特定の文字を含むセルを抽出。 「○○という文字列を含む場合」「含まない場合」で表示内容を変える関数【Excel】

「○○という文字列を含む場合」「含まない場合」で表示内容を変える関数【Excel】

特定の文字を含むセルを抽出

pandasで特定の文字列を含む要素を持つ行を抽出する方法について、以下の内容を説明する。 行を抽出(選択)する方法• 完全一致• 部分一致• str. contains : 特定の文字列を含む• 引数 na: 欠損値 NaNの処理• 引数 case: 大文字小文字の処理• 引数 regex: 正規表現パターンの使用• str. endswith : 特定の文字列で終わる• str. startswith : 特定の文字列で始まる• str. match : 正規表現のパターンに一致する 部分一致する行を抽出して抜き出すためには、pandasに準備されている文字列メソッド( str. xxx )を条件に応じて使う。 ここではブールインデックスを用いたレガシーな方法を説明するが、 query メソッドを使うとより簡潔に書ける。 以下の記事を参照。 関連記事: 今回は例として以下のデータを使用する。 str. str. str. contains '? str. contains '? str. ' 0 False 1 False 2 True Name: name, dtype: bool.

次の

「○○という文字列を含む場合」「含まない場合」で表示内容を変える関数【Excel】

特定の文字を含むセルを抽出

特定の文字を含むセルだけを表示する方法 特定の文字が含んでいるセルだけを表示させる方法を、3つ紹介します。 特定の文字が含んでいないセルは表示させません。 COUNTIF関数を使って特定の文字を含むセルを表示 A列に「社員番号」が入力されています。 B列に「AQ」が含まれている、「社員番号」だけ表示させます。 B2に、「AQ」が含まれている「社員番号」だけ表示させ、含まれていない場合は「空白」を表示させる式を入力しましょう。 「AQ」が含まれている「社員番号」だけが表示されました! 「AQ」が含まれていない「社員番号」は、表示されません。 空白になっています。 SEARCH関数を使って特定の文字を含むセルを表示 A列に「型番」が入力されています。 B列に、「BN」が含まれている「型番」だけ表示させます。 SEARCH関数を使うと、「BN」が含まれていない場合「 VALUE! 」になるので、「エラー」になった場合、IFERROR関数で「空白」を返すようにします。 B2に、「BN」が含まれている「型番」だけ表示させ、含まれていない場合は、「空白」にする式を入力しましょう。 「BN」が含まれている「型番」だけが表示されました! 「BN」が含まれていない「型番」は表示されません。 FIND関数を使って特定の文字を含むセルを表示 A列に「エリア」が入力されています。 B列に、「東京都」が含まれている「エリア」だけ表示させます。 FIND関数を使うと、「エリア」が含まれていない場合「 VALUE! 」になるので、「エラー」になった場合、IFERROR関数で「空白」を返すようにします。 B2に、「東京都」が含まれている「エリア」だけ表示させ、含まれていない場合は、「空白」にする式を入力しましょう。 「東京都」が含まれている「エリア」だけが表示されました! 「東京都」が含まれていない「エリア」は表示されません。 関数の説明 COUNTIF関数 COUNTIF関数は範囲から検索条件に一致する値を探しだし、一致するセルの個数を返します。 COUNTIF関数の書式と引数 COUNTIF 範囲,検索条件 範囲 検索する範囲を指定します。 検索条件 検索する条件を指定します。 COUNTIF関数の使い方 セル範囲「A1:A10」に「商品名」が入力されています。 「商品名」が「ノート」と一致するのセルの個数をCOUNTIF関数で返します。 SEARCH関数 指定された文字列を他の文字列の中で検索し、その文字列が最初に現れる位置を左端から数えて、その位置を番号で返します。 SEARCH関数の書式と引数 SEARCH 検索文字列,対象,[開始位置] 検索文字列 検索する文字列を指定します。 検索文字列が見つからないときは、エラー値 VALUE! が返されます。 対象 検索文字列引数に指定した値を含む文字列を指定します。 開始位置 検索を開始する位置を指定します。 省略した場合は、開始位置は1になります。 開始位置が対象の文字数よりも大きい場合は、エラー値 VALUE! が返されます。 SEARCH関数の使い方 A列に「コード」が入力されています。 B列に「#」が左から何番目に位置するかを、SEARCH関数を使って表示させます。 結果は「5」を返します。 「#」は左から5番目です。 FIND関数 指定された文字列を検索して、その文字列が最初に現れる位置を左端から数えて、その位置を番号で返します。 FIND関数の書式と引数 FIND 検索文字列, 対象, 開始位置 検索文字列 検索する文字列を指定します。 検索文字列が見つからない場合、エラー値 VALUE! が返されます。 対象 検索文字列を含む文字列を指定します。 開始位置 検索開始位置を指定します。 省略すると、開始位置は1です。 FIND関数の使い方 A列に「コード」が入力されています。 B列に「コード」を検索し「@」が最初に現れる位置が、左端から数えて何番目かをFIND関数で返します。 結果は「6」を返します。 「 」は左から6番目です。 IF関数 エクセルIF関数は、指定された条件を評価した結果がTRUE の場合は指定した値を返し、評価した結果が FALSE の場合は別の値を返します。 IF関数は、エクセル関数の中で使用頻度が高い関数です。 IF関数の書式と引数 IF 論理式,真の場合,偽の場合 論理式 条件式を指定します。 真の場合 論理式がTRUEの場合に返す値を指定します。 偽の場合 論理式がFALSEの場合に返す値を指定します。 省略するとFALSEを返します。 IF関数の使い方 A列に科目毎の「平均点」が入力されています。 IFERROR関数 数式がエラーの場合、指定した値を返します。 それ以外は数式を返します。 IFERROR関数の書式と引数 IFERROR 値, エラーの場合の値 値 エラーかどうかチェックする値を指定します。 エラーの場合の値 数式がエラーと判断された場合に返す値を指定します。 IFERROR関数の使い方 A列に「合計金額」B列に「販売数」が入力されています。 IFERROR関数は2007以降の関数です。 エクセルで、特定の文字が含まれているセルだけを表示させる場合、IFERROR関数とISERROR関数を使っています。 この2つの関数は、エラーを表示させたくない時に使う関数です。 IFERROR関数は2007以降に登場した関数で2003エクセルにはありません。 IFERROR関数と同じ機能で使うには、ISERROR関数とIF関数を組み合わせて使います。 エクセル2003ではISERROR関数とIF関数を組み合わせて使いましょう。 こちらの記事もご覧ください。

次の

VLOOKUPで複数結果を全て抽出・表示する方法/重複したときに2番目以降も抽出できる?

特定の文字を含むセルを抽出

A ベストアンサー 同じ質問が結構よく出てますが、そんなに初歩的でもありません 別シートのA1セルに「100円」と入力し、そのシートの任意のセルに以下の式を貼り付けて下さい。 後は、下方向、右方向にコピー。 A:A,LARGE INDEX Sheet1! Book2の中で列D・列F・列Iの3列を参照し、別シート(Book4)のA1セルに入力した文字列と一致する文字を含む行全体を、Book4のA3セル以下に抽出するための関数を探しています。 画像の例は、「北海道」という文字列を3列のいずれかに含む行だけを手動で貼り付けたものなのですが、この処理を関数を用いて自動で行いたいのです。 参照したい文字列(北海道)は、3つの列にランダムに含まれている状態です。 元データ(Book2)を更新すれば、別シート(Book4)がリアルタイムに自動で生成されるようにしたいので、関数を使った方法で行いたいと思っています。 ご教示お願い申し上げます。 A ベストアンサー こんばんは! 一例です。 元データは「Book2」のSheet1にあり、表示するのは「Book4」のSheet1とします。 Book4・Sheet1のA1セルに検索したい文字列を入力し、そのデータを表示させます。 xlsx]Sheet1! xlsx]Sheet1! A:A,SMALL [Book2. xlsx]Sheet1! というのが前提です。 複数のセルがHITすると関係ないセルの値が返るので、 場合によっては、IFをかぶせてCOUNTIFで確認した方が良いかもしれません。 動作の概要 【検査範囲】から【検査値】を探し、 最初にHITしたセルについて、右隣のセルの値を返す。 以上ご参考まで。 というのが前提です。 複数のセルがHITすると関係ないセルの値が返るので、 場... Q 下のような「得点」という名前のシートがあります。 (「田中」のセルがA1です。 ) [ 田中 ][ 10 ][ 200 ] [ 山田 ][ 21 ][ 150 ] [ 佐藤 ][ 76 ][ 250 ] [ 鈴木 ][ 53 ][ 350 ] 別のシートのA1セルに、「佐藤」と入力すると、 [ 佐藤 ] 「得点」シートから「佐藤」の列を見つけて、B1、C1に [ 佐藤 ][ 76 ][ 250 ] のように表示させたいのですが、B1、C1にはどのような式を書けば良いのでしょうか。 「得点」シートでは氏名が重複する事はありません。 IF文を使うと思うのですが、いまいち良く分かりませんでした。 よろしくおねがい致します。 Q 説明が難しいのですが、以下のようなAとBの2つのシートがありまして、BシートのA列にある条件がAシートのA列の歯抜の状態で入力されてます。 これにBシートのB列に、AシートのB列を表示したいという状況があります。 具体的なイメージは、以下の通りです。 説明が難しいのですが、以下のようなAとBの2つのシートがありまして、BシートのA列にある条件がAシートのA列の歯抜の状態で入力されてます。 これにBシートのB列に、AシートのB列を表示したいという状況があります。 具体的なイメージは、以下の通りです。 0 以上の表から別のシート2にAさんだけの行を抽出するには、どのようにすれば良いのでしょうか? INDEXやMATCH・LOOKUPを使っていろいろ試したのですがイマイチうまく行かないもので・・・。 0 このような感じです。 よろしくお願いします。 0 以上の表から別のシート2にAさんだけの行を抽出するには、どのように... A ベストアンサー こんにちは! 極端にデータ量が多い場合はおススメできませんが・・・ 一気に表示する方法です。

次の