マスク カバー。 マスクカバーの作り方!簡単で手縫いでも出来る方法を紹介します!

使い捨てマスクのカバーを手作りして何回も使いたい方必見!口紅の付着も防げる!

マスク カバー

ヨコから出し入れ型マスクカバーってどんな形? 布マスクもいいけど、布だけだとウイルスや花粉のブロック力が心配…という方におススメなマスクカバーです。 布の気持ち良い肌触りと、不織布マスクやフィルターなどのペーパー類のブロック力の両方のいいとこどりができる優れものです。 今回作り方をご紹介するマスクカバーは、使い捨てプリーツマスクの形にフィットするマスクカバーで、 ヨコからマスクを差し込む形状です。 マスクの代わりに、フィルターやガーゼなどを入れて使うこともできます。 フィット感を重視したため、ヨコの出し入れする口が少し小さめになっています。 で入れにくいかもしれませんが、入れてしまえば、フィット感抜群です。 さらに・・・ 別のタイプのマスクカバーをご紹介します。 好きなアロマオイルを垂らしたティッシュを忍ばせれば、半日くらいは香りが持続してリラックスできますよ。 2020-04-11 00:03 手作りマスクの布選び 手作りマスクの楽しみは布選びですよね。 一口に『布』といっても様々な素材の生地があり、迷ってしまいますよね。 生地選びについては、こちらの生地で詳しく説明しているので、迷っている方は、ぜひご一読くださいね。 マスクカバー作りに必要な道具 マスクカバーを作るときに最低限必要な道具は次の通りです。 プリーツを畳んだ時のタテ寸法は、市販の使い捨てマスクのタテ寸法より、1cmくらい小さめに設計しました。 市販の使い捨てマスクを入れたときに、は少したるみますが、付けたときによりフィット感が出るように、わざと小さめに設計してあります。 たるみが気になるようであれば、不織布マスクを半分に切って使うのもおススメ。 私はそうしています。 不織布マスクも半分の量で済むのでおススメですよ。 材料 緑の数字は 普通の大人サイズ、カッコの中の赤の数字は 少し小さめサイズです。 今回は ニット地(スムース)を使って作ってみました。 ニットは通常ニット針とニット糸で縫いますが、こちらの生地は、通常の普通地用の針(11番)と糸(ポリエステル60番)で縫えました。 ミシンの機種によっても違いがあるかもしれませんので、必ず、あまり布で試し縫いをしてから本番に挑んでくださいね。 私のお気に入りのショップは、楽天のさん。 UVカットや冷感機能の生地など、機能性ポリエステルニットの生地が豊富です。 現在は新型コロナの影響で売り切れていることも多いですが、予約販売も頻繁に行っているので、ちょくちょく覗いてみる価値ありですよ。 型紙なしの作り方なので、のところに記載したサイズに生地をカットします。 縫い代はほとんど1cmなので、印はつけなくても大丈夫ですが、縫う時に自信がない方はチャコペンで印をつけておくと縫いやすいです。 印は生地のうら面に付けます。 耳のヒモを作る ヒモを下記の図のように四つ折りにして縫います。 綿や麻などニット以外の生地の場合は、先に四つ折りにしてアイロンでクセをつけてから縫うを縫いやすいです。 見本はニットなので、縫いあがりがクルンとなっています。 市販のゴムやヒモを使う場合は、2へ進んじゃいましょう。 別のゴムを使いたい方は、こちらでいろいろなゴムをご紹介しています。 2020-05-19 15:53 2. 本体のプリーツを作る 本体のタテにジグザグミシンをかけ、縫い代 1cmを折ってミシンをかけます。 ジグザグミシンの機能がなければ、 5mmの三つ折りにします。 ロックミシンがあればロックミシンをかけてください。 プリーツになる部分に 印をつけます。 まず 中心に印をつけ、中心を基準に測って印をつけます。 印と印を合わせて待ち針で留めて、図のように青い点線の部分を縫います。 もともとある縫い目と重ねて縫うときれいです。 プリーツの部分の4か所、同じように縫います。 本体を合体させる 二枚を中表に合わせ、端から 1cmのところをぬいます。 二枚重ねてジグザグミシンまたはロックミシンをかけます。 なければ、そのままでもOK。 表にひっくり返して、上下の縫ったところにアイロンをかけたら、端から2mmくらいのところにステッチをかけます。 ヒモ(ゴム)を縫い留める 端、ギリギリにところにヒモ(ゴム)を縫い留めます。 紐の長さは、長めの20cmで作りましたが、 16cmくらいで仮止めして、試着して調整してください。 ヒモの太さは1cmで作りましたが、お好みの太さに調整してください。 使い捨てマスクのゴムを使用するのであれば、マスクカバーにヒモ(ゴム)を付けなくても使用することが出来ます。 完成です! ちなみに、マスクのヒモをもう少し細くしたい場合は、3cmで作ると次の画像のように少し細くできます。 外出先でのマスクの消毒には携帯用ボトルを持ち歩くのがおススメ! かわいいポーチの作り方はこちらです 2020-04-12 12:35 スポンサーリンク マスクカバーの上手な使い方 マスクカバーには、ティッシュや不織布マスク、ガーゼなどフィルターとして使えますが、特におすすめなのが、不織布マスクの再利用時に使う方法です。 不織布マスクの再利用時は、マスクカバーを使えば、マスクが汚れるのを最小限にすることができます。 ちなみにわたしは、フィルターとして使った不織布マスクは毎回洗わずに、 次亜塩素酸水をスプレーして殺菌して干して、また次回も使う、という方法にしています。 これで2~3回ったら、不織布マスクを洗い、また同じように2~3回使っています。 つまり、 一枚の不織布マスクをかなり何度も使うことができるというわけなんですよ。 すごくないですか! (不織布マスクの再利用は自己責任でお願いいたします) マスク関連グッズの作り方紹介 使い捨てマスク、布マスク、マスクポーチの作り方をご紹介しています。 マスクカバーの作り方.

次の

【2枚入】ハイテク繊維で進化!最強のマスクカバー SINGTEX PROTECTOR+【抗菌 防臭 速乾 洗濯可】

マスク カバー

「マスクカバー」の作り方をご紹介します。 お手持ちのマスクを大事に使いたい、そんな時にお役立ちアイテムのご紹介です。 カバーの間にマスクを入れて装着すると、マスクが汚れにくく長持ちさせて使える便利なアイテム「マスクカバー」。 kokochi fabric生地、ソフトブロードのシリーズから、プリントドット・無地のアイテムを使用して作ります。 タンブラー加工を施した、ふっくらと肌当たりも良く軽やかなソフトブロード生地なので、縫う時に布が重なりがちなプリーツ部分も縫いやすくおすすめです。 豊富なカラーで、かわいくもメンズライクにも作れます。 不織布マスクにさっとかぶせて、洗って繰り返し使えるとっても便利なカバーです。 マスクが少なくてお困りの方、ぜひご覧くださいませ。 くわしくは下記へアクセスしてください。 清原の生地開発チーム KFB(Kiyohara Fabric Base)のInstagramアカウントにてレシピを公開中です。 fabric. base.

次の

【便利!手作りマスクカバー】マスクよりも簡単!使い捨て不織布マスクを長く利用する方法 手縫いでもミシンでも

マスク カバー

飛沫は通し難くても、空中に漂っているウィルスは綿だと軽く通しますよね? 結局のところ綿素材を通り抜けたウィルスがマスクに付着して、カバーを洗ったとしても中のマスクは不衛生になると思うんですけど科学的にはどうですか? ちなみに今は使い捨てマスクを洗って再利用しています。 本当は新品のものが欲しいのですが売ってないです。 1時間も店頭に並んでも買えるかどうかです。 マスクを買いに並んでいる間にもウィルスにも感染しそうです。 なので帰宅したらマスクに消毒液を噴射して換気扇回して風呂場でしばらく置いて水で流して除菌の洗顔料をつけて軽く押し洗いし水でゆすいで乾かして使っています。 もうこんな生活疲れてきますね、マスク増産、増産ってニュースで流れるだけで増産されていると言う感覚は全くないですよね。 店頭には全く並びませんし相変わらず行列に並んでも買えない位品薄ですし、医療で第一線に立ってらっしゃる方々に最優先と言うのは当たり前で是非そうして頂きたいですし、手持ちが有れば寄付したいところですが、本当にストックも底をつきかけてるし、一般市民にまで浸透するのにはかなりの時間がかかるというのが現実ではないでしょうか?泣きそうです。 学校が再開となるとマスクも必要ですが、マスクカバーどうでしょう?皆さんどう思われます??? 私は手芸が好きなので布マスクをつくりました。 花粉症の時期に重なったので、先に買ったマスクがまだ残っているのですが、肌が弱いので、使い捨てマスクにかぶれます。 布マスク使い心地悪くないですよ。 そこで、マスクカバーを私も見つけて作ろうかと思ったんですが、布マスクでいいかと思いました。 使い捨てマスクって洗うと効果が落ちるというニュースもありましたし、一般人は布マスクで十分かなと思います。 私は布マスクと口の間に不織布入りのキッチンタオルを切って使いすてしています。 そもそも使い捨てのマスクの目よりコロナのウィルスは小さいそうなので、布もサージカルマスクも大差ないかと。 N75くらいなら侵入を防ぐそうですが、これは息苦しいと。 マスクは自分の感染を防ぐのではなく、咳や会話で自分が感染してても人に飛沫感染させないことが目的です。 1枚のマスクを数回使うなら、マスクカバーいいと思いますよ。 あとどこまで事実かわからないけど、マスクをすると口や鼻が乾燥しないので、うっかりウィルスを吸い込んでも、粘膜でとめてくれるとか。 なので、マスクとりあえずした方がいいと思います。

次の