退職のあいさつ。 最後こそ印象良く!退職の挨拶メールはこれで間違いなし【そのまま使えるテンプレあり!】

【例文あり】退職のあいさつメールのマナー

退職のあいさつ

その中には社内・社外でお世話になった人への挨拶メールの送信も含まれるデジね。 本来なら全員に丁寧に挨拶へ行きたいところデジが、会社の規模によっては難しいためメールで挨拶を済ませることも多いデジ。 また、直接の挨拶とは別にメールを送ることもあるデジね。 特に社外へのメールは送信後、引継ぎをする部下や同僚と共に挨拶へ訪れることもしばしばデジ。 ここでは、そんな 退職の挨拶メールの書き方を例文付きで紹介するデジ!また退職の挨拶メールに対して返信が必要なのかについても解説するデジよ。 退職の挨拶メールを書く時の注意点 まずは退職の挨拶メールを書く上で注意したいポイントを紹介していくデジ。 件名は分かりやすいものに ビジネスメールの件名は分かりやすいものにするのが基本デジ。 これは退職の挨拶メールも同じこと。 「退職のご挨拶」など誰が見ても内容が分かるものにしておくデジよ。 無駄に凝る意味がないからね。 分かりにくい件名だと迷惑メールに紛れたり、読み飛ばされてしまう危険もあるデジ。 それと、件名には自分の名前も入れておくと親切デジね。 詳しくは後で紹介する例文をチェックしてほしいデジ! 退職理由は「一身上の都合」 それぞれ退職する理由があるとは思うデジが、ビジネスマナー的に退職理由は 「一身上の都合」としておくのが一般的デジ。 込み入った内容は書かない方がいいデジよ。 件名だけじゃなく内容もシンプルにってことか。 ただ、結婚などおめでたい理由の時は書くのもありデジね。 一斉送信は「Bcc」を使う 会社の規模によってはかなりの人数にメールを送ることになるデジよね。 この時、1人1人に個別にメールを送るのは大変デジ。 内容をコピー&ペーストしたとしても・・・面倒そうだ。 そのため一斉送信を活用してほしいところデジが、 「TO(宛先)」や「CC」欄に大量のアドレスを入れると、受信者側から全てのアドレスが見えてしまうデジ。 これ単純にズラズラッとアドレスが並んで見づらいうえ、プライバシー的にもちょっと・・・となるデジ。 特に社外に送るメールだと大変なことになりそうだ。 全く接点のない会社にメールアドレスが漏洩したりね。 というわけで 一斉送信の時は「BCC」を使うといいデジよ。 BCC(ブラインド・カーボン・コピー)に入力したメールアドレスは受信者から見ることができません。 つまり同一メールを送った複数人のメールアドレスを隠しつつ一斉送信を行えます。 「BCC」の欄に入れたメールアドレスは受信者側に見られないデジからね。 これで プライバシーは守られるし、スッキリしたメールになるはずデジ。 なるほど。 ちなみに「BCC」を使ったとしても『社内+社外』で一斉送信するのはよくないデジよ。 そもそも社内と社外ではメールの内容を変えるのが一般的デジからね。 また上司は一斉送信ではなく個別にメールを送ることをおすすめするデジ。 このあとメールの例文を紹介しているデジから、じっくりチェックしてほしいデジ。 社内へのメールは最終出社日が一般的 社内と社外で挨拶メールを送るタイミングは異なってくるデジ。 たとえば 社内向けのメールは最終出社日に送るのが基本と言われてるデジよ。 社内へのメールは最後の挨拶的な役割が強いみたいだからね。 ただ、会社によっては「退職の1週間前」「最終出社日の定時過ぎ」など独自のルールが存在することもあるデジから、事前に会社のルールが無いかは確かめておいてほしいデジ。 そんなのもあるのか。 このたび、一身上の都合により〇月末で退職することになりました。 本日が最終出社日となります。 本来であれば直接ご挨拶すべきところ、メールでのご挨拶にて失礼いたします。 在籍中はたくさんのご指導をいただき、また支えていただいたこと心より感謝しております。 ここまで仕事を続けられたのは皆様のおかげです。 この会社で学んだこと、そして経験を今後に活かしていければと考えております。 今後の連絡先は下記になります。 何かありましたらご連絡いただければ幸いです。 メール:(メールアドレス) 電話:(電話番号) 最後になりましたが、皆様方の今後のご活躍とご健康をお祈りしております。 今まで本当にありがとうございました。 ポイントとしては 退職後もやりとりができるよう連絡先を入れておくことデジかね。 もちろん必須ではないデジが、これにより「今後もお付き合いしたい気持ち」が伝わるデジ。 また、何か退職にあたって記念品を貰っていれば、このメールでお礼を言っておくといいデジね。 お世話になったエピソードがあれば、そのことに対するお礼を加えるのもグッドデジ。 ただ、その場合は一斉送信しちゃダメデジよ。 ちなみに、退職の挨拶メールでネガティブな内容はNGデジ。 特に会社の悪口はご法度。 このたび、一身上の都合により〇月末で退職することになりました。 本日が最終出社日となります。 本来であれば直接ご挨拶すべきところ、メールでのご挨拶にて失礼いたします。 〇〇課長には入社当初からご指導ご鞭撻を頂き、多くのことを学ばせていただきましたこと大変感謝しております。 特に私が〇〇の仕事で成果をあげられない時、叱咤激励のお言葉をいただいたこと今でも忘れていません。 在籍中なにかといたらぬ点もあったとは思います。 そんな私を根気よく支えていただき本当にありがとうございました。 〇〇課長から教えていただいたことを糧にし、今後より精進していきたいと考えております。 今後の連絡先は下記になります。 何かありましたらご連絡いただければ幸いです。 メール:(メールアドレス) 電話:(電話番号) 最後になりましたが、皆様方の今後のご活躍とご健康をお祈りしております。 今まで本当にありがとうございました。 基本は社内向けのメールと同じデジが、 上司には、よりお世話になったことをアピールできる内容のメールを送りたいところデジ。 具体的に感謝したいエピソードがあれば、そのことを盛り込んでおくといいデジよ。 ちなみに、上司向けのメールが一斉送信だと気分を害してしまう可能性があるデジ。 このたび、一身上の都合により〇月末で退職することになりました。 本日が最終出社日となります。 本来であれば直接ご挨拶すべきところ、メールでのご挨拶にて失礼いたします。 〇〇社長には入社当初からご指導ご鞭撻を頂き、多くのことを学ばせていただきましたこと大変感謝しております。 在籍中なにかといたらぬ点もあったとは思いますが、いつもあたたかく激励をいただき誠にありがとうございました。 〇〇社長から教えていただいたことを糧にし、今後より精進していきたいと考えております。 最後になりましたが、〇〇社長はじめ皆様方の今後のご活躍とご健康をお祈りしております。 今まで本当にありがとうございました。 大きな企業になるほど、社長宛に退職メールを送る必要性はなくなるはずデジ。 私事で大変恐縮ではございますが、一身上の都合により〇月末をもって退職することとなりました。 在職中はお世話になり、誠にありがとうございました。 まずはメールでの挨拶になりましたことお詫び申し上げます。 後日、新しい担当者と一緒に挨拶に向かう場合は上記のようなメールを送っておくデジ。 ポイントとしては 社内向けのメールと違って連絡先は書かないこと。 たとえば、転職先の連絡先を書いてビジネスに発展した場合、現職の顧客情報を利用していると誤解を与えてしまうデジ。 私事で大変恐縮ではございますが、一身上の都合により〇月末をもって退職することとなりました。 在職中はお世話になり、誠にありがとうございました。 本来であれば直接ご挨拶にうかがうべきところ、メールでの挨拶になりましたことお詫び申し上げます。 基本は訪問予定ありのメールと同じデジが、新しい担当者のみが挨拶にうかがうこと、また本来であれば直接挨拶に行くところ、メールだけになってしまったことに対してお詫びしておくのが基本デジね。 個人宛でメールが届いた• 退職する人と親しい• 退職する人にお世話になった• 仕事上で今後も関係が続く メールの内容が多人数向けではなく、個人に届いたものなら返信しておいた方がいいかもデジ。 また、親しい、またはお世話になった人なら返信で感謝などを伝えたいところデジ。 せっかく、その人用のメールを作成したのに返信がこないのは少し寂しいしね。 また社外からのメールで、退職者の会社と取引が続く場合も返信した方がいいと言われてるデジね。 ちなみに返信はなるべく早い方がいいデジ。 早めの返信はビジネスメールの基本さ。 ただ、社内向けのメールは最終出社日に送られてくることも多く、すぐに返信しても退職者は見られないかもしれないデジ。 そのため、 社内向けのメールに返信する時は、メールの中に記載された新しい連絡先に返信するといいデジよ。 返信する場合の例文.

次の

【退職挨拶の文例つき!】スピーチ、メール(社内・社外)の注意点

退職のあいさつ

退職日は「退職の挨拶」、「退職手続き」、「業務引き継ぎの最終確認」、「借りていた備品の返却」など立て込んでいるのでバタバタすると思います。 そうならないために、退職日にやらなければいけないことをまとめて、おおよそのスケジュールを立てましょう。 【始業前】 掃除 最終日はいつもより早い時間に出勤して、デスク周りの掃除をしましょう。 必要のないものは処分して、会社への返却物をすぐに返却できるように整理、そして私物はカバンの中に片付けましょう。 始業後に掃除をすると周りに迷惑をかけるので、人がいない時間に掃除するのがポイントです。 【午前中〜夕方】 業務の引き継ぎの最終確認 業務の引き継ぎは1ヶ月ほど前から始めて、最終日には確認だけの状態が望ましいです。 実際に後任者が業務を回してみて、わからないことなど不安は解消しておきましょう。 退職後にも業務が滞りなく回せる状態にすることもあなたの責任です。 備品の返却や書類の受け取り 退職日には会社から貸与された備品などを返したり、退職後に必要となる書類を受け取ったりしなければいけません。 1日の予定を詰め込みすぎて、事務手続きをしている余裕がなくならないように気をつけましょう。 【定時の2時間前】 メールの一斉送信 お世話になった、上司や同僚への退職のメールを送ります。 定時の1時間前〜2時間前が良いとされています。 定時前はバタバタすると思うので、文章は事前に用意しておきましょうね。 部署が違うお世話になった人への挨拶 社長などの個別で挨拶したい人もいるかと思います。 メールの一斉送信後に、上の役職の人から順に挨拶に回りましょう。 もし、相手の時間がなかった場合は、後に回してもいいですし、最悪の場合、一斉送信のメールだけで済ませてしまってもいいと思います。 【定時の1時間前】 退職挨拶の準備 最後の退職の挨拶が定時後に行われると思います。 緊張すると思うので、定時の1時間前までには自分のことを済ませて落ち着いた状態にしましょう。 やり残したことがないかをチェックリストで確認するといいと思います。 【定時後】 お菓子配り お菓子配りは必須ではないですが、お世話になった方々への感謝の気持ちとして、何か渡すと気持ちよく退職できるでしょう。 お菓子選びに困ってしまう方もいると思いますが気持ちが大切です。 あまり悩みすぎずに、その土地の有名なものなど、多くの人に好まれるものが無難でしょう。 退職の挨拶回りをする相手は、同部署の役職者、同僚、同期、得意先です。 会社内の人への挨拶の順番は役職の位が高い人からです。 同部署内の役職者への挨拶 役職者とは、主任、係長、課長、部長、社長のことを指します。 あなたが役職のない立場ならば、同部署内の役職者全員に挨拶をします。 例えば、工場勤務の方は、勤務している工場の一番トップの人が部長である場合は、主任、係長、課長、部長に退職の挨拶をしましょう。 また、その会社で転勤をしていて、上司が変わっている場合は昔お世話になった上司への挨拶も忘れないようにしましょう。 特に同業種に転職する場合は、決裁者との人脈は後々に役に立つかもしれません。 挨拶をしておいて損はないでしょう。 挨拶をする時間帯に関しては、なるべく業務に支障がない時間を選びましょう。 基本的には、最終出勤日の定時の1時間前が理想とされています。 気をつけて欲しいのは、複数の人へ挨拶周りをするかと思いますが、役職の位が高い人から順に回るようにしましょう。 気楽な気持ちで挨拶できるからといって、最初に同期への挨拶へ行くのはNGです。 仕事を共にした同僚への挨拶 今後、関わることがないだろうし、挨拶しなくていいと思う方もいるかと思いますが、退職の挨拶をすることがマナーです。 親しい関係ではなかったとしても、一緒に仕事をしてきた仲間として、誠意を持って、お世話になった意を伝えることが大人の対応と言えるでしょう。 また、あなたが退職するために生じる仕事の負担を請け負うのは同僚です。 感謝の気持ちとして、簡単な菓子箱を用意すれば喜んでもらえると思います。 ただ、挨拶の順番を間違えないように気をつけてください、まずは上司からです。 同期入社のメンバーへの挨拶 よく、大学時代の同期は大切にした方がいいと言いますよね?それと同じ理由です。 20代にできた友は一生の友だと言います。 歳を取るにつれて、家庭を持つ人も増えていきます。 年齢が近い、気を許せる仲間はなかなかできなくなり、仲のよかった人たちとの付き合いは少なくなっていきます。 相談相手として、友達として、気を許せる仲間との人脈が多いほど、今後の人生を豊かにしてくれるので、関係を保つためにもしっかりと退職の挨拶をしましょう。 得意先・取引先への挨拶 社外の得意先・取引先にメールを送る場合は、できるだけ早い方が望ましいです。 社外の関係者との引き継ぎは社内より、さらに期間を要します。 「最終出社の2週慣前〜4週間前」が理想とされています。 この引き継ぎがしっかりしていないと、社内の人間だけでなく、社外の人間まで迷惑をかけてしまいます。 それがきっかけで、大きな損害を与えてしまう可能性もあるので気をつけましょう。 また、「退職のメールを一斉送信で済ませてしまっても良いのか?」と疑問に思う方もいる方もいるかと思いますが、一斉送信で問題ありません。 むしろ、相手側からしてもできるだけ早い連絡が欲しいので、個別送信で連絡に時間がかかったり、送信できていないなどの連絡漏れがある方が逆に迷惑をかけてしまいます。 退職の挨拶回りで伝える言葉の要点は3つです。 既に、周知されていることだと思いますが、本人の口から退職することを報告しましょう。 何かエピソードを添えて感謝の気持ちを伝えることができれば、より気持ちが伝わりやすいでしょう。 ただ、その際にネガティブな気持ちを伝えないように気をつけましょう。 例えば、今までの文句や愚痴を混ぜてしまうとお互いに良くない気持ちになるので控えましょう。 今後のさらなる活躍を祈っていることを伝えることで、退職の挨拶を気持ちよく締めくくることができます。 【NGワード1】 退職理由の詳細 退職する場合、その理由を詳細に伝える必要はありません。 病気の場合や家庭の事情の場合でも「一身上の都合」で大丈夫です。 逆に、伝えてしまうと話が長くなってしまったりして、めんどくさがられてしまいます。 【NGワード2】 長すぎる思い出話 何事も独りよがりにならないことが大切です。 個人の思い出は全員が興味がある話とは限らないです。 特に他の社員は業務に追われていたりするので、迷惑な話です。 思い出話は、プライベートや送別会が適した場だと言えるでしょう。 【NGワード3】 ネガティブな話 さすがに恨み節を伝える人はいないと思いますが、会社の不満や嫌だったことを伝えるのは雰囲気を悪くしてしまいます。 これからもその会社で働き続ける人たちのことを考えると、前向きな話が好ましいです。 また、「今後は~した方がいいと思う」といった意見なども、退職のスピーチには適しません。 この度、一身上の都合により、本日をもちまして退職させていただきます。 上司や先輩方にたくさんのご指導をいただき、多くのことを学ぶことができました。 入社当初は、〜〜〜もできなかった私を見捨てずに、最後まで向き合い続けてくれたみなさまからのご指導のおかげで成長することができました。 社会人として、多くのことを学ばせていただきました。 ここで培った経験は、私の人生にとって財産です。 この経験を今後も活かしていくことがみなさまへの恩返しになると信じ、頑張っていきたいと思っています。 お世話になったみなさまのご活躍とご健康を心よりお祈りしています。 本当にありがとうございました。 個別で挨拶を行うのは、社長など自分の部署以外にお世話になった方への挨拶か退職の挨拶をする習慣のない会社の場合です。 この場合に気をつけたいのは、退職の挨拶をするための時間が確保されていないことです。 相手の時間を頂いているので、簡単に終わらせることが望ましいです。 【ポイント1】 最初に声をかける時に、話しかけても良いかの確認を取る。 「今、少しお時間いただいてもよろしいでしょうか?」のように相手に時間の余裕があるかどうかを確認しましょう。 【ポイント2】 簡潔に終わらせること。 相手が社長ともなると、忙しく、対応している余裕がない場合が多いです。 感謝の気持ちをたくさん伝えたいあまり、長々と話し込んでしまう人もいますが、一言で感謝の気持ちを伝えるくらいがいいと思います。 社員が多い場合など、直接全員に退職の挨拶をすることが難しいと思うので、メールでの一斉送信で大丈夫です。 相手から失礼だと思われない3つのポイントと合わせて、実際に使える文章のテンプレートを紹介します。 【ポイント1】 件名はシンプルに伝わりやすいものにすること。 メールの中には、迷惑メールや自分には関係ないものとして、読み飛ばされる場合があります。 そのため、件名は趣旨がひと目で分かるものにしましょう。 「退職のご挨拶(名前)」などのように、簡単なものにしましょう。 【ポイント2】 具体的な退職理由は書かないこと。 一度書き始めると、どうしても退職理由まで細かく書きたくなるかもしれません。 ですが、あまり込み入った話をしないのが、ビジネスマナーです。 「一身上の都合」と書くにとどめるようにしましょう。 【ポイント3】 今後の連絡先を書くことはOK。 今後も社内での関係性を維持し、連絡をとっていきたい方もいると思います。 社内の場合は、挨拶メールに「試用の連絡先」を書いてもOKです。 「今後連絡をいただける場合は、下記までお願いします」と添えるようにしましょう。 そして、名前と所属先のみを書いたシンプルな署名をつけるのがポイントです。 在職中は大変お世話になり、誠にありがとうございました。 本来であれば、直接ご挨拶すべきところですがメールでのご連絡となり失礼いたしました。 在籍中はいたらぬ点もあったかと思いますが、お世話になりありがとうございました。 皆様から温かい叱咤激励の言葉をいただき、感謝しております。 業務を通じて壁に当たることもありましたが、多くのことを学ばせていただきました。 今後もこの会社で培った経験を、活かしていきたいと思っております。 退職後の連絡先は下記になりますので、今後ともご連絡いただけると幸いです。 メール:アドレス 携帯:番号 最後になりましたが、皆様のさらなるご健勝とご活躍を心よりお祈り申し上げます。 今まで、本当にありがとうございました。 取引先への一斉送信はOKとされていますが、相手から失礼だと思われない3つのポイントと合わせて、実際に使える文章のテンプレートを紹介します。 【ポイント1】 退社日をしっかりと明記しましょう。 相手側からあなたに何か聞きたいことがあった時に、いつまでに連絡すれば良いかが伝わります。 取引先からの連絡があなたの退社後になってしまい、取引が滞ってしまうなどの迷惑をかけないように気をつけましょう。 【ポイント2】 後任者の紹介をすること。 仕事を引き継ぐ上で、相手に心配を与えないことが大切です。 後任者が誰か伝えずに退職してしまうと、取引先の方が心配になってしまいますよね?そのような心配を与えないように、事前にメールでの通知、時間がある場合は、後任者とともに引き継ぎの挨拶に行きましょう。 【ポイント3】 退職後の連絡先は書かないようにすること。 退職後の連絡先を書いて、その後のビジネスに発展してしまった場合、今いる会社に「顧客情報を利用している」と誤解を与えてしまうことがあります。 どうしても書きたい場合は、上司などに相談してからにしましょう。 【ポイント4】 一斉送信で挨拶文を送る場合は、アドレスの漏洩に気をつけなければいけません。 「To」に自分のアドレスを入れ、「Bcc」に送る相手のアドレスを入れます。 最後の最後で大きな問題を起こしてしまわないように気をつけましょう。 在職中は大変お世話になり、誠にありがとうございました。 本来であれば、直接ご挨拶すべきところですが急なご連絡となり失礼いたしました。 末筆ながら、皆様のさらなるご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。 大変お世話になり、ありがとうございました。 株式会社〇〇 退職太郎 定年退職での挨拶は社員のみんなが注目する挨拶です。 たとえ、一言だとしても、定年まで働いた方が最後どのような思いを迎えるのか気になると言う人も多いでしょう。 【ポイント1】 まずは感謝を伝えることです。 定年まで働く=最後の職場というわけですから、当然会社への思い入れも強いはずです。 自分たちが手がけたプロジェクトが成功したことや、若手のみんなの活躍や、会社が成長した過程などを言うとより感動しやすくなるのではないかと思います。 【ポイント2】 あとは今後の目標であったり、第二の人生をどう送るかと言うことにも触れるといいと思います。 定年退職後の生活というものはとても気になりますよね。 中には将来こんな老後を過ごしたいという思いを持ちながら働いている人もいるでしょう。 また、今後の目標や過ごし方などを伝えることで、退職してからも会社の人との付き合いが続く可能性もあります。 退職日当日にバタバタしないためには、退職が決まった時から計画を立てて準備をして置かないといけません。 例えば、引き継ぎの準備を事前に初めて置かないと、退職後に後任の方 が大変な思いをすることになります。 時系列に沿って、退職日までにやらなければいけないことを整理したので参考にしてみてください。 2~3ヶ月前 ・就業規則を確認する 会社によって退職までの流れが異なるので、退職を決めたらまずやることが就業規則の確認です。 「いつまでに連絡が必要なのか」などは必ずチェックしておいてください。 ・上司に退職の意思を伝える(退職願) 退職を決意したらまず、退職意思を伝えることから事が進みます。 最初に伝える人は必ず直属の上司です。 ・退職日を決める 上司との話し合いで退職日を決定します。 引き継ぎに必要な期間、有休消化に必要な期間を考慮して、退職日を決めていきましょう。 1ヶ月前 ・引き継ぎ資料を作成する 後任者が決定したら、業務を滞りなく引き継げるように業務の進め方を資料にまとめます。 後々になって、引き継ぎが間に合わなくなったりしないように、余裕を持って引き継ぎ計画を立てましょう。 2~3週間前 ・取引先に退職の挨拶をする 後任者の紹介を兼ねて退職することを訪問して伝えます。 直接会うことが難しい場合には、退職の挨拶メールを送りましょう。 ・会社の備品を返却する。 会社から借りていた備品類などは全て返却します。 退職日当日には会社から貸与されていたパソコンや携帯電話などに加えて健康保険証なども返却します。 ・会社から受け取る。 雇用保険被保険者証や源泉徴収票、年金手帳などを受け取りましょう。 退職日当日 ・退職の挨拶メールを送る。 ・退職の挨拶周りをする。 挨拶回りの順番を間違えないように気をつけてください。 役職が高い順に回ります。 ・退職挨拶 定時後に同じ部署内で退職のスピーチを行います(行われない場合もある)。 それまでにしっかりと準備しておきましょう。

次の

感謝の気持ちが伝わる「退職挨拶状・手紙」の書き方・例文

退職のあいさつ

退職のあいさつメールはNG? 円満退社するうえで、あいさつは極めて重要です。 退職理由はさまざまですが、どんな場合でも、最後は気持ちよく退職できるよう周囲への配慮を怠らないようにしてください。 では、退職のあいさつはメールでも良いのでしょうか? 最近、ビジネスパーソンの間では、退職のあいさつメールはかなり一般的となっています。 もちろん、お世話になった社内の人や顔を合わせる機会が多い人にはできるだけ口頭であいさつするのがベストですが、会えない人にはメールを使うのも一つの手段です。 ただし、目上の方など相手によっては退職のあいさつメールを失礼に感じる人もいるのでご注意を。 自身と相手との関係性を見ながら、メールを送るか、直接あいさつするか、手紙やはがきのほうが適切な場合もあるかもしれませんので、ご自身と相手の関係によって方法を使い分けることをおすすめします。 退職のあいさつメールはいつ送るもの? 退職のあいさつメールを送るタイミングはいつが良いのでしょうか? 退職が決まってから退職日まで、どのタイミングで送ればいいか、悩んでしまう方もいるようです。 また社外向けと社内向けとでは、その意味合いもタイミングも違ってきます。 [社外向けの退職のあいさつ] 取引先などは引き継ぎなどのやり取りがありますから、退職を公表してもいいタイミングになり、社内に周知された後、退職日の2〜3週間前には伝えていきましょう。 退職まであまり日がないと、取引先から「最後まで仕事を全うしていない」と「無責任」ととらえられてしまうことも。 きちんと引き継ぎの期間を設けることで、取引先に安心してもらえますし、問題などがあれば解決する時間も取ることができます。 [社内向けの退職のあいさつ] 社内向けは、退職を報告するというより「最後のあいさつ」に近いものになりますので、最終出社日に送ることが一般的です。 勤務時間が終了してから送るのがマナーという会社や、1週間前にメールすることになっているという会社も。 会社特有の慣例がある場合もあるかと思いますので、これまでの先輩方や今まで受け取った退職のあいさつメールを参考にするのが良いでしょう。 退職のあいさつメールを送る時期は、原則として会社に退職の報告および承諾を得てからになりますので注意が必要です。 ご自身の状況に応じて、退職のあいさつメールの準備をしておきましょう。 退職のあいさつはどの範囲まで送ればいい? 退職後、前職の社員はもちろん、今までお世話になっていた方と偶然再会する機会があるかもしれません。 特に同じ業界内での転職や、独立開業の場合も再会する機会は多くなります。 「退職するから」とあいさつもせずに、後で後悔することとならないよう、社内・社外を問わずお世話になった方には、必ず退職のあいさつをするように心掛けましょう。 メールで退職のあいさつをする場合どうやって送ればいい? 特に社内向けの場合、まったく同じ内容のものを複数の人へ送ることもあるかと思います。 一斉送信する場合は、必ず送り先をBCCで送付します。 TOやCCではほかのメールアドレスが見えてしまいますので注意してください。 TOには自分のメールアドレス、BCCに各送付先を設定しましょう• 相手との思い出を交え、これまでの感謝の気持ちと、今後の活躍を祈る旨を記載しましょう• 退職理由は書かなくても良いでしょう。 記載する場合は後ろ向きな内容にならないようにしましょう• 今後お付き合いが必要な相手には、最後に個人の連絡先を記載しましょう 社内・社外と送るメールの内容も変えることが必要です。 退職のあいさつをメールで送る場合、下記のような例文を参考にしながら作成してみましょう。 退職のあいさつメール 参考文例 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 在職中は大変お世話になり、ありがとうございました。 (相手との思い出を交えながらお礼を述べる) 心より感謝申し上げます。 今後、別の機会にてお世話になることもあるかと思いますが、その際はよろしくお願い申し上げます。 本来であれば、直接ごあいさつを申し上げるべきところ、メールでのごあいさつとなりましたこと、お詫び申し上げます。 前職場には縁故者の紹介や口利きがあって入社した……。 そんなケースでは、入社時にお世話になった方にも報告をしましょう。 特に短期で退職した場合は、書面だけで済ませず、直接足を運んであいさつをすることも心がけてください。 身元保証人などを引き受けてくれた方に対しても同様。 これからの支援を得るためには、そんな基本マナーを忘れずに。 キャリアを生かした転職では、職種や業界によって、これまでの取引先が有望なビジネスターゲットになるもの。 挨拶状を送る相手も、それを了解しています。 今後のアプローチを予測させるような、あからさまな文面は自己本位な印象を与えるだけ。 人間性とマナーが試される……と考えて,あくまでお礼とさりげない報告の文面をおすすめします。 キャリアが長い分、送付範囲も広がり、大量の挨拶状が必要になりがちです。 けれど、印刷ハガキにパソコンの宛名シール……では、まるでDM。 報告はできても心からの謝意を伝えたり、今後のおつきあいを深めるものにはなりにくいのが実情でしょう。 ひと言でも自筆の添え書きを記すことを心がけ、事前から準備をはじめるようにしてください。 あした転機になあれ。 豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。 毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。

次の