ラーメン 二郎 ブログ 気合い。 「らーめん大」が二郎系インスパイアチェーンでも頭一つ大きくなれたワケ

ラーメン二郎・二郎インスパイア系 人気ブログランキングとブログ検索

ラーメン 二郎 ブログ 気合い

初めての学校、初めてのアルバイト、初めての就職……。 先日の話である。 私(あひるねこ)は とある飲食店で、かつてない緊張に襲われることになった。 その飲食店とは、かの有名な 「ラーメン二郎」だ。 名前はもちろん知っているが、実は私は二郎に行ったことが一度もない。 そこで今回、生まれて初めて足を踏み入れてみたのだが……。 まさかラーメン屋で あんな感じになるとは。 さすが二郎である。 ・ひと月前の出来事 ところで皆さんは覚えているだろうか? 以前、当編集部のサンジュンが執筆した「」という記事のことを。 記事内でサンジュンは、最悪なコンディションながらも見事二郎を完食することに成功している。 前日にうどんで胃もたれしていた男がだ。 その結末はなかなかに衝撃的だったと言えるだろう。 で、これは書かれていない話なのだが、実はあの時……。 私も隣にいたんですよ。 そう、一方は体調を崩しながらも二郎を食らう男。 そしてもう一方は、 33にして初めて二郎を体験する男。 あの記事の裏では、実はこんなドラマティックな競演が繰り広げられていたのである。 ・初めての二郎 さて、本題に戻ろう。 ほら、二郎には独自のルールがあるってよく言うじゃないですか。 あれが何というか…… 超こえー。 ですが今回はサンジュンもいるということで、一念発起してやって来た次第であります。 よし、 行くぜ! ・第1章:戸惑い 中途半端な時間にもかかわらず、店内には二郎を求める多くの待ち客たちの姿が。 うわ、やっぱすごい人気だな……。 よく分からないのでとりあえず「ラーメン」の食券を買った私は、直立不動で自分の順番を待っていた。 その間、店員に促された客が注文を呪文のように唱えるという光景に、 いきなりながら怯える。 マジかよ。 話には聞いていたけど、 ホントに言ってるよ。 あの詠唱をこの後、 俺もやるっていうのか……? ヤバイって! タイミングむずいって! なんか全体的に立ち振る舞いがむずいって……!! 明らかに全員、二郎での作法を熟知しているのだ。 動きに無駄がなさすぎる。 歴戦の傭兵部隊かよ。 なんてこった、やはり私のようなケツの青い新兵が来ていい場所じゃなかったんだ……。 ああもう食わずに帰りてーーー! そんな後悔をよそに、いよいよ私の順番が回ってきた。 しかもポン、ポンと 2席空いたぞ。 ・第2章:恐怖 「次のお客さん、ここどうぞー!」と言われ、私とサンジュンはそれぞれ別の席に着く。 本来なら記事の作成上、サンジュンと横並びで座りたいところだ。 しかしここで、 そんな選択肢は存在しないように思われた。 なんというか、二郎には席移動などという概念自体がない気がしたのだ。 その後、いよいよトッピングの注文を聞いて回る店員さん。 が……! 誠に申し訳ないことに、 このあたりの記憶はあまりない。 たしか「ヤサイマシ・ニンニク」とお願いしたはずだが、どういうわけかよく思い出せないのである。 怖い先生が授業中、問題を解く生徒を前から順番に当てていっているかのような状況に、私の脳内は完全にホワイトアウトしていた。 ただラーメンを注文するだけなのに何という緊張感。 ここは1944年のフランス、ノルマンディーか? ・第3章:極限 そしてこの直後、とうとう今日一にエクストリームな瞬間が訪れることになる。 店員さんが注文を取り終わったその刹那。 なんと、 サンジュンの隣の席が空いたのだ……! キ、キタァァァァァアアアアア! これは千載一遇のチャンス。 行くなら今しかねぇ!! だが…… 行けるか? トッピングの注文の時点でビビっていた私に、席の移動など可能なのか? しかもすでに注文コールの後だ。 このタイミングでそんなことを言い出したら、 いよいよ殺されるんじゃなかろうか? 死を予感する私。 しかし、これも記事のためである。 引けば老いるぞ、臆せば死ぬぞ! 覚悟を決めた私は、極限状態の中、勇気を振り絞ってこう叫んだ。 「 すいません、あっちの席に移ってもいいですか……!? するとそれに気付いた店員さんは、くるっと振り返りこう答えた。 「あ、大丈夫っすよー」 割と普通……! ・エピローグ こうして無事に席移動できた結果が、サンジュンのあの記事なのである。 あーよかった。 隣が空いて。 さて、初めて食べた二郎の感想だが…… 思ったよりもだいぶウマかった。 これならまた食べてもいいと思いましたね。 でも、胃が完全にニンニクになりました。 ・次章へ ニンニクの香り濃い初体験の帰り道、私は本当の意味で 少年から男になったような気がしていた。 実は本物の二郎を食べて、なぜ自分が今までここに来なかったのか、その もう一つの理由を思い出したのだが……それはまた別の機会に譲りたい。 グッバイ二郎、また会おう。 そう遠くない未来で。 Report: Photo:RocketNews24.

次の

【恐怖】生まれて初めて「ラーメン二郎」に行ってみた結果…! ラーメン屋とは思えない緊張感を味わったでござる

ラーメン 二郎 ブログ 気合い

初めての学校、初めてのアルバイト、初めての就職……。 先日の話である。 私(あひるねこ)は とある飲食店で、かつてない緊張に襲われることになった。 その飲食店とは、かの有名な 「ラーメン二郎」だ。 名前はもちろん知っているが、実は私は二郎に行ったことが一度もない。 そこで今回、生まれて初めて足を踏み入れてみたのだが……。 まさかラーメン屋で あんな感じになるとは。 さすが二郎である。 ・ひと月前の出来事 ところで皆さんは覚えているだろうか? 以前、当編集部のサンジュンが執筆した「」という記事のことを。 記事内でサンジュンは、最悪なコンディションながらも見事二郎を完食することに成功している。 前日にうどんで胃もたれしていた男がだ。 その結末はなかなかに衝撃的だったと言えるだろう。 で、これは書かれていない話なのだが、実はあの時……。 私も隣にいたんですよ。 そう、一方は体調を崩しながらも二郎を食らう男。 そしてもう一方は、 33にして初めて二郎を体験する男。 あの記事の裏では、実はこんなドラマティックな競演が繰り広げられていたのである。 ・初めての二郎 さて、本題に戻ろう。 ほら、二郎には独自のルールがあるってよく言うじゃないですか。 あれが何というか…… 超こえー。 ですが今回はサンジュンもいるということで、一念発起してやって来た次第であります。 よし、 行くぜ! ・第1章:戸惑い 中途半端な時間にもかかわらず、店内には二郎を求める多くの待ち客たちの姿が。 うわ、やっぱすごい人気だな……。 よく分からないのでとりあえず「ラーメン」の食券を買った私は、直立不動で自分の順番を待っていた。 その間、店員に促された客が注文を呪文のように唱えるという光景に、 いきなりながら怯える。 マジかよ。 話には聞いていたけど、 ホントに言ってるよ。 あの詠唱をこの後、 俺もやるっていうのか……? ヤバイって! タイミングむずいって! なんか全体的に立ち振る舞いがむずいって……!! 明らかに全員、二郎での作法を熟知しているのだ。 動きに無駄がなさすぎる。 歴戦の傭兵部隊かよ。 なんてこった、やはり私のようなケツの青い新兵が来ていい場所じゃなかったんだ……。 ああもう食わずに帰りてーーー! そんな後悔をよそに、いよいよ私の順番が回ってきた。 しかもポン、ポンと 2席空いたぞ。 ・第2章:恐怖 「次のお客さん、ここどうぞー!」と言われ、私とサンジュンはそれぞれ別の席に着く。 本来なら記事の作成上、サンジュンと横並びで座りたいところだ。 しかしここで、 そんな選択肢は存在しないように思われた。 なんというか、二郎には席移動などという概念自体がない気がしたのだ。 その後、いよいよトッピングの注文を聞いて回る店員さん。 が……! 誠に申し訳ないことに、 このあたりの記憶はあまりない。 たしか「ヤサイマシ・ニンニク」とお願いしたはずだが、どういうわけかよく思い出せないのである。 怖い先生が授業中、問題を解く生徒を前から順番に当てていっているかのような状況に、私の脳内は完全にホワイトアウトしていた。 ただラーメンを注文するだけなのに何という緊張感。 ここは1944年のフランス、ノルマンディーか? ・第3章:極限 そしてこの直後、とうとう今日一にエクストリームな瞬間が訪れることになる。 店員さんが注文を取り終わったその刹那。 なんと、 サンジュンの隣の席が空いたのだ……! キ、キタァァァァァアアアアア! これは千載一遇のチャンス。 行くなら今しかねぇ!! だが…… 行けるか? トッピングの注文の時点でビビっていた私に、席の移動など可能なのか? しかもすでに注文コールの後だ。 このタイミングでそんなことを言い出したら、 いよいよ殺されるんじゃなかろうか? 死を予感する私。 しかし、これも記事のためである。 引けば老いるぞ、臆せば死ぬぞ! 覚悟を決めた私は、極限状態の中、勇気を振り絞ってこう叫んだ。 「 すいません、あっちの席に移ってもいいですか……!? するとそれに気付いた店員さんは、くるっと振り返りこう答えた。 「あ、大丈夫っすよー」 割と普通……! ・エピローグ こうして無事に席移動できた結果が、サンジュンのあの記事なのである。 あーよかった。 隣が空いて。 さて、初めて食べた二郎の感想だが…… 思ったよりもだいぶウマかった。 これならまた食べてもいいと思いましたね。 でも、胃が完全にニンニクになりました。 ・次章へ ニンニクの香り濃い初体験の帰り道、私は本当の意味で 少年から男になったような気がしていた。 実は本物の二郎を食べて、なぜ自分が今までここに来なかったのか、その もう一つの理由を思い出したのだが……それはまた別の機会に譲りたい。 グッバイ二郎、また会おう。 そう遠くない未来で。 Report: Photo:RocketNews24.

次の

ラーメン二郎・二郎インスパイア系 人気ブログランキングとブログ検索

ラーメン 二郎 ブログ 気合い

この連載ではインタビュー形式を取っているが、書籍では読み物としてリライトし、新たに5店舗を新規取材した。 今回は発売に際して、WEB未掲載の中から二郎インスパイア系の代表格「らーめん大」のインタビュー記事をお披露目しておきたい。 幾多のフォロワーを生んだラーメン二郎 ラーメン二郎(以下「二郎」)は1968(昭和43)年に・都立大学駅近くで開業し、1970年代後半から慶応大学三田キャンパス脇で営業を開始。 食べざかりの大学生、特に体育会系に愛されて、ただでさえ多かった盛りが増していき、呪文と呼ばれる独自の注文システムが生まれた。 すると「ラーメンではなく二郎という食べ物」と言われ、ジロリアンなる中毒者を生み、社会現象に近い状況にまでなった。 二郎の勢いは留まるところを知らず、三田本店で修行経験のある「直系」と呼ばれる店舗は近郊から今や関西、にまで進出。 さらに二郎のラーメンに影響を受けて似たラーメンを出す、いわゆる 「インスパイア系」のお店がアチコチに出来るようになると、山のように盛られたビジュアルがスマホでスグに拡散される時代と相まって、全国規模の認知度となった。 イタリアンから二郎系へ 清水社長は1961年県出身。 母方の実家は何百年も続く旅館を営んでいた。 厨房で板前たちが野菜や魚を捌く姿がまるで魔法使いのように映り、それが清水氏の料理人の原点となる。 高校を中退した後は、和食のお店での修行を経て上京。 いくつかの飲食店を経て、イタリアレストランに就職する。 和から伊へと鞍替えしたのは、当時のTV番組『料理の鉄人』(フジ系列)から多大な影響を受けたからだ。 清水社長:あぁ、(杉並区の)浜田山でね。 3年半ほど営業した頃に、建物が競売にかかってオーナーが変わってしまったんです。 自分はその立ち退き料を元手に堀切で二郎を始めました。 清水社長:二郎を始める前に、知人で酒店を営む社長から「ワインバーを虎ノ門にオープンするんで、ワインに合う料理を教えてもらえないか」って言われまして、教えに行ってたこともありますよ。 当時『料理の鉄人』が流行った頃で。 清水社長:道場六三郎さんがやっていたような和食をアレンジした創作料理を自分でも作っていましたから。 さっき言った酒店の社長がジローフードシステムを立ち上げたんです。 それを横目で見ていた清水氏は、「自分でもやってみたい」という想いが湧き上がってきて、1999年にはラーメン二郎堀切店をオープンさせることになるのだが、どうして二郎だったのだろうか。 清水社長:イタリアンのお店を閉めた後、三鷹でセントラルキッチンを持って、そこで作ったものを弁当で売る移動商売をやってました。 その帰り道に五日市街道の成蹊大学前を通ると、いつも並んでるラーメン屋さんを見つけて。 なんでそんなに並んでんだろうって思って、入ったみたんです。 見た目のインパクトも当然あるとは思いますが、純粋に味的な部分で衝撃を受けたんですか? 清水社長:味的なインパクトが凄かった。 2回、3回と食べるうち、どちらかというとつけ麺にハマりましたね。 やっぱり、あの太い麺。 ウチが始めた頃の二郎って全般にそんなに太い麺じゃなかったんです。 清水社長:そうですね。 普通のラーメンに比べたら太めではあるけれども、吉祥寺の太い麺に影響されて始めたんですよ。 最初は他のフーズ系と一緒で製麺所は開化楼でしたけど、丸山製麺に変えました。 大専用に特注で発注してます。 だから二郎とは似てるかもしれないけど、ちょっと違うんです。 安い分、コストを下げられるし、あのパンみたいなボソッとした粉っぽさが逆にウケたわけですよね。 清水社長:そのザラザラ感があったわけじゃないですか。 今は同じ作り方(製麺)しても、ツルツル感が出てきちゃって、昔のゴワッとした感じが出ないんですよね。 だから、もう違う粉を使ってますよ。 入れてる材料わかるじゃないですか、料理人ですから。 それを参考に自分で作り上げていきました。 豚骨と野菜だけとシンプルなんです。 二郎もそうみたいですね。 二郎の三田本店サイドからすると、それは許可してないという話になりまして。 清水社長:それでウチも名前を変えなきゃいけないとなって。 その時期から商標のことにも敏感になって「らーめん大」とか「ニンニク入れますか?」の商標を取りました。 清水社長:そうです。 ただそれは商標として自分が使えなくならないように取ったと。 看板にもTシャツにも使ってますけど、これでウチが使えなくなることはないわけです。 清水社長:あぁ、行儀の悪いのが一人いましたからね。 チョコンとひとつまみ乗せるだけで。 それに当たると「今日アイツかよー!」ってカキコミがあって(笑)。 清水社長:あぁ、たぶんその人間です。 なかなか管理行き届かなくて申し訳ない。 もちろん二郎系には野菜が山と盛られたヴィジュアルを期待していくのですが、お店ごとや作る人ごとに違いが出るのもまた二郎系ならではの面白みだと思っているので、むしろそれを楽しんでいました。 清水社長:二郎に関しては味の違うところが魅力なのはわかります。 直系は自家製麺で麺自体が違うところが多いですし、スープにしてもそれが味だったりしますから。 ただ、ウチに関してはなるべく店舗全体で統一したいんです。 これからは商標のこととか気にせずにガンガン行けると。 そういえば、さっき話に出た吉祥寺の生郎もそうですよね。 二郎が名乗れなくなって、落書きされたのをそのまま名乗るようになって。 清水社長:そうそう、新橋もですね。 「大」は練馬店や高円寺店などいくつも食べ歩きしましたが、中でも(県の)蕨店は一時期よく行っていまして、「大」の中でも古参ですよね。 清水社長:蕨の店長は辞めて2年になるんですけど、10年くらい店長を務めました。 大のラーメンは塩が好物なんですけど、特に蕨店はいつ食べても満足度が高くて安定していて、それでハマったんですよ。 清水社長:彼はラーメンフリークでもあるんですよ。 ラーメンに対して真摯に向き合ってた子が作ってたので、向上心も強くて「より美味しいラーメンを作りたい」って意識が強かったんですね。 らーめん大はこの味だっていうラインに極力統一出来るようにしてますけど、最終的には人ですよ。 清水社長:逆に言えば、味を統一させようと思ったら、セントラルキッチンで出来たスープを各店に持っていって、それを出すしかないんです。 でもその場で豚骨炊いているから、香りも立って、臨場感あるラーメンが出来るわけであって、それを犠牲にして味の統一を優先するがあまりセントラルキッチンにするというのはちょっと考えにくいです。 食べ手としてはそういうFC展開であってほしいです。 清水社長:木のカウンターなら腐食もするでしょうし、擦り切れてそこに菌が溜まることもあります。 その点、ステンレスは手入れも木ほど大変じゃないし、なにより衛生面をキープしやすいんです。 清潔感という点では女性を意識されているのでしょうか。 清水社長:例えばカップルで来ると、通常の二郎系は女性は多すぎて食べられないですよね。 女性のお客さんにも来てもらえるように、並は生麺200gにしてあります。 清水社長:二郎直系は、一番量が少ない小で生麺300gとかそれ以上入ってるじゃないですか。 何年かに一回は行くようにしてますけど、もう1杯全部は食べられないですね(笑)。 他の二郎系は底が広くて、麺がいっぱい入る器ですけど。 清水社長:それ、ウチでいうところの「中の丼」です。 ヤサイマシにすればしっかり山になりますし。 「切立」(きったち)というらしい 清水社長:並の丼は切立(きったち)って種類なんですけど、それだとスープをそんなに入れなくても済むんです。 底が深い中の丼は高台(こうだい)といって、スープが多すぎて麺が泳ぐ感じになっちゃってバランスが悪いんで、並だと切立の形が一番バランスいいんです。 清水社長:はい。 他店舗展開を可能にしているのは、昼間一人と夜一人というワンオペが基本にあるようですが、一時期、牛丼チェーンなどでワンオペが社会的に問題視されました。 ワンオペについて清水社長はどう見ていますか? 清水社長:あれは、結構な数のメニューから接客、会計まで全てこなしていたわけですよね? あらかじめメニューが絞られて席数の少ないラーメン店のワンオペはまた別モノですよ。 そもそも、自分が始めた時にワンオペで回してましたから。 一人で全て賄えるようにそもそも設計していると。 社長はこの空間でずっと自分のお店を回してきた 清水社長:二郎の時からずっと、8席ほどでワンオペでしたから、キツさは感じないですよ。 今となってはワンオペがキツイから辞めていくのもいますけれど。 反対に、本当にラーメン店がやりたいという意気込みで起業する人は、一人で出来る範囲の広さですべて自分でやって、自分で作りたいラーメンを食べてもらいたいと考える方も結構いるのかなぁと。 清水社長:やっぱり将来に対するビジョンを持っているかで違ってくるでしょう。 ウチから暖簾分けしている人間とか、別ブランドを立ち上げている人間は、ラーメン店をやりたいというビジョンがあれば、そこに向かって修行的な感覚で取り組めると思います。 だけど、月25万円とかもらえて、自分の時間にゆとりがあって、趣味とかを楽しめれば、給料が上がらなくてもいいやと思ってる子たちが多いのも事実です。 どっちが良い悪いではなくて、そこは各々で意識の差がありますから。 清水社長:ウチから出る社長が増えてほしいとは思ってますね。 本日はどうもありがとうございました。 賛否両論あれど、ワンオペのラーメン店だからこそ、そのお店でしか作ることができない味があるのは事実。 一方でフランチャイズだからこそ出来る店舗展開もある。 そんな2つの要素が、相乗効果で盛り上がっていくこともあるのではないだろうか? 二郎がまさしくそうで、どう考えて個性的すぎるシステムやラーメンがこれだけ支店を出していること自体が、異例中の異例だ。 さらにはインスパイア系がここまで広まり、多くの人に望まれている状況があるからこそ、らーめん大は多店舗展開できているのかもしれない。 らーめん大から独立する個人店はもちろん、別ブランドで会社を立ち上げるような人材が出てきて、新たなラーメン像を打ち出していくことに期待したい。 お店情報 らーめん大 堀切店 住所:都葛飾区堀切4-57-14 電話番号:03-3602-7073 営業時間:11:30~15:00、 17:00~25:00 定休日:無休.

次の