夫婦 別姓 漫画。 漫画|夫婦別生(姓)【第2話】の結末ネタバレ・感想!優大の策略

漫画|夫婦別生(姓)【第2話】の結末ネタバレ・感想!優大の策略

夫婦 別姓 漫画

アラフィフ既婚男性です。 うちは妻が私の姓に変えています。 まあ、アラフィフですから(笑) 個人的には夫婦別姓に反対はしませんが、男女平等についていろいろ調べた内容と結婚後の経験からいえば「別姓は女性に必ずしも有利にならない」と考えます。 もちろん選べるようにするのはそれでいいのですが、それでもたぶん7割近くは夫の姓に変える方を選ぶと推測しています。 以下理由 まず根本的に「なぜ欧米は男女別姓なのか?」です。 殆どの国がいまでは選択的別姓を選べるわけですが、以前はほとんどの国で「夫の姓」しか選べませんでした。 ここで良く勘違いが起きるのですが、欧米の「夫の姓しか選べない」というのは法律で義務だったということです。 日本では「夫の姓しか選べない」という法律は一切無く、婿に入れば妻の姓も選べました。 なぜ法律で「夫の姓」に限定されていたのか、そして今では別姓も選べるのか?というと「当時の欧米女性には相続権がなかったから」です。 つまり自分に相続権がないので結婚すると「夫の被保護者」になるしかなく、子供と同様に妻に対しても夫が身元保証するので「夫の姓になる=夫に所属する被保護者になる」ということだったわけです。 これが女性解放運動で変革します。 まず「女も大人になれば男同様に自立する」ということです。 つまり結婚しても「夫に所属する被保護者」ではなく「自分の力で自立した1人の権利者」に変化したわけです。 となれば、選択的とはいえ「自分の姓をそのまま名乗る」ことが可能になるし、そうしないと「自分の諸権利を守れない」とされたわけです。 諸権利とはなにか?それは「相続権や財産権」であったわけです。 日本はどうだったでしょうか? 日本ではむしろ明治になって西洋的な家父長制が入ってからのほうが、男の役割が増大したのですが、とはいえ相続権までは変化しなかったのです。 つまり「夫が婿入りしても、妻が相続して実権を握ることが可能」であったわけです。 日本で結婚した男女が「同じ姓」を名乗るのは西洋とは全く意味が違います。 それは「どちらの親から生活の糧を引き継いだか? 」で決まったのです。 だから武家や農家などでも男児がおらず婿養子を取るなら、妻側の姓に改姓されたのです。 そのような歴史を持つ日本において、近年なぜ男女別姓が取りざたされるようになったのか?といえば「欧米同様に女性が解放される必要があるから」です。 私はこれに異存はありませんので、別姓にしても良いと思います。 ただ、日本の女性達が本当に欧米の女性達のように「自分の力で自立した1人の権利者」として成立しているとは私は思えません。 なぜなら「自分の力で自立」するということは「自分で自分を守り、自分の所得で生活を賄う」ということだからです。 これはつまり「夫の所得で暮らす」事を望んでいるわけであり「夫に所属する」事を望んでいる、ということになるわけです。 ただ、欧米と最も異なるのは「とはいえ、日本では妻が夫の所得を完全に管理するので、単なる被保護者ではない」ということです。 ここで重要なのは「夫婦別姓は男性にとって『妻に所得を渡す必要性が無いことを認識させてしまう』ということ」なのです。 これは欧米の女性解放からみれば当然のメカニズムです。 欧米では(法律によって)自分の所得を持つことができない女性は「夫に帰属する」しかなく、その結果「夫の姓を(法律で)強要されていた」わけで、自分の所得を持つ(自分で仕事をする)ために、自分の姓を名乗ることが同時に許されるようになった、わけですから、日本は「妻は夫の姓に入ることによって、妻として夫の給料を管理することができるようになる(婿入りの場合は妻の姓なので、夫の所得はそもそも無い)」わけです。 ということは妻が別姓を「得たい」と思うのは「妻が結婚前から所得を持ち、それを手放したくないから」であることは明確であり、となれば夫の側も「妻が自立した所得を持った状態で結婚するのに、なぜ自分の所得を妻が管理するのか?」ということになっていくわけです。 つまり日本では欧米とは違う家計管理の在り方があって、妻が管理するという女性に有利な条件があったのですが、夫婦別姓はそれを否定してしまうのです。 その結果、別姓が合法になったとしても「夫の所得を握り続けたい」という従来型の妻の在り方がそう簡単にかわるわけではありませんので、今現状「結婚したら専業主婦になりたい」と望む7割の女性達は「夫の姓に変更して、夫の所得を握り続けたい」と考えると私は思います。 自分は夫婦別姓賛成派の男性なのですが、そもそも必ず夫の姓にする風潮がまず駄目なんだと思いますね。 両方とも選択出来るのに、最初から女性が改姓しない為には、別姓にしろみたいになっていて非常に違和感を感じています。 妻の姓を選ぶ選択肢が存在しないので完全なる女性差別になっていますよ。 まず夫の姓を選ぶのが当たり前だと思っている、女性差別主義者男が存在している事がかなり問題です。 男なんざ 歴史的にも全然役に立っていない事が証明されているのに本当夫の姓を選ぶ必要はありませんよ。 夫の姓に変わって幸せになれた日本人女性は存在しません。 男尊女卑思想の日本人がいつまでも存在し続ける限り 夫婦別姓を選べるようになっても無意味だと思いますね。

次の

夫婦別姓のメリット・デメリットについて知りたい!子どもに与える影響、戸籍などの手続きについて│ホプラス|女性の資格・転職・就職・キャリアアップをサポートするメディア

夫婦 別姓 漫画

>どうすれば良いですか? どうする必要もありません。 「結婚しないと懲役10年以下の刑に処す」というような法律は、今のところこの国には無いようです。 「夫婦別姓が認められないなら・・・」も何も、現状でそれは認められていません。 普通の大人は、「法制度の枠内で生活しよう!」と、自己の欲求を抑制的に考えるものです。 それから、「どうせ事実婚しか・・・」ですが、事実婚とは、法律上の要件は満たしていないものの、事実上の婚姻関係を指します。 これは結婚と言うことです。 結婚とは、男女が夫婦になるということです。 戸籍制度は大昔に一度作られたものの、その後ほぼ廃絶となり、明治維新後に復活しています。 ではその間、この国に「夫婦」がなかったのかと言えばそうではありません。 むしろ戸籍制度が無い期間の方が長いのです。

次の

夫婦別姓【第3話】結末の濃いネタバレ&考察感想!優大の土下座!?

夫婦 別姓 漫画

この記事の内容はこちら・・・• 今後の展開や発売日を予想! 現在夫婦別生の漫画最新話は11話となっております。 下の記事では12話以降の発売日や、今後の展開を予想しております。 夫婦別生最終回結末までネタバレ!9話10話11話12話! 夫婦別姓漫画の最終回・結末の内容を知りたい!という方も多いと思います。 夫婦別姓の漫画は現在も連載中であり、完結しておりません! 漫画が完結し次第、最終回結末のネタバレまで追記させていただきます! 夫婦別生漫画ネタバレまとめ!1話から8話! まずは、夫婦別姓 夫婦別生 の漫画を1話から8話までネタバレさせていただきます。 この記事では、内容をかいつまんで紹介しておりますので、より詳細なネタバレが知りたい方はそれぞれの記事を読んでみてくださいね! 夫婦別姓漫画1話ネタバレ! この漫画のメインの登場人物は二人。 夫・優大と、妻・美奈子。 夫優大は若くして年収1000万円の優しい雰囲気のイケメン。 妻・美奈子は美人のようですが、 「周りからしあわせにみられなきゃ生きている意味ない!」と考えている自己承認欲求の高い女性です。 SNSの投稿はキラキラしたオシャレなものばかり。 夫・優大は美奈子の好きにしても何も言わないと、甘えており好き放題。 専業主婦のようで、今日も友達とランチを楽しんでおりました。 旦那が何も言わないことは、友達からも「いい旦那さん見つけたね〜」とうらやましがられておりました。 そんな時友達から 「愚痴夫」というツイッターのアカウントのことを知らされます。 愚痴夫を覗いてみると、 「嫁にワインフェスに無理やり連れてこられた。 」 「俺が運転だから飲めねえしマジでだるい・・・」 と呟かれておりました。 偶然にも美奈子も同じ時期に、ワインフェスに行っておりました。 まさか旦那のアカウント・・・? と考えるものの、美奈子たちはお互い不満のないオシドリ夫婦。 自分には関係ないと思い込んでおりました。 美奈子と優大は、会社の同僚でそこで出会ったようです。 害がなさそうな優大に対して美奈子は、本心を語ってしまいますが、優大はそれを受け入れてくれました。 そして、優大からの告白。 美奈子は優大は人望もあり出世コースに乗っているエリートということもあり、結婚したということが明らかになりました。 そして、「愚痴夫」をみることが日課になっておりました。 自分には関係ないと思っていた「愚痴夫」ですが、自分の生活とリンクしていることに気づきます。 でも、 優大は美奈子にすごく優しいのです。 「愚痴夫」が優大のはずがない。 うちは幸せな家庭だよね、と気になるところで夫婦別姓漫画1話は終わりました。 夫婦別姓漫画2話ネタバレ! 愚痴夫には相変わらず、自分に対する悪口なようなツイートがされておりました。 美奈子は不安に押しつぶされそうになっておりました。 自分たちは幸せな家庭のはず・・・。 しかし、愚痴夫には、 「嫁との関係はもうダメかも」 と呟かれており、さらに不安になっていきます。 離婚が頭をよぎります。 思い切って美奈子は、優大に謝罪し、愚痴夫のことを問いただします。 これは優大のアカウントなのではないか。 しかし、 優大は否定します。 自分ではない。 優大はSNSには疎いという。 安心する美奈子。 優しい笑顔の優大。 うちは大丈夫と安心しておりました。 しかし、愚痴夫には、「 まあ上手くいったかな・・・、 とりあえずこれからも様子見」 というつぶやきが・・・。 再び不安に落ちる美奈子。 美奈子は愚痴夫がつぶやかれるたびに、ビクビクしてしまい理想の妻になれるよう四苦八苦。 実は愚痴夫は優大のアカウントだったのです。 優大は美奈子をみて、周りからの評判を気にしていて操りやすいと思っていたのです。 だから、愚痴夫を使い、美奈子を操っていたのです。 計画通りと、優大は微笑んでおりました。 優大のしたたかさに恐怖を感じました。 ここで夫婦別姓漫画2話は終わりました。 夫婦別姓漫画3話ネタバレ! 3話は夫・優大の視点で始まります。 優大は仕事は完璧で、車内の評判も抜群。 後輩・又吉からも尊敬の眼差しを浴びておりました。 一方美奈子は、相変わらず愚痴夫にビクビク。 つぶやきの内容をみて、家事を手伝ったりしておりました。 優大はこのように人を操りたいと思うのようになったのは、幼少期にきっかけがあったのです。 優大は、 母親に見捨てられておりました。 だから誰よりも人を操って、幸せになると意気込んでいたのです。 夫婦別姓漫画4話ネタバレ! そんな優大の愚痴夫に転機が訪れます。 いつも通り美奈子の愚痴をつぶやくと、 言いすぎではないかと反論がきました。 当然美奈子ではありません。 あまり気にせず、今度は愚痴夫を使い、美奈子を働きに出させることに成功します。 ところが、 会社に復帰したことをきっかけに、帰りがおそくなります。 どうやら後輩・又吉と遊んでいるようです。 家事の方もしておらず、愚痴夫もみていないようです。 だんだん思い通りにならず、 イライラする優大。 ここで4話は終わります。 夫婦別姓漫画5話ネタバレ! 優大は、美奈子を操れなくなり仕事でもぼーっとしていることが多くなりました。 周りからもイライラしていると噂されるように。 限界に達し優大は、美奈子に又吉と不倫しているのではないかと追及しました。 証拠も揃っている。 謝ってこい・・・、と思う優大でしたが、美奈子は、 私と別れてください と言われてしまいます。 予想外の答え。 美奈子は去っていきました。 美奈子が去り、優大のメンタルはボロボロ。 仕事にも影響が出ておりました。 実はこれを仕組んだのは、 後輩の又吉であることが判明しました。 夫婦別姓漫画6話ネタバレ! 美奈子と優大の別居は社内でも話題に。 美奈子の不倫が原因ですが、その噂はだんだん社内に広まっていきます。 会社に居づらくなってきた。 でも、美奈子には又吉が心の支え。 又吉は美奈子の心をがっちりつかんでおり、愚痴夫をみなくていいといったのも又吉でした。 又吉がいれば、他は何もいらないと考える美奈子がおりました。 夫婦別姓漫画7話ネタバレ! 又吉と美奈子の不倫は完全に社内にバレてしまいます。 でも 又吉がいれば大丈夫と、今日も又吉の家でご飯を作っております。 しかし、又吉の反応は、 「うわっ、また来たんだ」 言葉がでない美奈子。 不倫をバラしたのも又吉であることも判明! 美奈子と不倫をした理由は、優大がうざかったから。 完璧な優大の生きがいである美奈子を奪ったことで、又吉はもう満足していたのです。 だから もう美奈子はいらない。 怒る美奈子に笑顔で平手打ちする又吉。 いくあてもなく、自宅に帰る美奈子。 そこには優大がソファーで寝ておりました。 優大は少しやつれているようです。 いまのうちに荷物をまとめよう。 しかし、優大は起きてきました。 夫婦別姓漫画8話ネタバレ! 久々に会う優大と美奈子。 美奈子はすぐに帰ろうとしますが、優大は土下座で謝罪。 美奈子がいないとダメだ、戻ってきてほしい。 その言葉に嘘は感じられないようです。 しかし、 美奈子はもう優大を信じられません。 離婚を決意したのです。 美奈子は これからは誰にも振り回されずに生きていくと決意しました。 翌日会社にいくと、又吉に叩かれたあざが注目のまとに。 又吉に暴力を振るわれてかわいそう。 美奈子は話題の中心になりました。 すると、誰にも振り回されないと思っていた美奈子から、再び承認欲求が・・・。 美奈子はやっぱり変われなさそうです。 ここで8話は終わりました。 夫婦別姓漫画を無料で読む方法! 夫婦別姓 夫婦別生 の1話2話3話4話5話6話7話8話のネタバレを紹介させていただきましたが、 漫画を読んでみたい!という方も多いのではないでしょうか。 実は 夫婦別姓の漫画を無料で読めてしまうお得な方法が存在してしまうのです。 しかも が行われているので必見です! 下のボタンからへ飛ぶことができます。

次の