持田香織 声。 持田香織の若い頃がかわいい(画像あり)!声が出ないのは病気?歌声復活の可能性は?

持田香織の声が復活?出ない原因は?旦那の名前と年齢は?VS嵐出演│クラウドノート

持田香織 声

生年月日:1978年3月24日 41歳 出身高校:市立中村高等学校 身長:160㎝ 所属事務所:エイベックス・エンタテイメント 気になる年齢は41歳です。 とても40代には見えませんね。 身長は160㎝、日本人女性の平均より若干高いくらいですが、痩せているせいか大きく見えますね。 持田香織さんは子役出身だった? 持田香織さんが子役出身芸能人だという事は意外と知られていないのではないでしょうか。 8歳の時にはBANDAIのCMにも出演。 テレビ番組でその映像が流れた際は共演者から「整形疑惑」が持ち上がるほど、面影はありませんでした。 96年にELTとしてCDデビューするまでは、テレビ東京の深夜のアイドル番組『黒BUTAオールスターズ』に出演したり(当時15歳)、全日本国民的美少女コンテストに出場したり(予選敗退)と、荒波に揉まれてきた人なのです。 私も知りませんでした。 ELTとして華々しい活躍をしている持田香織さんしか知らなかったので、このような苦労をされているとは思いませんでした。 しかしアーティストとして成功されているのですから、そのままトントンに拍子に何事も上手くいくはずはないですよね。 必ずどこかで苦労はしているはずです。 持田香織さんの高校時代がかわいい? とくに高校時代が可愛いかったようです。 こちらはまだ高校生だった頃の持田香織さんの可愛い画像です。 瞳も大きくて肌ツヤツヤ、芸能人オーラも出ていて、当時はなかなか仕事の縁に恵まれなかったそうですが 大物になる予感が画像から伝わってきます。 赤いベストは制服の一部でしょうか、持田香織さんにとても似合っていてこれまた可愛いですね。 高校性でこの美貌ですからかなりモテモテだったと思われます。 やはりアーティストとして最終的に成功される方々は持田香織さんをはじめ学生時くらいから皆、容姿等特別な物を持っているようです。 Every Little Thingのデビュー時 高校生の時とそんなに変わっていないような感じに見えますが。 高校時代より少しだけ垢抜けているような気もしますね。 いずれにしても元が綺麗ですからそんなに変わり様が無いって事でしょうね。 持田香織さん声が出ない原因は? それではこれから一番気になる持田香織さんの声が出ないという噂について書いていきます。 持田香織さんの歌い方が変わった? 歌手の中には、若い頃は問題なく出ていた高音が、歳を重ねた事で出にくくなるという方も多くいらしゃいます。 しかし持田香織さんは歌う事をやめるのではなく、今の声に合わせたキーで歌う事を選択しました。 その結果、昔とは違った印象を与えるようになり、「声が出にくくなった」と言われるようになったのかもしれません。 私もこの意見が妥当だと思います。 ボーカリストは喉を酷使します。 それに歳を重ねていくと、個人差はあれど高音のキーが出せなくなるアーティストも多かれ少なかれ居るのではないでしょうか。 それを音痴、音程外れ、劣化等と言う方々は一度考えてみて下さい。 持田香織さんは喉の病気だった? 持田香織さんは2005年に行われたツアーで思うように歌えず、喉に異変を感じたとのこと。 2005年1月23日に熊本市民会館で開催されたライブでは代表曲である「fragile」が歌えずに彼女が泣き出すという一幕がありました。 精密検査を受けると「急性気管支炎」を患っていることが判明したそうです。 アーティストとしてライブ会場でファンの前で喉の不調により歌が歌えないというのは凄く悔し思いだったと思われます。 普段のライブではオラオラ系の持田香織さんもやはり普通の女の子なんですね。 持田香織さんはポリープの摘出手術を受けていた? 一説には喉にできたポリープの摘出手術を受けていたという情報も見受けられる。 このような情報も複数見受けられましたが、この件については真相は掴めませんでした。 いずれにしてもライブも延期になり、しばらくは休養に専念する事になります。 持田香織さんの歌声は復活したのか? その後の持田香織さんは以前のような美声を取り戻す事が出来たのでしょうか。 2015年8月29日に持田さんがエイベックスのライブイベントに登場したという情報がありました。 声が出なくなってからかなり久しぶりのライブになるのですが、その歌声はどんな感じだったのでしょう? 往年のヒット曲「Time goes by」を披露した。 かなり低いキーでの歌となったが、それでも声が出ない様子。 かなり苦しそうに歌っていました。 全盛期のような伸びのある歌声はありませんでした。 残念ながら以前の歌声には復活していないようです。 たとえ持田香織さんの声が以前のように戻らなくても、持田さんは自身で一生懸命歌っているんです。 ファンとしてはそういう持田さんの努力を加味して応援していきたいですね。 もしかしたら、今後また往年の美声を取り戻す日が来るかもしれないのですからね。 まとめ いかがでしたでしょうか。 持田香織さん歌声が変わった等の真相を書いてきました。 美しい歌声が戻ってくる日が来る事を願いながらも、今後の活躍を期待しています。 こちらの記事もどうぞ。

次の

持田香織は声が出ないけど復活?若い頃はかわいいけど現在は?

持田香織 声

— 2019年 6月月17日午前10時39分PDT 持田香織さんの声が変わった理由は、 2005年頃に患った病気が原因だったとされています。 持田香織さんが患ったのは、 急性気管支炎という病気で、2005年1月23日の熊本市民会館のライブで代表曲の『fagile』が歌えずに涙を流すというシーンもありました。 その後に持田香織さんが精密検査を受けたところ、急性気管支炎と診断されたのでした。 気管支に炎症の中心があり、咳やたんなどの呼吸器の症状を引き起こす病気で、数日から数週間で治まる「急性気管支炎」と、年余にわたって咳やたんなどの症状が続く「慢性気管支炎」とがある。 急性気管支炎の大半は、ウイルスやマイコプラズマなどによる感染症が原因で起こる。 (中略) 咳やたん、発熱などが主な症状としてみられる。 呼吸をするときに「ぜーぜー」と音がする喘鳴(ぜんめい)や、息切れを起こすこともある。 一般に感染症による気管支炎は、鼻水、喉の痛み、疲労、悪寒といった風邪のような症状から始まり、咳が出始める。 やや高い熱(37. 5~38度)に伴って背中や腰の痛み、筋肉痛が現れることもある。 咳は最も治りにくい症状で、治まるまでに2~3週間、またはそれ以上かかることもあり、ときに喘息や肺炎などへと移行する場合もある。 引用元: つまりは、持田香織さんの場合は急性気管支炎のため、数日~数週間で収まる可能性が高かったと考えられます。 しかし、持田香織さんは急性気管支炎が治った後も、歌い方を模索している最中だとされていました。 また声が出なくなる恐怖や、以前のように歌ったら また喉へのダメージがあるのではないか、など、持田香織さんなりの葛藤もあったのかもしれません。 それでは、もう少し持田香織さんののどの病気について見ていきましょう。 持田香織は喉を酷使して高音が出なくなる — 2019年 3月月29日午前1時52分PDT 持田香織さんの声が出なくなったのは、2005年1月のことでしたが、ちょうどその時の2004年末から2005年初めにかけては、「common place tour2004-2005」38会場44公演の真っ最中。 当時人気絶頂だったELTは音楽番組の出演も相次ぎ、最も 喉を酷使した期間になってしまいました。 その疲れから持田香織さんは急性気管支炎を患ったとされました。 しかし、持田香織さんが2005年1月に急性気管支炎を患った後、2月以降はスケジュール通りにステージに立ち続け、延期されたライブも全てこなしていきました。 また、持田香織さんの病名は急性気管支炎ということもあり、 ただの風邪でしょ?という厳しい指摘もあったようです。 急性気管支炎を発症してまでも、多忙のスケジュールの中で喉を酷使。 さらに急性気管支炎が治った後も、喉をかばうために歌い方を変えたり、歌声の不安定さを隠すために変な歌い方になったと考えられます。 持田香織の声は現在復活しつつある — 2020年 5月月29日午後4時48分PDT 一時期は持田香織さんの声が出ないと騒がれていましたが、 最近では声が戻ってきたと話題になっています。 持田香織さん歌い方昔のに戻った? — yuki. 8月8日に9歳年下のスポーツトレーナーと結婚した、Every Little Thingの持田が都内で行われたライブイベントに登場。 結婚後、初ライブとなったが…。 「楽曲のキーを下げて演奏したものの、それでもかなり苦しそうに歌っていた」 ライブを見た音楽関係者 引用元: やはり、持田香織さんの声は完全には復活してはいないものの、キーを下げれば歌うこと自体はできるというような状態なんでしょう。 もしくは、最近の持田香織さんの歌い方ばかりを見ていた人にとっては戻ったように感じるけれども、全盛期の持田香織さんの歌声を知る人にとったら、まだまだ戻っていないということなのでしょう。 最近では相方の伊藤一朗さんの活動ばかりが目立ちますが、持田香織さんの声が万全な状態になって、またELTとしての活動が頻繁に見られるといいですね! 持田香織の歌声はどれだけ変わったか?昔から現在まで比較 — 2020年 1月月29日午後12時36分PST 持田香織さんが何かしらの宗教にはまり、 その宗教で声を治したのではないか?という噂も見つけました。 持田香織さんが宗教にはまったとされているのは、2012年頃の話で、宗教の影響で周囲のスタッフを次々とクビにしたという話がありました。 持田香織さんがはまったのは行きつけの気功師関連で、• 気功師と同居を始めた• 気功師に財産を渡した という噂まで流れ始めました。 そんな中、持田が「気功師夫妻のおかげで回復した」といっていた歌声に、今回はついに視聴者から疑問の声が上がってしまう結果となった。 引用元: 気功とは中国伝統の治療法であるため、持田香織さんの喉も気候によって治したのではないか?という話が出てくるようになったのでしょう。 気功師が持田香織さんの弱みに漬け込んだとも考えられますね。 持田香織さんのファンも宗教の噂に心配していましたが、• ここ数年マネージャーやスタッフは変わっていないこと• 気功師とは常識範囲内の付き合いであること、• 同居する予定はないこと が明らかになりました。 つまり、持田香織さんの 宗教の噂は全くのデマということです。 いったい、誰がこんな噂を出したのかはわかりませんが、持田香織さんやエイベックスからしたらかなり良い迷惑ですよね! 持田香織の歌声に対するファンの反応 — 2019年 6月月20日午後1時55分PDT 持田香織さんの歌声について、ファンの方はどのように思っているのでしょうか? 昔の声と現在の声について、どっちが好きなファンが多いのか見ていきましょう。 aおいたん生涯握り手 echigoyaaa 昔の歌い方が好きだという声もあれば… 今の持田香織の歌い方の方が断然好き — 村上 耳軽男 yochipapa0109 CMみて声のこという人いるけど、その人の歩んできた道をみることは、持田香織さんのことだけではなくどんなことにも言えるような気がします。 想いのこもった歌い方が私は大好きです。 この曲が歌えるのは、持田香織がこの声になったからだし、もしかしたらこの曲が生まれたのも、持田香織がこの歌い方になったからかもしれない。 昔の艶のある歌声ではこんな爽やかなロック調の曲は歌えない。 下手なのかもしれないけど、後期ELTこそ、わたくしは好きです。 賛否両論とはいえ、持田香織さんはこれだけ多くの方に注目されているのですね! これからも体に無理のない程度で、素敵な歌声を届けてほしいと思います。 まとめ.

次の

live.gettymusic.com: manu a manu (ALBUM+DVD): 音楽

持田香織 声

ボーカルの持田香織とギターの伊藤一朗からなる音楽ユニット「Every Little Thing(以下「ELT」)」が、1月29日に放送されたテレビ番組で、大ヒットシングル『Time goes by』を披露。 しかしボーカル・持田香織の音程がメロディから甚だしく外れていたため、ネット上では持田の体調を心配する声さえあがっている。 ELTは、毎回「売上1番」「芸能人の1番ソング」など、あらゆるジャンルで"1番"をとった名曲ばかりを紹介する『1番ソングSHOW』(日本テレビ)で、『Time goes by』を披露した。 1998年に発売されたこのシングルは、フジテレビのドラマ『甘い結婚』(木梨憲武、財前直見主演)の主題歌にも使用され、売り上げが100万枚を突破した曲。 持田香織が紅白でも熱唱したこの曲は、間違いなくELTの「1番ソング」だ。 しかし『1番ソングSHOW』での持田の歌唱は、出だしの「ウォ~ウォ~ウォ~~」の部分から4分の1から半音ほど音程が低く、「信じあえる~喜びも~~」から始まるサビ部分に到達しても、改善の余地はなし。 当日の演奏は、オリジナルのキーより半音下げられていたが、それでも高音域は伸びず、さりとて中~低音域の音程も不安定。 もともと音量が豊かなタイプではなかったが、ボリューム的にも物足りなさを感じさせるもので、悪い意味で耳に残るものになってしまった。 持田に関しては過去に"前科"があり、2009年に日本テレビの生放送の歌番組に出演した際も、声量不足や音程のズレを指摘されたことがある。 その際には、05年のツアー時に発症した急性気管支炎の影響が指摘されたが、今回の歌唱はずばり「前と同じ」。 音程が正しいことだけが決して歌手の魅力ではないが、聞き手がハラハラドキドキするレベルの歌唱に、疑問と心配の声が多数登場している。 NOTE TO USER: User expressly acknowledges and agrees that, by downloading and or using this photograph, User is consenting to the terms and conditions of the Getty Images License Agreement.

次の