月組 娘役。 次期雪組トップ娘役&月組トップ娘役候補を再考

次期月組トップ娘役は?美園さくらちゃん退団

月組 娘役

組の特色 [ ] 1921年に公演数と生徒の増加によってと2つに分かれて誕生。 組名称は『』にちなんで名づけられた。 その際、第一部を『花組』、第二部を『月組』としたことから、2番目の組とされている。 特に芝居に強いトップスターや助演者を多く輩出しており かつては「芝居の月組」とよばれていたこともある。 、で活動中の月組出身者や、退団後女優として活動する者も多い。 また、『』『』など、今日の宝塚歌劇を代表する作品が初演された組でもある。 組の体制 [ ]• トップスター: (2016年9月5日~)• トップ娘役: (2018年11月19日~) 在籍中の月組生徒一覧 [ ] 男役 [ ]• 歴代トップスター [ ]• (1928年~月組組長、在団のまま死去)• (月組組長、1933年~星組組長、退団)• (からは月組組長も兼任、退団)• (退団)• (退団)• (退団)• (退団)• (退団)• (退団)• (1967年? (1973年 ~は榛名と二人体制、1975年~は単独)• (1973年11月30日 ~1975年1月30日は大と二人体制、1976年~は単独体制、1982年専科へ組替• (1982年8月1日~)• (1985年9月2日~)• (1990年~)• (1993年~12月26日)• (1995年12月27日~)• (1997年~)• (2001年~)• (2004年~)• (2005年~)• (2009年~)• (2012年~)• (2016年~) 歴代トップ娘役 [ ]• (1926年退団)• [ ](1926年退団)• (退団)• [ ](退団)• (退団)• (退団)• (退団)• (退団)• (~の月組公演主演は主に淡島、1950年退団)• その後は、らが主演した公演もあったがしばらく固定せず。 (1970年? (1976年~)• (1980年~)• (1982年~9月1日)• (1985年9月2日~)• (1990年~12月26日)• (1995年12月27日~)• (1999年~ その後、専科へ組替えを経て星組トップ娘役に就任)• (2001年~)• 固定スター不在(2004年~2005年)• (2005年~)• 固定スター不在(2008年~)• (2009年~4月22日)• (2012年4月23日~11月18日)• (2018年11月19日〜) 歴代組長 [ ]• (1928年~)• (1933年)• (1933年~)• (1941年~)• (1944年~)• (1950年~)• (1951年~)• (1952年~)• (1953年~)• (1963年~)• (1976年~)• (1983年~)• (1986年~)• (1990年~)• (1993年~)• (1996年~)• (1997年~)• (2002年~)• (2006年~)• (2008年~)• (2013年~)• (2016年~2018年)• (2018年〜) 歴代副組長 [ ]• (1947年? (1948年? 沖ゆき子(1950年? (1951年? (1952年? 畷克美(1953年? (1958年? (1960年? (1963年? (1975年? (1976年? (1979年~)• (1982年~)• 汝鳥伶(1986年~)• (1990年~)• (1991年~)• (1996年~)• 夏河ゆら(2000年~)• (2002年~)• (2005年~)• 越乃リュウ(2007年~)• (2008年~ )• (2013年~)• (2016年~)• (2018年)• (2018年〜) 月組出身者 [ ] 月組出身のトップスター [ ]• (元星組トップスター、1963年退団)• (元星組トップスター、1968年退団)• (元星組トップスター、1970年退団)• (元星組トップスター、1992年退団)• (元星組トップスター、1998年退団)• (元宙組トップスター、2009年退団)• (元雪組トップスター、2010年退団)• (元宙組トップスター、2012年退団)• (元劇団名誉理事、2012年在団中のまま死去)• (元星組トップスター、2016年退団)• (元花組トップスター、2019年退団)• (現専科男役、劇団理事、元雪組トップスター) 月組在籍経験のあるトップスター [ ]• (元花組トップ娘役、1972年退団)• (元花組トップ娘役、1979年退団)• (元花組トップ娘役、1998年退団)• (元宙組トップ娘役、2007年退団)• (元雪組・星組トップ娘役、2009年退団)• (元花組トップ娘役、2014年退団)• (元星組トップ娘役、2015年退団)• (元雪組トップ娘役、2017年退団) 月組在籍経験のあるトップ娘役 [ ]• (1981年退団)• (1988年退団)• (1995年退団)• (元星組男役、1996年退団)• (元専科男役、2002年退団)• (2005年退団)• (元専科男役、2005年退団)• (2009年退団)• (元花組男役、2011年退団)• (2012年退団)• (2016年退団)• (元専科男役、2018年退団)• (2018年退団)• (現雪組男役) 月組在籍経験のある男役 [ ]• (1955年退団)• (元雪組娘役、1981年退団)• (1985年退団)• (1988年退団)• (1988年退団)• (元雪組娘役、1990年退団)• (1991年退団)• (元花組娘役、1991年退団)• (2000年退団)• (元星組娘役、2004年退団)• (2009年退団)• (2011年退団)• (2012年退団)• (元星組娘役、2012年退団)• (2013年退団)• (2016年退団)• (2017年退団)• (2019年退団) 月組在籍経験のある娘役 [ ]• 2016年5月• 『宝塚歌劇の60年別冊・年譜 最近の10年』(宝塚歌劇団)のp. 52に内重のぼるが5月30日に退団したため• 147に古城都が11月29日に退団したため• その後雪組に復帰、復帰後の退団は• 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』()のp. 58に八汐路まりが12月30日に退団したため• 162. 参考文献 [ ]• 監修・著作権者:『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』、2014年4月1日。 外部リンク [ ]•

次の

「宝塚のカワイイ娘役」トップ10を徹底調査!

月組 娘役

主な99期生• 帆純まひろ 新公主演経験あり• 野々花ひまり 新公ヒロイン2回• 彩みちる野々花ひまり 新公ヒロイン3回[予定]• 小桜ほのか野々花ひまり 新公ヒロイン経験あり さくらちゃんは、私が見た作品では、「カンパニー」の謎の美少女アスリートや「BADDY」のツンデレスパイシーの印象しかありませんでしたね〜。 あんまりトップ娘役という雰囲気でもないような…と思っていましたが、実際なってみるとたまきちとも合っているし、なんやかんや劇団の目は正しいのだなあ…!と思っています。 さくらちゃんのよいところはどことなく上品なところだと思います。 「on the town」でアメリカ娘を演じていましたが、逆立ちしていても、アメリカンな原色なお洋服を着ていても、なんとなく上品だった! さくらちゃんはどちらかといえば大人っぽい雰囲気の娘役さんだと思います。 とはいえ大人っぽすぎず、ちらっと少女的要素もかいまみえるような。 華奢すぎず、小さすぎず、そのあたりがたまきちとよく合っている部分なのかも。 私の好きなさくらちゃん クルンテープ デュエットダンス 男役燕尾のあと、大階段にいるさくらちゃんはそのドレスの色(そういえば桜色)も相まって、まるで花びらのようでした。 手話のようなマイムのような動きで愛を語るたまさく。 リフトも、リフトされている中で腕をあげるところが美しくて好き。 一番好きなところは、銀鏡でたまきちがさくらちゃんの手を離して向こうへいってしまい、さくらちゃんが「やっぱり私なんか…」的にうつむくところだったりします。 そして「こっちにおいで」とされるところまでがセットで好きだな〜!.

次の

月組 (宝塚歌劇)

月組 娘役

まおまお(蘭尚樹)は ちなつさん(鳳月杏)の役が続きますね。 「I AM FROM AUSTRIA」「出島小宇宙戦争」と ちなつさんの若かりしころのお役が続きましたが、とうとう新人公演で演じる日が来ました。 新人公演の配役を見ていてふしぎに思ったのが 101期の天紫珠李ちゃんと結愛かれんちゃんのお名前がないことです。 本公演やこれまでの新人公演、別箱ですでに活躍されているからということでしょうか? どなたかの役を演じるのではなくアンサンブルで参加されるのでしょうか。 どんな意図があるのかわかりませんが、 トップ娘役でない娘役スターさんのお名前が新人公演の配役にないのはとても珍しいことのように思います。 どんな新人公演になるのか気になりますし楽しみにしたいところですが、いまの新型肺炎の感染拡大の状況で上演できるのか?という疑問と不安を感じずにはいられません。 上演できないかもしれないという不安定で状況のなかでお稽古をされている生徒さんたち、初舞台生の106期生、先生方、スタッフさんはどれほどストレスフルなのか、感染の危険はないのか心配せずにいられません。 娘役さんのふしぎ メディア出演のこと ところで トップ娘役さん以外のスター娘役さんのメディア出演について珍しいと思うことが2つあります。 1つ目は 天紫珠李ちゃんが ラジオ「ビバ!タカラジェンヌ」に出演されたのは異例だったということです。 ちょうど1年前 「夢現無双」新人公演でヒロインをつとめたときの出演でした。 あれから約1年が経ちほぼすべての放送を聞いていますが 娘役さんの出演はありません。 各組とも男役スターさん、新人公演主演の男役さん、あるいは退団されるスターさんが出演され、各組の思惑がなんとなーく透けて見えるような見えないような…と視聴しいているのですが、 5組のなかで出演された娘役は天紫珠李ちゃんだけなのです。 「夢現無双」本公演の白い烏、新人公演ヒロインといい大きな期待をかけられているのだな…と思ったら、 夏の イシ様(轟悠)主演「チェ・ゲバラ」は相手役を見事に演じていました。 2つ目はつい最近の話です。 星組の みほちゃん(有沙瞳)が CAFE BREAKに出演されます! 放送日は5月1日です。 ……ここまで書いて劇団のサイトのリンクを貼ろうとしたところでなぜか劇団のサイトから放送予定のお知らせが削除されていることに気がつきました。 星組「眩耀の谷/Ray」の公演中止が続いている影響でしょうか。 みほちゃんの出演があるとしたら、これもやはり娘役スターさんの出演は非常に珍しいことでしょう。 ヴィスタリアは みほちゃんが大好きなので放送されたら舞い上がって喜びます。 放送があるのかどうかを含めて続報を待ちたいです。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 ランキングに参加しています。 ポチッとしていただたらうれしいです。 90周年頃~100周年手前くらいにファン(なるべく全組観劇)をしており、最近ライトファンとして戻りつつあります。 昔から娘役さんに目がいくタイプなんですが、「娘役スターに新公の配役がつかないのは珍しい」というのを読んで、『君を愛してる』という作品の新公を思い出しました。 89期の大月さゆさんが、新公主演を2回経験された後、当時研1だった彩風咲奈さんのピエロという役をされていました。 エリザベートでの新公ヒロインの次の公演だったかと思います。 その後の新公ではヒロインではなく、別格娘役スターさんや専科さんの役をされていたと記憶してます。 大月さんはよくコンビを組んでいた彩吹真央さんと同時退団されましたが、トップコンビではないものの「添い遂げ」という表現がしっくりくるななんて感じさせられたものです。 他にも、本公演で2番手娘役をされるような方は、アンサンブルにまわることがあった気がします。 確か、城崎あいさんとかがそうだったかと…。 (月組はトップ娘役不在になってから見なかったので、記憶があやふやですが) 記事を拝見して、少し懐かしい記憶が蘇ってきたため、コメントさせていただきました。 長々と失礼しました。 kivi様 はじめまして。 読んでくださって、そしてコメントをお寄せくださってありがとうございます。 とってもうれしいです。 私は80〜90周年頃に第一次ファン時代を過ご90〜100周年すぎまで宝塚から離れていたので、 知らない時代のことを教えていたたき勉強になりました。 最近スカイステージが見られるようになったのでコメントにある新人公演など見てみたいです。 いまの状況で月組がお稽古できているのか、集まってお稽古をして大丈夫なのか心配なのですが、 1日も早く日常に戻って公演や新人公演の続報と舞台を楽しめるようになったほしいです。

次の