ギャグ アニメランキング。 2017年版|本当に面白いおすすめの神アニメランキング50

絶対に笑えるギャグアニメランキングTOP7!恋愛系や学園系など!

ギャグ アニメランキング

この記事では 学園アニメを紹介しています。 学園アニメは、 アニメの中でも特に、高い支持の受けているジャンルです。 誰もが理想的な学園生活を思い浮かべますが、実際、理想とは違う学生生活になる人も多いでしょう。 そのまま卒業してしまった人も多いかと思います。 そんな人達におすすめなのが学園アニメ。 アニメを見て、「こんな青春送ってみたかった」という気持ちになると思います。 皆さん、アニメ見て、青春感じませんか?卒業した人ももう一度青春を思い出しませんか? アニメだからこそ表現できる学園生活もある。 私がおすすめする学園アニメランキングを紹介します。 評価、作品ジャンル、放送年度、世界観で分けて紹介しています。 その中から最高に楽しめる学園アニメを見つけて下さい。

次の

【2020年最新版】おすすめの面白いコメディ・ギャグアニメランキングTOP20

ギャグ アニメランキング

一部追記・修正しました(2017. 8) どうも、みやび()です。 今回は 絶対に観ておきたい、おすすめの神アニメをランキング50形式でご紹介します。 かなり悩みながら50作品厳選しました。 最新の話題作から、バトル、ギャグ、ラブコメ、感動、青春、ミステリー、ロボット、日常系、とジャンルは様々。 あくまで僕の超個人的な趣味全開のランキングです。 万人受けする内容ではないのであしからず。 長い!って人はこちらからショートカットできます おすすめの神アニメランキング【50位~41位】 第50位 咲-Saki- ジャンル 麻雀、美少女 話数 第1作:全25話 阿知賀編:全16話 全国編:全13話 麻雀アニメというより異能力麻雀バトルアニメ。 ツッコミどころ多いけど割り切って観るとおもしろい。 麻雀の知識がなくても楽しめる。 本格的なのはアカギに任せておけばいい。 第49位 未確認で進行形 ジャンル ラブコメ 話数 全12話 略して『MDS(みでし)』 女性視点の日常系ラブコメ。 とはいえ設定は非日常。 小紅と白夜の仲をニヤニヤしながら見守るアニメ。 変態でシスコンな姉が良いキャラしてる。 制作は動画工房。 この会社の描くキャラクターはマジでかわいい。 第48位 日常 ジャンル ギャグ、日常系 話数 全26話 シュールなギャグとほのぼのとした雰囲気のまさに「日常」アニメ。 アニメで化けたと思う。 すっげえおもしろい。 ていうかちゃんみおがおもしろい。 (出典:日常) 声優ってすげえ。 第47位 じょしらく ジャンル 落語、ギャグ 話数 全13話 ガールズ落語家アニメ。 日常のネタを落語と絡ませながら話を展開していく。 原作者は『さよなら絶望先生』でおなじみ久米田康治。 基本的にパロディネタが多く、 これもう完全にアウトだろっていう時事ネタをぶっ込んできたりする。 さすがやで久米田先生。 監督は『SHIROBAKO』でも有名な水島努監督で、インタビューで次のように応えている。 「ネタに関してはやりすぎないように気をつけています」 大嘘つきかよ。 (出典:じょしらく) 第46位 進撃の巨人 ジャンル バトル、アクション 話数 第1期:全26話 第2期:全12話 アニメ化大成功だったと思う。 立体機動の躍動感がパない。 ぬるぬる動いて感動すら覚えた。 巨人との戦闘シーンの作画もクオリティ高くて迫力ある。 声優もハマってる。 原作読んでる人にもおすすめできる完成度。 あれだけ話題になるのも頷ける。 第45位 男子高校生の日常 ジャンル ギャグ、日常系 話数 全12話 ザ・ギャグアニメ。 1話に短い話がいくつも入っているオムニバス形式でだらだら観れる。 声優のキャスティングも素晴らしい。 原作も好きだけど個人的にはアニメのが好き。 今日は……風が騒がしいな…… (出典:男子高校生の日常) 第44位 響け!ユーフォニアム ジャンル 音楽、青春 話数 第1期:全13話+番外編 第2期:全13話 高校の吹奏楽部を舞台とした王道でまっすぐな部活もの。 青春アニメを探してる人は観て損はない。 この手のアニメの主人公はやる気に満ちた熱血系なイメージがあるけど、反してクールで性格の悪い(作中でも言われてる)キャラクターなのがおもしろい。 だからこそ12話のあのシーンがグッとくる。 作画や演出はさすがは京都アニメーション。 1カット1シーンで魅せてきます。 第43位 生徒会役員共 ジャンル ギャグ、学園 話数 第1期:全13話+OVA全8話 第2期:全13話+OVA全6話 ザ・下ネタアニメ。 終止下ネタでピー音入りまくり。 マジで自重しない。 ていうか上のamazon画像リンクがもうすでにアウト。 主人公のツッコミが秀逸でクセになる。 あとスズとウオミーがかわいい。 最近劇場化が決定した。 英断すぎない?観に行くけど。 第42位 ソードアートオンライン ジャンル VRMMORPG、バトル、ファンタジー 話数 第1期:全25話 第2期:全24話 VRMMORPG系アニメの代表作。 キリトさんの俺TUEEEEEを存分に楽しむ作品。 主人公最強ハーレムアニメなので、そういうの好きな人にはおすすめのアニメ。 キリトさんがアスナ一筋なのは良かった。 1話が神回。 (出典:ソードアートオンライン) 二刀流はロマン。 第41位 true tears ジャンル 恋愛、青春 話数 全13話 P. WORKSの記念すべき初作品。 この頃から作画には力が入っている。 内容はコメディ要素のない純愛アニメ。 ちょっとドロドロしてて、どこか甘酸っぱい。 こういうのたまに観たくなる。 (出典:true tears) この頃からPA作品のキャラはかわいい。 おすすめの神アニメランキング【40位~31位】 第40位 のんのんびより ジャンル 日常系、コメディ 話数 第1期:全13話 第2期:全13話 Aチャンネルよりも、ゆゆしきよりも、ごちうさよりも、きんモザよりも、ひだまりよりも、のんのんが好き。 個人的にこの手の日常系アニメの中では頭一つ抜けてる。 ニコニコ動画でコメント付きで観るのが楽しかった。 にゃんぱすー 第39位 とある魔術の禁書目録 ジャンル SFファンタジー、バトル、学園 話数 第1期:全24話 第2期:全24話 劇場版:全1作 超能力者と魔術師の学園異能バトルもの。 これぞライトノベルっていう設定と世界観で厨二心をくすぐられる。 一方通行さんほど魅力的な敵もそうそういない。 (原作ではかなり丸くなってしまった模様) スピンオフの『とある科学の超電磁砲』もめちゃくちゃおもしろい。 どちらもおすすめ。 第38位 東のエデン ジャンル サスペンス、アクション 話数 第1期:全11話 劇場版:全2作 アニメ全11話+劇場版2作。 劇場版で完結する。 世界観としては同監督作品『攻殻機動隊S. C』シリーズの前時代とされている。 まず設定がおもしろい。 雰囲気もいい。 自分にはすごい合ってたけど、人を選ぶ作品だとは思う。 終わり方は賛否あるけど、僕は嫌いじゃない。 (出典:東のエデン) 主人公の滝沢くんが良いキャラしてる。 第37位 喰霊-零- ジャンル バトルアクション 話数 全12話 第1話の衝撃は忘れられない。 原作である漫画「喰霊」の前日談にあたるアニメオリジナルストーリー。 漫画読んでなくても楽しめるけど、読んでるとなお良し。 内容は悲しくて切ない話。 バトルシーンは結構グロいので苦手な人は注意。 キャッチコピーは 「愛するものを、愛を信じて殺せるか」 深い。 日本刀と女子高生の組み合わせって素晴らしい。 なおオープニングの「Paradise Lost」は神曲。 第36位 電脳コイル ジャンル SF 話数 全26話 電脳世界を描いた近未来SFアニメ。 作品の世界観と雰囲気がものすごく自分好みでツボだった。 楽曲もめちゃくちゃ良い。 序盤は少々とっつきにくいかもしれないけれど、ストーリーが進むにつれて散りばめた伏線を丁寧に回収していき、2クールで綺麗に纏め上げている。 子供向けのNHK作品と思いきや、なかなか深いテーマで考えさせられる。 第35位 Re:ゼロから始める異世界生活 ジャンル 異世界ファンタジー、ループ 話数 全25話 最近のアニメでは頭一つ抜けておもしろかった。 よくある異世界召喚ものとは一線を画す作品。 設定とストーリーが純粋におもしろい。 それに加えて演出のこだわりとか、声優の演技(主に主人公)とか、作品通じて制作側の熱意が伝わってくる。 このクオリティは原作者も大満足な出来なんじゃないかと思う。 二期にも期待。 第34位 みなみけ ジャンル 日常系、コメディ 話数 第1期:全13話 第2期:全13話 第3期:全13話 第4期:全13話 日常系アニメの代表作。 1期からリアルタイムで観てた。 大好き。 ごはん食べながら観ていたいアニメ。 ニコニコに保坂ネタの動画がよく上がってるんだけど、タグの 「きもちわ類ほさ科」に笑う。 考えた人天才かよ。 第33位 ラブライブ! ジャンル アイドル、学園、青春 話数 第1期:全13話 第2期:全13話 劇場版:全1作 ラブライバー乙! 正直自分でもハマるとは思ってなかった。 キャラクターと楽曲がめちゃ良かった。 ストーリーはありふれた青春ドラマだけど、それがむしろいい。 好みのキャラが見つかると飽きずに観れると思う。 劇場版も満足いくものでした! 最高だぜっ! (出典:ラブライブ!) ちなみに僕は矢澤推し。 第32位 俺の妹がこんなに可愛いわけがない ジャンル ラブコメ 話数 第1期:全16話 第2期:全16話 不仲だった兄妹がエロゲを通じて距離を縮めていく話。 タイトルで食わず嫌いしてる人多そう。 めちゃおもろいのにもったいない。 尺の都合もあるんだろうけど2期の後半は駆け足すぎな気もする。 ていうか麻奈美、加奈子との絡みがカットされすぎ。 アニメを観てハマった人は是非原作も読んでほしい。 マジで。 序盤は黒猫派なのに、最終的に ラブリーマイエンジェルあやせたんに落ち着くよね。 第31位 Angel Beats! -エンジェルビーツ! WORKS の傑作。 笑いあり感動あり涙ありの良アニメ。 よく言われてるけど、尺が足りてない。 流石はKey作品、BGMも楽曲もかなり良い。 毎回OPもEDも飛ばさず観てました。 おすすめの神アニメランキング【30位~21位】 第30位 Darker than BLACK ジャンル SF、アクション 話数 第1期:全26話 第2期:全12話 「契約者」と呼ばれる異能力者のバトルアクションもの。 独特の世界観と雰囲気が良い。 ひたすらに黒がかっこいい。 中二心をくすぐるぜ。 「2期より1期」みたいな風潮あるけど、個人的には2期も好き。 OP曲も最高。 (出典:Darker than BLACK) 第29位 東京マグニチュード8. 0 ジャンル ヒューマン 話数 全11話 最後の2話で涙腺崩壊。 正直予想はついていたけど演出が卑怯。 あんなん泣くわ。 東京で大地震に見舞われた姉弟が、様々な人と関わりながら成長していく話。 現実に起こりうる地震を想定した描写はリアリティがあって考えさせられる。 キャッチコピーは 「家族に会いたい、と初めて思った。 」 第28位 はたらく魔王さま! ジャンル ファンタジー、コメディ 話数 全13話 勇者に敗れた魔王が日本の東京でフリーターとして働く話。 この設定がすでに笑える。 第1話の カツドゥーン!で視聴が確定した。 魔王勇者系のアニメではずば抜けておもしろい。 ギャグとシリアスのバランスも良い。 ちーちゃんの顔芸も見物。 (出典:はたらく魔王さま!) ねっ!まおうさん、ねっ! 第27位 やはり俺の青春ラブコメは間違っている ジャンル 学園、ラブコメ 話数 第1期:全13話 第2期:全13話 原作厨だけどアニメもおもしろかった。 主人公のとことんひねくれた性格が終止ブレなくて好感持てる。 2期も良かったけど駆け足すぎてカット多かった。 あれ原作読んでない人分かりにくいのでは? んまあともあれ、一口に原作ありきのアニメといってもケースバイケースなので、原作ファンから明確なアグリーメントを得るためには今後もインフルエンサーとしてトライ&エラーを重ねて結果にコミットしていくしかないかなって思ったんだけど…… (出典:やはり俺の青春ラブコメは間違っている) その辺りもふまえて、もう一度ブレーンストーミングから始めようか。 第26位 デュラララ!! ジャンル サスペンス、アクション 話数 第1期:全26話 第2期:全36話(承+転+結) 原作者は『バッカーノ!』でもおなじみの成田良悟。 登場人物の視点がころころ変わって、伏線を小出しにしつつ後半に勢いよく回収していくお手本のような群像劇。 なので前半はちょっと退屈ではある。 というか最初の数話はキャラクター紹介みたいなもの。 それでも後半の話が繋がってくるあたりは 「おおおおおっ」ってなる。 第25位 凪のあすから ジャンル 恋愛、ファンタジー 話数 全26話 海に住む人と陸に住む人が共存している独特の世界観。 複雑な人間関係と恋愛関係で、言ってしまえば結構ドロドロ。 でも最終的には収まるべきところにそれぞれ収まった感じ。 2クール目の評価が高いけど1クール目も普通におもしろいと思う。 これがおもしろすぎて次作の「グラスなんとか」にも期待しちゃった罠。 第24位 新世紀エヴァンゲリオン ジャンル SF、ロボット 話数 全26話 なんだかんだ名作。 アニメ好きなら必ず通る道みたいなとこある。 20年前のアニメなのに未だにファンが増えているのはマジで凄い。 ストーリーを細部まで理解するのは結構大変。 僕も正直なところにわかな人間。 でもおもしろい不思議。 第23位 ゼロの使い魔 ジャンル 異世界ファンタジー 話数 第1期:全13話 第2期:全12話 第3期:全13話 第4期:全12話 僕をアニオタにしたきっかけ。 同年代のアニメ好きなら『ゼロ使』と『シャナ』によって釘宮病に悩まされた人も多いのではなかろうか。 今となっては量産されている異世界召喚ハーレムもの。 とはいえ物語は思いの外しっかりとファンタジーしていてワクワクさせられる。 特に1期〜2期の完成度は素晴らしい。 (出典:ゼロの使い魔) 伝説のルイズのコピペすき。 第22位 BLACK LAGOON ジャンル クライムアクション 話数 第1期:全12話 第2期:全12話 裏社会を扱ったハードボイルドな大人アニメ。 最高にクール。 スリルあるガンアクション、クールなキャラクター、痺れるセリフ。 なんかいちいちかっこいい。 「神は留守だよ、休暇取ってベガスに行ってる」って台詞いつか言いたい。 (出典:BLACK LAGOON) ちなみにバラライカの声優は『Dr. スランプ アラレちゃん』のアラレちゃんと同じ。 第21位 涼宮ハルヒの憂鬱 ジャンル 学園、SF 話数 全28話 劇場版:全1作 別の記事書くのに最近見返したけど、今観てもおもしろかった。 多くのアニオタを生み出した元凶まである。 とりあえず原作完結させてほしい。 劇場版の消失も非常に出来が良くて大変満足。 ただしエンドレスエイト、てめーはダメだ。 コメディ色強いけどラブコメ要素もあるのでニヤニヤもできる。 一石二鳥(?)。 とにかくキャラクターが良い!みんな好きです。 登場キャラ全員がかなり個性的なのに影薄いキャラが一人もいないのはすごいと思う。 原作は4コマ漫画でアニメと共に完結済み。 どちらかというとアニメの方をおすすめしたい。 ランキング入りしてないけど同原作者の『サーバントサービス』、WEB漫画版(別店舗でのお話)『WWW. WORKING!! 』もおすすめ。 原作が少女漫画の学園ラブコメ。 そこまでギスギスした展開はなく、全体通して爽やかでテンポが良い。 主人公の雫が成績にしか興味がないガリ勉女子で最初は好きになれなかったんだけど、 気づけばヤマケンと一緒に僕も恋に落ちていた。 てかヤマケンの存在がこの作品をかなりおもしろくしてる。 ハルよりも圧倒的にヤマケンを応援したくなるの僕だけ? 9話の図書館でヤマケンが雫の相談に乗るシーン好き。 (出典:となりの怪物くん) ちなみに原作は完結済み。 第18位 リトルバスターズ ジャンル 恋愛、青春 話数 第1期:全26話 第2期:全13話 OVA:全8話 原作未プレイでアニメしか観てないから鍵っ子のみなさんからはにわか乙って思われるかもしれませんが大好きです。 1期観てる段階では、これ本当におもしろくなるんすか? 大丈夫すか? キャラかわいいですけどね……、みたいな不安で一杯だったけど2期まで観た結果、 神アニメ決定。 2期ありきの1期みたいなとこあるから、観るなら2期まで必ず観ましょう。 アニメで十分満足してるけど、やっぱゲームやった方がいいですか? 第17位 TARITARI ジャンル 青春、音楽 話数 全13話 とある学校の合唱部の活動を描いた作品。 これぞまさに青春アニメ。 高校生らしい悩みや葛藤、それを乗り越えて成長していく姿が丁寧に描かれてる。 作画も凄い綺麗、PA作品ほんと好き。 こんな風に青春を謳歌したかった……。 高校生の男女の話なのに恋愛要素がほとんどない。 そこが良い。 女の子はもちろん男メンバーもキャラが立ってる。 あとさわちゃんの私服がツボ。 (出典:TARITARI) ちなみに第1話で合唱部が合唱している曲が『true tears』のOP曲「リフレクティア」だったりする。 戦闘シーンとかすごい。 マジ見入っちゃう。 なんかいちいち台詞とか演出がかっこよくて好き。 こういう大人になっても熱くなれるアニメはなくならないでほしい。 Fateシリーズの時系列としては、一番初めの物語。 Fate入門としてもおすすめ。 第15位 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX ジャンル SF、アクション 話数 第1期:全26話 第2期:全26話 士郎正宗原作のSF作品。 電脳化、義体化、光学迷彩、人工知能(AI)を搭載したメカなど、近未来な設定と世界観がハマる人にはどっぷりハマる。 重厚なストーリーに魅力的なキャラクター、作品にマッチした楽曲、かっこいいアクションシーン。 ストーリーはやや難解で最初はとっつきにくいかもしれないが、話が進むにつれてぐんぐんと引き込まれていく。 TV放映から10年以上経っているのに古臭さを感じさせない。 色褪せない名作アニメ。 宇宙で働く人々を描く大人向けのヒューマンドラマ。 基本的に1話完結。 近い未来に起こりうるであろう事象をすごくリアルに描いてて引き込まれる。 一つひとつのエピソードも重みがあって考えさせられる。 前半のタナベがめちゃうざかったのに、観終わったころには全く別の印象を抱いてる不思議。 最終話のしりとりも良いけど、10話のユーリの妻の話が一番好き。 1期で張った伏線を2期で回収していくスタイル。 なので2期までは必見。 第12位 夏目友人帳 ジャンル 伝奇 話数 第1期:全13話 第2期:全13話 第3期:全13話 第4期:全13話 第5期:全13話 第6期:全13話 心温まるアニメ。 原作は現在も連載中の少女漫画。 第6期まで放映していることからも、その人気が伺える。 基本的に1話完結なので観やすく、一つひとつのエピソードが心にしみる。 泣ける話もあれば、切ない話もあるけど、観終わったあとすごく穏やかな気持ちにさせられる。 現在6期までやってるけど、 シリーズ通して一番好きなエピソードは第1期6話の「水底の燕」。 これいつ観ても泣いちゃう。 あとは 1期2話の「露神の祠」 1期8話の「儚い光」 3期4話の「幼い日々に」 このあたりは涙腺崩壊。 第11位 SHIROBAKO ジャンル 働く女の子、アニメ業界群像劇 話数 全24話 P. WORKSの「働く女の子シリーズ」第2弾。 アニメ制作の現場をアニメで描くという、ありそうでなかった作品。 メインキャラである5人が思い思いの悩みを抱えながらも、それらを解消して成長していく姿は琴線に触れるものがある。 彼女らの奮闘する姿を観て、心動かされた人も多かったんじゃないかなって思う。 なにより、23話がすごく良い。 この回がなかったらここまで順位は高くなかったかもしれない。 あのシーンは自分のアニメ史上「神回」ランキングなんてものがあればトップ10に入る。 アニメ作品一つにここまで多くの人間、組織が関わってるんだなと改めて認識できる。 良い意味で期待を裏切ってくれた作品。 それまで批判的な意見も多かった2chが、第3話が放映されてからざわついたレベル。 これはもう、とりあえず3話くらいまで観てください、としか言えない。 第9位 クラナド ジャンル 恋愛、学園 話数 第1期:全23話 第2期:全24話 原作未プレイでアニメしか観てないから鍵っ子のみな ry 泣けますわ。 2期の18話、19話やばいすわ。 涙枯れ果てましたわ。 1期と2期合わせて全49話(番外編含め)と壮大なストーリー。 1期だけだとうーんって感じだったけど、2期が良すぎて評価爆上がりした。 これもアニメで十分満足してるけど、やっぱゲームやった方がいいですか? 第8位 とらドラ! ジャンル ラブコメ、学園 話数 全25話 ラブコメアニメの決定版。 かなり評価されている作品で、実際マジでおもしろい。 2クールで中だるみもないことはないけど、後半の引き込みが凄まじい。 第16話が物語のターニングポイントとなってて、そこからは止まらなくなる。 休みの日なんかに全話一気に観てほしい。 絶対に観て良かったと思える作品。 (出典:とらドラ!) 第7位 物語シリーズ ジャンル 青春怪異奇譚 話数 化物語:全15話 偽物語:全11話 猫物語(黒):全4話 セカンドシーズン:全28話 憑物語:全4話 終物語:全12話 傷物語:劇場三部作 シリーズの大ファン。 西尾維新信者乙。 でも原作信者というとこ抜きにしてもアニメおもしろい。 原作の雰囲気が、シャフトのオサレ演出と相性良すぎた。 制作がシャフトじゃなかったらここまでヒットしてないと思う。 作画、キャラデザ、声優、楽曲、どれをとっても文句なし。 ただ基本的にキャラクターの「会話劇」みたいなものなので、どうしても観る人は選ぶ。 第6位 氷菓 ジャンル 青春ミステリー 話数 全22話+OVA1話 日常の謎を解いていていく青春ミステリー。 まず原作が大好き。 というか米澤穂信先生の大ファン。 雰囲気がとても良いアニメで、淡々と物語が進んでいくけど飽きない。 2クールなのにだれない。 なかなかクセになるアニメ。 アニメ観た後に原作を再読したんだけど、とても丁寧に作られてると思った。 京アニ良い仕事した。 この「古典部シリーズ」もいいけど「小市民シリーズ」も是非アニメ化してほしい! (出典:氷菓) 第5位 天元突破グレンラガン ジャンル SFファンタジー、ロボット 話数 全27話 GAINAXのロボットアニメ。 とにかくアツい!! 最初から最後まで一貫してアツい!!ぶっちゃけ勢いに任せてる感あるんだけど、それが清々しいほどで気持ちいい。 11話のシモンが立ち直るシーンとか何回観ても目頭あつくなる。 「ロシウ!合体だっ!!」って言ってからすげえ良いタイミングで挿入歌「happily ever after」が流れてきてそっからのあのシモンのアツい名台詞。 もうやばい。 なんていうか、やばい。 (出典:天元突破グレンラガン) 第4位 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 ジャンル ファンタジー、ドラマ 話数 全11話 泣かせにきてるのが丸わかりなのに泣かされる。 まさに屈指の泣きアニメ。 全11話で観やすいし、短い中で綺麗にまとまってる。 普段アニメ観ない人にも自信もって勧めれる作品。 最後のちょっと臭い演出もぶっちゃけ好き。 関係ないけど電車の中で友達とあの花トークしてたら 友 「やっぱり俺はアナル派だわー」 って言ってきたときは流石に他人のふりした。 みんなもその辺り気をつけよう。 第3位 花咲くいろは ジャンル 青春、働く女の子 話数 全26話(劇場版1作) P. WORKSの「働く女の子シリーズ」第1弾にして傑作。 とある旅館で奮闘する少女たちの物語。 ストーリー、作画、声優、音楽、キャラクター、どれも僕好み。 オープニングのnano. RIPEも最高や! 日曜日に放映してたこともあって、観たあとに「明日からまた頑張ろう」と思えた作品。 観たら元気になれる、そんなアニメ。 劇場版もめちゃくちゃ良かった。 (出典:花咲くいろは) たくさんアニメ観てきたけど、緒花ちゃん以上のヒロインには未だに出会っていない。 花いろファンはコンパクトコレクション買って損なし!マジでおすすめ! 第2位 STEINS;GATE (シュタインズ・ゲート) ジャンル SF 話数 全24話+SPECIAL(劇場版1作) 記憶を消してまた観たい。 いわゆるタイムリープもの。 回を追うごとに物語に引き込まれていって、後半の怒濤の伏線回収は胸が熱くなってくる。 間違いなく神アニメ。 観てない人とか、最初の数話で切った人は人生損してるレベル。 1話で微妙と思った方も、続けて観てほしい。 原作のゲームも神ゲー。 未プレイの方は是非。 第1位 コードギアス 反逆のルルーシュ ジャンル SF、ダークファンタジー 話数 第1期:全25話 第2期:全25話 誰もが認める神アニメ。 この手の記事では必ずといって言いほど名が挙がる作品。 実際、誰に勧めてもおもしろいと言ってくれる。 異能力、友情、恋愛、感動、ロボ、とかいろんな要素が詰め込まれてるのに、話の軸はブレることなく綺麗にまとまってる。 1期も2期も最高の出来。 終わり方も素晴らしいと思う。 物語の展開と引きが上手くて、毎回観終わったあとに「次はよっ!次!」ってなる。 まさに観始めると止まらないアニメ代表。 (出典:コードギアス 反逆のルルーシュ) オレンジが好きだった。 アニメは動画配信サービスで観る時代! アニメ好きなら動画配信サービスは利用して損はないです。 というか使ったことない人は無料体験でいいので一度利用してみるべきです。 レンタルショップに足繁く通ってたのが馬鹿らしくなるし、何より好きな時間にテレビやパソコン、スマホで高画質なアニメを楽しめるのは最大の魅力。 アニメライフが捗る捗る。 とはいえひとえに動画配信サービスといっても種類がいくつもあって「結局どれがいいの」という人も多いはず。 てなわけで、せっかくですし僕も利用させてもらっている動画配信サービスを3つ紹介しておきます。 dアニメストア 作品数 2,200作品(2017年10月現在) 費用 月額400円 無料体験期間 31日 備考 アニメ特化型の動画配信サービス 一番のおすすめはやっぱりこれ。 アニメが好きでとにかくいろんな作品を観たいって人はdアニメストアで間違いないです。 アニメに特化したサービスなだけあって、 アニメだけで2,200作品と充実のラインナップ。 現在放送中のアニメはもちろん、過去の名作や長編シリーズもの、アニソンのPVやライブ映像、他のサービスにはないマニアックな作品など幅広くカバーしています。 PCやスマホ、タブレットなど各端末で視聴できるのはもちろん、ダウンロード再生も可能など使い勝手も良好。 何よりこれで 月額400円とコスパは申し分なし。 今回のランキングで紹介してる作品もほとんど配信されています。 アニメ好きな人はとりあえず登録して損ないです。 気になる方は一度無料体験を。 アニメだけで 2,600作品以上あります(2017年10月現在) とにかくジャンル問わず、古い作品から放送中の最新アニメまで幅広くカバーできる。 映画やドラマ作品の数も圧倒的なので、アニメに限らず多くの作品に触れられます。 スマホで動画のダウンロード再生ができたりと使い勝手も抜群。 現状このサービスだけで、映画・アニメ・ドラマと幅広くカバーできるので、アニメだけじゃ物足りないって人はこちらがおすすめ。 また他の動画配信サービスにはない、 成人向けコンテンツも観れます。 プライム・ビデオ 作品数 29,000本(2017年10月現在) 費用 年会費3,900円(月額換算325円) 無料体験期間 30日 備考 プライムビデオ以外の特典満載 みんな大好きAmazon様による動画配信サービス。 現在放映中のアニメはもちろん、過去の名作アニメも結構抑えてある。 ガンダムシリーズがほぼ全て観れたり、仮面ライダーや戦隊モノなど特撮も豊富。 洋画やアニメ映画のラインナップも充実しており、プライムビデオでしか観られないオリジナルコンテンツも多い。 何よりプライムミュージック(音楽聴き放題のサービス)など他のAmazonサービスも利用できて、この年会費用はかなりコスパが良い。 動画配信サービスを初めて使ってみるって人にもおすすめ。 etc... まとめ 以上、 絶対に観ておきたい、おすすめの神アニメをランキング50でした! 結局コードギアスかよっ!!っていうね。 そして全体的には知名度の高い有名作が多くて真新しさがない件。 まあでもおもしろいから仕方ない。 意外にもラブコメとかコメディ系が多かった。 んで割と新しいアニメが多い、記憶に残ってるからかも。 そしてPA作品が目立つ。 本当に僕の好みをついてくる。 とまあそんな感じでした! 気になる作品あったら是非観てみてください! miyabi41.

次の

爆笑アニメランキング おもいっきり笑えるアニメ!

ギャグ アニメランキング

『瀬戸の花嫁』は木村太彦による漫画原作のアニメで、2007年に放送されました。 彼女はある日、溺れていた主人公・満潮永澄 みちしおながすみ を助け出します。 2人は掟に従い結婚を決断したものの、永澄の父とその仲間たちが大反対。 なんとかして「人魚」を殺そうとしてきます。 特殊な状況に置かれた2人と、その周囲を描くドタバタラブコメディ作品です。 アニメとして非常にテンポが早く、笑いながらサクサクと見れるのも大きな特徴。 ヒロインである人魚・瀬戸燦もとても可愛らしく、彼女の活躍ぶりが見どころになっています。 原作サンドロビッチ・ヤバ子と作画MAAMが贈る、コミック作品の『ダンベル何キロ持てる?』。 2020年1月現在も連載中で、2019年の7月から9月にはアニメ化もされました。 とにかく食べることが大好きな女子高生・紗倉ひびきはある日、太ったと指摘されたことを機にジムに通うことに。 そこで美人優等生・奏流院朱美と出会い、ひびきは筋トレの世界へと深く足を踏み込むことになるのでした。 美少女キャラたちが筋トレに励む、日常系ほのぼのアニメである本作。 強めのギャグ要素もあり、マッチョキャラなど登場人物も個性も豊かで、見どころ満載です。 さらに、正しいトレーニング方法などの解説もあり、筋トレを始めたい方にもおすすめの作品ですよ。 2010年から「月刊コミックフラッパー」にて連載中の漫画で、2012年の「全国書店員が選んだおすすめコミック」では4位を獲得するほどの人気を誇る作品です。 アニメは2014年1月から5月まで放送されていました。 授業中に教師の目を盗んで一人遊びをしている男子生徒・関と、彼の行動を観察し、時には妨害したり参加する女子生徒・横井の物語です。 その、関の一人遊びがぶっ飛んでいるのです。 机の穴でゴルフなどありきたりなモノはもちろん、一人将棋やチェス、ドミノ倒しをしたり、さらには砂金採りなど、一人遊びを超越したものばかりです。 机の上での一人遊びが、実は無限の可能性を秘めている事がわかると共に、次はどんな一人遊びを始めるのか気になってしまう作品です。 月刊アクション連載の中村カンコによるホームコメディ漫画『うちのメイドがウザすぎる!』が原作で、アニメはAT-XやTOKYO MXなどで2018年10月から12月までに全12話が放送されました。 高梨ミーシャはロシア人の血を引く少女で小学2年生。 ある日新しい家政婦の鴨居つばめが家にやって来ますが、なんと彼女は元自衛官でド変態級の幼女好き!ミーシャとつばめのドタバタ・ホームコメディが始まります。 インドア派のミーシャと、前職の知識を活かして家政婦の仕事をバリバリこなすつばめの両極端なキャラクターの対決が見どころ。 つばめの奇妙な言動に辟易しながらも、逆にそのおかげで不登校を克服したり登山などのアウトドアを体験したりと、性格も明るく変化していく様子が描かれます。 『ちおちゃんの通学路』は「月刊コミックフラッパー」にて川崎直孝が連載していた漫画作品で、2018年7月から9月にかけてアニメが放送されました。 主人公は女子高生の三谷裳ちお みやもちお。 いつも遅刻ギリギリな彼女の登下校にはトラブルが付き物でした。 遅刻ギリギリという焦燥感を利用したテンポの良さが、本作の大きな特徴です。 不良のバイクを目の前で傷つけてしまったり、ホームレスのおじさんに絡まれたり……。 三谷裳ちおが一体どう切り抜けるのかを楽しむことのできる、ドタバタギャグコメディです。 また、ゲームが大好きな「三谷裳ちお」の独特な感性にも注目。 1,000円を超えると「ゲームが買える……」とつい比較してしまいがちな金銭感覚は、共感できる人も多いかもしれません。 「月刊少年エース」で連載中の漫画です。 アニメは『機動戦士ガンダム』シリーズで知られるサンライズが制作し、2004年4月から2011年4月まで放送され、2010年4月から2011年4月まで『ケロロ軍曹乙』が放送されました。 地球侵略を目論む宇宙人 ケロン人 のケロロ軍曹が、地球の日向家に居候しながら、日々作戦を練っては失敗するドタバタコメディアニメです。 おバカなケロロ軍曹をはじめ、ケロロ小隊の部下たちや、そのパートナーとなる人間たちとの絡みが面白いです。 本気で侵略しようとしているのに、最終的には自滅してしまうケロロ達がおもしろおかしい非日常を過ごしていて、くだらないけど笑ってしまう、そんな作品です。 子供向けに見えますが、他のアニメのパロディやオマージュも含まれているので、大人も楽しめます。 『ヤングアニマル』にて連載中の、tugenekoによるコミック作品『上野さんは不器用』。 さわやかなエロが描かれていると話題になった同作を基に、2019年1月から3月にはアニメ化もされました。 とある中学校の科学部長・上野は、後輩かつ部員・田中に想いを寄せていました。 しかし彼は天然でどこか抜けており、上野の好意に全く気付くことがありません。 天才でヘタレな上野と鈍感な田中のラブコメを中心に展開されるこの作品。 基本的に1話完結型で、上野の発明品はかなり斬新なものばかり。 下ネタ要素強めですが、ぶっ飛んだストーリー展開でついつい見入ってしまうコメディアニメです。 アニメは2011年10月から12月まで第1期が、2013年1月から3月まで第2期が放送されていました。 聖クロニカ学園に転校してから、外見のせいでヤンキーと思われ友達ができない羽瀬川小鷹が、同級生の三日月夜空と出会い、彼女が所属する「友達を作る部活」通称・隣人部に入部し、残念な性格のため友達がいない美少女たちと学園生活を楽しむストーリーです。 日常っぽいのにどこか非現実なところにドはまりすること間違いなしです。 『ガヴリールドロップアウト』は、うかみによる同名漫画が原作の2017年アニメ作品。 天使として超優等生で、非常に優しい心を持っていた主人公「ガヴリール」は、天界の天使学校を首席で卒業。 更なる修行のため人間界へやってきました。 しかし、そんな超優等生の彼女は、人間界で「ゲーム廃人」になってしまい引きこもりに。 気付けば優しい心も蝕まれ「全ての人を幸せにする」という夢も「人類なんか勝手に滅んでください」に変化。 しかしそんな彼女を、悪魔の友達・ヴィーネが献身的に介護し、なんとかやる気を出してもらおうと画策しているさまが微笑ましいです。 悪魔なのに天使みたいな優しさを見せるヴィーネと、かつて神童とまで謳われた天使なのに自称・駄天使と化したガヴリールの日常を描いた、ゆるふわギャグコメディ作品です。 大川ぶくぶによる4コマ漫画のブラックコメディで、2017年までにまんがライフWINでシーズン3まで掲載されました。 アニメはTOKYO MXやBS11などで2018年1月から3月までに全12話が放送されました。 14歳のポプ子とピピ美のナンセンスな日常を描いたギャグアニメで、1980年代後半からのアニメやゲーム、ドラマなどのパロディが満載!公式が率先して「クソアニメ」と呼ぶなど自虐ネタもエッジが効いています。 主人公のポプ子とピピ美の声優が毎回変わっていることも驚き!各話どころか前半と後半の各パートごとに違う声優が担当し、三ツ矢雄二と日高のり子や、古川登志夫と千葉繁など、大御所たちの共演も大きな話題となりました。 ビーノによるコミック『女子高生の無駄づかい』。 『ニコニコ静画』で連載が開始し、その後には商業化され、2020年1月現在は『コミックNewtype』にて連載中の作品です。 2019年7月から9月にはアニメ化され、2020年には実写ドラマも放送予定になっています。 少し残念な女子高生が集まったさいのたま女子高校。 個性が強いキャラクターとテンポの良いストーリーが魅力的。 思わず吹き出してしまうようなシュールな笑いもあり、見ていると元気が出ます。 脱力感もあって、ゆるっと見られる作品ですよ。 『天才バカボン』は赤塚不二夫の漫画が原作で、1971年から2000年まで、計4回のアニメシリーズが放送されているアニメです。 ストーリーは、自由人のパパと優しいママ、少しおバカな長男・バカボンと次男で天才のハジメの4人家族と、近所の人々が織り成すドタバタが笑いを誘う日常ギャグアニメです。 原作者の赤塚不二夫は1962年に『おそ松くん』『ひみつのアッコちゃん』で、一躍人気作家になり、その後1967年には『天才バカボン』が脚光を浴び、伝説的ヒットを残しました。 過激な描写の多かった原作と比べると、アニメ版はよりコメディタッチで見やすいストーリーに大幅に書き換えられており、原作よりもギャグ要素が強めになっています。 高校生でありながら人気少女漫画家の顔を持つ無口な男子高校生、野崎梅太郎とヒロインで同じ高校に通う佐倉千代が繰り広げる学園コメディ作品です。 学園でも人気の野崎に恋心を抱いていた佐倉、ある日佐倉は勇気を振り絞り野崎に告白するが、何を取り違えたか佐倉は漫画のアシスタントになってしまいます。 無口で無愛想、漫画の事しか頭にない野崎に振り回される佐倉ですが、同じアシスタント仲間や野崎の家族など親しくなっていきます。 そんな佐倉のことなど気に掛けない野崎でしたが、実は自身が描く漫画のヒロイン「マミコ」のモデルは佐倉でした……。 クスッと笑えるコメディ要素の面白さに加え。 イケメンキャラが多数登場することでも人気のこの作品。 イケメン好きの方にもおすすめです。 原作は大武政夫のSFギャグ漫画『ヒナまつり』で、アニメは2018年4月から6月までにAT-XやTOKYO MXなどで全12話が放送されました。 若手ヤクザ・新田の部屋に、突然未来からヒナと名乗る少女が出現!しかもヒナは超能力者で、その能力を恐れて新田は彼女を追い出せずに同居することに。 常識を知らないヒナに振り回されつつも、お互いに協力して信頼を得ていきます。 ヒナは美少女なのにズボラで非常識だったり、新田は金髪オールバックの若手ヤクザなのに家事全般が得意だったりと、ここにもギャップ萌え要素が!甲斐甲斐しくヒナのお世話する新田が、次第にヒナと本物の親子のようになっていく様子が微笑ましくもあります。 『ぐらんぶる』は、井上堅二原作・吉岡公威作画による漫画があ原作のアニメ。 2018年7月から9月にかけて放送されました。 「大学生活」と「スキューバダイビング」が、この作品のキーワードです。 そんないつもふざけてばかりの男たちがいざスキューバダイビングとなると目をキラキラと輝かせ、純粋無垢な子供のようになるギャップは愛らしく感じてしまうかも。 男たちが送るギャグ感満載の姿が面白い作品ですが、女性キャラクターたちは美少女ばかり。 温厚だけどシスコン気味なお姉さんキャラや、ツンデレだけどチョロい幼馴染などなど……。 萌え要素も盛り沢山な作品です。 2013年から角川スニーカー文庫で刊行されている暁なつめによるライトノベル『この素晴らしい世界に祝福を!』が原作。 漫画が2014年から月刊ドラゴンエイジで連載され、アニメは2016年に第1期全10話、2017年に第2期全10話がTOKYO MXなどで放送されました。 1つだけ希望するものを異世界へ持っていけると聞いた和真は、なんと女神アクアを連れて行くことを希望し、2人で異世界「アクセルの街」に降り立ちます。 各メディアで幅広くメディアミックスされている人気作!漫画やアニメの他、2017年にPlayStation用ゲームソフトとして発売され、2019年には劇場版『この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』も公開されました。 2015年からヤングアニマルに連載されている涼川りんのギャグ漫画『あそびあそばせ』が原作。 アニメはAT-XやTOKYO MXなどで2018年7月から9月までに全12話が放送されました。 キャラクターの見た目と内面の違い、それに加えて展開されるシュールなギャグや彼女たちの顔芸が引き起こすギャップ萌えにハマること間違いなし。 可憐なキャラクターたちが平気で下ネタまでグイグイ入れてくるため、独特の笑いを生み出しています。 『銀魂』は空知英秋原作の漫画で2006年から2018年まで、第4シリーズに渡り放送されたアニメです。 江戸時代末期の異星人・天人の襲来から20年後が舞台。 剣術道場の跡取り息子でありながらヘタレな性格で、アルバイトをして生計を立てている志村新八は、ひょんなことから風変りな男・坂田銀時と出会い、銀時の経営する「何でも屋万事屋」で働く事になります。 万事屋の依頼を通して、江戸の町で起こっている不可解な出来事に首を突っ込んでいく銀時と新八たちの人間模様をギャグタッチで描いたドタバタコメディです。 また、思いっきり笑える日常系の話から、シリアスで壮大な話まで楽しめることも魅力の1つです。 原作そのままの面白さなので原作ファンの方にもおすすめです! あらゐけいいちによるコミック作品を原作とした『日常』は、2011年4月から9月まで放送されました。 制作は京都アニメーションが担当しています。 時定高校に通う、妄想しがちな女子高生・ゆっここと相生祐子。 彼女の周囲にはロボットがいたり、鹿がいたり、歩いていると鮭やこけしが飛んできたりと、シュールかつ不思議なもので溢れていました。 のんびりと平和なムードで進む本作。 日常系ギャグ作品でありながらも、ストーリーはしっかりと構築されており、飽きることなくあっという間に見終わってしまいます。 そして、京アニの安定した作画で描かれているので、安心して見られる作品です。

次の