ドラゴンナイト英語。 ホーリー・ナイト・ドラゴンはなぜ高いのか?買取相場、封入率について解説!

ホーリー・ナイト・ドラゴンはなぜ高いのか?買取相場、封入率について解説!

ドラゴンナイト英語

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2012年3月) 本作は、それまで一介のソフトハウスに過ぎなかったエルフの名を、業界に一躍知らしめたとも呼ぶべき作品である。 『 』を下敷きにしたと窺えるシンプルな3D描画と高めな難易度の下、の奥深く捕われの身になっている美少女達を敵との戦闘で解放していきながら彼女達の艶姿を堪能するというゲームシステムは、以降のアダルトゲーム業界におけるの定番となった。 デジタル8色しか使えない当時のハード上の制約から、タイルパターンを駆使することで美麗に描かれた調のグラフィックもファンの心を掴むことに一躍買い、以降のエルフ作品へファンを繋ぐ要素となっている。 前後の時期に他社より発売された『』、『』、『』などと同じく、アダルトゲームにもゲームとして楽しめる作品があることを知らしめる役目を果たしており、業界的にも重要な転機となった。 大ヒットを受け、後にはにより(PCE)へ移植されているが、発売は続編の『 ドラゴンナイトII』(『II』)や『 ドラゴンナイトIII』(『III』)より後となった。 主人公を初め登場キャラクター達には当時の他社作品同様、豪華陣を起用。 内容の方は過激なグラフィックに修正を加えた上で、ゲーム本編とは別に本作から『III』までのヒロイン達を紹介していく「グラフィティモード」を追加。 あらすじ [ ] 世界のどこかにある、美女だけの豊かな国・ ストロベリーフィールズ。 そこにそびえ立つ 女神の塔には人々から崇められている 水の女神が居たが、塔を陣取った何者かによって封印されてしまう。 その犯人である ドラゴンナイトは、どこからともなく現れては強大なに憑依して操り、女神から奪った宝玉でストロベリーフィールズを滅ぼそうと目論む邪悪な者達であった。 そんなある日、流浪の旅を続ける剣士の ヤマト・タケルが、ストロベリーフィールズを通り掛かる。 広場で出会った少女の ルナを危機から救ったことで彼女に剣の腕前を見込まれたタケルは、謁見した王女に現状を聞かされ、女神を初め捕われている者達の救出を依頼される。 「 どんな願いでも1つだけ叶える」という報酬を提示されてもいまいち気乗りしないタケルであったが、石板に封印された女神の姿から深い悲しみを感じ取った彼は胸を打たれ、心を決める。 こうしてタケルは、周りが美女ばかりのために持ち前のスケベ心も手伝い、ドラゴンナイトを倒すべく女神の塔へ足を踏み入れるのであった。 主な登場キャラクター [ ] 名はPCE版のもの。 また、PCE版ナレーションはが担当している。 ヤマト・タケル 声: 主人公。 旅の剣士で、裕福な生活よりも冒険を好む。 美女相手には必ずスケベ心を抱く好色家だが、そこを除けば基本的に無欲で優しい性格。 たまたまストロベリーフィールズを訪れたことから、本作の物語が幕を開ける。 ルナ 声: メインヒロイン。 赤い髪と勝気な言動が目立つ、活発な少女。 自分を危機から救ってくれたタケルの腕を見込み、王女に紹介する。 シナリオ終盤でドラゴンナイトに女神の塔へ誘拐されるが、ここでもタケルに救出されたことで、彼へ想いを寄せるように。 その想いは、『III』での再登場後にようやく結実することとなる。 ルナの母親 声: 自宅を兼ねた寺院に娘のルナと共に住む美女。 本名は不明だが、『III』での再登場時には ルーサという名が付いた。 娘とは違って物静かな面持ちをしており、タケルが戦闘で受けたとのダメージをその量に応じた金額で回復してくれる。 王女 声: ストロベリーフィールズを統べる、絶世の金髪美女。 本名は不明だが、一般OVA版以降では ネイナという名が付いた。 最初はその立場からもタケルにドラゴンナイト討伐を依頼する一方で、女だけの自国には異端である彼のことを警戒するが、討伐が進むうちに態度を軟化させていく。 それはやがて一人の女性としての想いへと変わる。 衛兵 声: 甲冑で身を固め、王城の入口に立つ女性。 本名は不明。 他の国民と同じく美女であることは想像に難くないが、兜で目元が影に描かれているため、顔は不明。 予言者のオババ 声: 若い女性で占められたストロベリーフィールズにおいて、唯一の老女。 本名は不明。 タケルを警戒してドラゴンナイトの討伐依頼を躊躇う王女に対し、彼こそが勇者であるとの予言を呈する。 攻略で詰まった際にはヒントをくれるが、あまり役には立たない。 アン 声: 塔1Fの牢屋でに捕われている女戦士。 アニー 声: 塔1Fの部屋でマスターに捕われている女戦士。 メル 声: 塔2Fでロードに捕われている女戦士。 シオン 声: 塔2Fの特別取調室でに捕われている女戦士。 ルル 声: 塔3Fでオークに変身させられている女戦士。 ジェーン 声: 塔3Fの調教室でに捕われている女戦士。 ラーラ 声: 塔4Fで達のメインディッシュになるところだった女戦士。 レイラ 声: 塔4Fで達に捕われて尋問を受けている女戦士。 マリア 声: 塔5Fのデーモンシティーにあるで客を取らされそうになっている少女。 シーラ 声: 塔5Fの「ポペポの館」で脱衣ショーをさせられている少女。 ソーシャ 声: 塔5Fの「あげまん」でサービス嬢をさせられている少女。 全く似ていないが、予言者のオババの孫娘でもある。 マッチ売りの少女 声: マリア救出後、塔5Fの暗い路地でマッチを売っている少女。 タケルをモンスターと思い込んでおり、マッチを買うと脱ぎ始める。 実は本筋と無関係なキャラクターのため、必ずしも会う必要は無い。 ドラゴンナイト総統 声:。 PCE版では ガゼルバーンという名が付いた。 数多くのドラゴンナイトを統べ、ストロベリーフィールズに災厄をもたらした最悪かつ最強の存在。 一般OVA版 [ ] アダルトゲーム版と同じタイトルで、(3年)によりとが発売された。 共に税抜価格7,573円、音声で収録時間カラー30分。 VHS版品番:PSVX-1016• LD版品番:PSLX-1016 スタッフ(一般OVA) [ ]• 原作 - エルフ• 監督 - 福田潤• 脚本 - 野崎絹代• 絵コンテ - 中村喜則• キャラクターデザイン・作画監督 - 小林明美、宇佐美皓一• 美術監督 -• 音響監督 - 原田一男• プロデューサー - 筧行夫• 制作協力 - エルフ、ジャスト• ヤマトタケル:• ルナ:• ネイナ:• シーラ:• ジェーン:• レイラ:• ラーラ:• 女兵士:• ミノタウロス:• リザードマン 1 :• リザードマン 2 :• グリーンドラゴン:• ブラックドラゴン:• ドラゴンナイト総統: 15禁OVA版 [ ] 『 ドラゴンナイト外伝』(ドラゴンナイトがいでん)のタイトルでVHSとLDで発売され、後にからセクシャルグレードアップ改訂版がVHSとで発売された。 内容は一般OVA版とは違い、主人公の ヤマト・タケル(声:)の名前を借りただけの別物である。 VHS版• LD版• VHS版• 『 セクシャルグレードアップ改訂版』(セクシャルグレードアップかいていばん)の副題が付いている。 DVD版• 『 セクシャルグレードアップ改訂版』(セクシャルグレードアップかいていばん)の副題が付いている。 スタッフ(15禁OVA) [ ]• 原作 - 蛭田昌人()• 企画原案 -• 監督 - 豊岡薫• 脚本 - 八田朗• キャラクターデザイン - 、• 作画監督 - 中村勇馬• 音楽 - Torsten Rasch• プロデューサー - 天地悠大、豊田賢司• 製作 - ALL PRODUCTS• 制作 - オリジナルキャラクター [ ] ジョディス 声: 男装してに励む少女。 ある日、失敗から男達にされかかっていた所をタケルに救われる。 ルンター 声: 悪の。 レオナルドと裏で通じている。 レオナルド 声: 人間の女性を好み、性を貪る醜悪なモンスター。 エルフ・ベストキャラクターズ - より発売。 書籍 [ ]• エルフ監修公式ゲームガイド - より発行。 シリーズ一覧 [ ]• のオンラインプラウザゲーム。 2017年2月28日より事前受付開始、2017年7月13日より正式サービス開始、2018年5月8日にサービス終了。 ストーリーはオリジナル。 関連項目 [ ]• - PC98版をへ『ドラゴンナイト』のタイトルで移植する予定だったが、開発途中にが18禁枠を撤廃したために没となり、開発途中のデータはWindows版として再利用することで活かされたという逸話がある。 外部リンク [ ]•

次の

英語版『ドラゴンナイト』和訳 中学生 英語のノート

ドラゴンナイト英語

FX版ナレーションはが担当。 18禁OVA版やWin版は声優名非公表のため、掲載しない。 部隊名はゲーム機種によって名称は微妙に異なるが、ここではPS版の表記に統一する。 主要キャラクター 戦闘の際に誰か1人でも死ぬと、即となる。 カケル 声: 主人公。 神の血を引く少年。 前作までの主人公ヤマト・タケルと、メインヒロインだったルナとの間に生まれた息子。 容姿も性格も父親似で、好奇心が強く能天気かつスケベ。 父のように強い剣士になりたいと思っている。 男女問わず「何となく傍に居たくなる」と言わせる、一風変わった魅力がある。 疲れない体質で、戦闘後も休息せずに歩き回る。 剣士隊。 1周目の終盤でエトとなり、2周目の最後には消滅する(詳細は後述)ため、本作以降の物語はプレイヤーキャラクターではないカケルが引き継ぐこととなる。 エト 声: レイモンド王国でカケルとセイルの危機に駆け付けた謎の剣士。 カケルに名を訊かれた際、「えーと」と口ごもったことから「エト」と名乗り始めた。 その実力は飛びぬけて高い。 鎧とマントを纏った黒ずくめの格好をしており、いかなる時でも兜を脱がない。 女性からの人気が高く、PC版ではカケルとセイルに「世界一のスケベ」と評されるほどの精力の持ち主でもある。 カケルと同じく疲れない体質。 剣士隊。 正体は、かつてルシフォンのもとまで進撃するも仲間たちを全滅させられたうえ、長年にわたって魔族のもとで強制的に眠らされた結果、肉体が大人に成長していたカケルが、マルレーネに救われて過去へ戻った姿(前述の装備も、マルレーネに救われた際に彼女が兵士たちから盗んで着けていたもの)である。 過去の自分に正体を知られればマルレーネから与えられた黒い石の効力が切れて自分は消滅してしまうため、兜を着けるようになった。 1周目の終盤ではマルレーネに去られたことでルシフォンに敗北し、仲間たちと同じく地底へ落とされて死亡するが、それを受けてカケルがエトとなった2周目の終盤ではマルレーネに去られなかったことでルシフォンの討伐に成功する。 最後はカケルの前で兜を脱いで正体を明かし、彼らに後を託して消滅する。 なお、1周目でのセックスシーンにおけるヒロインたちの台詞やエトの死亡直前の台詞から、1周目に至るまでの彼は性欲に忠実すぎたためにマルレーネに去られる結果を招いてしまい、それがルシフォンへの敗北につながったことが示唆されている。 それを受けた2周目でのエトのセックスシーンは、1周目でのそれより彼の性欲が抑えられた描写になっている。 トリアノンの村で唯一生き残り、倒れていたところをカケルたちに救われて仲間となる。 戦闘においては弓手を担い、並み居る敵を打ち倒していく。 なお、出会って早々からカケルに想いを寄せるそぶりを見せたり、戦闘の無い時は白昼から彼を誘惑してセックスに興じたりする。 弓矢隊。 正体は魔界の第2王女イノである。 エルフを装ってカケルたちの仲間となった(そのため、メイフェアやクラリスはエルフとしてのマルレーネのことをまったく知らなかった)のも当初はルシフォンの愛を独占したいための潜入行為に過ぎなかったが、1周目の終盤でカケルたちのもとを離脱した後、彼らの全滅やルシフォンの本性を知り、自分の行動を深く後悔することとなる。 やがて、囚われの身となって変わり果てたカケルのもとへ現れ、彼を解放して黒い石を与えて過去へ向かわせる。 2周目では終盤に正体を打ち明けてきたエトを愛してしまっていたことに気づいて結ばれるも離脱するが、最終決戦には駆けつけてルシフォンの魔力を抑え、勝利に貢献する。 最後はカケルがエトと同じく大人になった際に彼への想いを抑えきれなくなることへの懸念からも、エトの用いていた大剣を手に1人、あてもなく旅立つこととなる。 ナターシャ 声: カケルので、同い年の美少女。 小さい頃からカケルの悪戯に悩まされてきたため、カケルの前ではいつも喧嘩腰になってしまうが、本当は心優しく、カケルのことが気になってしまうお年頃。 魔導師の修行(は建前で、本当はカケルの後を追随)という理由で旅に出るが、行き倒れていたところをカロンに救われたことで晴れてカケルたちと合流し、仲間となる。 魔法隊。 セイル 声: DK一族であり、かつてタケルと共に戦ったこともある バーンの息子。 カケルとは同い年。 読書好きの引っ込み思案かつ泣き虫な性格で、本人曰く「知らない人が大嫌い」であるが、息子を冒険の旅へ送り出したタケルへの対抗心を持った父に、街を追い出される形で旅立つことになる。 当初は戦斧隊。 ドラゴンの砦でDKとして正式に認められてからはホワイトドラゴンに乗り、DK隊として闘うが、慣れないうちは酔ってしまう。 7つの宝玉()を使う女魔導師。 バーンの教会でセイルの教育係をしていた。 セイルにを施すため、セイルはサラのことを酷く恐れている。 魔族の父と人間の母の間に生まれた異種族間児であることが、となっている。 魔法隊。 参戦キャラクター(女性) カケル達の仲間に加えた後、参戦させることが可能になる女性キャラクター。 PC版ではカケルやエトとのセックスシーン、もしくはそれに準ずるシーンが存在する。 なお、PC版では基本的に女性より男性の方が能力が高めに設定されているため、女性と男性の選択になった場合は男性を多く仲間にした方が、攻略は楽になる。 エトに一目惚れして何とか気を惹こうとするが、報われずに悩む。 魔法隊。 セックスシーンが無いヒロイン。 なお、ネレイドを仲間に加えた場合はカルタスを仲間に加えることはできない。 ネプチューン 声: ラビニアの街でカケル達が出会う、金髪の女性。 かつてはシーボーズの港町でを営んでいたが、家族をルシフォン軍に殺され、その復讐のためにラビニアの街で剣術に励んでいた。 男性口調で強がるが、内面は淑やかで弱い性格。 剣士隊。 なお、ネプチューンを仲間に加えた場合はゴロンゴンを仲間に加えることはできない。 クラリスとは双子の姉妹であり、姉に当たる。 淑やかかつおっとりとした面持ちで何事も忘れっぽい性格をしているが、エトとのセックスの際には、それらからは想像も付かないような大胆さも見せる。 耳が弱点。 弓矢隊。 なお、メイフェアを仲間に加えた場合はクラリスを仲間に加えることはできない。 メイフェアとは双子の姉妹であり、妹に当たる。 姉とは逆に活発で男っぽいが、旅の道中も家庭的な夢を持ち続けるなど、内面は姉同様に女性らしい性格。 エルフの生き残りと称するマルレーネのことを、良く思ってはいない。 弓矢隊。 エトとのセックスの際には快感に耐え切れず泣きながらメイフェアに助けを求めてしまう。 なお、クラリスを仲間に加えた場合はメイフェアを仲間に加えることはできない。 赤紫色のウェーブが掛かった長髪と魅惑的な肢体で、酒場の踊り子として舞台に立ちながら、ルシフォン軍に殺された家族の敵討ちを行うべく仲間を探していた。 カケル達の仲間となった後は、カケルやエトの相談相手となったり、それぞれとのセックスに興じたりしながら、一行を支えていく姉御役を務める。 何かに付けてを振るいたがる女王様気質も持っており、怒らせると怖い。 剣士隊。 ブレストプレートとショルダーアーマーなどで身を固めて旅の剣士を装ってはいるが、実はロンボニ王国の王女。 黒い霧の影響で石化してしまった国王を救うべく、カケル達の仲間となる。 世間知らずかつ思い込みの激しい性格をしており、エトに惚れ込んで夫になってもらおうと強引に迫ったりする。 ユニット性能は高く、カロンと共に騎馬隊の要として役に立つ。 男装して男のフリをしているが、バスト90の隠れ。 女豹の如きしなやかな肢体と藍色の長い髪を併せ持ち、何かに付けてその脚線美を自慢したがるが、それは以前体型だったことを気にしての言動である。 足が速く、戦場を縦横無尽に駆け回る。 一応、ロイドンと交際してはいるが、彼とのスレ違いと物足りなさを感じており、やがてエトを誘惑してそれを解消しようと目論むも返り討ちに遭い、一方的にエトに犯される。 忍者隊。 なお、セイラを仲間に加えた場合はネクラマンサーを仲間に加えることはできない。 ロザリンド 声: ミシエルの街でカケル達が出会う少女。 かなりの小柄で、幼女と言っても良いほどの幼児体型に、超が付くほどの強引な性格を併せ持つ。 長老の孫娘であり、ルシフォン軍の操るが落とした石で殺された祖父の仇を討つべく、形見の車輪付き大砲を携えてカケル達の仲間に。 精神年齢はそれほど低くはなく、セックスへの興味もそこそこ持っており、セイルに惚れ込んで、あの手この手で迫る。 大砲隊。 ホビットゆえ体つきこそ小さく幼女のようにしか見えないが、精神的にはカケルと同年代。 村を離れていた間に両親をルシフォン軍に拉致されてしまい、その救出を願っている。 爆弾を扱う腕は同じくホビットであるラビットにやや劣るが、健気な性格で未熟分を補いながら戦いを陰から支える。 トルルに憧れる一方で、カケルに強く惹かれていく。 工作隊。 なお、ジーナを仲間に加えた場合はピエールを仲間に加えることはできない。 その腕を見込んだルシフォン軍にさらわれた上、同じく最愛の妹のヘレネを人質に取られてしまう。 囚われてるヘレネの居場所を聞き出すためルシフォン軍に自分の身体を差し出し、凌辱の限りを尽くされる。 隷属後はロンボニ国内で兵士たちの性処理道具兼盾役となり、カケル達と無理やり戦わされる。 しかし、カケル達が彼女を倒さずにヘレネを救出した場合、タスタの港町で彼らの仲間となる。 青い髪と瑞々しい肢体とボーイッシュな雰囲気を併せ持ち、今回の件まで女性として抱かれた事や恋愛経験がなかったため、女扱いされることに慣れておらずコンプレックスを持っている。 一方で凌辱の後遺症から隠れな気質があり、カケルやエトとのセックスの際には極端な大胆さを見せる。 PC版では弓矢隊を担うサブキャラクターに過ぎないが、SFC版やPS版ではシナリオが主要キャラクター並みに増量され、ストーリーに深く関わるキャラクターとなっている。 カケルのお守りを盗んだ為カケルを本気で怒らせた。 囚われた際に身体検査で全裸に剥かれ身体中の隅々まで調べ尽くされる。 最後まで抵抗してお守りを返さなかったためにカケルに犯される。 猫の耳と尻尾、褐色の肌に銀色の毛並み、そして首には大きな鈴付きの首輪を着けており、語尾には「にゃん」を付けて話す。 カケル達の仲間となった後は、猫らしい敏捷さでルシフォン軍を翻弄する。 忍者隊。 なお、ターニャンを仲間に加えた場合はバルカンを仲間に加えることはできない。 風系の魔法に長けており、マルレーネを「おねえさま」と呼んで慕う。 セイルには軟弱さに苛立つ一方で、惹かれていく。 SFC版のみの追加キャラクターだが、PS版にもある場所でのみ、カケルとの会話に登場する。 魔法隊。 参戦キャラクター(男性) カケル達の仲間に加えた後、参戦させることが可能になる男性キャラクター。 冒険小説家になるのが夢。 まずはカケル達とルシフォンの闘いを小説化しようと考え、カケル達に同行する。 乗っていた船が転覆し、それまでの記録が全て水の泡になっても、ノートを自作して執筆を続行するほどの執念を持つ。 ライムリン大陸に渡ってから一念発起し、ペンを片手に闘おうとする。 セイラと交際しているが、彼女がエトに抱かれた事は知らない。 主要キャラクターには含まれないが、ディノの港町で一応は剣士隊の一員として参戦する。 また、PC版やコンシューマー版では、プレイには欠かせない役である。 戦死してもにはならないが、以後はセーブできなくなる上、ユニット性能も高くはないため、戦闘には参加させない方が無難。 ダンディズム溢れる切れ長の目、背中まで届く長髪、口元の豊かな髭と、かっこよく見えるのはユリシーズの街での登場時のみ。 実は、次の瞬間にはカケルを見て涎を垂らすほどの男色家であることが明らかとなる。 しかし、ユニット性能の面だけで考えると非常に優秀。 特に、SFC版やPS版では敵を「愛の力」で味方に引き込むなど、主要キャラクターではないにもかかわらず、主要キャラクター並みに使える能力の持ち主でもある。 ルシフォンを倒した後は、カケルと2人きりで暮らすのが夢。 騎馬隊。 ルシフォン軍に殺された恋人の復讐のために立ち上がるが、カケル達が仲間に加えた場合、マルレーネに一目惚れしてしまう。 剣士隊。 なお、カルタスを仲間に加えた場合はネレイドを仲間に加えることはできない。 とにかくが大好きで、ルシフォンを倒した後はバナナ専門店を開くのが夢であるほど。 騎馬隊。 なお、ゴロンゴンを仲間に加えた場合はネプチューンを仲間に加えることはできない。 国王直属の1人であり、その腕は一目置かれているが、任務外では普通に気の良い青年。 黒い霧で石化してしまった国王を救うべく、カケル達の仲間となる。 忍者隊。 なお、サントスを仲間に加えた場合はガリバンを仲間に加えることはできない。 元はミシエルの街の出身だったが、ロンボニ王国を訪れていたために難を逃れた。 容姿こそ厳めしいが、内面は優しい。 大砲隊。 なお、ガリバンを仲間に加えた場合はサントスを仲間に加えることはできない。 ネクラマンサー 声: ミシエルの街でカケル達が出会う、色白で根暗な性格の魔導師。 移動力こそ並みだが魔法の腕は相当なもので、対地と対空共に攻撃が可能なため、ユニット性能は非常に優秀である。 魔法隊。 なお、ネクラマンサーを仲間に加えた場合はセイラを仲間に加えることはできない。 ルシフォンを倒して名を上げるのが夢。 工作隊。 なお、ピエールを仲間に加えた場合はジーナを仲間に加えることはできない。 開いているか判らないほど目が細い。 語尾に「にょ」と付ける喋り方でも変わっており、物事の考え方まで変わっている。 実際に、食糧確保のためとはいえ足の裏の皮やのゴマで魚を釣ろうとする変人ぶりを見せる。 しかし、爆弾を扱う腕は確かであり、カケル達を陰から支える。 工作隊。 なお、ラビットを仲間に加えた場合はパウエルを仲間に加えることはできない。 やや落ち着きに欠けているが、真面目な性格で、エトに心酔している。 工作隊。 なお、パウエルを仲間に加えた場合はラビットを仲間に加えることはできない。 頭頂が禿げ上がっている上に外見を重んじるのため、少々キザっぽい言動をしているが、悪い人間ではない。 元はポーの港街で、守備隊の隊長に就いていた。 マルレーネに一目惚れしてしまい、しようと行動を起こすが、相手が相手だけに全く報われない。 大砲隊。 なお、バルカンを仲間に加えた場合はターニャンを仲間に加えることはできない。 人間であるが、幼少時にラスカルの悪戯により、ミシエルの街からさらわれてきた。 それ以来、長老に育てられたこともあって自分のことをと思い込み、人間嫌いとなっている。 DK隊。 かつて1人でミシエルの街を訪れた際、乳児だったトルルを悪戯心から砦に連れ帰っていた。 長老ヤコブに命じられ、セイルを背に乗せてカケル達の戦いに参戦する。 長老ヤコブに命じられ、トルルを乗せてカケル達の戦いに参戦する。 その他のキャラクター(非参戦) カケル達の味方ではあるが、参戦はしないキャラクター。 前作までの主人公であり、神々の王ゼウスの息子。 父母の居る天界へ昇ることを拒み、人間として地上に留まることを選んだ彼は、ルナと共に新たな旅へ出た後、ある村に腰を落ち着けて彼女と結婚。 やがてカケルを授かり、3人で幸せな家庭を築いていた。 やがてバーンから届いた手紙を読み、成長したカケルには丁度良い機会と考え、自分の代わりにバーンの元へと送り出す。 タケルに想いを打ち明けて共に旅立った後、ある村に腰を落ち着けて彼と結婚。 まもなくカケルを授かり、彼と共に大事に育てていた。 プロローグでは、母のルーサ同様に美しく成長した姿で乳児のカケルに優しく授乳するシーンが見られる。 バーン 声: 『ドラゴンナイトII』と『ドラゴンナイトIII』でタケルと共に戦った、DK一族の男性。 世界に平和が戻った後、ソニアの街に腰を落ち着けてとなり、結婚して息子のセイルを授かっていた。 豪気な所は相変わらずだが、自分と違って気弱なセイルのことが悩みの種。 DKを名乗って暗躍を始めた謎の男を倒すべくタケルに協力を仰ぐが、代わりに遣わされてきたカケルを見て、タケルへの対抗心からセイルを彼に同行させる。 世界を救った英雄のタケルに心酔しており、慈愛に満ちた性格をしているが、物事の考え方が変わっており、子供達へ愛を注ぐためなら自らの肢体を露にすることも躊躇わない。 PC版ではソニアの街でのみ登場するが、SFC版やPS版ではその後もカケル達に同行しており、会話に登場する。 粗暴な性格でマリアンを過剰に慕っており、彼女を独占すべく他の孤児達を全て追い出してしまった。 そこへ訪れたカケルにマリアンが愛を注ごうとしたため、彼を目の敵として嫌がらせを行うべく、どこまでも同行する。 カケルを遥かに上回るスケベ心を持ち、手癖も悪い。 トルヘス 声: レイモンド王国からカケル達に同行し、部隊強化を手伝ってくれる髭面の男性。 筋骨隆々の肉体と気さくで良い性格を併せ持つが、ツルツルに禿げ上がった頭が悩みの種。 実はロンボニ王国の出身で、レアの妹。 ルシフォン軍にさらわれた姉を取り戻そうと動いた結果、逆に人質となってしまった。 カケル達の活躍により救出された場合、レアが彼らの仲間となる。 その後は姉を案じつつ、ザム船長に同行。 監禁され様々な辱めを受けた影響に加え、無理やりカケルに襲われた反動で、若干ながら男性不信になってしまう。 PC版では上記のようにレアを仲間に加えるための役割でしかないが、SFC版やPS版ではレア同様にシナリオが主要キャラクター並みに増量された上、姉と共にカケル達の仲間となり、僧侶隊の一員として参戦。 ストーリーに深く関わるキャラクターとなっている。 ロンボニ王国の国王で、ビアンカの父。 国を訪れたカケル達に世界の行く末を託して王城に残り、黒い霧によって石化してしまう。 左眼に黒い眼帯を着けておりに見えるが、義理人情には厚い。 次の港への船を出すばかりか、後にカケル達が無人島へ遭難してしまった時には危険を顧みず、救助に駆け付ける。 砦の長として、トルルを孫同然に可愛がっている。 ルシフォン軍 戦闘マップのみに登場する小ボスキャラクターを含めると総勢100人以上にも及ぶため、武将クラスのみ記述する。 ルシフォン 声: 本作のラスボス。 魔界の四天王の1人。 未来の魔界から、時空を超えるアイテム「黒い石」を使ってやってきた。 マノとの仲をミナクスに認めてもらうと共に、彼女に掛けられた呪いを解いてもらうため、神の血を引く人間を人間界から一掃しようと企む。 長い金髪を垂らした美形ではあるが、性格は極めて冷酷。 実力に見合った自信家でもあり、自分の魔力にも絶大な自信を持っている。 剣士隊。 感情の起伏が非常に乏しい美女。 ルシフォンに絶対服従しているが、その理由はシナリオ中盤で明らかになる。 PS版にも登場。 SFC版では魔法隊、PS版ではゴーレム隊を率いる。 一見ふざけた容姿だが、本人は至って真剣。 マノを慕っている。 ルシフォンには心からの忠誠を誓っているわけではなく、マノのためならどんな卑怯な手も厭わない心を持っている。 PS版にも登場するが、実はとんでもない秘密を持っている。 DK隊。 闘いに明け暮れてきた女性で、自分よりも遥かに強いルシフォンを慕っている。 PS版にも登場し、孤島からカケル達の仲間として潜入した後、カケルの命を狙い続けるが、次第に自分とは正反対の資質を持つロイドンに惹かれていく。 SFC版では忍者隊 、PS版では格闘隊を率いる。 魔界の誰よりも絶大な魔力を持つ実力者。 次女のイノの密告により、部下のルシフォンが長女のマノと密通していることを知って激怒。 ルシフォンを次元の狭間に封印する。 ウェーブの掛かった長い金髪と、透き通るような白い肌を併せ持つ。 ルシフォンとは相思相愛で、日々肌を重ねるほど深い仲。 密通を理由として次元の狭間に封印されてしまったルシフォンを救うべく、自らの胎内の黒い石を使ってもらおうとミナクスに進言する。 ストレートの長い銀髪と、褐色の肌を併せ持つ。 ルシフォンに密かな想いを寄せているが、自分には触れることも無ければ目もくれない彼に苛立ちも感じていた。 ある時、ルシフォンとマノがベッドで愛し合う姿に激しく嫉妬し、ミナクスに密告する。

次の

ドラゴンナイト4(PC98版、Win版)

ドラゴンナイト英語

Dragon Night(英語版) 出典 2014年10月15日に発売された、SEKAI NO OWARIの7枚目シングル 「Dragon Night(ドラゴンナイト)」 この曲はSEKAI NO OWARIの曲の中でも、人気の曲で カラオケでもよく歌われており、最近のライブでも必ず歌われるという、 セカオワ定番の曲と なっています。 さて、この「Dragon Night」を作詞作曲した、ボーカルのFukaseは、 どのような気持ちを 込めて歌詞を作ったのでしょうか。 自分なりに歌詞を紐といていきたいと思います。 Dragon Night 作詞作曲 Fukase 今日は100万年に一度、太陽が沈んでいって、夜がやってくる日なんだよ。 戦いはまだ続いてて、終わりが見えてこないけど、 今日だけは戦いを中断して、祝杯をあげようじゃないか。 人にはみんな、それぞれ自分自身のプライドや性格があって、十人十色という言葉が あるように、 いろいろな性格を持った人たちがいる。 だから、もちろん性格が気に入らなかったり して言い争いになったり、喧嘩してしまうことはあると思うけど、 それは 仕方のないことなんじゃないかな。 でも、自分が嫌いな人の性格だって、その人なりの理由が必ずあると思うんだ。 今日はそんなこと一切忘れて、友達になって歌おうじゃないか。 今日だけ、ぼくたちは友達のように踊るんだよ。 今日は100万年に一度だけ、太陽が沈まずに夜になっても照らし続けている日なんだ。 だから戦いはまだ続くけど、今日だけは休戦して照らし続ける太陽を 眺めていようじゃないか。 人にはみんなそれぞれ、正義というものがあって、正義を守るために戦争をしたり 言い争いをしたりしてしまうのは、正直仕方ないのかもしれない。 でも自分自身の正義が、きっと周りの人たちを傷付けているのかもしれないよね。 だから今日だけは、みんな友達のように歌って踊ろうじゃないか。 そしてもうこれ以上、戦争や言い争いをするのをやめようじゃないか。 終わりにしようじゃないか。 まとめ 歌詞の中に「百万年に一度太陽が沈んで夜が訪れる日」や 「百万年に一度太陽が夜に遊びに訪れる日」とありますが、 実際にそんな日が来ることはなく、あくまで例え話なんだということも なんとなくわかってきました。 (もしかしたら世界中のどこかに太陽が全く落ちない国はあるかもしれないですが、 太陽が沈んで夜がやってくるのは、ほとんどの国で当たり前のように ありますからね) ここで表しているのは、今起こっている戦いをやめれば、みんなが嫌な思いをしないで 仲良く暮らして、当たり前のように夜がやってきて、ぐっすり眠れる日がくるんだ、 というような思いが歌詞に込められているのではないかと思います。 今まさにヨーロッパやシリアなどでテロが起こっています。 歌詞にあるように、人間はみんなそれぞれ、プライドやその人の長所、短所があって 中には人の短所を批判したり喧嘩して、相手を傷つけてしまったりしまうことも あるでしょうし、 自分の正義を守るために、人の命を奪って しまうことも現実に起きています。 そんなテロや争いをなくして、世界中のみんなが平和に生きていけるような 世の中にしていきたいんだ、 という思いがこの歌詞に込められているのではないか、と 分析していきながら感じました。 今までなんとなく歌詞を見ていた人 そこまで歌詞の内容を考えずにカラオケで 歌っていた人 自分になりにどんな想いで歌詞にしたのか考えてみた人 いろいろな人が いるかと思いますが、 あまり歌詞の意味を考えていなかった人は、 今回の記事を読んでから、 もう一度じっくり歌詞を見てみると、 作詞したFukaseがどんな想いで歌詞を書いたのかが わかってくるかもしれないですし、 今以上に「Dragon Night」の曲を好きになると思います。 世界中にはいろいろな考えや思想、国によって文化が違ったりします。 日本は宗教の自由がありますが、他の国だとそうでない国もあったりします。 それは仕方のないことだとは思いますし、理想と現実を切り離すことは難しいかも しれません。 でも、先ほども書きましたが、 この世の中から争いごとをなくして、世界中の誰もが 平和で安全に生活していけることを願いたいものです。 SEKAI NO OWARI 価格: 750円 セカオワのこちらの記事もよく読まれています。 SEKAI NO OWARI プロフィール Fukase 本名:深瀬 慧(ふかせさとし) 担当:ボーカル、ギター 趣味:自転車、酒 Nakajin 本名:中島 真一(なかじましんいち) 担当:ボーカル、コーラス、ギター、ベース、ドラム、パーカッション、ピアノ、キーボード、シンセサイザー、ブルースハーブ、サウンドプロデュース 好きな食べ物:ラーメン Saori 本名:藤崎 彩織(ふじさきさおり) 担当:ボーカル、コーラス、ピアノ、キーボード、アコーディオン、シンセサイザー 大阪府で1986年に生まれて、現在29歳です。 趣味:読書(好きな作家は村上春樹、三島由紀夫).

次の