お 時間 を いただき たく 存じ ます。 「検討させていただきます」は正しい敬語?意味や例文・使い方・類語も紹介!

「させていただきたく存じます」の意味と使い方!言い換え表現も紹介

お 時間 を いただき たく 存じ ます

この表現は単純になにか物が欲しい時に使う表現です。 「お菓子を頂きたいと存じます」というような使い方は少ないかもしれませんが、このような使い方をすることで相手から何か物をいただきたいという意思表示ができる表現になっています。 頂きたいと存じますはこちらの意味合いで使われることの方が圧倒的に多くなっています。 ビジネスにおいて何かをしてもらいたいあるいはさせてもらいたいというシーンではまっさきにこの表現が頭をよぎることでしょう。 頂きたいと存じますという言葉は「頂きたい」と「存じます」の2つに分かれていますが下記の関連記事は「存じます」という表現に絞って内容を説明しています。 「存じます」という表現は「頂きたいと存じます」以外にも様々な言葉と組み合わせてビジネスで多用される表現なのでこちらもしっかりチェックしておきましょう。 「頂く」という表現が相手から何かをもらう謙譲語であり、その意味を表す時には「いただく」という言葉は漢字で表記をすることができます。 ただしここから説明する2つ目の意味でも漢字を使うのも、現在は許容されているようです。 「もらう」以外のいただくにはこのような意味があります。 「頂く」とここで説明する「いただく」は意味が違うので本来は漢字表記はNGなのですが、「もらう」という意味合いで使われることが限られていて意味の履き違いが起こりづらいため、今ではこちらの意味でも漢字を使うことがしばしばあります。 例文は説明会への参加を促している表現ですが、ビジネスのシーンにおいて参加を促す際に「ご参加いただきたいと存じます」という言い回しはよく使われます。 非常に丁寧で良い印象を与える表現になっています。 この表現に関しては本来であれば「していただきたくお願い申し上げます」という敬語表現を省略している表現にあたります。 また依頼は「していただけましたら幸いでございます」というような強制感のない言い回しがベターです。 ここまでで「させていただきたく」という表現をいくつか紹介しており、これが単独でNGではありません。 しかしながら「させていただきたく」を多用すると相手に身勝手な印象を与えるので多用はNGとされています。 この表現に関しては目上の人に使える類語表現の中でも、非常に相手への気遣いを感じる表現になっています。 強制感がなく相手に判断を委ね、引き受ければ「ありがとうございます」と感謝される言い回しだからです。 ビジネスにおいて相手に対して「お願いします」と言い切る場面はかなり限定されます。 言い切ってしまうとその依頼に強制感が出るからです。 しかし「お願い申し上げます」は丁寧さが強い表現なので強制感はやや薄れます。 頂きたいと存じますをビジネスで活用しよう! 頂きたいと存じますをビジネスで活用することで、何かを目上の人や取引先に依頼をする時に今までよりもスムーズに物事が運ぶようになることでしょう。 それはビジネスパーソンとしてのスキルアップを実感できる瞬間でもあります。 ここで紹介したことがいち早くあなたのビジネスで活用できる状況になればうれしいです!.

次の

頂きたいと存じますの意味・例文13選|教えて頂きたく・いただきたく?

お 時間 を いただき たく 存じ ます

ビジネスシーンなどでよく使われる「今しばらく」という言葉ですが、意味や使い方を理解していないと、相手に不快に思われてしまったり、怒らせてしまう場合があります。 ここでは「今しばらく」の意味と使い方についてご紹介します。 普段使ってはいるけど、使い方に不安があるという方はぜひご覧ください。 「今しばらく」の意味 「今しばらく」とは、しばらくの間や、ちょっとの間という少しの時間や期間という意味で使われる言葉です。 そのため、少し時間がかかってしまうときや、期間が長くなってしまう場合には使用を避けた方が無難です。 「今しばらく」は「しばらく」に「今」が付いた言葉です。 「しばらく」に「今」がつくことによって、「しばらく」よりも短い時間、期間を表す表現となっています。 接客シーンなどで、従業員に「しばらくお待ちください」といわれると、どのくらい待たされるのか不安になりますが、「今しばらくお待ちください」と言われると、それほど時間がかからない印象を受けます。 そのため、接客する立場の場合は、もし時間がかかってしまうようならば、「少々お時間いただきますがよろしいでしょうか」など、言い回しを変えたり、具体的にどのくらい待つことになるか、お客さまに伝える必要があります。 「今しばらく」の使い方 「今しばらく」は相手に少しの間待っててもらうときに使います。 何かの問い合わせや、クレーム対応のときなど、相手に少しお時間をいただきたいときに使われる言葉です。 また、上司や先輩に対しても、何か聞かれてすぐに回答できない場合に使われることがあります。 謝罪の言葉に付け加えて使われることもあります。 クレーム対応では、謝罪は必須です。 さらに、すぐに対応する必要があります。 「今しばらく」の前に「申し訳ございません」と付けて、「申し訳ございませんが、担当の者に確認いたしますので、今しばらくお待ちください」というような使い方をします。 メール 「今しばらく」とは、「今しばらくお待ちください」と使われ、短い時間待ってくださいという意味の言葉ということが分かりました。 また、メールでは「今しばらく」待つ期間が口頭で伝える場合とは違うということも分かりました。 ここでは「今しばらく」を使った例文をご紹介します。 今しばらくお待ちください 「今しばらくお待ちください」は「今しばらく」を使った例文の中でよく使われる言葉です。 少しの間お待ちくださいという意味になります。 「今しばらくお待ちください」は口頭でもメールでもよく使われます。 「申し訳ございませんが、ただいま早急に手配しておりますので今しばらくお待ちください」など、相手に少しの間お待ちくださいという意味で使います。 しかし、こちらは丁寧な言葉遣いで相手に伝えたつもりでも、「今しばらく」を使うと、人によってははっきりしないために、不快に感じる人もいるので、使い方には注意が必要です。 今しばらくお時間いただきたく 「今しばらく」は「今しばらくの猶予」と使うこともあります。 「今しばらく猶予をください」や、「今しばらくの猶予をお願いいたします」などと使われますが、「猶予」の意味と、「今しばらくの猶予」の使い方をご紹介します。 猶予の意味 「今しばらくの猶予」の例文の前に、「猶予」という言葉の意味を確認して見ましょう。 「猶予」とはぐずぐずと引き延ばしてしまい、実行や決定をしないことや、実行する日時を延すという意味で使われる言葉です。 「猶予」という言葉はテレビドラマやニュースなどで耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。 「一刻の猶予も許されない状態」「執行猶予」というような使われ方をします。 「今しばらくの猶予」の例文 「今しばらくの猶予」は、もう少し期間を延ばしてくださいという意味で使われます。 「今しばらくの猶予をお願いいたします」や、「今しばらくの猶予をいただきたく存じます」というような使われ方をします。 しかし、相手側も何度も「今しばらくの猶予」と言われて、先延ばし先延ばしにされてしまっては困ってしまいます。 信頼関係も失ってしまう可能性があります。 「今しばらくの猶予」は1度限りの言葉として使うようにした方が無難です。 「もうしばらくお待ちください」の意味は、すでに待たせた状態で、さらに待ってくださいという意味で使われます。 「もうしばらく」は「しばらく」に「もう」がついています。 しばらく待っていた過去の状態に「もう」がつくことによって、まだ時間がかかるということを伝えています。 「もうしばらく」の使い方 「もうしばらく」は、よく「もうしばらくお待ちください」と使われます。 相手に待っててもらっているときに、さらに時間がかかってしまいそうなときに「申し訳ございませんが、もうしばらくお待ちください」と使われます。 「もうしばらく」を付けることによって、さらに待つ時間が増えてしまうことを伝えているので、謝罪の言葉と一緒に使われることが多いです。 「今しばらく」と「もうしばらく」の違い 「今しばらくお待ちください」と同じような言葉で「少々お待ちください」という言葉がありますが、何が違うのでしょうか。 どちらもビジネスシーンではよく耳にする言葉です。 ここでは「今しばらく」と「少々」の違いについてご紹介します。 「少々」の使い方 「少々」という言葉は、さまざまなシーンで使われます。 例えば、お客さまに少しだけ待っててもらいたいときに、「少々お待ちください」と使ったり、お料理などで少し塩気が欲しいときに、「塩を少々追加してください」などというように使ったりします。 このように、「少々」はほんの少しという意味で使われます。 「少々」と言っておきながら、長い時間お待たせしてしまうと、相手から怒られてしまう可能性があります。 もし、「少々」を使うときには時間に気をつけると安心です。 「今しばらく」の類語はどのようなものがあるのでしょうか。 「今しばらく」の類語についてご紹介します。 幾ばくかして 「幾ばくかして」は「しばらく」と似た意味を持つ言葉で、ある程度して、若干の意味で使われます。 「今しばらく」とは少し意味が違います。 「今しばらく」と比べると、「幾ばくかして」のほうが期間が長く感じられます。 「幾ばく」とは数量や程度が不明ではっきりしないことを意味します。 「今しばらく」も期間や時間がはっきりしないことから、類語と考えられます。 須臾 「須臾」とは、短い時間や、ほんの少しの間という意味で使われる言葉です。 「須臾」は「しゅゆ」と読みます。 あまり聞きなれない言葉ですが、「今しばらく」と似た意味を持つ言葉です。 「須臾」は数の単位としても使われます。 今のところ 「今のところ」は今の時点ではという意味で使われる言葉です。 「今しばらく」とは少し意味は違ってきますが、「今しばらく」が今からの時間や期間を表していて、「今のところ」は今の時点でのことを表しています。 どちらも今現時点でのことを表現しているため、類語と言えます。 「今のところ」の使い方は、「この問題は今のところ分かりませんが、もう少しお時間いただければ解けると思います」「今のところこの状態が続きますが、徐々に改善していくのでご安心ください」というように使います。 今の時点から将来は変わる可能性があるということを言います。 現時点では 「現時点では」も今のことを表現しているため、「今しばらく」の類語と考えられます。 「現時点では」の使い方は、「現時点では分かりかねますので、結果が出次第ご報告させていただきます」「現時点ではまだ咲いていませんが、来週には咲くでしょう」というように使います。 「現時点では」も「今のところ」と同様に、未来には状態が変わる可能性があるあるという意味があります。 「今しばらく」はどれくらいか 「今しばらく」の日数は決まっていません。 言った本人や、言われた人の捉え方によって変わってきます。 しかし、「今しばらく」が短い期間を表す表現ということから、3日~7日程度を考えておくと無難です。 「今しばらく」の日数は状況や人によって捉え方が変わってくるので、1週間を超えて日数がかかってしまいそうな場合は、「しばらく」を使ったり、日数がかかることを伝えたり、「こちらからご連絡します」と伝えたりしたほうが安心です。 時間 「今しばらく」の時間も特に決まっていません。 この場合も、そのときの状況や、言った本人と言われた相手の捉え方によって変わってきます。 もし、「今しばらく」を使う状況になった場合、「今しばらく」の時間は、おおよそ5~10分程度と考えておいたほうが無難です。 「今しばらく」を使って、時間がかかってしまった場合、相手を怒らせてしまう可能性があります。 そのため、自分が使うことになった場合には、なるべく時間がかからないシーンで使うことをおすすめします。 相手からのクレームになることがないように「今しばらく」をうまく使っていくことが大切です。 「今しばらく」の使い方に気をつけて使おう 「今しばらく」はよく使われる言葉ではありますが、はっきりした時間や期間が決まっていないため、使い方によっては相手を怒らせてしまう可能性があり、注意が必要です。 もし使う場合も、どのくらいの時間までと決めて使ったほうが無難です。 「今しばらく」だけを使うのではなく、そのときの相手の様子や状況によって「少々」や「しばらくの間」など、さまざまな言葉を使い分けていくことが大切です。 さまざまな言葉を使い分けていくことで、自分の言葉の引き出しも広がっていき、自分の経験値にもつながっていきます。 「今しばらく」や、他の言葉を上手に使って、相手との良好な関係を築いていきましょう。 ドライバーの転職先はドライバーワークスへ! トラック業界は人手不足が深刻で 初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。 トラックドライバーの業務内容は、初心者の方だと不明確な点があると思います。 業務内容がわからなくても、免許や資格や経験を問わないのはもちろん、 大型免許取得費用の補助から引っ越し代の補助までしてくれる会社も存在します。 未経験でも年収が 500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう! 豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!.

次の

「お時間を頂きたく存じます」意味・敬語・ビジネスにふさわしい使い方

お 時間 を いただき たく 存じ ます

「頂きたく存じます」の意味とは? 「頂きたく存じます」とは「何かをもらいたい」の敬語 目上の方や取引先の方などへ、こちらの希望を伝える場面はよくあります。 「こうしてほしい」「何かをもらいたい」という要望を伝えるのは、簡単なようで案外難しいものです。 言い方によっては「図々しい」「厚かましい」と思われることもあるでしょう。 そんなときに「頂きたく存じます」という言葉を使えば、丁寧で控えめな姿勢を保ったまま、相手へ要求することができます。 「ご検討いただきたく存じます」「詳しい資料を頂きたく存じます」などと伝えることで、謙虚に「こうしてもらいたい」「〇〇が欲しい」という気持ちを伝えられます。 尊敬語の「存じます」をつけてより丁寧に 「頂く」だけを使うのであれば「詳しい資料をを頂きたいのですが」「ご検討いただけますか」などとすることもできます。 しかし「頂く」を使っていても、その後が尊敬語でなければやはり若干一方的な印象を持たれることもあるでしょう。 「頂く」だけでなく、「自分はそう思っています」「そうしてもらいたいです」という意思の部分まで丁寧に尊敬語で表現することで、相手への敬意を正しく表します。 そのため要望の後は「存じます」として、相手に対してへりくだっている状態を伝えることができます。 「頂きたく存じます」は二重敬語? 「頂きたく存じます」は二重敬語ではない 「頂きたく存じます」は二重敬語ではありません。 それは「頂く」も「存じる」も、自身の動作を表す謙譲語だからです。 「ご覧になられる」などのように、相手の動作を表す敬語が「ご覧」「なられる」など、二重になっているものが二重敬語です。 「頂きたく存じます」の使い方・例文 ビジネスメールでよく使う「ご一報頂きたく存じます」 相手に対して「連絡をください」ということを伝えたい場合には「ご連絡いただきますようお願い申し上げます」や「ご連絡お待ちいたしております」などが使われます。 この「ご連絡」という言葉を「ご一報」に変えて「ご一報頂きたく存じます」とすることもできます。 ご一報というのは「連絡」または「連絡をする」という意味で使われます。 特に、相手に対して「メールで連絡をください」と伝えたいときに「ご一報」を使うと大変スムーズな文章になるので便利です。 上司や目上の方に教えを乞う「お教え頂きたく存じます」 ビジネスの場では相手に何かを教えてもらいたい、という場面が多くあります。 そのときに「教えてください」ではビジネス感に欠けると感じる方は多いでしょう。 そんなときには「お教え頂きたく存じます」とすることができます。 もしくは、さらに格式を上げて「ご教示頂きたく存じます」などです。 「お教え」は丁寧語、「ご教示」は尊敬語なので、立場が上の方や目上の方には「ご教示」の方を使うとさらに丁寧な敬語として相手に伝えられます。 ちなみに「ご教授」は主に生徒が教師や教授などに対して使う言葉です。 そのため、一般的なビジネスの場では「ご教示」もしくは「お教え」などと「頂きたく存じます」を組み合わせて使うことになります。 「頂きたく存じます」の類語表現 謙虚なニュアンス「頂ければ幸いにございます」 「頂きたく存じます」という言葉はとても丁寧な言葉ですが、「こちらの希望を相手に受け入れてもらう」という気持ちが前提となっていることが多いでしょう。 そのため、場合によっては少し言葉のニュアンスが強いと感じるかもしれません。 「こちらの要望を受け入れてはもらいたいが、押し付けるようなつもりはない、そうしてもらえたらありがたい」という気持ちを表したいのであれば「頂ければ幸いにございます」という言葉に置き換えてみると良いでしょう。 「ご検討いただき、ご興味をお持ち頂ければ幸いにございます」 ビジネスにも便利な「宜しくお願い申し上げます」 ビジネスの場では「頂きたく存じます」という言葉が頻繁に使われています。 一度のメールや会話の中で「頂きたく存じます」という言葉を何度も使ってしまう、ということもあるでしょう。 同じ言葉を何度も使ってはいけないということはありませんが、あまりに使いすぎると一辺倒な印象を持たれることがありますし、会話や文章のリズムが整いにくくなります。 そんなときには「~のほど、宜しくお願い申し上げます」という言葉に置き換えると便利です。 「宜しくお願い申し上げます」• 「宜しくお願い致します」 これらの表現は適度にライトで、それでいてビジネス感が薄れません。 「頂きたく存じます」は、会話やメールの核となる部分だけに使い、そのほかの用件や文末の締めなどには「宜しくお願い申し上げます」を使う、など工夫すると文章のリズムが整いやすくなります。 「頂く」と「いただく」の違い 「イタダク」という言葉を、口頭で使う分には良いのですが、メールや文章の中で使うときに「頂く」と「いただく」で書き方を迷うことがあります。 この漢字と平仮名は、どちらでも良いというものではありません。 実際に物や動作が存在する「頂く」 「頂く」と、漢字で書く場合は「本動詞」の役割をする場合です。 「本動詞」というのは、一般的に「動詞」と言われている部分です。 例えば「パンを食べる」の「食べる」、「海で泳ぐ」の「泳ぐ」など、自分や他人が実際に行動する動作を指します。 つまり「頂く」を使うのは「実際に何かもらうものが存在する場合」です。 資料やサンプル、お菓子やお茶など、物理的にそれが存在し、その存在するものを自分や他人がもらうときに使います。 今回のように「頂きたく存じます」と、何かをもらう・求める場合には漢字が適切です。 動詞の添えて使う場合は「いただく」 一方「いただく」と平仮名で書くのは、物理的にそのものが存在しない場合です。 本来、平仮名の「いただく」は「補助動詞」としての役割で使います。 「頂く」を使えないときに「いただく」を使う、と考えても良いでしょう。 「補助動詞」とは動詞に添える動詞です。 例えば「契約をしていただく」「ご説明いただく」など「~をしてもらう」と考えるとわかりやすいかもしれません。 他にも「休ませていただく」「確認させていただく」など、自身の行動を表す動詞の補助として使うこともできます。 この場合は「~させてもらう」という意味です。 辞書での「頂く」と実用での「いただく」 「イタダク」を辞書で調べると「頂く」または「頂く・いただく」のどちらでも使える旨が記載されていることがあります。 これは「言葉として、このような書き方がある」という程度の理解で問題ありません。 実用で重視される判断基準は、文部科学省ホームページに記載されている「内閣訓令」を参考にすると良いでしょう。 内閣訓令によると、補助動詞としての「いただく」は公用文では平仮名で用いることを定めています。 日常生活やビジネスの場などで、内閣訓令を厳密に守らなければならないわけではありませんが、使い方に迷ったり、失礼があってはならない方への文章に使う場合などは、参考にしてみてください。 まとめ 「頂きたく存じます」という言葉は、こちらの要望を伝えつつ、相手へある程度の判断を任せる、というとても微妙な心情を表すことができます。 そのため、使う場面によっては「頂きたく存じます」では強すぎたり、反対に弱すぎたりするかもしれません。 自分が相手に対して、どれくらいの熱量で要望を伝えたいのか、ということを考えて「頂きたく存じます」を上手く使えるように意識してみましょう。

次の