アドビcc 安く。 【Adobe CCを安く買う方法】社会人OK!格安39,980円/年<講座付き>

Photoshopを最安で購入して使用するまでの手順

アドビcc 安く

デジハリのオンラインスクールのadobeの講座を受講することで安くなる? どういうことか意味がわからないと思うので説明しますが、デジタルハリウッドのオンラインスクールでadobeの講座を受講することで、adobeのCCの1年分がセットで付いてくるんです。 つまり、デジタルハリウッドのオンライン講座も受講しながら、adobeのCCが一年分使えるんですね。 しかも普通にadobeの公式でCCを1年分買うよりも安く! これって凄いお得だと思いませんか? adobeで普通に買ったらいくらするのか? adobeの公式としてはこのような料金体系になっています。 驚きませんか? adobe コンプリートプラン(全て使えるやつ)を12ヶ月分に加えてadobe CCを活用できるようになる講座が受講可能なんですね。 adobeがほぼ半額で使えて講座も付いて来る つまりほぼadobeがほぼ半額で1年間使えて講座も受講可能になるということですね。 講座の内容としては• adobeソフト(Illustrator Photoshop Flash Effects Premiere Dreamweaver Flash Animate CC )の講座動画(全63時間)が見放題(1ヶ月間)• その授業で出た課題についてのプロのクリエイターからの添削指導(2ヶ月間) になります。 1からadobeソフトについて学んでみようという方には丁度良いのではないでしょうか。 その後は下記の画面が出るので、申込みをクリックします。 注文画面はこちらですね、その後個人情報を入力して、完了です。 こちらが完了すると下記のようなメールが届きます。 そこでは下記のようなシリアルコードが記載されています。 こちらがデジハリの講座経由でのadobeソフトの申込みに必要な情報になります。 その後は記載されている下記URLにアクセスをして、adobe IDがあればそれでログイン、なければ新規登録をします。 その後進めていくと、下記のように引き換えコードを求められる画面が出ますので、そこで入力。 それが完了しますと、adobeのCCがインストール可能になります。 これが手続き内容になります。 いかがでしょうか、なんとかやってみれそうじゃないでしょうか? 最後に いかがでしたでしょうか。 adobeのソフトに関しては裏技というか、色々安く入手しようとすれば出来るようですが、CCに移行してからはもうそんな方法もあまり見られなくなりました。 正直定価で買うのであれば個人的には抵抗はありますが、このように学生割引で半値ほどで購入出来るのであればまだ全然いいんじゃないかなと思います。 月でいうと4,000円であればなかなかキツイですが、2,000円少々の出費であれば必要経費と思えばなんとかなるのかなと。 出来る部分は節約してやっていきましょう! それでは! 全くの未経験からwebデザイナーを目指している方は是非こちらの記事をご覧下さい。

次の

Creative Cloudの価格とメンバーシッププラン

アドビcc 安く

この記事の目次• Adobe CS から Adobe CC へ Adobe Systems アドビ システムズ 通称Adobeは、グラフィックデザイン、写真加工、Web制作、映像編集などクリエイティブな制作を行う際に使用するソフトを提供するメーカーで、ソフトのみを扱う会社としては世界最大のソフトウェア会社として知られています。 バージョンアップに伴い、2003年からAdobe Creative Suite(アドビ クリエイティブスイート)通称Adobe CSとしてCS~CS6まで発売されました。 Adobe CSは使用するソフトを個別に購入してパソコンにインストールしており、一度インストールすれば追加料金を払うことなく永年利用することができました。 ただ、1年半~2年ごとに最新技術を取り入れたバージョンアップが行われていたので、アップグレードしたい場合のみ追加料金を支払う方式でした。 しかし、2013年に新制度が発表され、月額制を導入するようになったので、Creative SuiteシリーズはCS6で幕を下ろし、新たにAdobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブクラウド)通称Adobe CCの時代となりました。 クラウドといっても、ブラウザでWebアプリとして利用できるようになったのではなく、あくまでも使用方法はパソコンにソフトをインストールする方式で、クラウドサービスとの連携によってデータ共有やクラウドストレージが利用可能になったことを意味しています。 まずはAdobe CCでどのようなソフトが利用できるのか確認してみましょう。 Adobe CC のソフト一覧 下の記事でAdobe CC のソフト一覧をご紹介しているので、一度確認してみてください。 それでは次にどのような契約プランが用意されているのかご紹介します。 大規模法人の場合、「Creative Cloud エンタープライズ版」が用意されているようです。 こちらの詳細はAdobeに直接問い合わせる必要があります。 製品の内容は個人プランと同様です。 契約プランは3種類 単体・フォトグラフィ・コンプリート 契約区分によっては一部プランは利用できませんが、大きく3種類が用意されています。 また、20GB のクラウドストレージの利用が可能です。 選択できるソフトは以下の11種類です。 また、20GB のクラウドストレージの利用が可能です。 さらに、Adobe Stockの最初の月は、画像 10 点を無料でご利用いただけます 購入から 30 日以内は無料で体験できます。 ソフト一覧はをご覧ください。 契約区分と契約プランのまとめ (注記)教育機関には小区分があるので補足します。 それはずばり、「Adobeスクールパートナーを経由して通信教育講座を受講する」方法です。 アドビが指定した通信教育コースに在籍する受講者に対して、特別価格でアドビ製品を提供することが認められているんです。 企業に在籍している社会人であってもこの制度は利用できるのが非常に素晴らしいですね。 Adobeスクールパートナーに認定されている学校はプラチナとゴールドに分けられています。 パソコンスクールISA 株式会社アイエスエイ Adobe販促プロジェクトチーム 03-3564-1212(銀座校) a-ishii isa-school. isa-school. advan-school. dhw. winschool. athuman. もちろん製品に制限などはなく、正規購入と全く同じ機能を使うことができますし、商用利用だってもちろんOKです。 さらに、通信講座なので、各スクールが独自のAdobe用教材を用意しています。 Adobe製品を安く買えて、なおかつスキルアップの勉強もできるとあってはまさに一石二鳥ですね! 続いては各スクールの受講費用と特徴をご紹介します。 プラチナスクールパートナーの比較 プラチナスクールパートナーのうちWinスクールはいまだにCS6のページが存在していたりコンプリートプランの講座がなかったりと不明瞭な点が多いので、今回は除外させていただきます。 (重要) Adobe製品はほとんどのソフトで30日間の体験版を提供しています。 公式サイトからダウンロードした体験版は正規版と全く同じ機能です。 1ヶ月は無料で利用できるのですから、30日間しっかり使って体験版が終了した後にライセンス認証を行いましょう。 スクールによっては基本受講プラン+特別講座などがついて値段も高く表記されているので、選択するプランを間違えないように注意してください。 また、支払方法はほとんどのスクールが年額払いとなっています。 IDを持っていない方は新規作成してください。 ログインが完了したら24文字のシリアルコードを入力します。 (注意1) メンバーシップを自動更新するか否か選択する箇所があるので、「後で通知する」をクリックしましょう。 次年度以降は学生ではなくなるため、自動更新で通常の個人プラン料金を支払うことになってしまいます。 (注意2) ライセンス認証が完了した時点で12ヶ月間の期限カウントが始まります。 体験版を30日間たっぷり使ってから認証作業を行いましょう。 これで1年間は思う存分Adobe製品を使えるようになりました。 12ヶ月後はどうなるの? 自動更新の設定をしていなければ、ライセンスの期限切れとなり、Adobe製品が利用できなくなってしまいます。 けれど安心してください。 一度手順が分かってしまえば、あとは毎年、お得にAdobeを使い続けるだけですね! それと、せっかく通信講座に申し込んだのだから、スクールの講座をしっかり受講して、クリエイティブスキルを上達させていきたいですね。 次の記事 >>.

次の

Adobe CCを学生が安く購入する方法。同じ学割でも差が!

アドビcc 安く

わたしも仕事で毎日使っているAdobe Creative Cloud(Adobe CC)。 デザインや写真加工・印刷に必須のソフトで、使っている人も多いです。 このAdobe CC、とても便利なソフトなんですが、 価格がとっても高いんですよね! でも大丈夫! 社会人でも通常よりも安くAdobeCCを契約できる方法があります! それは、誰でも利用できる Adobe公認のオンラインスクールを受講すること! Adobe CCの学生版コンプリートプランを1年間使える上に、動画教材などで勉強できちゃうんです。 しかも、そのトータル金額は普通に個人プランを申し込むよりもずっと安くなるんですよ〜! スクールと言っても強制的なテストや提出物はありませんから、時間がない人やソフトだけ欲しい人も大丈夫! 学生じゃないために、AdobeCCが高すぎて苦しい思いをしていたあなた! ぜひこの記事を読んで、超節約しちゃいましょう! 年間プラン(一括払いの場合)• 学生版であれば、半額以下で使用することができますが、学生だった時代なんてとうの昔…なんて人のほうが多そうです。 Adobe公認のオンラインスクールなら安くなる 学生版は安くていいなあ…でも、わたしは社会人だし…と、高い料金を払ってきた人も多いかもしれません。 でも大丈夫! 社会人でもオンラインスクールに申し込めば、学生版が使えて、グッと安くすることができます。 危ないことをするわけでなく、Adobe公認ですから安心してくださいね。 受講料トータルがAdobeCCの通常版よりも安い!• Adobe CCの学生版を1年使うことができる• 動画教材を何度でも自分のペースで勉強できる• 社会人でも、何歳でも申し込める• 商用利用ができる• 強制的なテストや提出物がない• 何度でも申し込める 順に説明していきます。 具体的な金額や学校については下でご紹介しますが、ざっくり言うと、通常ソフトだけで7万程度のものが、教材付きで4万くらいになります。 いや、何これ! 知らないとすっごく損してるじゃないですか! もうこれ絶対に利用しないともったいないです。 Adobe CCの学生版を1年使うことができる オンラインスクール受講ということで、学生扱いになり、Adobe CCの学生版を使うことができます。 ソフトの中身は、 通常版となんら変わりはありません。 スクールはAdobe公認ですから、何ら怪しいことはありません。 ソフトももちろん正規に契約しています。 動画などの教材を何度でも自分のペースで勉強できる AdobeCCのソフトをしっかりとマスターできるように、 動画教材などの講座が用意されています。 決められた期間中は 見放題で、各自のペースで勉強することができるので安心ですね。 サポート機関なら質問もできますよ。 わたしは仕事でアドビのソフトを長年使っているのですが、長く使っている人ほど、あんがい決まった機能しか使っていないもので、便利な機能などを知るのにビデオが役に立ちました。 もちろん、Adobeソフトの初心者で頑張って勉強したい人にはおすすめです。 社会人でも、何歳でも申し込める 講座についてくるのは学生用のAdobeCCですが、一般に開かれた通信講座ですから、 何歳であっても申し込むことができます。 社会人であっても、おじいちゃんであってもOKです。 商用利用ができる また、 個人であればソフトの商用利用も可能なので、フリーランスのデザイナーさんも日々の仕事に利用できます。 わたし自身も、個人で受けた仕事をやるのにも利用しています。 全く問題ありません。 強制的なテストや提出物がない オンラインスクールですが、 基本的には強制的なテストや提出物はありません。 提出物などは、添削してもらいたい人はもちろん出して勉強できますが、絶対に出さないとソフトが使えないというものではありません。 ですから、社会人で時間がないという人や、講座はいらないけど、とにかくソフトを安く使いたいという人でも安心です。 何度でも申し込める 何度でも同じプランを繰り返して申し込むことができます。 オンラインスクール申込みのAdobeCCのメンバーシップ期間がすぎても、また同じようにオンライン講座に申し込めば、ソフトの使用+動画の視聴が可能です。 わたし自身、何度も同じオンライン講座を申し込むことで、継続的にAdobeCCソフトを使用しています。 現在わたしが契約しているのも、たのまなです。 現時点(2020年5月7日)で、39,980円(税込)となっています。 ) アドビの定価だとAdobe CCのソフト代だけで72,336円(税別)ですから、30,000円以上お得になります!! ソフトと講座込でこの値段はとってもお得ですね! たのまなのアドビオンライントレーニング通信講座は、ソフト1年版だけでなく2・3年版もありますし、サポート期間の長さ(1・3・12ヶ月)を選べたりと、あなたの状況にあわせたコースを選ぶことができますよ。 (講座の内容はどのコースも同じです。 ) ネットで申し込んだら、数日で納品メールがきます。 すぐには使えないので余裕をもって申し込みましょう。 こちらも有名ですよね。 わたしは現在は「たのまな」を使っていますが、その前はデジハリでした。 ここもたのまな同様、常に低価格の設定をしてくれていますし、もちろん講座の内容もしっかりしています。 ただ、デジハリの方は、たのまなのようにソフトを使える期間やサポートの期間の選択肢が複数なく、1種類だけです。 ネットで申し込んだらすぐに使用を開始できます。 現時点(2020年5月7日)で、39,980円(税込)となっていて、たのまなと同じです。 (ページの下の方に一覧があります。 ) 通信教育コースで、Adobe CCが安くなるのは、プラチナスクールパートナーのみですので、気をつけてくださいね。 オンラインスクールを選ぶ時の注意 Adobe CCを初めて使う人と、使ったことがある人とでは、すこし学校の選び方を変えたほうがいいかもしれません。 とはいえ、やってみないとよくわからないですよね。 基本的にはどのスクールもAdobe認定であれば、充実したところばかりですから、大きな差はないと思って大丈夫です。 たのまな・デジハリは、わたしを含め多くの人が使っているので間違いありませんよ。 すでにAdobeソフトを使いこなせる人は、価格重視で問題ありません。 わたしははじめの頃は、デジハリでその後たのまなに変えました。 違う会社を選んだほうが、教材内容も違って勉強できるからです。 でも、それ以降はずっと、たのまなで申し込んでいます。 なぜなら、両方のサポートに電話したことがあるのですが、たのまなのサポートの人がとっても親切だったからです。 会社として儲かる方をしつこく勧めたりせず、受講者側の立場に立って、一番安くなる方法をおすすめしてくれました。 今後もたのまなを利用するつもりです。 まとめ あなたが個人でAdobe CCを使うのならば、Adobeへ通常の申込みをするのではなく、オンラインスクールがおすすめです。 今回ご紹介したように、Adobe CC料金と動画講座料金をあわせたコースなのに、通常のAdobe CC代(7万円以上)よりも、ずっーーと安くなりますよ〜。 わたしも安く買いたいと思って毎回いろいろと調べていますが、結果として今回ご紹介した2つのオンラインスクールが、値段・講座内容・学校の信頼度から見て、おすすめです。 お金を節約できて、講座も受けられるなんて、一石二鳥ですね! ぜひ利用してみてください! 関連記事 関連記事.

次の