宮本から君へ 漫画 結末。 映画「宮本から君へ」はバカしか出てこない!感想とネタバレ

【みんなの口コミ】映画『宮本から君へ』の感想評価評判

宮本から君へ 漫画 結末

会社の先輩・神保の仕事仲間である中野靖子と恋に落ちた宮本は、彼女の自宅に押しかけてきた元カレに「この女は俺が守る」と宣言。 ふたりは心から結ばれるが、ある日、宮本が靖子を連れて営業先の飲み会に参加した折に、かつてない愛の試練に直面する。 しのごの言いましたが、シンプルに観に行きます。 この特殊なタイトルが現代への贈り物として機能していた。 確かに生きていた。 ネタバレもクソもなく、ただ、それだけのことがあふれる。 結局バカは強い。 天才や時代がどうにもできないほどに。 これに影響を受けて厄介な奴が増えたら俺にとっては、追い風。 愛か独り善がりか理屈が及ぶ隙間なんて1ミリも無い宮本の愚直の極み、 けれど何も変えれない無様にそれでも掻き乱され寄り掛かりたくなる。 雰囲気が違いすぎますが、物語もテーマもドラマ版のその後をきちんと描いてた。 弱さを噛み締めることを学んだ彼のその後…。 居ても立ってもいられない衝動に突き動かされる、 鬱陶しいだけの永久機関の走り去った後には何故か熱い爽快感。 恋人を巨漢の大男にレイプされた男性が復讐の行動に出るという映画です。 レイプシーンがありますから15歳未満鑑賞不可です。 ヒロインを演じた蒼井優さんが可愛かったですが、内容は重たいです。 完全に男向けの映画ではあるし人も選ぶんだろうけど、 終盤のカタルシス、ちょっと他では味わえないな。。。 本当にいい映画体験できた。 凄すぎ。 凄すぎる。 いい意味で一回観れば十分の作品。 池松壮亮と蒼井優の配役が素晴らしい。 この映画だけ見ても面白いのだか、 原作を読んでおくと 後でもいいけど より楽しめる。 まぁよくあの尺にまとめたものだ。 大声も殴り合いも大嫌い ビビる私。 早く救急車呼んでやれ!まぁ、それでも、 池松壮亮の相変わらずのイケボであんなこと叫ばれたら?はい、承諾しますw。 それにしても蒼井優はすごい!適材適所の配役も見事!意外性は無いけどな。 どんなに無様で格好悪くても、 必死な人間は強い!蒼井優さんもとても魅力的でした。 可愛いだけでなく最近は凄味も増してきたような… ピエール瀧さんのシーンもそのまま使って貰えて良かった。 最近大声だしてないからなぁ。 この後に予定なかったら一人でカラオケでもいってたかも。 ドラマ版のキャストがあまり出演しないのは残念でしたが、 映画でもまっすぐな宮本に心が揺さぶられました。 宮本は声はガラガラ、歯が折れてて呂律も回らないし喧嘩も弱い。 でもやるんだよ。 なんかドラマ版もあったらしいけど、 独立した映画になってるので初見さんでも大丈夫。 なにより、蒼井優さんが良すぎるので観てほしい。 目をそらしたくなるほど。 ホラーでもアクションでもないこの映画がこれほど痛みを感じるとは。 観ているものを傍観者ではいられなくするこの作品の熱量に、やられたよ。 言葉に代え難い、圧倒的な熱量を持った作品! 負けっぱなしの男にこんなにも泣かされるなんて… 泣き笑いの連続で、本当に息つく間もないほどのとんでもない映画。 十代のうちに宮本に出会えて本当に良かった。 宮本(池松壮亮)から溢れるすべてに惚れ惚れ。 背中だけでぐいぐい引き込まれる。 顔の印象が強い作品ではあるけれど 引きで撮った宮本の姿が鮮烈で美しかった。 蒼井優さんが素晴らしかった。 主役だ。 宮本浩は『宮本浩』だった。 中野靖子は『蒼井優さん』であり『中野靖子』だった。 原作では聞けなかった『アノ音』も体験できた...。 ラスト、少し泣いた。 人と分かり合えない人が、 人と通じるのはこんなに大変なのか。 宮本、最高かよ!! ストーリーがどぎついのも驚いたが、 とにかく役者の熱演の応酬がものすごい。 公園のこのシーン、蒼井優が般若に見えたんですよ一瞬だけど。 いちばんの見どころは主演二人ですが、 他のキャストもみんな素晴らしいです。 非常にシビアな試練が降り掛かっても宮本の不器用で 真っ直ぐな愛は変わらんのだね。 いや勢いを増したのか。 宝物にします。 こんなにいい映画、ひとりでも多くの方が見てもらいたい!... ああいう歳の重ね方に憧れます。 コロナ謹慎の影響でしょうか。。 少し山をやった経験のある人ならばそんなアホな!って突っ込みが炸裂してしまう。 パロディ映画だ。 確実に言... 敵が必要以上に大きすぎ。 その1人の敵に対して、主人公のルフィ1人ではなく、海軍、... 設定等は過去のアニメ プラ...

次の

『宮本から君へ』とにかく熱い!愛する人のため、そして自分のために究極の戦いに挑む男を描く!

宮本から君へ 漫画 結末

会社の先輩・神保の仕事仲間である中野靖子と恋に落ちた宮本は、彼女の自宅に押しかけてきた元カレに「この女は俺が守る」と宣言。 ふたりは心から結ばれるが、ある日、宮本が靖子を連れて営業先の飲み会に参加した折に、かつてない愛の試練に直面する。 しのごの言いましたが、シンプルに観に行きます。 この特殊なタイトルが現代への贈り物として機能していた。 確かに生きていた。 ネタバレもクソもなく、ただ、それだけのことがあふれる。 結局バカは強い。 天才や時代がどうにもできないほどに。 これに影響を受けて厄介な奴が増えたら俺にとっては、追い風。 愛か独り善がりか理屈が及ぶ隙間なんて1ミリも無い宮本の愚直の極み、 けれど何も変えれない無様にそれでも掻き乱され寄り掛かりたくなる。 雰囲気が違いすぎますが、物語もテーマもドラマ版のその後をきちんと描いてた。 弱さを噛み締めることを学んだ彼のその後…。 居ても立ってもいられない衝動に突き動かされる、 鬱陶しいだけの永久機関の走り去った後には何故か熱い爽快感。 恋人を巨漢の大男にレイプされた男性が復讐の行動に出るという映画です。 レイプシーンがありますから15歳未満鑑賞不可です。 ヒロインを演じた蒼井優さんが可愛かったですが、内容は重たいです。 完全に男向けの映画ではあるし人も選ぶんだろうけど、 終盤のカタルシス、ちょっと他では味わえないな。。。 本当にいい映画体験できた。 凄すぎ。 凄すぎる。 いい意味で一回観れば十分の作品。 池松壮亮と蒼井優の配役が素晴らしい。 この映画だけ見ても面白いのだか、 原作を読んでおくと 後でもいいけど より楽しめる。 まぁよくあの尺にまとめたものだ。 大声も殴り合いも大嫌い ビビる私。 早く救急車呼んでやれ!まぁ、それでも、 池松壮亮の相変わらずのイケボであんなこと叫ばれたら?はい、承諾しますw。 それにしても蒼井優はすごい!適材適所の配役も見事!意外性は無いけどな。 どんなに無様で格好悪くても、 必死な人間は強い!蒼井優さんもとても魅力的でした。 可愛いだけでなく最近は凄味も増してきたような… ピエール瀧さんのシーンもそのまま使って貰えて良かった。 最近大声だしてないからなぁ。 この後に予定なかったら一人でカラオケでもいってたかも。 ドラマ版のキャストがあまり出演しないのは残念でしたが、 映画でもまっすぐな宮本に心が揺さぶられました。 宮本は声はガラガラ、歯が折れてて呂律も回らないし喧嘩も弱い。 でもやるんだよ。 なんかドラマ版もあったらしいけど、 独立した映画になってるので初見さんでも大丈夫。 なにより、蒼井優さんが良すぎるので観てほしい。 目をそらしたくなるほど。 ホラーでもアクションでもないこの映画がこれほど痛みを感じるとは。 観ているものを傍観者ではいられなくするこの作品の熱量に、やられたよ。 言葉に代え難い、圧倒的な熱量を持った作品! 負けっぱなしの男にこんなにも泣かされるなんて… 泣き笑いの連続で、本当に息つく間もないほどのとんでもない映画。 十代のうちに宮本に出会えて本当に良かった。 宮本(池松壮亮)から溢れるすべてに惚れ惚れ。 背中だけでぐいぐい引き込まれる。 顔の印象が強い作品ではあるけれど 引きで撮った宮本の姿が鮮烈で美しかった。 蒼井優さんが素晴らしかった。 主役だ。 宮本浩は『宮本浩』だった。 中野靖子は『蒼井優さん』であり『中野靖子』だった。 原作では聞けなかった『アノ音』も体験できた...。 ラスト、少し泣いた。 人と分かり合えない人が、 人と通じるのはこんなに大変なのか。 宮本、最高かよ!! ストーリーがどぎついのも驚いたが、 とにかく役者の熱演の応酬がものすごい。 公園のこのシーン、蒼井優が般若に見えたんですよ一瞬だけど。 いちばんの見どころは主演二人ですが、 他のキャストもみんな素晴らしいです。 非常にシビアな試練が降り掛かっても宮本の不器用で 真っ直ぐな愛は変わらんのだね。 いや勢いを増したのか。 宝物にします。 こんなにいい映画、ひとりでも多くの方が見てもらいたい!... ああいう歳の重ね方に憧れます。 コロナ謹慎の影響でしょうか。。 少し山をやった経験のある人ならばそんなアホな!って突っ込みが炸裂してしまう。 パロディ映画だ。 確実に言... 敵が必要以上に大きすぎ。 その1人の敵に対して、主人公のルフィ1人ではなく、海軍、... 設定等は過去のアニメ プラ...

次の

映画『宮本から君へ』のあらすじ結末ネタバレ!キャストや原作漫画、監督など徹底解説!

宮本から君へ 漫画 結末

【スポンサードリンク】 ストーリー展開は過去のどんなドラマに近いか!? 「宮本から君へ」は、原作漫画が20年以上も前に発売されてからようやく映像化されたので作者も感慨深いだろう。 また、2009年にもリニューアル発売されているので実は隠れた名作品でファンが多いことから今回の実写化につながったのではないだろうか。 絵柄がちょっと・・・・という人もいるかもしれないが今回のドラマでは素晴らしく豪華な俳優陣が出演しているので驚くほど豪華な深夜ドラマになるだろう。 で、主人公の宮本は文具メーカーでさえないサラリーマンをやっていて上司や周りの仲間からも特段評価はされていない存在。 こういう形から入るドラマ、結構あるよね~。 とくに上司に最初は怒られっぱなしの主人公。 だが、ある日電車のホームでとある女性に一目ぼれをしてしまった宮本。 しかし、同僚には「あまりにも高嶺の花すぎる」と言われてしまう。 それもそうだ。 相手は、お嬢様である甲田美沙子だった。 仕事もダメダメで、恋愛もダメダメだったがここから絶望しながらも人として成長していくというのがお決まりだろう。 【スポンサードリンク】 結末ネタバレ さて、ドラマ「宮本から君へ」最終回のネタバレをしよう。 まず結末から言うと、同じ会社から独立した先輩の知人である中野靖子と一緒になる。 このドラマの負の部分は、靖子がとある男に襲われたり嫌な目にあってしまうことがあるからなのだ。 でも、仕事はダメだけど付き合うと決めた宮本はこの女性を一生守る気概で生きていくことを宣言する。 仕事も、周りのサポートが徐々に受けられるようになり実は最初に一目惚れした美沙子も彼のことを評価することになるのではないか。 原作と漫画は違う可能性はあるが、社会人として成長した先には誰と結ばれるのだろうか。 この作品に観る違った角度からの視点と感想 最近は、20年、30年以上も前に好評だった原作小説や漫画が映像化されることが多い。 今回、このドラマの主人公を務める池松壮亮も偶然か「銀と金」という20年以上前に人気を呼んだ漫画のドラマに最近出演したばかりだ。 ちょっと暗めのテイストが入った深夜帯は池松壮亮に任せておけということか 笑 いずれにせよ、漫画がどのようにドラマでリニューアルされるかが楽しみだ。 毎日見る、同じ電車に乗る憧れのお嬢様風の綺麗な女性。 そこには、同僚の田島も来たがとても手が届かない存在と言う。 そして宮本が就職した文具会社へ出社して仕事をしていると、朝起きて仕事行って帰る毎日に飽き飽きしていた。 次の日、またまたホームで彼女を待っていたが今までずっと2か月間声をかけられずに見ていただけだった。 しかし、あるところで得た情報では彼女の名前は「甲田美沙子」で自分の会社の近くの企業で受付をしていることがわかった。 仕事は、文具の営業にいくがお店の人に邪険にされる。 美沙子の後についていったら、子供が途中で偶然クレヨンを落とした。 宮本が子供のために拾っていたら、美沙子も何も言わずに一緒に拾ってくれた。 でも、宮本は話しかけられず美沙子もクレヨンを子供に拾ってあげたらそのまま去っていった。 居酒屋で、社会人の厳しさを酔っぱらって語る宮本。 学校にいたことろは、イケメンとか運動ができるとかもっと単純なことで評価されていたけど社会ではそうはいかないと。 田島がそれにツッコむが酔ってもみ合いになる。 「何かでっかいことがしたいんだよ~~~~~!」と叫ぶ宮本。 そして次の日もホームで後ろから美沙子を見ている宮本。 でも、この日はいつもの宮本とは違った。 なんと、後ろから電車を待っている美沙子に近づいて美沙子が電車に乗ろうとした瞬間・・・「ちょっと待ってください!!!!僕の名前は!宮本浩です!」といきなり叫んだ。 それに対する美沙子は驚いた様子で「はい」と言っただけ。 でも、こっから宮本のつまらない生活は好転し始めた。 後日、仕事で新規開拓の営業に行ったが上手くプレゼンができなくてとまどっていた。 そのことを、ホームで美沙子と話して笑っていた。 そう、美沙子と通勤中に話すようになったのだった。 その話の最中に美沙子から合コンに誘われた。 大人しいと思ったら意外と積極的なんだな~。 合コンに舞い上がる宮本。 それを聞いた田島は、当然合コンメンバーに入り戦略を練る。 そしてコンドームを宮本に渡す。 目立たない大芝も参加で3人揃う。 次の日、美沙子と通勤中に話している時に彼女が元カノと同じものを使っていたことが判明。 そして合コン当日。 美沙子のお店に入ると女子3人がいて、自己紹介が始まった。 しかし、そのうちのユナちゃんという女性がおっちょこちょいすぎていきなりビールをこぼす。 しかし、その後はギャグに徹した田島のおかげでそれなりに盛り上がっていた。 席替えして、ユナちゃんと話す宮本だがユナちゃんから尊敬の念をいい渡される。 というのも、駅のホームでいきなり美沙子に声をかけた宮本の勇気と度胸に感心したからだ。 だから美沙子は宮本と会ってみたいというユナちゃんと話す機会を設けたのだ。 すると突然、事件が起きた。 ユナちゃんが宮本のためにコートを持ってきたがその際にフルーツポンチの中に宮本のコンドームが入ってしまったのだ。 全員が何だろうと覗く・・・・ピンチ! 続く・・。

次の