モバレコair レビュー。 モバレコAirの口コミ・評判は?ソフトバンクエアーとの違い、契約・解約時の注意点

【比較】モバレコAirはレンタルと購入、どちらを選べばいいの?料金(月額)など具体的な金額を解説!

モバレコair レビュー

読みたい場所へ飛ぶ• モバレコAirのサービススペック モバレコAirは現在は申込みから翌月に17,000円のキャッシュバックをプレゼントするというキャンペーンを実施しています。 17,000円キャッシュバック ソフトバンクユーザーは「おうち割」適用 ソフトバンクでスマホを契約している方はモバレコAirとセットにて「おうち割」が適用されてスマホの料金が永年最大1,000円の割引が毎月適用されます。 モバレコAirの実機レビュー 実際にモバレコAirの端末をレビューを実施してみます。 実際に届いたAirターミナルは「Softbank Air」と書いてあります。 当然のことながらモバレコAirで提供しているAirターミナルもこのソフトバンクAirで提供している同じ機種ということになります。 本体と付属品は電源アダプタ、LANケーブル、説明書と非常にシンプルな内容です。 電源アダプタをコンセントに差し込むだけで設置が完了です。 LANケーブルが付属していますが、パソコンなどの有線接続が必要な場合のみなのでAirターミナル自体を設置する際にLANケーブルを家の壁などから接続する必要はありません。 電源を入れたあと「LEVEL」以降のランプがすべて緑点灯すればすぐに利用ができます。 自宅に光回線を引き込みたいけど工事やマンションオーナーへの許可が不安という方などには、モバレコAirは申し込みから届いてすぐに使えるので非常におすすめですね。 モバレコAirの実際の速度を測定 実際にスマートフォンに接続してスピードアプリで測定した状態で測定してみました。 夕方16時測定時 ダウンロード速度が70Mbpsを超えています。 光回線ほどの速度でかなり体感速度も快適です。 モバレコエアー試してみてますが、速度十分に出てます。 pingも20-30あたりで安定してて、これならオンライン通信も問題ないレベルです。 ゴールデンタイムでも20Mbps以上は出てくれる。 夕方は70Mbps超えました。 — ネトセツ netosetsu もちろん夜のゴールデンタイムでも著しく速度が低下することなく実際には快適に利用できました。 有線LAN接続は2個あり もちろんホームルーターとして有線LANの接続も可能です。 持ち運びができるポケットWiFi単体には機能として搭載していないためこれは大きなアドバンテージになりますね。 特にパソコンは家庭用ゲーム機などより安定した通信を求めるならLANケーブルを使って有線接続を行うこともできます。 パソコンを使って有線接続を夕方に行いましたが下り速度が60Mbpsほどと安定していました。 もちろんWiFiでもこれぐらいのスピードが出ますが、途中で途切れたりなどの心配はWiFiよりは少なくなるでしょう。 WiMAXのホームルーターとの比較 モバレコAirで提供しているAirターミナルとよく比較されがちなWiMAXで提供しているホームルーター(L01s)と実際に比較を行ってみました。 モバレコAirとWiMAXでも十分な速度が出ています。 場合によってはWiMAXのホームルーター側が100Mbps近く速度が出ていることもありました。 モバレコairとWiMAXのホームルーターの速度を比較してみましたが、どちらも50Mbpsは出ていますが、ping値がモバレコairは30msほど、逆にWiMAXは50〜70msでした。 オンラインゲームで重要なping値を考えるとモバレコairの方が優れているという結果ですね。 — ネトセツ netosetsu それよりも重要なのが例えばオンラインゲームには欠かせないPing値がモバレコAirのほうが安定して50ms以下だった点です。 そこでモバレコAirのPing値は何度かスピードテストを行った結果20〜30msを推移していたので問題はないと考えられます。 PS4のオンラインプレイは「FIFA19」 「フォートナイト」などをプレイしてみましたがどれも快適に遊ぶことができました。 ちなみに喋れません。 シージは毛さんに誘われるまでやりません。 はやり通常のソフトバンクの4Gエリアではなく AXGPのエリアが完全に利用できる場所でなければ思うような速度を得られないのは間違いありません。 WiMAXもエリアや圏外、速度の問題がありますが、同じようにこのモバレコAirもソフトバンクのAXGPのエリアをしっかりと確認したうえで快適に使えるエリアは必ず確認は行うようにしましょう。 モバレコAirで提供しているAirターミナルは最新版 Airターミナルは2015年にサービスを開始してから2019年現在までに4シリーズの本体のアップデートを行っています。 モバレコAirで提供されているAirターミナルの型番をチェックすると「B610h-70a」と書いてあります。 調べると総務省のページにて2018年5月に技適照明を受けている端末ということがわかりました。 Airターミナル3がこの2018以前の2017年に発売されている製品のため、今回届いているAirターミナルは4の最新版となります。 シリーズ別 最大速度 通信方式 同時接続数 Airターミナル4 (今回レビューしているモバレコAirの実機) 下り最大962Mbps 4G方式 AXGP(2. 5GHz)TDD-LTE 3. 5GHz 4G LTE方式: FDD-LTE 2. 1GHz 64台 Airターミナル3 下り最大350Mbps Airターミナル2 下り最大261Mbps 4G方式:AXGP(2. 5GHz) Airターミナル1 下り最大110Mbps 4G方式:AXGP(2. 5GHz) 32台 WiFi接続は最大64台の同時接続で、下り最大962Mbpsに対応している機種ですが、申し込み地域によっては最新版が届かない場合もあるため予め モバレコAirのメリットは工事不要で簡単設置 モバレコAirの良い点は先程も話しましたが「工事不要」「電源入れるだけ」という非常に簡単に利用を開始できるのが大きなメリットです。 モバレコAirは届いたAirターミナルの電源を入れるだけで設置が完了です。 あとはWiFiネットワーク名を接続したいスマホやパソコンなどで見つけて接続設定するだけです。 そして光ケーブルが配線された場所でなければ設置ができないので設置する場所も必然と限られてしまうというデメリットがあります。 モバレコAirなら極端な話、コンセントさえあればどこでも設置ができます。

次の

【2020年7月】安さで選ぶ!無制限ホームルーターおすすめ比較ランキング

モバレコair レビュー

この記事の目次• 1 株式会社 グッド・ラックが2019年3月にリリース モバレコairとは、株式会社グッド・ラックが 2019年3月にリリースしたばかりの新しいサービスです。 運営会社である株式会社グッド・ラックは、ソフトバンクとの関係が深く、モバレコair以外にもネクストモバイルというソフトバンク回線を使ったモバイルルータも取り扱いがあります。 株式会社グッド・ラックの親会社が株式会社オールコネクトという結構大きな会社なので、 経営母体はしっかりしています。 2商品はソフトバンクエアーと全く同じ モバレコairは、 中身はソフトバンクエアーと全く同じ製品になっています。 Airターミナルというホームルーターをコンセントに繋ぐと、Wireless City Planningという会社が提供する電波に接続し、インターネットに繋がります。 Airターミナルからは、Wi-Fiが出ているのでスマホやタブレット、PCなどの端末を繋ぐことができます。 また、有線LANポートも2付いているので、PCを LANケーブルで有線接続することもできます。 光回線と違い工事が要らないため、 「コンセントに繋ぐだけで使える」というのが売りのモバイル通信技術を使った自宅用のWi-Fiになります。 ソフトバンクでソフトバンクエアーすれば、契約先がソフトバンクになり、モバレコairを契約すれば契約先が株式会社グッド・ラックになります。 大元の提供会社で直接販売するのではなく、別の会社が自社商品として販売価格等を変更して販売する方式をビジネス用語でアライアンスモデルと言います。 モバレコairのロゴをよく見ると、下に「powered by SoftBank」と書いてあります。 これは、「供給元はソフトバンク」という意味を持っています。 なので、あくまで株式会社グッド・ラックの提供しているモバレコairはソフトバンクのソフトバンクエアーであるという意味です。 そのため、 どっちで契約しても通信速度などの品質面での差はありません。 ちなみに、この方式はUQ WiMAXが有名です。 たとえば、Broad WiMAXでもこのようにロゴの下に「powered by UQ WiMAX」と書いてあります。 つまり、Broad WiMAXも結局はUQ WiMAXと同じ品質ということです。 ソフトバンク公式サイト• エヌズカンパニーなどの代理店• モバレコairのようなアライアンスモデルの販売店 モバレコairのようなアライアンスモデルとは違い、「エヌズカンパニー」を代表とする代理店もあります。 エヌズカンパニーはあくまで代理店なので、契約先はソフトバンク、商品名はソフトバンクエアーになります。 いずれにせよ、 サービス品質自体は全て同じなので、 品質以外の面で どこで申込むのが一番お得なのかを比較するのが重要です。 1サービス内容を比較 サービス内容は基本的に同じです。 なので、• 使えるエリア• 通信速度 に関しては 差がありません。 違いがあるとすれば、 「モバレコairではAirターミナルのレンタルが無い」 という1点だけ。 Airターミナルは税込みで58,320円します。 分割で毎月1,620円支払い購入する• レンタルで毎月490円支払い使う ソフトバンク公式やエヌズカンパニーなら、1も2も選べます。 モバレコairの場合は、分割購入の1択になります。 しかし 購入の場合、分割払いと同時に毎月1620円割引が受けられる「月割」が自動的に適用されます。 つまり、 購入の場合は実質は無料です。 しかし、 36カ月以上使わないとすべて無料にならないことだけが注意点です。 36ヶ月以上利用するならば 購入を選択するのがおすすめ• 36ヶ月以内で解約する可能性があるならば レンタルがよいかも…• モバレコairではレンタルは選べないので注意 2. 2月額料金を比較 ソフトバンク公式とエヌズカンパニーは、あくまでソフトバンクエアーが商品なので特に月額料金に差はありません。 ただ、モバレコairは別商品として売っているので月額料金が違います。 契約期間は2年間 24カ月目まで なので、契約期間までの月額料金のトータル支払額で比較すると モバレコairが26,652円安い計算になります。 月額割引がある モバレコairだと2年間の総額を一番安くおさえられる• 25ヶ月目からの月額料金はどこで契約しても同じ 2. 3契約事務手数料やAirターミナル購入費用を比較 月額料金以外に発生する費用には• 契約事務手数料3,000円• Airターミナル購入費用58,320円 があります。 これは、 モバレコair、ソフトバンク公式、代理店エヌズカンパニーはすべて同じ条件となっています。 全ての申し込み先に共通するAirターミナル購入費用58,320円についてもう少し詳しく解説します。 Airターミナル割賦金は毎月1,620円を36カ月間支払いますが、月月割の36カ月間1,620円割引で相殺される為、36カ月使えば無料になります。 しかし、契約期間が24ヶ月間ごとなので、24カ月目の更新月に解約してもAirターミナル割賦金が残り12回分 19,440円 残ってしまいます。 分割払いを続けることは可能ですが、解約したので月月割は適用されず、残りは実費になるわけです。 それを防ぐためには、2回目の更新月である48カ月目に解約する必要がありますが、25カ月目以降が4,880円に料金が上がるというデメリットがあります。 ただ、光回線なんかと比べれば、初期工事費用がかからない分、最低でも割賦金を支払い終わるまで使えばそれほど金額的に悪くはないでしょう。 あんしん乗り換え• おうち割光セットスマホ違約金還元• おうち割光セット 「あんしん乗り換え」は、他社から乗り換えた場合に、他社違約金を最大10万円までSoftBankが負担してくれるキャンペーンです。 「おうち割光セットスマホ違約金還元」は、SoftBank以外のキャリアからSoftBankへ乗り換えて、おうち割光セットを適用させた場合に、スマホの他社違約金を9,500円SoftBankが負担してくれるキャンペーンです。 「おうち割光セット」は、モバレコairまたはソフトバンクエアーを契約したソフトバンクユーザーのスマホ料金から毎月1,000円または500円割引してくれるキャンペーンです。 代理店エヌズカンパニーも代理店独自キャンペーンとして現金キャッシュバックを行っています。 エヌズカンパニーのキャッシュバックは35,000円も貰う事ができます。 それに対し、 モバレコairのキャッシュバックは28,000円です。 キャッシュバック金額だけを比べるとエヌズカンパニーの方がお得です しかし、月額料金の差も計算に入れると• エヌズカンパニー:35,000円キャッシュバック• <キャンペーンの違い> モバレコair ソフトバンク公式 エヌズカンパニー ・公式キャンペーン ・月額料金割引 他2社との差額13,692円) ・28,000円キャッシュバック ・公式キャンペーン ・公式キャンペーン ・ 35,000円キャッシュバック• キャッシュバック込みでもモバレコairの方がお得! 2. 4解約金を比較 エヌズカンパニーよりも、 「モバレコairが2年間の総支払額が約2万円安い」 と説明しました。 しかし、モバレコエアーには1点だけ注意点があります。 それが解約金です。 それに対しモバレコエアーは、 「3年以内に解約すると28,440円の解約金がかかる」 ので、注意してください。 モバレコエアーは、 「2年間の総支払額がエヌズカンパニーより2万円近く安い」 のが魅力です。 3年以内に解約してしまうとと、エヌズカンパニー より8,000円ほど損をしてしまうので注意してくださいね。 モバレコエアーは3年以内に解約した場合の解約金が高い 2. 5 モバレコエアーと代理店とエヌズカンパニーの比較まとめ ここまでのまとめをします。 月額料金・事務手数料などの支払い料金• 貰えるキャッシュバック を含めたうえで、 2年間の総支払い額を比較してみましょう。 レンタルが無いので短い期間使えない• 3年以内に解約すると28,440円の解約金がかかる レンタルは購入プランより毎月490円高くなって一見損に思えますが、短い期間で解約して高額な端末残債を支払うリスクを考えればレンタルのほうが良い場合もあります。 しかし、モバレコairは購入プランしかないため、レンタルが選べません。 本当に短期での使用を考えている人には、モバレコairでは損してしまいます。 安い月額料金で契約したい• キャッシュバックが欲しい• 気軽に自宅にWi-Fi環境を設置したい• 3年以上利用する という方におすすめできます。 モバレコairは、Airターミナルを自宅のコンセントに繋ぐだけですぐにWi-Fi環境を構築できる、ソフトバンクエアーと全く同じ仕組みです。 手軽に自宅にWi-Fi環境を設置したい• 短期間だけ利用したい• 3年以上も利用するかわからない 上記のような要望がある人には、 モバレコairは向いていません。 モバレコairと全く同じサービス内容のエヌズカンパニーであれば、 レンタルも選べるので2年での契約が可能です。 エヌズカンパニーのキャンペーンは、• 不要なオプション加入は一切不要• 申し込みと同時にキャッシュバック申請完了 なので、 貰い忘れも起こらない優良代理店です。 レンタルを選ぶ場合は、エヌズカンパニーから申し込むのが一番お得な方法になります。 申し込みは、キャンペーンサイトの「Webお申し込み」から入っていき、名前や住所等の必要事項を入力し送信します。 全て入力し、内容を送信するとエヌズカンパニーの担当オペレーターから電話が来ます。 その時口頭でキャッシュバック振込用の口座番号を聞かれるため、伝えます。 キャッシュバックは、課金開始月から起算して 最短2ヵ月後に振り込まれます。 申込んでから1週間ほどでAirターミナルが届きます。 後は、Airターミナルをコンセントに繋ぎ、Airターミナルの裏側に書いてあるSSIDと暗号キーをスマホ等の端末側へ設定するだけでインターネットに繋がります。

次の

モバレコエアー(モバレコAir)の使えるエリアは?どこでつながるの?

モバレコair レビュー

モバレコAirは25歳以下であれば3年間ずっと月額2,880円で利用でき間違いなく業界最安値のおうちWiFiです。 さらに同じ端末であるソフトバンクエアーより「24,652円もモバレコAirの方が安い」です。 また、でもモバレコAirを契約することができますが「公式サイトの方が6,242円も安い」です。 一番お得な申込み窓口 1位 一番安い 2位 価格. com 6,242円も損する () 3位 ソフトバンクAir 24,652円も損する () 今回は長年、インターネット業界に勤務する私の目線からモバレコAirについて 「本音」で感想をお伝えします。 少し長いので「目次(もくじ)」から好きなところだけ読むこともできます。 是非、参考にしてみてください。 5月1日より25歳以下の方限定で 3年間ずーっと月額2,880円で使えるキャンペーン実施中でとてもお得になっています。 今までは自宅でインターネットをする際に固定回線の工事をするのが一般的でした。 しかし、最近では「ホームルーター」といい箱型の機械をコンセントに差すだけでインターネットが使えます。 モバレコAirは速度制限もなく、これ1台で引っ越し時でもそのまま利用できるのでとても便利です。 手軽にインターネット環境が整うので人気です。 モバレコAirとソフトバンクエアーの違いは? 冒頭でお伝えしたようにモバレコAirはソフトバンクエアーとのコラボ商品になり 「製品自体はソフトバンクエアー」になります。 ソフトバンクエアーのパッケージを変えて売り出しているだけですね。 ですので、 提供エリアやサービス(速度・品質・機器)はまったく同じです。 ソフトバンクエアーとの違いは 「月額料金」と 「キャンペーン内容」だけになります。 ですので、この2つを比較すればどちらがお得なのかハッキリします。 モバレコAirの運営会社は株式会社グッド・ラック 運営会社は「」という会社になります。 実はのグループ会社になりWeb販路の通信会社ではドンになります。 通信業界で勤務している方であれば知らない人はいないぐらい有名な会社です。 今回、ソフトバンクエアーとコラボできたのも納得です。。。 有名な商品 ・ ・ ・ 他にも光回線の販売代理店として活躍しています。 では、そんな通信業界のドンが新たに開始したサービス(モバレコAir)を見ていきましょう。 早速!モバレコAir(モバレコエアー)の評判や口コミをチェックしました まだ発売したばかりですので、そこまで多くの口コミはありませんが見つけたものをピックアップしました。 口コミ1 ソフトバンクエアーを契約している友人から紹介されて契約したそうです。 品質は同じですので、問題ありません。 私、FXのトレードしてますが、家の回線はモバレコエアーを使っています。 友人の紹介で契約したけれど、要はSoftBank Airだから問題なくトレードできています。 台風の影響で一時ソフトバンク回線が乱れて速度が落ちましたが、現在では復旧しています。 確か、台風前は20Mbps超えてたような。 また、本家ソフトバンクエアーよりも 確実にお得な理由も合わせて確認しましょう。 1.月額料金が他社より1,536円も安い! 初月(1ヶ月目) 1,970円の日割り 2ヶ月目 1,970円 3~24ヶ月目 3,344円 25ヶ月目以降 4,880円 初月と2ヶ月目は最大1,970円と安く、3ヶ月目~24ヶ月目のメインとなる料金も 「月額3,344円」と安いです。 どのくらい安いかを他社の置くだけWiFiと比較します。 他社と月額料金を比較 モバレコAir 月額3,344円 SoftBankAir 月額3,800円 WiMAX 月額4,380円 このように本家のソフトバンクエアーやWiMAXと比較しても 「毎月1,036円も安い」です。 SoftBankAirがキャンペーン終了 今までソフトバンクエアーはキャンペーンの適応で 2年間月額3,800円で利用できました。 長年この金額でしたが、2019年5月で「はじめよう SoftBankAir割」が終了してしまい、初めの1年間だけ月額3,800円で使えます。 このキャンペーンが終了したので、確実にモバレコAirの方が安くなっています。 2.インターネット使い放題で通信制限がない 当然、インターネット使い放題になりますがYOU TUBEなど動画視聴やオンラインゲームをどれだけしても 「通信制限」はありません。 WiMAXであれば「3日で10Gを超えると速度制限にかかる」ことがありますので、こうした通信制限がないのは嬉しいポイントです。 3.通信速度が最大962メガ 快適にインターネットをするうえで重要なのが「通信速度」です。 ・夜になると遅くてイライラする ・動画がスムーズに見れない ・オンラインゲームがすぐにフリーズする このようなインターネット環境は避けたいですよね。 実はモバレコAirでは2019年4月から通信速度がアップして 「最大962メガ」になりました。 フレッツ光などの光回線が最大1000メガになるので、かなりパワーアップしました。 日常生活でインターネットを快適にするために必要な速度は 「150メガあれば十分」になるので、モバレコAirであれば問題はないでしょう。 万が一、速度が遅いと感じた場合は 『』を試すようにしてください。 4.端末代金が実質無料 ドコモ光やauひかりなどの固定回線と違って回線工事はありませんが、機器本体の料金がかかります。 本来であれば54,000円の端末代金が発生しますが、キャンペーンにより 「端末代金は実質無料」になります。 ちなみに引っ越しの場合でも持ち運び引き続き利用すれば解約にはなりません。 5.ソフトバンクのスマホ割がある モバレコAirとソフトバンクのスマホをセットで利用すれば「」スマホの月額料金が最大1,000円割引になります。 おうち割を適応すると、モバレコAirの月額料金が少し変わります。 初月(1ヶ月目) 2,470円の日割り 2ヶ月目 2,470円 3~24ヶ月目 3,844円 25ヶ月目以降 4,880円 通常時よりも500円上がり、月額3,844円になります。 しかし、割引できるスマホの台数は10台まで可能ですのでトータルでかなりお得になります。 月額500円上がる理由 スマホが割引できる「おうち割」は本来、固定回線のソフトバンク光で始まったサービスです。 ソフトバンク光の場合はおうち割の適応条件に月額500円する固定電話が必須です。 しかし、今回の置くだけWiFi(ソフトバンクエアー・モバレコAir)では固定電話の契約が出来ません。 そのため、適応条件を平等にするためにおうち割を適応した場合は月額料金が500円プラスされるのです。 6.28,000円のキャッシュバックがある 運営元が株式会社オールコネクトになりますので、これからさらにモバレコAirを売り出していくでしょう。 そこで現在、モバレコAirでは28,000円キャッシュバックキャンペーンを実施しています。 月額料金が安くキャッシュバックもあるので、間違いなく 『 』はお得です。 また、価格. com経由でも申し込めますが、お得ではないのでおすすめしません。 その理由と比較結果はをご覧ください。 モバレコAirとソフトバンクエアーの違いを比較! ここまでモバレコAirがおすすめな理由をお伝えしました。 ここからはソフトバンクエアーとの違いを比較していますので、モバレコAirがお得な理由を見ていきましょう。 モバレコAirとソフトバンクエアーの全く同じ部分 冒頭でソフトバンクエアーとまったく同じ商品とお伝えしましたが、同じ部分を詳しく見ていきましょう。 同じ部分 モバレコAir SoftBankAir 通信速度 最大962Mbps 提供エリア 同じ(エリア確認ページ) お届け期間 申し込みから最短3日 スマホ割 ソフトバンクスマホが割引できる 端末代金 54,000円が実質無料 契約期間 24ヶ月間 解約違約金 9,500円 このようにサービス(機器・速度・品質)は同じですので、比較ポイントは 「月額料金」と 「キャンペーン内容」しかありません。 この2点以外は全て同じです。 ですので、この2点を比較すればどちらがお得なのかハッキリしますね。 24ヶ月間利用した場合はモバレコAirの方が 「26,652円安く」なります。 次に2つ目の比較ポイントです。 比較2.キャッシュバック金額 モバレコAir SoftBankAir 28,000円キャッシュバック 30,000キャッシュバック キャッシュバック金額の差は 2,000円になります。 キャッシュバック金額だけを見れば一見、SoftBankAirの方がお得かと思いますが忘れてはいけません。 モバレコAirはSoftBankAirよりも 「26,652円安い」のです。 つまり、26,652円ー2,000円= 24,652円もモバレコAirの方がお得になります。 比較結果!モバレコAirは24,652円お得になる ソフトバンクエアーと比較した結果、モバレコAirの方が 「24,652円お得に使える」ことがわかりました。 もちろん、どちらで申し込んでも機器本体や速度、品質はまったく同じです。 なぜなら 「モバレコAirの公式サイトは2つ」ありキャッシュバックがもらえない可能性があるからです。 キャッシュバックの有無以外には何も変わらず全て同じ条件です。 モバレコAirの公式サイトが2つ 現在、売り出し強化中のモバレコAirではキャンペーン限定サイトがあります。 もちろん、どちらも公式サイトですが「キャッシュバックの有無だけ」が違います。 2つの公式サイト 1.キャッシュバックなしVer ・ 2.キャッシュバックあり ・ これにはしっかりとした理由があります。 キャッシュバックがない公式サイトは広告費を費やして宣伝しているため、予算の都合上キャッシュバックが出せないのです。 一方でキャッシュバックがある公式サイトは広告費をかけていないため、お客様に還元ができるのです。 モバレコAirのキャッシュバック実施サイト 当然、始めるならキャッシュバックを実施しているこちらの 『 』からにしましょう。 現在は新規限定28,000円キャッシュバックキャンペーンを実施しています。 正直に言えば、このキャンペーン金額はいつ終了してもおかしくはありません。 なぜなら、ここまで明らかなお得差をSoftBankAirが放っておくわけがありません。 ですので、キャンペーンが継続している間にお得に始めましょう。 他社から乗り換えで違約金還元あり 他社からモバレコAirに乗り換えなら、乗り換え時の他社違約金・撤去工事費を最大10万円分還元してくれます。 ちなみに、ソフトバンクエアーからの乗り換えは 「適応外」ですので、注意しましょう。 モバレコAirはお試し利用ができる! 契約した後でインターネット速度が遅かったらどうしよう。。。 電波の受信が弱い地域や建物環境だった。。。 と不安になる方も少なくはありません。 そこで、モバレコAirでは実際に利用してから決めることができます。 8日間のお試し期間がある お申込みから 「8日以内」なら無料でキャンセルすることができます。 もちろん、実際の環境で利用してみてから問題がなければそのまま継続利用もできます。 迷っている方はまずお試しです。 comは数字のマジック!公式サイトの方が6,242円も安い! モバレコAirは価格. comでも契約することができますが、実は 公式サイトの方が6,242円安いのです。 comが1番お得なように記載していますが、これは明らかな数字のマジックです。 comの数字マジックとは? 価格. com経由で契約すると月額料金・キャッシュバック金額が公式サイトとは違います。 そこで、モバレコAirを24ヵ月間利用する際に支払う金額で比較しました。 com経由の場合 価格. com 事務手数料 3,300円 月額料金 1~2ヵ月目 2,167円 4,334円 3~24ヵ月目 3,678円 80,916円 合計 88,550円 キャッシュバック金額 29,800円 24ヵ月間のトータル支払い金額 (88,550円 — 29,800円) 58,750円 公式サイト経由の場合 公式サイト 事務手数料 3,000円 月額料金 1~2ヵ月目 1,970円 3,940円 3~24ヵ月目 3,344円 73,568円 合計 80,508円 キャッシュバック金額 28,000円 24ヵ月間のトータル支払い金額 (80,508円 — 28,000円) 52,508円 価格. comは2年間のトータル支払い金額が「58,750円」になります。 一方の公式サイトでは52,508円ですので 「6,242円も公式サイトが安く」なります。 お得に見える種明かし モバレコAirは端末代金が実質無料ですので、毎月1,650円の端末代割引が適当されます。 もちろん、公式サイト経由でも同額適当になりますが、価格. comではこの割引金額さえも加算して記載しているのです。 その結果、割引金額が大きく見えるというカラクリです。 comはキャッシュバック受け取りまでが遅い 価格. comの29,800円キャッシュバックは 受け取り時期がなんと1年後になります。 一方の公式サイトでは 利用開始月の翌月に28,000円が受け取れますので、その差は歴然ですね。 モバレコAirを始めるなら必ず公式サイト経由にしましょう。 日本地図が表示されますのでエリアをクリックしてください。 すると地図が表示され 「エリア内であれば赤く」塗られています。 モバレコAirは電波を利用したインターネットのため、山奥や電波障害が起こりやすい街では、まだまだエリア外になっていますね。 現在でも主要都市以外はかなりエリアが多いと言えます。 主要都市のエリア判定 都心部は比較的赤色(エリア内)になっていますね。 全国のエリア判定 やはり都心部以外ではまだまだエリア外が多く、北海道はほとんどがエリア外ですね。 年々エリアは広がってはいますが、それでもまだまだエリア外が目立ちます。 エリア検索の注意事項!判定結果が100%正しいわけではない ここで1つ注意点があります。 WEB上での結果はあくまで簡易式のエリア判定になります。 最終的なエリア判定は受付窓口にしかない 「ジニー(専用システム)」でしか判明しません。 これは販売代理店やソフトバンクショップにしか利用できる権限がありません。 もし上記のサイトでエリア外だったとしても、実際には利用できる可能性が十分にありますので最終的には必ず窓口で確認するようにしてください。 モバレコAirは契約住所以外で使える? 契約先の住所以外で利用することはできません。 また、屋外での利用もできず室内のみで利用可能です。 モバレコAirを契約先住所以外で利用すると、どうなるかはこちらのをご覧ください。 モバレコAirのエリア検索方法は? モバレコAirはソフトバンクエアーと同じ電波を利用しているので、株式会社WIRELESS CITY PLANNINGのにて検索できます。 住所を入力して赤色になれば問題なく「提供エリア」になります。 しかし、前述したとおり最終的なエリア結果は公式サイトで行いましょう。 モバレコAirに通信制限はありますか? モバレコAirでは通信制限はありません。 WiMAXであれば3日で10GBや1ヵ月で7GBといった通信制限がありますが、モバレコAirは使い放題になります。 ただ稀に地域でアクセスが集中すると安定供給のため、通信速度が遅くなる場合もあります。

次の