えのき レシピ。 おいしい!豆腐とえのきたけで作る料理、レシピ51本

おいしい!豆腐とえのきたけで作る料理、レシピ51本

えのき レシピ

淡白な味わいがどんな料理にもあうエノキ。 ひょろっとした見た目ですが栄養満点なスーパーフードなことはご存知でしょうか。 糖質をエネルギーにかえるビタミンB1、アルコールの代謝には欠かせないナイアシン、カルシウムの吸収率を助けるビタミンD、腸内環境を整える食物繊維などが代表的です。 近年「腸活」と呼ばれる腸内環境を整えて健康的な体づくりを目指すことがブームですが、ローカロリーなエノキはまさに最適で、便秘予防や美肌効果など、美意識の高い女性は積極的にとりたい食品ですね。 キノコの旨味のグアニル酸や、アミノ酸は生活習慣病予防や、疲労回復にも効果が期待されます。 冷凍することができるので、常備して料理にアレンジしてみてくださいね。 この記事では、「えのき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 温かいごはんにのせたり、冷奴にのせたりと万能なえのきの梅煮の作り方です。 鍋にえのき、水、刻んだ梅干し(種も)、麺つゆを入れて蓋をして加熱し、沸騰したら蓋を取って煮汁が半量になるくらいまで煮詰めます。 梅干しの種を取り出して出来上がりです。 お弁当のおかずにもぴったりですよ。 お弁当に詰めるときは汁気をよく切って詰めてくださいね。 油揚げに秋刀魚を詰めて煮込んだ食べ応えのある一品です。 袋状に開いた油揚げの中にネギ、えのき、ゆで卵を1/4個分詰め、にがりで味を調えてグリルで焼いた秋刀魚も一緒に詰めて用事で口を閉じます。 鍋に避け、みりん、醤油を入れて加熱し、油揚げを入れて5分程煮たら盛り付けて胡麻をかけて完成です。 辛子を添えてお召し上がりくださいね。 カロリーの低い野菜として人気のえのき。 店頭販売されているえのきはほぼ人工栽培で、特に旬の時期というのはありません。 ただ鍋料理に入れる食材として人気のため、秋から冬にかけて販売量が多くなります。 えのきはクセのない味で匂いもきつくないので、他の食材と合わせやすくスープや炒め物など様々な料理に使える野菜です。 この記事では、えのきの基礎知識に加え、えのきのダイエット効果、えのきダイエットの方法と注意点、えのきのおすすめダイエットレシピをご飯もの・スープ・おかずのカテゴリに分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 えのきはコリコリとした食感が特徴的です。 スーパーで選ぶときは持った時に全体的に締りがあるものを選びます。 またなるべく白いもの、柄の部分が太くしっかりしているものを選びます。 パッケージの袋に水滴がついているものは避けた方が良いでしょう。 保存方法は冷蔵庫で3日から4日です。 これを超えてしまう場合は保存袋に入れて冷凍保存をしてください。 えのきは生では食べられないので焼くなどして食べてください。 えのきにはキノコキトサンという食物繊維が豊富に含まれています。 整腸、高血圧予防、免疫力向上などの作用もあります。 この記事では、「えのき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 きのこは種類が豊富です。 中でもエリンギ、しめじ、えのき、椎茸、なめこ、マツタケ、マッシュルーム、舞茸がよく知られているきのこではないでしょうか。 きのこには食物繊維が豊富に含まれています。 便秘の改善の効果があります。 また体内の有害な物質を体外に排出する働きもあります。 ミネラルも豊富に含んでいて丈夫な骨や体作りにも効果があります。 カリウムも豊富で高血圧予防などにも効果があります。 きのこはカロリーが低くヘルシーな食べ物と言われていますが栄養がたっぷりの食材ですので毎日でも取り入れたい食材です。 中には毒性のあるきのこもあるので注意が必要です。 この記事では、きのことはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

おいしい!豆腐とえのきたけで作る料理、レシピ51本

えのき レシピ

ALL RIGHTS RESERVED. 20分• 343kcal• 1226• 1273 鶏胸肉 大根 【A】 おろしにんにく 酒 しょうゆ 片栗粉 サラダ油 【B】 砂糖 みりん しょうゆ 酒 刻みねぎ• 25分• 491kcal• 1948• 3629 かつおのたたき 白菜キムチ 白ごま 刻みねぎ ポン酢 ごま油• 10分• 102kcal• 1806• 3448 トマト 新玉ねぎ 大葉 【A】 ポン酢 サラダ油 砂糖 かつお節パック• 10分• 68kcal• 2076• 3744 アスパラガス 豚ひき肉 薄力粉 【A】 卵 おろししょうが 片栗粉 塩 サラダ油 【B】 ポン酢 砂糖 酒 みりん• 20分• 440kcal• 2535• 4448 スナップえんどう 玉ねぎ かにかま 小麦粉 天ぷら粉 水 揚げ油• 15分• 424kcal• 3894• 6366.

次の

えのき!つくれぽ1000以上だけの人気レシピ【22選】なめたけ・スープ・お弁当・卵などの料理

えのき レシピ

鍋や味噌汁の定番の具材、えのき茸。 手軽な食材として、冷蔵庫に常にストックしてあるという方も多いのでは? でも、いつも同じようなメニューになってしまいがち。 そんなえのき茸を、いつもよりもっとおいしく、ちょっぴりおしゃれに食べるアイデアを、人気の料理家、尾田衣子さんに教えていただきます。 韓国料理のアレンジから10分でできるおつまみまで、今すぐ実践できるレシピは、どれも定番になりそうなおいしさです。 ぜひトライしてみて! 春雨がわりにえのき茸を!:えのき茸のチャプチェ風 韓国料理のチャプチェを、えのき茸でアレンジ。 春雨を戻す手間もなくあっという間にできて、しかもヘルシー。 牛肉を使っているので食べ応えもバッチリです。 ごはんが進むおかずは、定番になりそう。 えのき茸のチャプチェ風 <材料>(2人分)• えのき茸……1株• 牛肉(薄切り)……120g• しいたけ……2個• 白炒りごま……大さじ1• ごま油……適量 <作り方>• えのき茸は根元を切って手でほぐす。 牛肉は食べやすい大きさに、パプリカは薄切りに、にらは3㎝幅に、しいたけは石突きを取って薄切りにする。 フライパンにごま油を熱し、牛肉、パプリカ、しいたけを炒める。 しんなりしたらえのき茸を加えて更に炒め、にらを合わせる。 Aを混ぜ合わせて 2に加え、火にかけながら和える。 白ごまを加えてさっと混ぜ、器に盛る。 さっと揚げるだけでおいしさ倍増:えのき茸の唐揚げ 薬味のせ 揚げ物の香りは食欲をそそる要素のひとつ。 だったら、えのき茸も揚げちゃえ! カラッと揚げたえのき茸の唐揚げに薬味をたっぷりのせたら、おつまみにぴったりな一品の出来上がり。 満足度の高い一皿です。 えのき茸の唐揚げ薬味のせ <材料>(2人分)• えのき茸……1株• めんつゆ……大さじ2• しょうが(すりおろす)……小さじ1• 小麦粉・片栗粉……各大さじ2• サラダ油……適量• 小ねぎ(小口切り)……小さじ2• えのき茸は根元を切って数株に分ける。 めんつゆ、しょうがを混ぜ合わせ、えのき茸の表面に絡ませる。 小麦粉と片栗粉を混ぜて 1を絡める。 フライパンに1㎝ほどのサラダ油を熱し、えのき茸を入れて両面をカリッと揚げ焼きにする。 小ねぎ、みょうが、パクチーを合わせる。 器に 2を盛り、 3をのせる。 「もう一品」に便利な和え物:えのき茸とトマトのごまおかか 「あともう一品何か欲しい」、そんなときに便利なレシピをご紹介。 冷蔵庫にあるもので、さっと和え物を作りましょう。 えのき茸、トマト、厚揚げで作るシンプルな和え物は、簡単でおいしく、ボリュームもあるので、忙しい日にはおすすめです。 えのき茸とトマトのごまおかか <材料>(2人分)• ミディトマト……2個• 厚揚げ……100g• 白すりごま…大さじ1• しょうゆ……小さじ2• かつお節……2g <作り方>• えのき茸は根元を切り、食べやすい長さに切って耐熱皿に入れ、ラップをして600Wの電子レンジで1分ほど加熱する。 厚揚げはトースターや魚焼きグリルで表面をさっと焼き、6等分に切る。 ミディトマトは6等分に切る。 えのき、ミディトマト、厚揚げを合わせる。 2に白ごま、しょうゆ、かつお節を加えてでざっくりと混ぜ合わせ、器に盛る。 一杯で大満足のおかずスープ:えのき茸の台湾風豆乳スープ えのき茸は味噌汁の具の定番アイテムの一つ。 でも、いつも味噌汁ではちょっと、という方に、ぜひおすすめなのがこちらのスープです。 豚ひき肉や干し海老、ザーサイも入っているので、汁物というよりはこれだけで十分満足できる「おかずスープ」。 さらっと食べやすいので、疲れた時などにもおすすめです。 えのき茸の台湾風豆乳スープ <材料>(2人分)• 豚ひき肉……140g• 豆乳……500ml• 鶏がらスープの素……小さじ1• ザーサイ(粗みじん切り)……40g• 酢……大さじ2• 干し桜海老……大さじ2• 小ねぎ(小口切り)……大さじ2• 食べるラー油……小さじ2 <作り方>• えのき茸は根元を切り、1㎝幅に切る。 鍋に 1と豚ひき肉、豆乳、鶏がらスープの素、ザーサイを入れて火にかけ、ひき肉に火が入ったら酢を加えて混ぜる。 とろみがついたら器に盛る。 干し海老と小ねぎを散らし、食べるラー油をかける。 やめられない止まらない! 絶品おつまみ:えのき茸としらすのぱりぱりチーズ焼き えのき茸をおせんべいに? 意外なアイデアにびっくりですが、これが、やみつきになるおいしさなのです。 おつまみにもおやつにも、手軽すぎるほど簡単なスナックは、家族みんなに受けること間違いなし。 きのこ嫌いもこれで克服できそう!? えのき茸としらすのパリパリチーズ焼き <材料>(2人分)• スライスチーズ……4枚• 黒こしょう……適量• 粉チーズ……大さじ1 <作り方>• 皿にクッキングシートをのせ、スライスチーズ4枚を正方形になるよう並べる。 えのき茸は根元を切ってから細かく刻み、しらすとともに 1の上に広げる。 2に、青のり、黒こしょう、粉チーズをふり、600Wの電子レンジで7~8分ほど加熱する。 電子レンジから 3を取り出し、温かいうちに切り分けて冷ます。 決して派手とは言えない食材が、こんなにおいしく素敵に変身するなんて! えのき茸1パックでこれだけのバリエーションが楽しめるとは、なんだかお得な気がしませんか? 今すぐできる、えのき茸のレシピ。 ぜひお試しください。

次の