マスター テオ。 【MHWアイスボーン】テオテスカトルの弱点と攻略情報【モンハンワールド】|GAMY

テオ・テスカトル

マスター テオ

2つの纏い状態の特徴を知る• 爆破やられは最優先で解除する• 龍炎纏いのダメージ対策をする• 龍炎纏い時は矢と弾が弾かれる• 粉塵纏いは本体より粉塵に注意 2つの纏い状態の特徴を知る 龍炎纏い ・身体全体が燃えている ・スーパーノヴァを使うと解除される ・氷属性攻撃をすると移行しやすい纏い ・頭部と尻尾以外は弾と矢が弾かれる ・胴体付近では継続ダメージと炎やられが付与される 粉塵纏い ・身体の表面に粉塵が舞う ・スーパーノヴァを使うと解除される ・行動の度に粉塵が撒かれる ・強化が進むと粉塵が自動で爆発する テオテスカトルには2つの纏いがあり、特徴が全く異なる。 どちらも厄介だが性質を知っていれば立ち回りやすいので、違いは覚えておこう。 怯みや龍封力が有効 テオの纏い状態は、 怯ませるか龍封力が発動すると解除を狙える。 苦手だと感じる場合は、龍封力で弱体化させるのもおすすめだ。 怯みに関しては、クラッチ怯みと怯みカウンターは対象外なので注意。 爆破やられは最優先で解除する テオが撒く粉塵に触れると、爆破やられ状態になる。 放置すると爆発ダメージを受けてしまうので、 回避を3回行いすぐに解除しよう。 スロットに余裕があれば、爆破やられ耐性をつけるのもおすすめ。 龍炎纏いのダメージ対策をする 龍炎纏い時は、テオの近くにいるとダメージを受ける。 火属性やられも付与され、二重のダメージで瞬く間に削られてしまう。 クーラードリンクと旋律は無意味 龍炎纏いのダメージは、クーラードリンクや地形ダメージ無効の旋律で防げない。 龍結晶の場合は地形ダメージを無効にするために必要だが、大蟻塚の荒地では意味を持たないので注意。 龍炎纏い中は攻め時でもある 龍炎纏い中は粉塵をばら撒かないため、テオの動きに集中できる。 熱ダメージか火属性やられを対策すれば、継続ダメージはさほど気にならないため戦いやすくなる。 龍炎纏い時は矢と弾が弾かれる 龍炎纏い中は、ほぼ全身が弓と弾を弾く。 ただし、 頭部か尻尾の先端だけは龍炎纏い時でも弾かれない。 的が非常に狭くなるので、ガンナーは的確に頭部と尻尾を狙うことを要求される。 徹甲榴弾なら戦いやすい 徹甲榴弾は、龍炎纏い中でも問題なく刺さる。 もちろんスタンを取るために頭部を狙う前提だが、胴体などに当たっても消滅しないので戦いやすい。 粉塵纏いは本体より粉塵に注意 厄介なのは粉塵纏いで、テオの行動の度に粉塵が撒かれる。 テオの攻撃を避けても粉塵に当たることが多いため、いかに粉塵を避けるかが重要。 あまりにも粉塵が多い場合は、テオによる着火を待つのも懸命だ。 段階が進むと自動で爆発する 粉塵は基本的にテオの着火で起爆するが、粉塵纏いの強化段階が進むと自動で爆発する。 最終的には撒かれた瞬間に起爆して手に負えなくなるため、逃げに徹して スーパーノヴァを待ち、粉塵纏いを解除させるのもおすすめ。 主な攻撃と回避方法 テオテスカトルの主な攻撃まとめ 【注意】 スーパーノヴァ 上空に浮かび、広範囲に爆発を起こす。 ガード強化がないとガード不可。 【注意】 直立ブレス マスターランクの追加技。 立ち上がり、地面を焼くブレスを吐く。 【注意】 炎薙ぎ 炎を薙ぐように噛み付く。 使用頻度が非常に高く、転身を貫く危険な技。 【注意】 頭突き 突進に似ているが、ハンターに頭突いて止まる。 転身を貫く嫌らしい攻撃。 飛びかかり 狙ったハンターに飛びかかる。 他のハンターやオトモを狙われ、巻き添えになることが多い。 炎纏い 周囲に熱によるダメージを与える。 この状態だとガンナーの射撃が難しくなる。 火炎ブレス 前方の扇状に1往復する火炎ブレスを放つ。 突進 ハンターめがけて突進。 突進の角度を微調整してくるので避けても安心できない。 ピンポイント爆発 周囲にピンポイントで爆発を起こす。 範囲パターンがいくつかある。 タックル 回転しながらタックルする。 使用頻度と発生が早いため、剣士は要警戒。 粉塵 主に粉塵纏い中に撒かれる。 テオが歯を噛み合わせると爆発する。 纏い時はスーパーノヴァを警戒 各纏いの強化段階が最大になると、大技のスーパーノヴァを使ってくる。 緊急回避でしのぐのが安定だが、不意に出されると間に合わない。 テオの頭部が白く輝いているのが最大強化時の特徴なので、慎重に立ち回ろう。 怒り状態でなくても使ってくる スーパーノヴァは、纏いが最大の時に発動する技。 纏いは怒り状態でなくても段階が強化されるので、怒ってないからといって攻め続けるのは厳禁。 使用後は纏いが解除される スーパーノヴァを使うと、纏い状態が解除される。 閃光弾やハジケ結晶で阻止できるが、その場合は纏いが解除されない。 可能な限り緊急回避でやり過ごし、以降の戦闘を楽にしよう。 ダウンと直立ブレスを間違えない 直立ブレスは、急に立ち上がる特徴がある。 あまりに唐突なので、ダウン時の直立と勘違いしがち。 テオが直立したらカメラを上に向けるようにして、ブレスを吐こうとしているかを確認しよう。 近接は炎薙ぎを警戒する テオが頻繁に使う技に、炎を薙ぐように噛みつく攻撃がある。 この攻撃は怯み判定なので、転身を貫通する。 連発されていつの間にか瀕死ということもあるため、テオの正面付近では警戒しよう。 頭突きによるトドメに注意 テオは、ハンターとの距離を走って詰める。 この時に頭突きして停止し、 転身を貫く微ダメージが発生する。 地味だがとても厄介で、瀕死の状態で距離を取って回復していると、この攻撃でトドメを刺されかねない。 回復はテオの攻撃中がおすすめ 頭突きがある以上、距離を取っただけでは安全とは言えない。 そのため、回復はテオの攻撃中を狙って行おう。 回復をすると決めたら逃げ回り、確実なチャンスを待つのが堅実的。

次の

ビデオ: スライド マスターをカスタマイズする

マスター テオ

2つの纏い状態の特徴を知る• 爆破やられは最優先で解除する• 龍炎纏いのダメージ対策をする• 龍炎纏い時は矢と弾が弾かれる• 粉塵纏いは本体より粉塵に注意 2つの纏い状態の特徴を知る 龍炎纏い ・身体全体が燃えている ・スーパーノヴァを使うと解除される ・氷属性攻撃をすると移行しやすい纏い ・頭部と尻尾以外は弾と矢が弾かれる ・胴体付近では継続ダメージと炎やられが付与される 粉塵纏い ・身体の表面に粉塵が舞う ・スーパーノヴァを使うと解除される ・行動の度に粉塵が撒かれる ・強化が進むと粉塵が自動で爆発する テオテスカトルには2つの纏いがあり、特徴が全く異なる。 どちらも厄介だが性質を知っていれば立ち回りやすいので、違いは覚えておこう。 怯みや龍封力が有効 テオの纏い状態は、 怯ませるか龍封力が発動すると解除を狙える。 苦手だと感じる場合は、龍封力で弱体化させるのもおすすめだ。 怯みに関しては、クラッチ怯みと怯みカウンターは対象外なので注意。 爆破やられは最優先で解除する テオが撒く粉塵に触れると、爆破やられ状態になる。 放置すると爆発ダメージを受けてしまうので、 回避を3回行いすぐに解除しよう。 スロットに余裕があれば、爆破やられ耐性をつけるのもおすすめ。 龍炎纏いのダメージ対策をする 龍炎纏い時は、テオの近くにいるとダメージを受ける。 火属性やられも付与され、二重のダメージで瞬く間に削られてしまう。 クーラードリンクと旋律は無意味 龍炎纏いのダメージは、クーラードリンクや地形ダメージ無効の旋律で防げない。 龍結晶の場合は地形ダメージを無効にするために必要だが、大蟻塚の荒地では意味を持たないので注意。 龍炎纏い中は攻め時でもある 龍炎纏い中は粉塵をばら撒かないため、テオの動きに集中できる。 熱ダメージか火属性やられを対策すれば、継続ダメージはさほど気にならないため戦いやすくなる。 龍炎纏い時は矢と弾が弾かれる 龍炎纏い中は、ほぼ全身が弓と弾を弾く。 ただし、 頭部か尻尾の先端だけは龍炎纏い時でも弾かれない。 的が非常に狭くなるので、ガンナーは的確に頭部と尻尾を狙うことを要求される。 徹甲榴弾なら戦いやすい 徹甲榴弾は、龍炎纏い中でも問題なく刺さる。 もちろんスタンを取るために頭部を狙う前提だが、胴体などに当たっても消滅しないので戦いやすい。 粉塵纏いは本体より粉塵に注意 厄介なのは粉塵纏いで、テオの行動の度に粉塵が撒かれる。 テオの攻撃を避けても粉塵に当たることが多いため、いかに粉塵を避けるかが重要。 あまりにも粉塵が多い場合は、テオによる着火を待つのも懸命だ。 段階が進むと自動で爆発する 粉塵は基本的にテオの着火で起爆するが、粉塵纏いの強化段階が進むと自動で爆発する。 最終的には撒かれた瞬間に起爆して手に負えなくなるため、逃げに徹して スーパーノヴァを待ち、粉塵纏いを解除させるのもおすすめ。 主な攻撃と回避方法 テオテスカトルの主な攻撃まとめ 【注意】 スーパーノヴァ 上空に浮かび、広範囲に爆発を起こす。 ガード強化がないとガード不可。 【注意】 直立ブレス マスターランクの追加技。 立ち上がり、地面を焼くブレスを吐く。 【注意】 炎薙ぎ 炎を薙ぐように噛み付く。 使用頻度が非常に高く、転身を貫く危険な技。 【注意】 頭突き 突進に似ているが、ハンターに頭突いて止まる。 転身を貫く嫌らしい攻撃。 飛びかかり 狙ったハンターに飛びかかる。 他のハンターやオトモを狙われ、巻き添えになることが多い。 炎纏い 周囲に熱によるダメージを与える。 この状態だとガンナーの射撃が難しくなる。 火炎ブレス 前方の扇状に1往復する火炎ブレスを放つ。 突進 ハンターめがけて突進。 突進の角度を微調整してくるので避けても安心できない。 ピンポイント爆発 周囲にピンポイントで爆発を起こす。 範囲パターンがいくつかある。 タックル 回転しながらタックルする。 使用頻度と発生が早いため、剣士は要警戒。 粉塵 主に粉塵纏い中に撒かれる。 テオが歯を噛み合わせると爆発する。 纏い時はスーパーノヴァを警戒 各纏いの強化段階が最大になると、大技のスーパーノヴァを使ってくる。 緊急回避でしのぐのが安定だが、不意に出されると間に合わない。 テオの頭部が白く輝いているのが最大強化時の特徴なので、慎重に立ち回ろう。 怒り状態でなくても使ってくる スーパーノヴァは、纏いが最大の時に発動する技。 纏いは怒り状態でなくても段階が強化されるので、怒ってないからといって攻め続けるのは厳禁。 使用後は纏いが解除される スーパーノヴァを使うと、纏い状態が解除される。 閃光弾やハジケ結晶で阻止できるが、その場合は纏いが解除されない。 可能な限り緊急回避でやり過ごし、以降の戦闘を楽にしよう。 ダウンと直立ブレスを間違えない 直立ブレスは、急に立ち上がる特徴がある。 あまりに唐突なので、ダウン時の直立と勘違いしがち。 テオが直立したらカメラを上に向けるようにして、ブレスを吐こうとしているかを確認しよう。 近接は炎薙ぎを警戒する テオが頻繁に使う技に、炎を薙ぐように噛みつく攻撃がある。 この攻撃は怯み判定なので、転身を貫通する。 連発されていつの間にか瀕死ということもあるため、テオの正面付近では警戒しよう。 頭突きによるトドメに注意 テオは、ハンターとの距離を走って詰める。 この時に頭突きして停止し、 転身を貫く微ダメージが発生する。 地味だがとても厄介で、瀕死の状態で距離を取って回復していると、この攻撃でトドメを刺されかねない。 回復はテオの攻撃中がおすすめ 頭突きがある以上、距離を取っただけでは安全とは言えない。 そのため、回復はテオの攻撃中を狙って行おう。 回復をすると決めたら逃げ回り、確実なチャンスを待つのが堅実的。

次の

マスターランクのテオ君は上位の様に閃光で撃ち落とし出来る...

マスター テオ

また、火属性攻撃に対する耐性も上昇するので、テオ・テスカトルのスーパーノヴァを受けても即キャンプ送りになる事は少ないです。 武器は龍属性の双剣「 ネルガルガウジ」を使用します。 ネルギガンテの素材から比較的簡単に生産でき上位クエストの終盤まで使用する事が出来ます。 また、 ネルガルガウジを強化する事で、強力な龍属性の双剣になるのでオススメです。 ネルガルガウジは 封龍力「大」の効果でテオ・テスカトルの炎を気持ち弱める事が出来ます。 封龍力「大」でも気持ち弱まる程度で、完全に炎を無効化する事はできません。 持ち物については、 テオ・テスカトルの攻撃が強力なので 回復薬を多めに持ち込みます。 古龍種なので罠は無効ですが、弱ると巣に戻って寝るので 大タル爆弾Gは有効です。 テオ・テスカトルは溶岩エリアを好むので、ハンターが暑さでダメージを受けないように クーラードリンクも必要です。 閃光弾も有利に立ち回る事ができますが、タイミングが難しいので慣れが必要です。 オトモについては、攻撃力と防御力の高い装備を身につけます。 攻略方法 テオ・テスカトル発見後、ハンターに気がつく前に先制攻撃を行います。 立ち回りはテオ・テスカトルの周りを回りながら後脚を攻撃します。 テオ・テスカトルから離れるとブレス攻撃や突進を行ってくるので、一定の距離を保ちながら周りを回ります。 攻撃のポイントは、 鬼神連続斬りで 後脚か 尻尾を1回斬りつけ回避行動に移ります。 ダウン中は、弱点の頭に鬼人連続斬りを2〜3回行い回避します。 時間には余裕があるので深追いは禁物です。 溶岩エリアは戦い難いので広いエリアまでテオ・テスカトルを誘導します。 誘導といってもハンターがエリア移動すれば、勝手にモンスターも着いてきます。 爆破やられ状態に陥るのは仕方がないので、 爆破やられ状態に陥ったら回避を3回行い解除に専念します。 無理に攻撃を続けると爆破による大ダメージを受けます。 テオ・テスカトルが炎に包まれ飛び上がったら スーパーノヴァのサインです。 スーパーノヴァに巻き込まれると大ダメージを受けるので、テオ・テスカトルと距離を取ります。 上画像のようにスパーノヴァが直撃すると大ダメージを受けるので必ず回避したいところです。 また、テオ・テスカトルがスーパーノヴァの体勢になったら スリンガー 閃光弾や 減龍石で落下させても良いですが、回避優先で立ち回る方が閃光弾のミスによるダメージを回避できます。 飛び上がってからスーパーノヴァまで数秒ありますが、ターゲットカメラでテオ・テスカトルを固定しL2でスリンガーを構え、R2で閃光弾を発射までの動作をマスターしておく必要があります。 乗り攻撃も行い乗りダウンを奪います。 初回は2回程度の乗り攻撃でテオ・テスカトルに乗ることが出来ます。 乗りダウン後は、弱点の頭に鬼人連続斬りを2〜3回行い回避します。 テオ・テスカトルが足を引きずり巣に戻ったらあと少しです。 巣に移動したらハンターを無視して直ぐに寝るので、頭に 大タル爆弾Gを2個設置して 子タル爆弾で起爆します。 起爆用の小タル爆弾がモンスターに当たらないように、少し離して小タル爆弾を設置します。 小タル爆弾でモンスターを起こすと与えるダメージが少ないので、大タル爆弾Gでモンスターを起こす事がポイントです。 頭に大タル爆弾Gを仕掛けると 角の部位破壊も行えて一石二鳥です。 寝起きは1発目の攻撃の威力が2倍になります。 エリア13は狭く戦い難いので エリア12を経由して エリア9にテオ・テスカトルを誘導します。 ハンターがエリア9に移動したらモンスターも追い掛けてくるので誘導の必要はありません。 火属性やられ無効と火耐性で楽に立ち回ることが出来ました。 手数は少ない印象でしたが20分程度で狩猟する事が出来ました。 攻略が困難な場合は、無理に攻撃せずに確実に手数を稼ぐと良いと思います。 まとめ エリアの条件やモンスターの性質からもテオ・テスカトル討伐の難易度は高いと思います。 装備を整えて火属性やられを無効化し、戦い易いエリアへモンスターを誘導することがテオ・テスカトル討伐のポイントです。 クエスト失敗になる原因として、タイムオーバーより3回力尽きる方が多いと思うので、制限時間を気にするより深追いせずに確実に手数を稼ぐことが大切だと思います。

次の