宅建 過去問 解説。 【おすすめ勉強法】宅建過去問解説動画・平成26年問1~14(H26 1~14)権利関係全問イッキ解説!【無料ダウンロード】

宅建(宅地建物取引士)の公式過去問+解説

宅建 過去問 解説

最新情報 7月17日掲示板に新しい投稿がありました。 最終投稿者: 利用者さん 《》 総投稿数:3 7月17日掲示板に新しい投稿がありました。 最終投稿者: ほぼほぼアレルギーさん 《》 総投稿数:3 7月17日掲示板に新しい投稿がありました。 最終投稿者: ミルキー@管理人 《》 総投稿数:4 7月15日掲示板に新しい投稿がありました。 最終投稿者: ミルキー@管理人 《》 総投稿数:2 7月16日掲示板に新しい投稿がありました。 最終投稿者: aiさん 《》 総投稿数:3 7月11日平成15年試験の解説が完成しました。 6月30日平成16年試験の解説が完成しました。 6月12日平成17年試験の解説が完成しました。 5月22日掲示板でのご要望を受けて、解説内の図解を一覧できるページを作成してみました。 4月2日権利関係を5分野から17分野に、宅建業法等を8分野から12分野に細分化しました。 3月21日令和元年試験の解説が完成しました。 3月19日宅建業法を含む全ての過去問題について民法改正済となりました。 2月25日平成18年試験の解説が完成しました。 【2019年】 12月17日いつの間にか過去問道場の利用者が1,000人突破していました。 現時点で1,144人です。 12月5日令和元年の試験問題を追加しました。 10月9日学習成績をSNSで簡単にシェアできる新機能を過去問道場に追加しました。 10月7日平成19年試験の解説が完成しました。 市販過去問集並みの12年分の提供に達しました。 9月10日令和元年試験用の統計問題 問48 対策ページを公開しました。 6月6日平成21年試験の解説が完成しました。 ようやく10年分までアップできました。 3月13日平成22年試験の解説が完成しました。 2月28日平成30年試験の解説が完成しました。 1月22日平成23年試験の解説が完成しました。 【2018年】 12月20日平成24年試験の解説をアップしました。 12月18日過去問道場に問題チェック機能を追加しました。 12月7日平成30年の試験問題を追加しました。 12月5日試験統計に平成30年のデータを追加しました。 11月30日平成25年試験の解説をアップしました。 10月19日平成26年試験の解説をアップしました。 10月15日平成28年試験の解説をアップしました。 10月3日平成27年試験の解説をアップしました。 8月6日平成29年試験の解説をアップしました。 7月30日宅建業法等の出題論点を7つの細目に分類しました。 7月25日平成15年から平成12年の過去問題200問を追加しました。 7月6日新しく宅建試験の過去問解説サイトを公開しました。 後発組ではありますが、今後、解説やシステムを充実させ宅建試験対策の決定版と呼ばれるWebサイトに育てていきたいと思っています。 平成17年 問1 [権利関係]• 買主Bが被保佐人であり、保佐人の同意を得ずにAとの間で売買契約を締結した場合、当該売買契約は当初から無効である。• 買主Cが意思無能力者であった場合、Cは、Aとの間で締結した売買契約を取り消せば、当該契約を無効にできる。• 買主である団体Dが法律の規定に基づかずに成立した権利能力を有しない任意の団体であった場合、DがAとの間で売買契約を締結しても、当該土地の所有権はDに帰属しない。• 買主Eが婚姻している未成年者であり、当該婚姻がEの父母の一方の同意を得られないままになされたものである場合には、Eは未成年者であることを理由に当該売買契約を取り消すことができる。 被保佐人が保佐人を同意を得ずに行った、不動産等の重要財産の権利の得失については、保佐人は後から取り消すことができます( 民法13条1項3号)。 取消しにより当初から無効だったと見なされるのであり、契約した段階で無効となるわけではありません。 被保佐人が次に掲げる行為をするには、その保佐人の同意を得なければならない。 ただし、第九条ただし書に規定する行為については、この限りでない。 … 三 不動産その他重要な財産に関する権利の得喪を目的とする行為をすること。 意思無能力者が行った意思表示は当然に無効となります( 民法3条の2)。 取消しがなくても無効なので本肢は誤りです。 法律行為の当事者が意思表示をした時に意思能力を有しなかったときは、その法律行為は、無効とする。 [正しい]。 法律によって作られた法人は権利能力を有しますが、法律の規定に基づかずに成立した権利能力を有しない任意団体には権利能力がなく法律行為をすることができません。 もし任意団体で売買契約を結びたいのであれば代表者等の個人名義でする必要があります。 よって、売買契約の効果は一切生じないこととなります。 婚姻は原則として父母両方の同意が必要ですが、一方からの同意を得られないときは父母の一方のみの同意で足ります( 民法737条)。 よって、買主Eの婚姻は成立しています。 未成年であっても婚姻した者は成年とみなされるので、買主Eは未成年者であることを理由に売買契約を取り消すことはできません( 民法753条)。 未成年の子が婚姻をするには、父母の同意を得なければならない。 2 父母の一方が同意しないときは、他の一方の同意だけで足りる。 父母の一方が知れないとき、死亡したとき、又はその意思を表示することができないときも、同様とする。 未成年者が婚姻をしたときは、これによって成年に達したものとみなす。 したがって正しい記述は[3]です。

次の

平成30年度(2018年度)宅建の過去問+解説インデックス

宅建 過去問 解説

ただ近年は宅建試験の難易度は年々上がってきています。 なかなか過去問だけを解いていて合格できるような試験では無くなってきているのです。 そのため過去問だけで合格するというのは無理ではありませんが、少し難易度が高いという結論になります。 ネットで過去問だけで合格できるという情報があるのはなぜ? ネットなどを見ていると、『過去問だけで宅建は合格できる!』という声をよく見かけますね。 これはおそらく情報が古いか、もしくはその方の元々の知識レベルが高かった、または当日運がよかったのどれかだと考えています。 そのためネットの情報だけを信じて過去問だけをこなし本試験を迎えてしまうと痛い目に合うかもしれません。 過去問の活用方法 過去問だけで合格するのは難易度が高いということでしたが、では過去問はどのように使えば良いのでしょうか? 結論としては次のように過去問を活用するのがおすすめです。 なるほど!こんなパターンの問題がよく出題されて、こんな引っかけをしてくるんだ。 何度も問題を解いているとこんな風に問題の型に慣れてくるのです。 この出題傾向が見えてきた段階で改めてテキストを読み返してみると、さらに理解が深まります。 過去問の解説を読んで苦手な分野を見つけて復習する 過去問を解いたらしっかりと解説を読むようにしましょう。 問題を解くだけで終わってしまうのは非常にもったいないです。 なぜなら解説を読んで復習をしている時がもっとも知識が定着するからです。 さらに解説を読みながら自分の苦手な分野を見つけるように意識しましょう。 解説を読んでまだ知識が定着していないと思ったらその分野の内容を基本テキストで振り返りましょう。 過去問はネットでも見れるが、解説付きの問題集を購入した方が良い 過去問はネットから『宅建 過去問』と検索すれば無料で過去問の資料をダウンロードすることはできますが、私は市販の過去問集を購入することをおすすめしています。 なぜなら市販の過去問集には丁寧な解説が付いているからです。 過去問集を選ぶときのポイントはとにかく分かりやすい解説が書かれているかとうことです。 私のおすすめは『みんなが欲しかった! 宅建士の問題集』です。 この教材では過去10年間の過去問の中から厳選した問題を出題してくれ、なおかつ解説がとにかく丁寧に分かりやすく書かれているのでおすすめです。 過去問は何年分解けば良いのか? 過去問は直近10年間分を最低でも2周することがおすすめです。 10年間分を2周するとかなり出題傾向も分かってきますし、自信も付いてくるはずです。 この辺りはさらに詳しく別の記事、『 』を参考にしてみてください。 過去問は最低でも8割取れるようにしておくのがベスト 過去問は最低でも8割以上得点が取れるようにしておくのがベストです。 8割と聞くと難しいように感じますが、何度も解いていくに連れて問題に慣れてくるようになるので意外に簡単です。 過去問から全ての問題が出題されるわけではありませんが、本番では必ず似た問題がいくつか出題されます。 その問題は必ず得点しなければいけません。 なので過去問を解いた時に最低でも8割はすぐに分かるようになるまで解いておきましょう。 過去問以外にも使うべき教材 では過去問だけで宅建に合格するのは難しいということでしたが、過去問以外でどんな教材を使えば良いのでしょうか? 結論としては次の2つの教材を使うのがベストです。 過去問を解いて出題傾向に慣れ、市販模試を解いて初めて見る問題に対応できるようにするというのがベストな流れです。 市販模試は可能な限り解くのがおすすめ 市販模試はお金と時間が許す限り購入することをおすすめしています。 なぜなら各予備校によって出題される問題が異なり、数をこなすほど網羅的にその内容を練習することができるからです。 宅建通信講座 もう一つが宅建の通信講座を利用することです。 通信講座はこれまでの宅建試験を分析の上、合格に必要な情報のみをまとめてくれています。 つまり宅建の通信講座を使えば無駄な学習時間を省いて、最短で合格を目指すことができるのです。 ただ市販の教材よりも料金は割高なので、余裕がある方は購入することをおすすめします。 過去問と併用して使えば鬼に金棒です。 各通信講座によって特徴が異なるので、その辺りは以前の記事を参考にしてみてください。 過去問だけで合格を目指すのは難しいので、他の教材も併用しよう 今回は宅建は過去問だけで合格できるのか?について説明してきました。 結論としては、宅建は過去問だけで合格するのは難しいので過去問プラス別の教材を併用しようということです。 もちろん自分は過去問だけで合格を目指すんだ!という人のことは止めませんが、結果的にお金も時間も失ってしまうのであれば私は初めから通信講座や、市販模試を利用するべきだと考えています。 ぜひ今回の記事を参考にしていただいて、過去問を上手く活用しながら宅建試験の合格を掴み取っていただければと思います。 では最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

次の

宅建試験ドットコム - 試験制度&過去問題を徹底解説

宅建 過去問 解説

インデックス 宅建(宅地建物取引士)の過去問に解説を付与しました。 「不幸にして落ちたが、新たに過去問を買い換えたくない人」向けです。 リベンジにご利用ください。 そのほか、通勤・通学時のおさらいに、ご利用ください。 なお、勉強法や各種情報については、「」や「」、「」を参考願います。 なお、当時の過去問に、当時の解説です。 法改正には対応していないので、参考程度にご活用ください。 令和元年度 平成30年度 平成29年度 平成28年度 平成27年度 平成26年度 独学向け教材 宅建の独学向け教材には、「2系統」あります。 はじめて法律を学ぶ方は「」を、参考にしてください。 んで、法学部卒等で、ある程度の素養のある人は、「」を、参考にしてください。 PDF過去問に一言 PDFの閲覧は、スマホだと画面が小さくて見難く、PCだとキーボードやマウス、配線等が邪魔で、かなりイライラします。 PDF過去問の演習には、「タブレット」が最も勝手がよくて、ストレスも少ないです。 手許に「タブレット」がない人は、最もコスパの高い、アマゾンの「 」を推薦します。 他のタブレットと性能が遜色ないくせに、値段は数割安く、もちろん、PDF過去問の閲覧も可能で、費用対効果が秀逸です。 受験が終わっても、他の試験で使え、サブ機としても使えます。 受験を機に「 」を検討するのは、損はないです。 宅建のこまごましたもの 試験勉強については、「」を、参考にしてください。 「宅建」という資格を、より知りたい方は、「」を、一読願います。 ブログに試験勉強に関する記事を投稿しています。 興味のある方は、「」を、お目汚しください。

次の