります。 大東文化大学スポーツ学部でも、 継続してブレイブボード(リップスティック)で 遊ぶことを推奨しています。 <科学的根拠2.バランス感覚が向上するか否か> 大東文化大学スポーツ科学部の協力の下、 5名のブレイブボード初心者の 小学生がブレイブボードに チャレンジしました。 練習する前と後とで、バランスディスクを使用して バランス感覚がどのように変化したかを 検証する実験が行われました。 バランスディスクとは、元々はリハビリ用の 医療器具でしたが体幹を鍛えられる トレーニンググッズとして最近広く使用されています。 バランスボールのような ポリ塩化ビニル樹脂に空気を入れたものです。 今回の実験では片足バランスで 左右それぞれ何秒立てるかという 計測のために使用されました。 今回の5名の小学生についても、最初は皆うまく バランスが取れずブレイブボードを 乗りこなすことができない状態でしたが、 20分ほどの練習で簡単に上達しました。 しかも、小学生と一緒に参加した お父さんやお母さんも小学生に 負けないほど楽しみながら一緒に 練習する光景が見られました。 ・検証結果 バランスディスクの検証結果ですが、 ブレイブボード(リップスティック)の練習をする前では ・ 1分以上、片足でバランスを取ることが難しい ・ 片方の足ではバランスが取れても反対の足だと 数秒しかバランスが保てない(左右の差が大きい) といった問題がありました。 練習の後の計測結果では、 ・ ほとんどの子どもが1分以上バランスを 取れるように変化 ・ 左右のバランス感覚の差が大幅に改善 という結果になりました。 検証結果を受けた先生の分析によると、 ボードに乗っている間、常にバランスを 取りながら普段歩いたり走ったりするときには 使用しない筋肉を使用することにより、 全体のバランス感覚が良くなることに つながるというものでした。 そうした筋肉を鍛えることによって、 他のスポーツをする際に機敏な動きが できるようになったり、 怪我をしそうになった際に 瞬時に身体を反転させて 回避させたりできる能力に つながっていくということです。 さらに、30分間ブレイブボードで遊ぶことは、 同じ時間ジョギングをするのと 同じレベルの運動強度があることが確認されました。 ジョギングを毎日30分続けることは、 習慣化する必要があり少し大変なことですが、 ブレイブボード(リップスティック)は 楽しみながらモチベーションを もってできるので続けやすさという点でも、 非常に期待が持てます。 <科学的根拠3.動的バランス感覚・俊敏性が向上するか否か> 元々定期的な運動をしていたものの長く ブランクのある12名の女子大生に、 毎日20分のブレイブボードの練習を 行い練習の前と後とで バランス感覚がどのように変化したかを検証しました。 検証は、順天堂大学のスポーツ健康医科学研究所の 協力を得て、アクティブバランサーという 体の平衡感覚を測定できる機器と 反復横跳びの回数を計測しました。 ・ 検証結果 検証した結果以下の結果が確認できました。 ・ アクティブバランサーでは、 動的バランス感覚の向上 重心移動距離が増加・重心の目標達成時間の短縮約1秒) ・ 反復横跳びでは、半数の人が平均4. 今回は実験対象が大学生でしたが、一般の 人や子どもの場合はさらに 効果が得られる可能性が高い、とされています。 体幹を鍛えるのに効果的なの使い方 ブレイブボード(リップスティック)が、 体幹を鍛えるのに効果的であることは 理解いただけたかと思います。 では、どのように乗れば、 効果的に体幹を鍛えられるでしょうか? <安全に乗りこなしさえすれば、特に難しいことを意識しなくても大丈夫!> ブレイブボードで体幹やバランス感覚を 鍛えられるのは、上半身の普段使用しない 筋肉を継続して使用するからです。 こうした筋肉は、ブレイブボードに乗って 自走する際に意識しないうちに自然に使われています。 したがって、特に鍛えることを意識するよりも ・ 安全に乗ること ・ 楽しんで乗ること ・ 継続すること を意識することが体幹を鍛えるためには効果的かと思います。 <乗りこなすこと> とはいえ、全く乗れない状態では 上半身をうまく使うこともできません。 また継続する意欲も高まりにくいことでしょう。 基本的な乗り方としては、以下の通りです。 後ろに転ぶのは、怪我のリスクが大きくなり危険です。 そして、最初は家族や友人に手を取ってもらったり 壁に手をついたりしながら 少しずつ前に進む練習をしましょう。 ある程度、感覚がつかめたら、 一人でも乗れるように練習をします。 前に進むためには、 膝を動かしたり体重のかけ方を 工夫したりしながら、 コツをつかむ必要があります。 少しでも前に進めるようになれば、 自然により滑らかな動きで乗れるように 少しずつ上達していくと思いますので、 最初の段階で躓いてしまわないように だけ注意してください。 ブレイブボードは公式ホームページで 購入した場合、 初心者向けのDVDが付録でついてくるので、 これから購入される方は参考にされると良いかと思います。 <継続すること> ある程度乗りこなすことができれば、 自然に楽しみながら乗れると思います。 ただ、怪我には十分な注意を払ってください。 ブレイブボードは 正しく乗れば安全性の高い遊びですが、 周囲の環境や乗り方に配慮せずに乗った場合には 大きな事故やトラブルにつながる可能性があります。 どんなに健康や運動神経の発達に良いものでも、 怪我をしたりさせたりしてしまっては 元も子もありませんし、 続けることができなくなってしまいます。 言うまでもないことかもしれませんが、 楽しく安全に配慮して続けることが重要です。 まとめ で体幹を鍛えられるか否かについてまとめました。 ブレイブボードによって 運動神経を鍛えるのにどのような良い影響があるかは、 販売社であるビタミンアイファクトリー社にて かなり詳しく検証されています。 体幹を鍛えられること、 バランス感覚を向上させられるだけでなく 敏捷性にも効果がみられることが実証されています。 その結果、他のスポーツをする際に役に立ったり、 怪我の回避にも役立ったりすることが認められています。 一般的に体幹を鍛えるには、 独自のトレーニング法がありますが、 小学生にはもちろん大人にとっても楽しみながら トレーニングできる方が続けやすいことは言うまでもありません。 ブレイブボードは、 遊びを通して楽しみながら 体幹を鍛えられるトレーニングなのです。

次の

リップスティックネオ【最新モデル】|リップスティック 日本公式

ブレイブ ボード

初めましてラムネと申します。 先日ウォーキング中歩道を歩いていたら、前方から20代後半〜30代前半の男性と4歳位の息子キックボードに乗り勢いよく突進してきました。 父親は一応注意はしていたみたいですが、まだ4歳位安定感もない、とっさの場合避ける反応も弱いと思います。 そこで疑問に思ったのですが、歩道をスケボーやブレイブボードって禁止されてないのでしょうか? 歩道は歩行者が走る場所で、そういった遊びは禁止されているはずですが、歩道でしかも親でもある大人が子供みたいにそういった遊びをしていいのでしょうか? 子供でもそういった遊びを歩道でしているのを見た事ありません。 大人がお手本にならなければならないのに、今の20代後半〜30代前半の男性って皆そうなんでしょうか? ユーザーID: 6318564829 道路交通法では公道での遊具は禁止のはずです。 罰金5万円以下だったと思います。 でもそれで罰せられた例を私は知らないので、実際に警察に捕まる人は稀なんだと思います。 こういうことに関しては日本は非常に厳しくて、ドイツやCaliforniaなどでは制限付きではありますが、認められています。 日本は公園など限られた場所でしか遊べないので、逆に遊び場所が少なくて公道に出てきてしまうんだと思います。 厳しくしすぎて逆効果な例じゃないでしょうか。 海外だと大人も楽しそうにインラインスケートなどやっていて羨ましいです。 日本て長生きしても大人の楽しみが少ないので残念に思います。 これからますますアクティブなお年寄りが増えると思います。 こういったX-Sportsは種類を選べば膝に負担をかけずに体幹を鍛えられるし、筋力維持にも役立つので、もっと認められれば良いですね。 ユーザーID: 4194530340• 禁止されているはずです 道交法第76条において「交通のひんぱんな道路において、球戯をし、ローラー・スケートをし、又はこれらに類する行為をすること。 」は禁止されています。 一応「交通のひんぱんな」という但し書きがあり、1時間に20名程度しか歩いていない場合は「ひんぱんではない」という判断があるようです。 それから、「今の20代後半〜30代前半の男性って皆そうなんでしょうか」と言われていることは、あまりに短絡的な考え方です。 最近、たった一人を見て「若者」「老人」全体がそうであると言う人がいますが、そんなことはありません。 その父親がしつけがなっていないだけで、きちんと親から教育を受けていないから、自分の子どもに対してもしつけができていないだけです。 ユーザーID: 0450649090• あり >歩道でブレイブボード有りですか? 有か、無か、なら「あり」です。 常識的な行動を要求しています、当たり前。 道路交通法 第七六条 「・・・ 4 何人も、次の各号に掲げる行為は、してはならない。 一 道路において、酒に酔つて交通の妨害となるような程度にふらつくこと。 二 道路において、交通の妨害となるような方法で寝そべり、すわり、しやがみ、又は立ちどまつていること。 三 交通のひんぱんな道路において、球戯をし、ローラー・スケートをし、又はこれらに類する行為をすること。 四 石、ガラスびん、金属片その他道路上の人若しくは車両等を損傷するおそれのある物件を投げ、又は発射すること。 五 前号に掲げるもののほか、道路において進行中の車両等から物件を投げること。 六 道路において進行中の自動車、トロリーバス又は路面電車に飛び乗り、若しくはこれらから飛び降り、又はこれらに外からつかまること。 七 前各号に掲げるもののほか、道路又は交通の状況により、・・・」 >今の20代後半〜30代前半の男性って皆そうなんでしょうか? トピ主さんがこのレベルだからね、どこまで信頼できるのかね。 ユーザーID: 7756178342.

次の