ボイジャー。 打ち上げから42年 ボイジャー2号が迫る星間空間の謎 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

ボイジャー1号、37年ぶりに軌道修正用スラスター噴射

ボイジャー

NASAの探査機ボイジャー2号のイラスト。 NASA• の探査機 は、1年近く前に 際、前例のないデータを送信してきた。 科学者たちがその研究結果を発表した。 このデータは、 の端を過ぎたところに、これまで知られていなかった境界が存在することを示唆している。 科学者たちは、 探査に 、この謎やボイジャー計画がもたらした他の謎を解明したいと考えている。 米航空宇宙局 NASA の探査機ボイジャー2号は、1年近く前に太陽系を脱出し、恒星間宇宙に入った2機目の探査機となった。 2012年に太陽系の端に到達した姉妹機のボイジャー1号から6年間遅れたが、ボイジャー1号では、プラズマ測定器が損傷し、太陽系から恒星間宇宙への飛行に関する重要なデータを収集できなかった。 ボイジャー2号は、機器が正常な状態で太陽系を離れ、一連のデータを完成させた。 科学者たちは、に掲載された5つの論文を通じて、今回の発見を初めて発表した。 データ解析の結果、太陽圏と恒星間空間の間には不可解な層があることが分かった。 ボイジャー2号は、太陽からの荷電ガス粒子の流れである太陽風が太陽系から漏れ出ているのを検知した。 太陽系の端を過ぎたところでは、太陽風が何百万年も前の超新星爆発によって宇宙を流れるガスや塵、荷電粒子からなる星間風と相互作用している。 「太陽圏の物質は、何十億kmも離れた距離まで、銀河に漏れていた」と、論文の1つを執筆した物理学者のトム・クリミギス(Tom Krimigis)氏は記者との電話インタビューで述べた。 新しい境界層の発見は、太陽圏から外宇宙への移行に、科学者が以前は理解していなかった新しい段階があることを示唆している。 太陽風と星間風が相互作用する場所 この図は、太陽によって作られた太陽圏のバブルとNASAのボイジャー1号と2号の位置と示している。 しかし、太陽系からその先の宇宙への変化は、プラズマによって特徴付けられるため、ボイジャー1号の損傷した計器では測定が困難であった。 さて、ボイジャー2号による新たな測定結果によると、太陽系と恒星間空間の境界は、かつて科学者が考えていたほど単純ではないかもしれない。 データはヘリオポーズの先に未知の境界層があることを示している。 この領域では、太陽風が宇宙空間に漏れ、星間風と相互作用する。 「ヘリオポーズのすぐ外側にまだ太陽圏とつながっている領域があるように見える。 太陽系とのつながりはまだ残っている」と、1972年からボイジャー計画に参加している物理学者のエドワード・ストーン(Edward Stone)氏は電話で述べた。 太陽系を離れていくボイジャーのイラスト。 Bacon STScI 新しい分析からの他の結果も、星間空間と太陽系との間の複雑な関係を示している。 科学者たちは、新たに発見された謎の層の向こうに、星間プラズマがもっと厚い別の境界層があることを発見した。 そこでは、プラズマの密度が、数十億kmにわたる領域で通常の20倍以上に跳ね上がる。 これは、何かが太陽圏の外側からプラズマを圧縮していることを示唆しているが、科学者たちはそれが何かを知らない。 「これはパズルだ」と、五つの論文のうちの一つを書いた天体物理学者のドン・ガーネット(Don Gurnett)氏は電話で述べた。 さらに、今回の測定結果は、ボイジャー1号と比較して、ボイジャー2号が太陽系からヘリオポーズ、そして強力な新しい磁場へとはるかにスムーズに移行したことも示している。 「それはなぜかは謎のままだ」とクリミギス氏は言う。 科学者たちは、ボイジャーが燃料切れになるまでの5年間、この境界線の研究を続けたいと考えている。 「ヘリオポーズは星間風の障害となっている」とストーン氏は付け加えた。 「我々はできるだけ大きなスケールでこの複雑な相互作用を理解したい」 ボイジャーのデータはあと5年 ボイジャー2号は1977年8月20日、フロリダ州ケープカナベラルにあるNASAケネディ宇宙センターから打ち上げられた。 現在でも、、この2つの惑星を訪れた唯一の宇宙船だ。 ボイジャー2号がボイジャー1号の6年後に恒星間宇宙に到達したことで、このルートが大きく迂回していることがわかる。 これはNASAの最長ミッションとなっている。 「2つのボイジャーが打ち上げられたとき、宇宙探査が始まってまだ20年しか経っていなかったので、40年以上保つのかどうかを知るのは難しかった」とクリミギス氏は言う。 現在、科学者たちは、探査機が恒星間宇宙に向けて進む間に、さらに約5年分のデータが得られることに期待しているという。 研究チームは、ボイジャーが燃料を使い果たす前に、太陽圏が影響しない宇宙空間の遠い地点に到達することを望んでいる。 その機能を失っても、探査機は宇宙を漂流し続けるだろう。 宇宙人がそれを発見した場合に備えて、ボイジャーには、音や画像など地球上の生命に関する情報が記されたが収められている。 将来的には、これらの境界層をより詳細に研究するために、太陽系の果てに向かって多くの探査機を送りたいと研究者たちは考えている。 「我々は多くのデータを必要としている。 2つの例だけでは十分ではない」とクリミギス氏は言う。

次の

ボイジャーとは

ボイジャー

宇宙空間探査において,アメリカ合衆国が打ち上げた2機の。 の巨大を調査して情報をに送るとともに,の影響範囲の最遠部を探ることを目的としている。 1977年8月 20日ボイジャー2号がまず打ち上げられ,ボイジャー1号は約2週間後の9月5日に打ち上げられた。 この2機の探査機を使った計画は燃料をあまり使用することなく,かつ短時間のうちに多くの ,,, に接近できるという,めったにない惑星軌道の位置関係 を利用したものであった。 このスリングショットといわれる重力利用の技術により,ボイジャー1号は,1979年3月5日に木星近傍を飛行したあと,土星に向かい,1980年 11月 12日に土星に到達した。 その後,太陽系からする軌道をとった。 一方,は長い軌道をとってゆっくりと飛行し,1979年7月9日に木星に最接近,1981年8月 25日に土星近傍を通過した。 1986年1月 24日に天王星,1989年8月 25日に海王星に接近し,恒星間空間へ飛び立った。 ボイジャー2号は天王星と海王星に接近した唯一の探査機である。 ボイジャーに搭載されたカメラ,磁場測定器などの機器で取得されたデータや画像から,それまでに知られていなかった巨大惑星とそのの詳細が明らかになった。 探査機からの接近写真によって,木星の複雑な雲の構造,風や嵐の様子がわかり,衛星の火山活動が見出された。 土星の輪には,不思議な組紐状構造や折れ曲がり,スポーク構造があり,無数の「微細な輪」を伴っていることが見出された。 天王星に関して,ボイジャー2号は惑星のまわりに強いと 10個の衛星を発見した。 海王星については3本の輪と6個の衛星,および磁場と広がった複雑なを見出した。 1998年2月 17日ボイジャー1号はパイオニア 10号 1972打ち上げ よりも遠くまで到達し,人工物としては宇宙空間の最遠地点にいたった。 2004年までに2機のボイジャー探査機は冥王星軌道を越えたところを飛行している。 それらの探査機は,21世紀になっても 10~20年は機器が稼働し続け,太陽磁場との到達限界に関するデータを送ってくると予想されている。 各探査機は,これらの探査機に出合う可能性のある地球外の知的生命へのメッセージを搭載している。 金メッキされた銅製レコード カートリッジ,針,その操作の手引きを図示したものを付属させている には,地球上の生命と文化の多様性を表す図と音が記録されている。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説.

次の

探査機ボイジャー40年、隣の恒星に出会う日

ボイジャー

NASAの探査機ボイジャー2号のイラスト。 NASA• の探査機 は、1年近く前に 際、前例のないデータを送信してきた。 科学者たちがその研究結果を発表した。 このデータは、 の端を過ぎたところに、これまで知られていなかった境界が存在することを示唆している。 科学者たちは、 探査に 、この謎やボイジャー計画がもたらした他の謎を解明したいと考えている。 米航空宇宙局 NASA の探査機ボイジャー2号は、1年近く前に太陽系を脱出し、恒星間宇宙に入った2機目の探査機となった。 2012年に太陽系の端に到達した姉妹機のボイジャー1号から6年間遅れたが、ボイジャー1号では、プラズマ測定器が損傷し、太陽系から恒星間宇宙への飛行に関する重要なデータを収集できなかった。 ボイジャー2号は、機器が正常な状態で太陽系を離れ、一連のデータを完成させた。 科学者たちは、に掲載された5つの論文を通じて、今回の発見を初めて発表した。 データ解析の結果、太陽圏と恒星間空間の間には不可解な層があることが分かった。 ボイジャー2号は、太陽からの荷電ガス粒子の流れである太陽風が太陽系から漏れ出ているのを検知した。 太陽系の端を過ぎたところでは、太陽風が何百万年も前の超新星爆発によって宇宙を流れるガスや塵、荷電粒子からなる星間風と相互作用している。 「太陽圏の物質は、何十億kmも離れた距離まで、銀河に漏れていた」と、論文の1つを執筆した物理学者のトム・クリミギス(Tom Krimigis)氏は記者との電話インタビューで述べた。 新しい境界層の発見は、太陽圏から外宇宙への移行に、科学者が以前は理解していなかった新しい段階があることを示唆している。 太陽風と星間風が相互作用する場所 この図は、太陽によって作られた太陽圏のバブルとNASAのボイジャー1号と2号の位置と示している。 しかし、太陽系からその先の宇宙への変化は、プラズマによって特徴付けられるため、ボイジャー1号の損傷した計器では測定が困難であった。 さて、ボイジャー2号による新たな測定結果によると、太陽系と恒星間空間の境界は、かつて科学者が考えていたほど単純ではないかもしれない。 データはヘリオポーズの先に未知の境界層があることを示している。 この領域では、太陽風が宇宙空間に漏れ、星間風と相互作用する。 「ヘリオポーズのすぐ外側にまだ太陽圏とつながっている領域があるように見える。 太陽系とのつながりはまだ残っている」と、1972年からボイジャー計画に参加している物理学者のエドワード・ストーン(Edward Stone)氏は電話で述べた。 太陽系を離れていくボイジャーのイラスト。 Bacon STScI 新しい分析からの他の結果も、星間空間と太陽系との間の複雑な関係を示している。 科学者たちは、新たに発見された謎の層の向こうに、星間プラズマがもっと厚い別の境界層があることを発見した。 そこでは、プラズマの密度が、数十億kmにわたる領域で通常の20倍以上に跳ね上がる。 これは、何かが太陽圏の外側からプラズマを圧縮していることを示唆しているが、科学者たちはそれが何かを知らない。 「これはパズルだ」と、五つの論文のうちの一つを書いた天体物理学者のドン・ガーネット(Don Gurnett)氏は電話で述べた。 さらに、今回の測定結果は、ボイジャー1号と比較して、ボイジャー2号が太陽系からヘリオポーズ、そして強力な新しい磁場へとはるかにスムーズに移行したことも示している。 「それはなぜかは謎のままだ」とクリミギス氏は言う。 科学者たちは、ボイジャーが燃料切れになるまでの5年間、この境界線の研究を続けたいと考えている。 「ヘリオポーズは星間風の障害となっている」とストーン氏は付け加えた。 「我々はできるだけ大きなスケールでこの複雑な相互作用を理解したい」 ボイジャーのデータはあと5年 ボイジャー2号は1977年8月20日、フロリダ州ケープカナベラルにあるNASAケネディ宇宙センターから打ち上げられた。 現在でも、、この2つの惑星を訪れた唯一の宇宙船だ。 ボイジャー2号がボイジャー1号の6年後に恒星間宇宙に到達したことで、このルートが大きく迂回していることがわかる。 これはNASAの最長ミッションとなっている。 「2つのボイジャーが打ち上げられたとき、宇宙探査が始まってまだ20年しか経っていなかったので、40年以上保つのかどうかを知るのは難しかった」とクリミギス氏は言う。 現在、科学者たちは、探査機が恒星間宇宙に向けて進む間に、さらに約5年分のデータが得られることに期待しているという。 研究チームは、ボイジャーが燃料を使い果たす前に、太陽圏が影響しない宇宙空間の遠い地点に到達することを望んでいる。 その機能を失っても、探査機は宇宙を漂流し続けるだろう。 宇宙人がそれを発見した場合に備えて、ボイジャーには、音や画像など地球上の生命に関する情報が記されたが収められている。 将来的には、これらの境界層をより詳細に研究するために、太陽系の果てに向かって多くの探査機を送りたいと研究者たちは考えている。 「我々は多くのデータを必要としている。 2つの例だけでは十分ではない」とクリミギス氏は言う。

次の