ソフトバンク 5g 対応 機種。 5G対応機種(au,ドコモ,ソフトバンク)端末/スマホ/携帯まとめ

ソフトバンクの5G対応スマホ、4機種に触ってみた

ソフトバンク 5g 対応 機種

2020年3月5日、 ソフトバンクから5Gサービス提供開始についての発表と、5G対応スマホ4機種の発売発表が行われました。 ソフトバンクは2020年3月27日から一部のエリアで5Gサービスの提供を開始し、2021年末までに全国で5Gサービスが利用できるようにエリアを拡大していくと発表しています。 5Gサービスが利用できるようになれば 今まで以上に高速・大容量データ通信が可能となり、ますます快適で便利なサービスを利用することができるようになるので、早く5G対応スマホに機種変更をしたいと考えている人も多いのではないでしょうか。 ソフトバンクで発表された5G対応スマホ4機種のスペックや発売時期などについて詳しく紹介していきます。 また、ソフトバンクで5Gサービスを利用する場合、 5Gの基本料金は今だと無料で利用できるということも発表されました。 5Gの基本料金についても解説していきますので、ソフトバンクで5G対応スマホの購入を検討している人はぜひ参考にしてみてくださいね。 ソフトバンクの5G対応スマホ ソフトバンクから発売する5G対応スマホは4種。 スペックや発売時期などを詳しくまとめました。 9mm 重量 約189g バッテリー容量 3,730mAh ディスプレイサイズ 6. 特にカメラ機能では 8K動画撮影に対応した超広角カメラを搭載しているので、超高画質高精細の美しい動画を撮影することができます。 カメラレンズもToFカメラと合わせて4眼カメラ搭載なので、シーンに合わせて多彩な写真をより美しく撮影可能に。 AQUOS R5GのディスプレイもAQUOS史上最高輝度の明るさで表示することができるので、鮮やかで立体感のある映像を屋外でも楽しむことができます。 そして5Gサービスを快適に利用することができるように、 最新のCPUのSDM865とRAM容量12GBの大容量メモリを搭載した史上最強のパフォーマンス性能を実現しています。 AQUOS R5Gの発売日 購入期間:発売日~2020年4月30日 応募期間:発売日~2020年5月10日 特典:購入して専用アプリから応募をするともれなくPayPayで使える5,000円相当のボーナスをプレゼント AQUOS R5Gを期間中に購入して端末にプリセットされている専用応募アプリからキャンペーンに応募するだけで、 応募者全員がPayPayの支払い時に使える5,000円分のPayPayボーナスが貰えます。 9mm 重量 約176g バッテリー容量 4,000mAh ディスプレイサイズ 6. 防水性能やおサイフケータイ、ワンセグなどは非搭載ですが、必要最小限の機能だけを搭載したことによって電池持ちをよくして、5Gサービスを長時間充電なしで楽しめるようになっています。 カメラについても3つのカメラがAIにも対応しているので、カメラを被写体に向けるだけで誰でも簡単に被写体にピントを合わせて撮影することができます。 インカメラも2,000万画素の高画質カメラを搭載して美肌機能にも対応しているため、セルフィ撮影も高画質で美しい写真を撮ることができますよ。 ZTE Axon 10 Pro 5G の発売日 購入期間:発売日~2020年5月31日 応募期間:発売日~2020年6月7日 特典:購入して専用アプリから応募をするともれなくPayPayで使える10,000円相当のボーナスをプレゼント 期間中にZTE Axon 10 Pro 5Gを購入して端末にプリセットされている専用応募アプリからキャンペーンに応募するだけで、 応募者全員がPayPayの支払い時に使える10,000円分のPayPayボーナスが貰えます。 LG V60 ThinQ 5Gは本体だけを利用することも、ケースを装着して2画面で利用することも利用用途に合わせて変更することができるため、非常に利便性に優れています。 2画面を利用することで5Gサービスならではの視聴体験ができ、音楽ライブやスポーツなどさまざまな映像を新感覚で体感することができます。 2画面同時操作をしても電池持ちの心配のない大容量5,000mAh、大容量のメモリ容量を搭載。 さらには、 高精細8K動画撮影にも対応したハイスペックスマホです。 LG V60 ThinQ 5G の発売日 発売日:4月下旬以降 LG V60 ThinQ 5Gの発売日は4月下旬以降ということが発表されています。 詳しい日にちについてはまだわかっていませんが、最近の新商品が発売する日程を見てみると金曜日に発売されていることが多いため、 4月24日(金)に発売される可能性が高いのではないでしょうか。 予約開始については発売日から約2週間前から受付が開始されるため、早ければ4月10日(金)には予約受付が始まると思います。 7mm 重量 本体:約171g バッテリー容量 4,025mAh ディスプレイサイズ 6. 革新的なデザインと技術で世界中に人気のあるOPPO。 OPPO Reno3 5Gは ソフトバンクだけが独占で販売することが伝えられました。 OPPO Reno3 5Gは 画面占有率93. 4パーセントで前面のほとんどが大画面有機ELディスプレイになるデザインが特徴です。 メインカメラは4眼カメラを踏査しし、インカメラも3,200万画素の高画質カメラを搭載します。 パフォーマンス性能については他の3モデルよりもCPUの性能が落ちますが、メモリ容量はRAM8GB、ROM128GBの大容量メモリが搭載されているので、安定した処理動作で使うことができるはずです。 OPPO Reno3 5Gについては 驚くような価格で販売するということをコメントしているので、他の3モデルよりも購入しやすい価格で手に入れることができそうです。 OPPO Reno3 5G の発売日 5G月額使用料:1,000円 8月31日までに加入すると、自動で月額使用料が2年間無料になるキャンペーン実施中 キャンペーン期間中に5Gスマホに機種変更をすればキャンペーンが適用になるため、 8月31日までに5Gスマホに機種変更をした人は2年間無料で5Gサービスを利用することができるようになります。 今までの4G料金プランのまま5Gサービスを利用することができるようになるため、現在5Gサービスの対応エリアになっていない地域の人でも、今のうちに5Gスマホに機種変更をしておくのもアリということになります。 ソフトバンクでは 来年2021年末には5Gの人口カバー率90パーセント超を目指すということを表明していますので、これから1年半の間に全国どこででも5Gサービスを利用することができるようになります。 キャンペーンで5G端末を購入しておけば、今までと月額料金は変わらずに5Gサービスを利用することができるのでお得ですよね。 5Gサービスの加入条件 基本プラン データプランメリハリ データプランミニフィット データプラン1GB データシェアプラス データプランメリハリとデータプランミニフィットは、2020年3月12日から新たにスタートするソフトバンクの新料金プランです。 ウルトラギガモンスターやミニモンスターと似たような料金プランなので、現在ウルトラギガモンスターやミニモンスターで契約している人は、5G対応スマホに機種変更をしたら同時にメリハリプランかミニフィットプランにプランを変更すれば5Gサービスを利用することができます。 VRゴーグルを貰えるキャンペーンも開催 ソフトバンクで期間中に5G対応機種を購入すれば、5Gの基本料金が2年間無料で利用することができてお得に新サービスを利用することが可能です。 さらに、ソフトバンクで5G対応機種を購入すると VRゴーグルを貰えるキャンペーンも実施します。 ソフトバンクの5G対応スマホ• AQUOS R5Gは8K動画撮影対応の高画質カメラやAQUOS史上最高スペックの高性能スマホ• ZTE Axon 10 Pro 5Gは防水やおサイフケータイなどの機能は非搭載だが、4,000mAhの大容量バッテリーと高速処理性能が期待できる操作性重視のスマホ• LG V60 ThinQ 5Gは2画面同時操作を可能にするデュアルスクリーン対応スマホ。 5Gならではの映像をあらゆる角度から楽しむことができる• OPPO Reno3 5Gはパフォーマンス性能性能が若干劣るものの、高画質ディスプレイと高性能4眼カメラが特徴のスマホ。 国内ではソフトバンクが独占販売 ソフトバンクで発売される5G対応スマホ4機種についてまとめてきました。 どの機種も 5Gサービスを快適に利用することができるハイスペックモデルで、カメラの画質が向上していたり、8K動画撮影にも対応していたりと4Gスマホよりも非常に優れた性能を持ったスマホになっています。 5Gサービスの月額使用料は4G対応料金プランに1,000円をプラスするだけで利用可能です。 8月31日までに5G対応スマホに機種変更をすれば、 5G無料キャンペーンで2年間1,000円の月額使用料が無料で利用することができます。 その他にも、端末それぞれでキャンペーンも開催していますので、お得に5G対応機種を購入することが可能なので、5Gサービスが始まったらすぐに5G対応機種を使ってみたいという人は、早めに予約しておくことをおすすめします。

次の

5G対応はいつから?対応機種やスマホの買い替えはいつがいいか?

ソフトバンク 5g 対応 機種

ソフトバンクは、3月27日に開始予定の5G商用サービスに対応するスマートフォンを発表しました。 国内ですでに発表済みの「AQUOS R5G」に加え、「ZTE Axon 10 Pro 5G」「LG V60 ThinQ 5G」「OPPO Reno3 5G」の計4機種を用意。 このうち「OPPO Reno3 5G」は、国内の通信事業者としてソフトバンクだけが取り扱います。 なお、全ての製品が端末購入補助プログラム「トクするサポート+」に対応します。 8Kで撮った動画から被写体を認識し、自動でフォーカスする機能を搭載します。 背面カメラは約4800万画素の超広角を含む4眼仕様です。 画面サイズは約6. 5インチのPro IGZO液晶ディスプレイを搭載。 HDR動画で10億色表示が可能な点に加えて、画面輝度がAQUOS R3比で1. 2倍向上している点もポイントです。 本体の一括価格は12万9600円(税込)です。 本体にサブディスプレイ付きの専用ケースを装着することで、簡単に2画面化できます。 また、ソフトバンクが新たに提供するコンテンツ配信サービス「5G LAB」の「FR SQUARE」にも対応。 2画面での視聴は、ゲームプレイやマップの閲覧だけでなく、5G時代の音楽ライブやスポーツ観戦などでも活用できそうです。 バッテリー容量は4機種の中で最も多い5000mAhです。 その代わりに重量は本体のみで約218g、専用ケース込みで約353gと超ヘビー級です。 カラーはクラッシーブルーの1色のみです。 本体の販売価格は未定です。

次の

ソフトバンクが5Gスマホ発表、AQUOSやOPPOなど4機種 Xperia 1 IIはナシ

ソフトバンク 5g 対応 機種

この記事の内容• ここでは、5G実験機器を使った技術検証などをおこなうことができるほか、ソフトバンクと他企業による新しいサービス、プロダクトの誕生も期待されています。 各施設には、5Gの基地局と実験機器を設置していて、実際の5G通信を体験することができます。 また、お台場に2018年5月にオープンした「お台場ラボ」には、他の4箇所よりも充実した設備を用意。 さらに、半年後の11月には2020年の実用化を見据えたリニューアルを果たしました。 5Gのデモ体験ができたり、利用者が自分たちのデバイスを5Gに接続して動作確認できる検証ルームがあったり・・・ また、赤坂など4施設に設置してある5G基地局は4. 5Ghz帯の設備なのですが、お台場ラボでは、 より大容量・高速な28GHz帯のネットワーク環境を試すことができます。 さらに、お台場ラボのネットワーク環境では、現在使われている4G(LTE)との連携もできるため、 5Gの性能や機能をよりわかりやすく体感できるようになりました。 ではでは、お台場ラボでどんなことができるのかを、具体的に紹介するヨッ 360度カメラ映像ライブ視聴 360度カメラ映像ライブ視聴とは、5Gの特長である「大容量・超高速」を体験するためのデモンストレーション。 4方向から設営した4K映像を、離れた場所にあるHMD(ヘッドマウントディスプレイ)に送信。 この技術を活用することで、スポーツや音楽イベントに参加できないひとも、5G回線とHMDを使えばまるでその場にいるかのような体験できます。 一般的には仮想モデルによって仮想的な力覚を実現する技術であると言えます。 一方『リアルハプティクス(Real-Haptics)』は「現実の物体や周辺環境との接触情報を双方向で伝送し、力触覚を再現する」技術です。 (中略)これは人間が生まれたときから備わっている当たり前の感覚です。 つまりひとことであらわすと、リアルハプティクスとは 「触り心地」を伝達するということ。 グローブなどのデバイスを通じて、柔らかさや固さ、弾力性や粘着性などを伝える技術です。 そうした際に重要となるのが、ネットワークを介すことによる「遅延」の問題。 例えば、手にグローブをつけて遠隔でロボットを操作する場合、 0. 02秒を超えると操作に違和感を覚えると言われています。 ドライバーが乗っているのは先頭の1台のみ。 この実験のように複数台が近い距離で走行する場合、後続車の安全性を確保するためには、複数台の情報を瞬時に共有することが重要ですが、それを解決するのが、5Gの「超遅延」という特性です。 5Gの「超遅延=通信のタイムラグがない」という特性によって、後続車から先頭車両へ瞬時に情報を伝えることが可能となり、一定間隔で安全な隊列走行が実現できるというわけです。 中国の通信機器メーカーだネ。 スマホやタブレットはもちろん、 通信会社の基地局に使う製品などもつくってる大企業だヨッ 2018年、スマホ出荷台数においてアップルを抜いたことも話題を呼びましたが、産業スパイの疑いで副会長がカナダで逮捕されたことも大きなニュースとなりました。 実はソフトバンクでは、基地局そのものや基地局を制御する通信機器にHuawei製品を採用しており、それが一部で問題視されています。 中国の情報通信機器を排除する動きが世界的に広がっている 基地局や主要な設備について、ドコモやauではファーウェイ社の製品を使用していません。 大手キャリアの中で唯一ファーウェイ製品を利用しているのが、ソフトバンクです。

次の