ガンダム アブル ホール。 1/144スケールでガンダムアブルホールを製作しようと考えているのですが...

ガンダムアブルホールとは (ガンダムアブルホールとは) [単語記事]

ガンダム アブル ホール

MG ガンダムキュリオス レビュー ガンダム00よりデュナメスに続きキュリオスもMGでキット化されました。 価格は5,500円です。 シール類はツインアイやコンデンサなどを補うホイルシールとマーキングシールが付属。 デュナメスのパーツが流用されているため余剰パーツもそこそこあります。 デュナメスから1年と2ヶ月ほど経ってからキット化されたキュリオス。 今回はデュナメスのフレームを一部流用した構造になっていて 各パーツが鋭くシャープなデザインが格好良いです。 関節の多くはデュナメスの物が流用されているためポリキャップは使われておらず 全てKPSの関節となっています。 各所のコンデンサやケーブルなどの処理もMGエクシアやデュナメスと共通で統一感のある作り。 また装甲の色々な部分が開口されグレーのパーツが見える作りになっているため 立体感と密度感が高められたMGらしい作りです。 MGだけあり配色も細かい所まで成形色で再現。 黄色いダクト部分などもきっちり別パーツ化されています。 またコンデンサなどのレンズはクリアのレンズにクリアグリーンのレンズを被せる方式で 他のMG00シリーズ同様凝った構造になっています。 頭部アップ。 アンテナや頬などのエッジはシャープになり細かいダクトなども色分けされ 頭頂部のセンサーもクリアパーツになりました。 ツインアイ部分はもちろんクリアパーツです。 胴体も複雑なデザインが再現されクラビカルアンテナは収納可能。 また腹部横のケーブルもホロパーツで再現されています。 胸部ですがコクピットが開閉可能なのに加え、レンズ部分を覆っている装甲も開きます。 また胸の左右ブロックも可動するようになっていました。 背面のドライヴですがデュナメスなどのようなたけのこ型ではないものの わずかに引き出せるようになっています。 ドライヴはLED対応で2個セットする事で前後が光ります。 後端部もほとんど見えませんがデュナメス同様内部パーツも再現されていました。 機首となる部分のキャノピーのような所はクリアグリーン成形。 合わせ目は段落ちモールド化されていてモールドも細かいです。 腕部のコンデンサなどももちろんクリアパーツ。 肩も細かく色分けされています。 手首はデュナメスと同じで基部に可動軸があり親指以外を差し替えるタイプです。 肩アーマーはグレーのパーツでかっちり隙間が塞がれていてスカスカ感はありません。 合わせ目もディテールに沿ったものになっています。 後ろ側のプレートはBJで回転と若干の角度変更が可能。 立ちポーズのアレルヤフィギュアも付属しています。 腰アーマーは全て可動し、細かく装甲が開口されていてディテールも適度に入っていました。 リアアーマー裏にはサーベルが収納されていてグリップ部分を起こす事ができます。 股関節軸はスイングギミックあり。 また裏打ちパーツもしっかりありました。 大きなウイングが特徴的な脚部。 ケーブルはクリアパーツですがデュナメスと同じ作りでエクシアのように内部フレームの可動が見えたりはしません。 こちらの合わせ目もディテールに沿ったもので見栄えが良いです。 GNバーニアですがデュナメスと同じく展開ギミックがあります。 バーニアの反対側にあるグレーの突起を押し込むと連動してバーニアが飛び出します。 足首はつま先が可動し肉抜きもありません。 可動範囲など。 よりしなやかに動くようになっています。 デュナメスと同じような構造なので胴体の横スイングも可能。 胸の左右ブロックも可動します。 下半身もより動かしやすく脚も上げやすい構造になりました。 また膝の曲がり方も自然になっています。 太もも部分が長くなり各パーツのエッジもシャープになっています。 また裏打ちパーツなどもあり一気に見栄えが良くなっています。 また成形色もより濃いめのオレンジになっています。 上半身はディテールこそそこまで増えた感じはありませんが 各所が開口されグレーのフレームが見えるためより立体感のある作りになりました。 機首部分はどちらもロックがありきちんと閉じられます。 ただMG版の方がより下側に下げられるような形になっていました。 腕部は合わせ目も出なくなりオレンジのプレートに裏打ちがあります。 脚部は太ももの構造や長さがだいぶ違いますが 関節周りも結構変わっていました。 LEDをセットした状態。 胸部はかなり明るく光りますが、背面は側面しか見えないですし隙間も狭いので目立ちません。 武器を装備させて。 またブラックの成形色で色分けもされています。 センサー部分は収納可能でグリップも取り外せます。 持ち手にはダボがあるためガタつくこと無く武器が保持可能です。 スタンドジョイントは股関節に取り付けるタイプでスライド式のため簡単には外れません。 GNシールド。 もちろんMG版は合わせ目もありません。 先端を伸ばす事でクローが展開するギミックももちろん搭載されています。 ただGNシールドニードルはどちらも差し替えで再現します。 シールドニードルの先端も十分シャープでした。 またクローは折り曲げるように動かしたり、クロー部分を回転させたりできるので複雑な動きが可能です。 前腕にそのまま取り付けますが左右にスイングできる作りになっています。 シールドは自分の物だと若干外れやすい印象があるので一応気をつけたほうが良いかも。 成形色のオレンジは透けも無く良い色味です。 こちらは2基付属します。 こちらも合わせ目のでない分割ですが特に変わったギミックはありません。 前腕接続用のジョイントが使える他、グリップパーツも取り付けできます。 グリップとジョイントは2セットあるので両腕装備も可能でした。 GNビームサーベルはデュナメス同様扁平なタイプでクリアピンクの物が2本付属します。 続いて飛行形態への変形ギミック。 変形ギミック自体はシンプルなもので まずは機首を起こし後頭部のアンテナを機首に通します。 次は肩アーマーを上げ腕を回転させますが 今回肩アーマーには収納式のピンがあり機首に差し込んで固定できます。 後は脚を90度回転させ脚を軽く開いたらウイングを寝かせ、 足首を閉じ回転させます。 後は機首のアンテナを起こし肩のオレンジ色のプレートを回転させ、マシンガンやシールドを腕に装着して完成です。 薄く鋭い形状でシンプルな変形ですが上手くまとまっています。 肩にはロックがあり各所の保持力もしっかりしているためふらついて困るような所は無かったです。 下から見るとガンダム顔がばっちり見えるデザインです。 機首内部にもモールドがありガンダムアブルホールっぽさもあるデザインです。 またマシンガンのセンサーを収納し、カカトを立てる事で駐機形態になります。 スタンドジョイントはMS形態と同じ物を使用。 もちろんこちらの状態でもバーニアが展開可能。 GNビームサブマシンガンはもちろんGNハンドミサイルユニットに交換可能です。 どちらも綺麗に変形可能ですがやはりMGの方は合わせ目などもなく密度感があります。 塗装してしまっていますがと。 キュリオスの方が若干大きめでした。 以上MG ガンダムキュリオス レビューでした。 こちらは以前発売されたデュナメスのフレームが一部流用されていて可動ギミックなども似ています。 変形も比較的シンプルなのでカッチリ決まりますしGNハンドミサイルユニットも付属するのも良いですね。 もちろんデュナメスと並べても統一感のある作りになっていて出来の良いキットでした。 こちらも作っていこうと思いますが、デュナメスは完成させた後トランザムが出てそちらに水転写デカールが付属していたので 今回はそちらを待ちながらのんびり作業を進めていこうと思います。

次の

【Gジェネ クロスレイズ】「ガンダムアブルホール タイプF」の入手方法と性能【ジージェネ クロスレイズ】

ガンダム アブル ホール

MG ガンダムキュリオス レビュー ガンダム00よりデュナメスに続きキュリオスもMGでキット化されました。 価格は5,500円です。 シール類はツインアイやコンデンサなどを補うホイルシールとマーキングシールが付属。 デュナメスのパーツが流用されているため余剰パーツもそこそこあります。 デュナメスから1年と2ヶ月ほど経ってからキット化されたキュリオス。 今回はデュナメスのフレームを一部流用した構造になっていて 各パーツが鋭くシャープなデザインが格好良いです。 関節の多くはデュナメスの物が流用されているためポリキャップは使われておらず 全てKPSの関節となっています。 各所のコンデンサやケーブルなどの処理もMGエクシアやデュナメスと共通で統一感のある作り。 また装甲の色々な部分が開口されグレーのパーツが見える作りになっているため 立体感と密度感が高められたMGらしい作りです。 MGだけあり配色も細かい所まで成形色で再現。 黄色いダクト部分などもきっちり別パーツ化されています。 またコンデンサなどのレンズはクリアのレンズにクリアグリーンのレンズを被せる方式で 他のMG00シリーズ同様凝った構造になっています。 頭部アップ。 アンテナや頬などのエッジはシャープになり細かいダクトなども色分けされ 頭頂部のセンサーもクリアパーツになりました。 ツインアイ部分はもちろんクリアパーツです。 胴体も複雑なデザインが再現されクラビカルアンテナは収納可能。 また腹部横のケーブルもホロパーツで再現されています。 胸部ですがコクピットが開閉可能なのに加え、レンズ部分を覆っている装甲も開きます。 また胸の左右ブロックも可動するようになっていました。 背面のドライヴですがデュナメスなどのようなたけのこ型ではないものの わずかに引き出せるようになっています。 ドライヴはLED対応で2個セットする事で前後が光ります。 後端部もほとんど見えませんがデュナメス同様内部パーツも再現されていました。 機首となる部分のキャノピーのような所はクリアグリーン成形。 合わせ目は段落ちモールド化されていてモールドも細かいです。 腕部のコンデンサなどももちろんクリアパーツ。 肩も細かく色分けされています。 手首はデュナメスと同じで基部に可動軸があり親指以外を差し替えるタイプです。 肩アーマーはグレーのパーツでかっちり隙間が塞がれていてスカスカ感はありません。 合わせ目もディテールに沿ったものになっています。 後ろ側のプレートはBJで回転と若干の角度変更が可能。 立ちポーズのアレルヤフィギュアも付属しています。 腰アーマーは全て可動し、細かく装甲が開口されていてディテールも適度に入っていました。 リアアーマー裏にはサーベルが収納されていてグリップ部分を起こす事ができます。 股関節軸はスイングギミックあり。 また裏打ちパーツもしっかりありました。 大きなウイングが特徴的な脚部。 ケーブルはクリアパーツですがデュナメスと同じ作りでエクシアのように内部フレームの可動が見えたりはしません。 こちらの合わせ目もディテールに沿ったもので見栄えが良いです。 GNバーニアですがデュナメスと同じく展開ギミックがあります。 バーニアの反対側にあるグレーの突起を押し込むと連動してバーニアが飛び出します。 足首はつま先が可動し肉抜きもありません。 可動範囲など。 よりしなやかに動くようになっています。 デュナメスと同じような構造なので胴体の横スイングも可能。 胸の左右ブロックも可動します。 下半身もより動かしやすく脚も上げやすい構造になりました。 また膝の曲がり方も自然になっています。 太もも部分が長くなり各パーツのエッジもシャープになっています。 また裏打ちパーツなどもあり一気に見栄えが良くなっています。 また成形色もより濃いめのオレンジになっています。 上半身はディテールこそそこまで増えた感じはありませんが 各所が開口されグレーのフレームが見えるためより立体感のある作りになりました。 機首部分はどちらもロックがありきちんと閉じられます。 ただMG版の方がより下側に下げられるような形になっていました。 腕部は合わせ目も出なくなりオレンジのプレートに裏打ちがあります。 脚部は太ももの構造や長さがだいぶ違いますが 関節周りも結構変わっていました。 LEDをセットした状態。 胸部はかなり明るく光りますが、背面は側面しか見えないですし隙間も狭いので目立ちません。 武器を装備させて。 またブラックの成形色で色分けもされています。 センサー部分は収納可能でグリップも取り外せます。 持ち手にはダボがあるためガタつくこと無く武器が保持可能です。 スタンドジョイントは股関節に取り付けるタイプでスライド式のため簡単には外れません。 GNシールド。 もちろんMG版は合わせ目もありません。 先端を伸ばす事でクローが展開するギミックももちろん搭載されています。 ただGNシールドニードルはどちらも差し替えで再現します。 シールドニードルの先端も十分シャープでした。 またクローは折り曲げるように動かしたり、クロー部分を回転させたりできるので複雑な動きが可能です。 前腕にそのまま取り付けますが左右にスイングできる作りになっています。 シールドは自分の物だと若干外れやすい印象があるので一応気をつけたほうが良いかも。 成形色のオレンジは透けも無く良い色味です。 こちらは2基付属します。 こちらも合わせ目のでない分割ですが特に変わったギミックはありません。 前腕接続用のジョイントが使える他、グリップパーツも取り付けできます。 グリップとジョイントは2セットあるので両腕装備も可能でした。 GNビームサーベルはデュナメス同様扁平なタイプでクリアピンクの物が2本付属します。 続いて飛行形態への変形ギミック。 変形ギミック自体はシンプルなもので まずは機首を起こし後頭部のアンテナを機首に通します。 次は肩アーマーを上げ腕を回転させますが 今回肩アーマーには収納式のピンがあり機首に差し込んで固定できます。 後は脚を90度回転させ脚を軽く開いたらウイングを寝かせ、 足首を閉じ回転させます。 後は機首のアンテナを起こし肩のオレンジ色のプレートを回転させ、マシンガンやシールドを腕に装着して完成です。 薄く鋭い形状でシンプルな変形ですが上手くまとまっています。 肩にはロックがあり各所の保持力もしっかりしているためふらついて困るような所は無かったです。 下から見るとガンダム顔がばっちり見えるデザインです。 機首内部にもモールドがありガンダムアブルホールっぽさもあるデザインです。 またマシンガンのセンサーを収納し、カカトを立てる事で駐機形態になります。 スタンドジョイントはMS形態と同じ物を使用。 もちろんこちらの状態でもバーニアが展開可能。 GNビームサブマシンガンはもちろんGNハンドミサイルユニットに交換可能です。 どちらも綺麗に変形可能ですがやはりMGの方は合わせ目などもなく密度感があります。 塗装してしまっていますがと。 キュリオスの方が若干大きめでした。 以上MG ガンダムキュリオス レビューでした。 こちらは以前発売されたデュナメスのフレームが一部流用されていて可動ギミックなども似ています。 変形も比較的シンプルなのでカッチリ決まりますしGNハンドミサイルユニットも付属するのも良いですね。 もちろんデュナメスと並べても統一感のある作りになっていて出来の良いキットでした。 こちらも作っていこうと思いますが、デュナメスは完成させた後トランザムが出てそちらに水転写デカールが付属していたので 今回はそちらを待ちながらのんびり作業を進めていこうと思います。

次の

MG ガンダムキュリオス レビュー

ガンダム アブル ホール

GNY-003F ガンダムアブルホールTYPE-F(Gundam Abulhool TYPE-F) [ ]• 登場作品:• デザイナー:柳瀬敬之• 分類:(第2世代ガンダム)• 装甲材質:• 頭頂高:16. 本体重量:39. 主動力:• 出力:不明• 開発組織:• 所属:• 主なパイロット: に所属する搭載型。 のTYPE-F仕様で、カラーリングが黒基調のものに変更されている。 元からガンダムは勿論、モビルスーツからもかけ離れた外見をしている為か、それ以外の外見上の変更点は特に無い。 登場作品と操縦者 [ ] は。 での内紛に対するミッションのサポートの為に運用された。 他にも隠密行動をとる際に運用されている。 ソレスタルビーイングが崩壊して数日後、世界が変わる様を見る為に航続距離、空中移動力のどちらもフェレシュテのガンダムの中で一番な本機をフォンは使用した。 装備・機能 [ ] 特殊機能 [ ] 変形 飛行形態に変形する。 武装・必殺攻撃 [ ] GNバルカン 機首部の頭部に内蔵されている武装。 GNミサイルポッド 主翼に装着される実弾兵器。

次の