新型 ウイルス 予言。 2020年に新型コロナウイルスの発生を予言したシルビア・ブラウンが見た未来の世界とは?

【コロン2020】2062年から来た未来人はコロンに対し言及しているのか?それ以外の未来についても

新型 ウイルス 予言

やはり裏にロスチャイルド家と米長官の意味深発言! 世界中の政治家からビジネスパーソンまで、その確かな分析能力に厚い信頼を寄せているイギリスのロスチャイルド系政治経済紙『エコノミスト(The Economist)』。 マイクロソフト社創設者のビル・ゲイツ氏は『The Economistしか読まない』と公言しているほどだ。 『The Economist』の驚異の分析力と予言力がいかんなく発揮されるのが毎年年末に発刊される『世界はこうなる』シリーズである。 その意味深長な表紙デザインに未来の世界情勢が暗示されているとして陰謀論界隈では有名であり、これまで仮想通貨の出現、ノートルダム大聖堂の火災などことごとく的中させ、その実績は折り紙付きだ。 そして、いま世界で猛威をふるっている新型コロナウイルスの出現さえも完璧に予言していたことが明らかになったのだ。 オルタナティブニュースサイト「Before It's News」(2月18日付)が報じている。 問題となるのは『世界はこうなる』2019年版の表紙である。 レオナルド・ダ・ヴィンチ没後500周年を記念して、「ウィトルウィウス的人体図」をモチーフにしている。 新型ウイルスの出現に関係しているのは、中央付近に描かれた目つきの悪いパンダである。 パンダは中国の象徴、目つきの悪さは習近平国家主席を象徴している。 不機嫌な顔でセンザンコウを見つめる習近平パンダ......。 これで、やっと意味が明らかになった。 新型ウイルスはコウモリからヒトに感染した説が濃厚であるが、今月7日に、コウモリからセンザンコウを介してヒトに感染した可能性が指摘されているからだ。 南アジアから中国・台湾、アフリカにかけて生息するセンザンコウは特に中国で食材・薬剤の原料として取引されているが、新型ウイルスの発生場所と見られている武漢華南海鮮卸売市場でも、コウモリに加え、センザンコウが売買されていたと見られている。 つまり、『世界はこうなる』2019年版の表紙は、1年以上も前からセンザンコウ由来の新型ウイルスが中国で流行することを暗示していたのである。 ここまで来ると、もはや予想していたというより、闇の勢力が意図的に引き起こすことをロスチャイルド家は事前に知っていたと見た方が良いかもしれない......。 いや、そうだとしか考えられない。 1月末にウィルバー・ロス米商務長官が、新型ウイルス流行により米国経済が潤うと発言していたからだ。 「まずはSARS(重症急性呼吸器症候群)、そしてアフリカ豚コレラもあった。 今回は新型コロナウイルスで、これは人々が考慮せざるをえない新たなリスク要因だ。 結果として、北米への雇用回帰は加速すると思う。 アメリカだけでなく、メキシコにも雇用は戻るだろう」(「ニューズウィーク日本語版」1月31日付) ロス商務長官は長年ロスチャイルド系銀行に勤めてきたロスチャイルド家の飼い犬である。 彼の発言にはロスチャイルド家の意向が反映されていると見るべきだ。 恐ろしいことに『世界はこうなる』2019年版表紙には日本に直接関係しているものも描かれている。 不機嫌パンダの上に描かれた「富士山」だ。 こうなると富士山の噴火をロスチャイルド家が狙っている可能性がある。 在韓米軍関係者が感染! 第7艦隊・横須賀基地全兵員を検査! 米国が中国の記者を追放へ 在韓米軍の軍人1人が感染したため、横須賀の在日米軍 第七艦隊の軍人全員及び家族を検査することになった。 数日後に検査結果が発表される。 このウイルスの潜伏期間が非常に長くなった。 最長3か月間。 米政府は、在米の中国共産党新聞記者を全員中国に強制送還(追放する)させる。 なぜなら彼らは中国共産党の命令下で嘘ばかりを報道するため。 2月29日?に米政府は、中国を新型コロナウイルス疫病国に指定すると発表する可能性がある。 そうなると米国は中国との貿易・交流を全て禁止するだろう。 既にヨーロッパにも感染が広がっており、ヨーロッパから世界に感染が広がる。 米政府は米国内で最も危険な都市はサンフランシスコ(中国人が多い)とみており、サンフランシスコを封鎖及び自己隔離の処置をとる可能性がある。 サンフランシスコから全米に感染が爆発的に広がる恐れがある。 日本でも感染者が増えている。 3次感染、4次感染となっており、潜伏期間も長くなっている。 最長3か月間。 このウイルスは変異していくため、既に今では5~6種類の変異ウイルスが確認されている。 上海市は半分閉鎖。 上海の日本人街は封鎖されていない。 そのため日本人や日系企業の社員は自由に遊びに行き自由に外食している。 しかし春休みになって彼らが日本に帰国すれば14日間隔離されることになるが、少なくとも42日間隔離しないと危険である。 多くの専門家が、春休みに上海から日本に帰国する日本人によって日本での感染を爆発的に増やすと警告している。 非常に厳しく検査しないと危険。 政府は感染拡大はこの1~2週間が山場などとと、寝ぼけたことを言っている。 日本中があと1~2週間我慢すれば感染は収束してゆくのだろうとの甘い見方の根拠は? 政府の危機感がほぼゼロのため、日本人の多くがこのウイルス(生物兵器)を楽観視してしまっているのが現状。 しかも政府(特に厚労省)があまりにも不甲斐ないため、神奈川県が独自に新たな検査方法(短時間でできる)を開発したと発表している。 春休み或いはGWになれば中国から多くの日本人が一時帰国するうえ、日本には検査を受けていない感染者が非常に多く存在する。 潜伏期間が長くなり、その間にネズミ講のように感染が拡大している。 武漢から帰国した日本人の殆どが2週間隔離されたが、潜伏期間も長くなり、今では2週間では不十分で42日間隔離しないと他の人に感染させてしまうことがわかっている。 こんな状態で政府はまだオリンピックの開催を考えているのだろうか? それにしても、大阪、奈良、京都、兵庫など大量の中国人観光客が訪れる地方自治体での感染者が少なすぎる。 きっとこれらの地方自治体或いは病院では感染者が確認されてもその事実を隠蔽しているか意図的に検査しないで一般病棟に入院させて院内感染させているのではないだろうか?.

次の

インド少年がコロナ騒動予言的中! もっとヤバい“スーパーバグ”とは!?

新型 ウイルス 予言

画像は「」より引用 あの大預言者ノストラダムスが「 新型コロナウイルスを 予言していた」と海外でニュースになっていた。 だが、新型コロナウイルスを予言していたのはノストラダムスだけではない。 日本人の誰もが知る偉人であり、大予言者でもある 聖徳太子もまた、新型コロナウイルスを予言していたのだ。 飛鳥時代の政治家である聖徳太子は、あのイエス・キリストと類似点が多いことでも知られ、数々の奇跡を起こしたといわれる超人である。 一方で謎多き人物でもあり、はるか未来を予言する能力さえ持っていたという。 予言研究家である白神じゅりこは、これまで聖徳太子の予言の成就についてたびたび言及してきた。 ご興味がある方は、ぜひ過去記事をチェックしていただきたい。 そして、聖徳太子は聖書のハルマゲドンをも超える、恐るべき最終予言を残していた。 その最終予言とは、 釈迦が入滅してから2500年後に、世紀末の悪鬼「クハンダ」がやって来て、日本を八つ裂きにしてしまうというものだ。 釈迦入滅の時期は諸説あるが、最近の研究によると、紀元前480年前後ではないかと言われている。 ということは、クハンダがやってくる時期はそこから2500年後……つまり、今年2020年前後となるのだ。 この「クハンダ来襲の予言」について、筆者はこれまで何度も言及してきた。 しかし、今回はまた別の衝撃的な予言についてもご紹介したい。

次の

2020年に新型コロナウイルスの発生を予言したシルビア・ブラウンが見た未来の世界とは?

新型 ウイルス 予言

中国市で集団発生している 「」による肺炎患者は、公式発表の40倍近い 1700人を超えている可能性があるとの研究結果を、このたび英大学チームがまとめた。 感染は予想以上の広がりを見せており、(WHO)は今回のによる肺炎に関して、22日に緊急委員会の会合を開催すると発表した。 画像は「中国疾病予防コンセンター(GISAID)」より 1月16日には日本国内でも感染者が報告されたが、すでに退院しており、それ以外の患者は今のところ確認されていない。 しかし、感染源とみられる海鮮市場で販売されていた野生動物以外にも、それらと関連のない経路で感染した事例も判明するなど、今まさにウイルスは恐るべき早さで伝播していると考えられている。 国立環境研究所の研究プロジェクト・リーダーである五箇公一先生だ。 今やメディアでその姿を見ない日はないほどの、日本におけるの権威である。 日本が誇る学者が本気で指摘した、オリンピックイヤーに起きる可能性がある「ウイルスにまつわる衝撃の真実」を改めて再掲しよう。 五箇 我々が次に気になっているのは 「目に見えないもの」なんです。 たとえば、人の移動で入ってくるジカ熱やエボラなど。 人間そのものの移動とともに広がってゆくこれらのウィルスがもっとも検疫しにくい。 なぜなら経済優先社会だから ——ジカ熱はブラジル、エボラはやという西アフリカ……。 遠い国の話のようですが? ジカ熱によって引き起こされる小頭症「」より 五箇 ジカも日本ではすでに11人が持って帰ってきています。 もちろん、今夏で開催されるオリンピックも警戒が必要です。 リオに行った帰りの日本人、欧米人、中国人などが日本に入国するだけで何が起こるかわからない。 エボラよりジカの方が、感染拡大の危険性が高いと僕は思います。 なぜならエボラは発症すれば重症化、もしくは死に至るので、患者は即、隔離されます。 ジカは普通の人がかかっても、少し風邪っぽいぐらいの軽い症状で済んでしまう。 なのでウィルス者が隔離されることなく知らない間に人間社会に入り込むんです。 結果妊婦さんが罹患すると小頭症が現れる。 なエンドポイントが胎児にしか出ないから、はびこりやすい。 潜伏期間もあるので隠れたまま広がる。 現在でもブラジルには発症していない患者数自体は莫大にいるのではないかといわれています。 ——今からでもオリンピックを中止にできないものなのでしょうか? 五箇 世界的な祭事があるときほど、検疫は難しいんです。 2013年でエボラが流行して1万人以上が亡くなってしまいました。 実は最初に数百人という患者が出た時点でウマル・カーンという現地の医師が「人の動きを止めて、国際的検疫を強化してほしい」と 政府やWHO()に要請したんです。 ただし当時はワールドで経済がにぎわっている時です。 アフリカの地方の病気のために世界経済は止められずに無視されてしまった。 後手にまわったんですね。 するとヨーロッパにまで患者が出てしまい、そこでWHOは大慌てで緊急物資や医師を送り込み、やっと封じ込めようとした。 今でも患者が出ているので完全に封じ込められてはいません。 勇気を持って進言したウマル・カーン医師は治療活動中に自身もウィルスに感染して亡くなってしまいました。 彼は患者の血液サンプルをカのCDC(疾病予防管理センター)に送っていて、そのサンプルによりの分布拡大プロセスを明らかにするDNAデータが得られたのです。 本当にすごい。 その医師がまさに命を張って科学データを確保してくれたんですが、ワールドに妨げられ、その成果が活かされることはありませんでした。 環境問題、そして疾病対策において実は一番の難敵は経済なんです。 ——エボラ流行の裏にはそんな話があったんですね。 しかし、経済優先は恐ろしい。 五箇 ジカ熱も最初はアフリカで発見された病気です。 その後、東南アジア、と渡り、2013年にブラジルに上陸したとされていて、遺伝子レベルでその流れは解析されています。 ではなぜ2013年だったのか。 実はブラジルでが行われたんですね。 人、モノの出入りで入ったとしか思えない。 ——と騒いでいる場合ではないですね。 五箇 開催してもいいですが、かなり警戒しなければいけない。 工事で大量の物資を運んでくるので、ウイルスもそうですが、外来のアリなどにも気をつけなければいけない。 公衆衛生的には、人ですね。 ジカ、エボラ以外にも、 、、デングなどの疫病の侵入が加速する可能性があります。 ——病気が発生しても、日本政府も経済を優先しそうですしね。 五箇 そうです。 グローバリゼーションの「世界はひとつ、地球はひとつ」というのは聞こえこそいいのですが、アフリカ、ブラジルで起こったことは日本でも起こりえるという危機感をもってほしい。 エボラ、、などの新興を含めて人間に感染する病気の多くは野生動物に寄生する病原体が起源とされています。 だからアフリカのようにが高く、かつ、経済発展と自然破壊が急速に進んでいるところは新興のになります。 なぜならウイルスが住みかを失って人間への感染を始める場所となるからです。 も元々はある地域だけで起こる風土病だったはずです。 しかし、アフリカの環境破壊が進んで、ウイルスが社会に入り込んでくる。 さらにウイルスに感染した人が動くことを繰り返す。 ウイルスは人間体内で急速に進化して感染がどんどん広まることになります。 ——五箇さんは今の地球環境をどう見ていますか? 五箇 今は地球の自然環境に大きな異変が生じて、人間にとってクライシス(危機)を迎えつつあると思います。 今まで動物とウイルス、同じ生態系に共生していたものが、人間社会と敵対するように進化してきている。 ウイルスが人間社会で猛威をふるいはじめているのも生命の進化現象なんでしょうね。 ウイルス、、病原体というものは人間にとって不都合でコワい存在ですが、実は人間が登場する遥か昔から地球上にはいたわけです。 なぜ彼らが存在しているのかといえば、役割があって、増えすぎた生物個体群を減らすことだったわけです。 ——ということはウイルスが増えすぎた人間を狙ってもおかしくはないですね。 五箇 生命はみんなそうです。 ライオンがシマウマを食べて、シマウマの個体数が調整されているんです。 同時に脚の早いシマウマだけが、適応し進化していくわけです。 食べるもの、食べられるものお互いに進化し続ける。 そして生態系ピラミッドが安定するわけです。 ウイルスの役割は内側から食べ、弱い個体を排除する。 自分たちがいても死なない生物の中で生き残り共進化を果たす。 増えすぎていると、タカりにいく。 現在は明らかに人間の数が増えすぎていて、だからウイルスがたくさん襲ってくる。 また人の数が密集していると伝染もしやすい。 ホストとしてもってこいです。 「そのうち生き残るやつもでてくるだろう」とウイルス側が攻め続けている状態です。 本来、進化のルールとしてはウィルスの蔓延とともに人間がバタバタと死んでいって、最後に、ある程度の個体数で生き残った抵抗性人類がウイルスと一緒に進化していき、新しい人間とウィルスの共生系が作られる。 でも、人間は、誰も死にたくないので、薬でウィルスを排除しようとする。 死ぬべきものが死ぬという進化ではなく、ウイルスを死滅させようとする。 そうするとウイルスも抵抗力をつけパワーアップする。 この人間とウィルスの間のいたち(軍拡競争)は圧倒的に人間の方が分が悪い。 ウィルスの進化速度に対して人間のスピードが間に合わない。 今後新しいウィルスの感染爆発を防ぐためにも、彼らの住処であるのや自然共生を考えていかなくてはならない。 ——まるでウイルスに意思があるかのようですね。 五箇 端からみるとそうですが、ウイルスとしては強い遺伝子を持ったものだけが生き残って、人間を襲っているんです。 画像は、五箇先生資料 ——現状の人口はバランスの悪い数なんですか? 五箇 例えば成人体重が5、60キログラムと、動物界でも大型の霊長類が70億人。 しかも貧困で早逝するアフリカなども合わせたとしても何十年という長寿命です。 先進国のひとりの人間の一生あたりの消費するエネルギーは何十頭分に匹敵するはずです。 カロリーベースで計算しても、地球上のエネルギー資源をものすごい勢いで吸い取っています。 を掘り出し、燃やして生じる有害物質などの排出量などの有害物質もすごい。 そう考えると70億という数字が生物学的に異常とわかる。 今後半世紀で100億人を超えると予想されていますからね。 一時的にしろ、は地球への負荷も大きくなるんです。 我々は大型の動物です。 体型の近いほかの類人猿、やゴリラを見ると、本来の自然にいる個体数はとても少なく、1000万頭もいないぐらいなんです。 それが地球上のエネルギーで支えられる適正な割合なんです。 だからどう見ても70億人はおかしい。 そうなると元々のだけでは人間社会の資源は支えられないので、農業や工業で生産性を高め、そこにを投入し、結果、大量の熱エネルギーとガスを排出し、大量の廃棄物がたれながされる。 自然生態系では外部から投入されるエネルギーは太陽光だけですが、それだけではこの膨大な人間の人口を支えることができないため、が投入され、自然サイクルを超えたエネルギー消費と物質生産が繰り返され、自然生態系の収支は完全に狂ってしまった。 どこかで止まらないと。 まずは我々先進国から省エネ循環型社会を目指さない限り、地球環境の持続性は実現し得ないと思います。 ——100億人に行く前になにかが起こりますか? 五箇 ぺっちゃんこになってしまうかもしれない。 全滅はしなくても、不幸なことに貧困、飢餓、病気に悩まされることになる可能性がある。 ——貧困や飢餓でが起こる可能性もありますか? 五箇 原始人類の歴史を考えると、ありえます。 人間同士が殺戮により資源の独占をはかる。 例えばのモアイ像を作っていた民族は自滅しました。 島の中にいくつも部族があって、資源獲得競争の果てに人口増加と自然破壊と争いの繰り返しの果てに滅んだともいわれています(その他、の悲劇には諸説あり)。 資源を巡っての民族間・国家間の争い、戦争が起こるリスクは現代でも決して小さなものではなく、現在の不安定な世界情勢を考えると、むしろ大きくなって来ている。 dream-kb.

次の