引越し 費用 相場 単身。 【知ってビックリ!】一人暮らしの引越し費用の相場は安い?

単身引越しパックは安いか料金を比較!単身プランと運べる荷物の違いも解説|引越し見積もりは引越し侍

引越し 費用 相場 単身

引越しにかかる初期費用の一般的な相場は、みなさんの家賃の6ヶ月分程度と言われています。 また、賃貸物件に引越しをする際の初期費用の内訳は、大きく「物件の契約料金」「引越し代金」「生活用品の購入費用」に分けることができます。 この3つの支払い費用の中でも特に、賃貸契約の支払いの占める割合が最も高く、支払い総額の6割以上を占めています。 また、限られた引越し資金を有効に活用できるように、住み替えと引越しの両方の費用を節約する方法もご紹介。 これから引越しを控えているみなさんは、お得な引越しができるように参考にしてください! 目次• 一人暮らしの賃貸契約にかかる初期費用と内約 賃貸契約の初期費用の内訳は以下のとおりです。 料金相場 敷金 82,000円(家賃約1. 2か月分) 礼金 60,000円(家賃約0. 9か月分) 仲介手数料 35,000円(家賃約0. 敷金 敷金とは、大家へ渡す「保証金(担保金)」です。 例えば、借主が家賃を滞納した場合や、退去時に借主側に対して修繕費用などの請求が発生した際に、預けておいた敷金が使われる仕組みです。 平均すると、全国では「1. 27ヶ月分」となり、関西圏が一番少なく「0. 96ヶ月分」という結果になりました。 参考: 資金は退去する際に修繕が発生しなければ戻ってくることもあります。 ただし、修繕はほとんどの場合発生するので、敷金の返金があることは稀です。 礼金 古くからの文化で、「大家さん、この度は部屋を貸してくれてありがとうございます」と感謝の気持ちを込めて借主が大家に支払うお礼金です。 「礼金」は「敷金」と異なり、返金されません。 礼金に関しては、支払金額は「家賃の〇か月分」となるのが一般的です。 平均すると、全国だと家賃の「0. 98ヶ月分」という結果が出ました。 敷金とは逆に関西圏が一番高く、平均で「1. 13ヶ月分」でした。 参考:平成29年度 住宅市場動向調査報告書 仲介手数料 仲介業者(不動産会社など)を通して契約をした場合に、賃貸物件を仲介してくれた業者に対して支払う手数料です。 成功報酬となり、物件の紹介だけでは手数料は請求されません。 契約を進めていた物件を途中で取りやめた場合も同様です。 不動産会社が受け取る仲介手数料の上限額は、物件の家賃のおよそ半額までと定められています。 これは、国土交通省の「宅地建物取引業者が宅地又は建物の売買等に関して受けることができる報酬の額」の第4項に記載があります。 宅地建物取引業者が宅地又は建物の貸借の媒介に関して依頼者の双方から受けることのできる報酬の額(当該媒介に係る消費税等相当額を含む。 以下この規定において同じ。 )の合計額は、当該宅地又は建物の借賃(当該貸借に係る消費税等相当額を含まないものとし、当該媒介が使用貸借に係るものである場合においては、当該宅地又は建物の通常の借賃をいう。 以下同じ。 )の 1 月分の 1. 08 倍に相当する金額以内とする。 この場合において、居住の用に供する建物の賃貸借の媒介に関して依頼者の一方から受けることのできる報酬の額は、当該媒介の依頼を受けるに当たって当該依頼者の承諾を得ている場合を除き、借賃の 1 月分の 0. 54 倍に相当する金額以内とする。 国土交通省より 上記の記載をまとめたものが以下の図になります。 仲介手数料の上限額は管理費・共益費を含まない家賃1か月分(税込)とされています。 ただし、上限額は借主が了承した場合となり、原則は家賃の0. 5か月分(税込)です。 仲介業者の担当者から「通常であれば1ヶ月分もらう仲介手数料を今回は半額に値引きしますよ!」と言われることがありますが、値引きされたわけではありませんので、浮かれて即決しないように注意しましょう。 前家賃 前家賃(前払い家賃)とは、賃貸契約時に合わせて支払う翌月分の家賃のことです。 たとえば、入居日が9月であれば、翌月である10月分の家賃も合わせて請求される場合が多いです。 日割り家賃 入居日が月初めでない場合に、その月の「家賃」「管理費・共益費」を日割りで計算し支払います。 日割り家賃は以下の式で計算できます。 ただし、日割りの最少日数が定められている場合もあるので管理会社へ確認しましょう。 管理費・共益費 マンションやアパートの共有スペースや建物の維持・メンテナンス・修繕に使われる費用です。 「管理費」と「共益費」という呼称に明確な境界線はありません(以下、管理費に記述統一)。 賃貸保証料 「連帯保証人がいない」「保証人の支払いの能力が低い」または「連帯保証人不要」の物件の場合に必要な費用です。 具体的には、大家に対して「家賃の支払いを保証する会社」と契約することにより、借主が家賃を滞納した場合には保証会社が家賃を立て替えます。 もちろん保証会社に対して、立て替えた金額を後日返済する必要があります。 大家にとって家賃を滞納されるリスクが軽減され、借主にとっては連帯保証人の必要がないことがメリットとなります。 逆に、連帯保証人がいる場合には無駄な支払い費用となります。 契約料金は「家賃の半月~1カ月分」や「2万円前後」まで様々で、2年毎の更新が一般的です。 鍵交換費用 鍵を新しいものに交換する任意の費用です。 相場は通常の鍵で18,000円前後、オートロックマンションの場合は2~3万円程度と言われています。 鍵を交換しない場合は以前の借主と同じ鍵を利用することになりますので、防犯のために、基本的には交換をオススメします。 初期費用を抑えるために鍵交換の費用を安くしたい場合は、自分で鍵交換をするという方法もあります。 自分で鍵交換業者を探す場合は、「ファインドプロ」を利用するのがおすすめです。 「ファインドプロ」では、お得な鍵交換業者を紹介していますので、ぜひ利用してみてください。 火災保険料 火事や水回りのトラブルなどを対象とした損害保険です。 賃貸契約と同時加入が一般的で、金額の相場は2万円前後になります。 賃貸の契約期間と同じ2年契約で、賃貸契約を更新する際には損害保険の更新(支払い)が必要です。 学生の場合は、大学などにある生協の保険に加入することをおススメします。 盗難補償も付いて、年間2,000円の掛け金で加入できます。 消毒料 専門業者が入居前の部屋に消毒液を散布する作業費用です。 虫や雑菌駆除の効果があり、相場は1~2万円程度となります。 作業は消毒液の噴霧が一般的で、ワンルームの作業時間は数10分です。 消毒作業と聞くと「部屋が綺麗になる」「クリーニングを依頼したような気持ち」になりますが、部屋の汚れはなくなりません。 一人暮らしの引越し料金と相場 初めて一人暮らしをするという人の引越し費用は約3万円が相場です。 親元を離れて単身で暮らし始める場合は基本的に荷物が少なめなので、引越し業者の輸送コストが抑えられます。 対して、 既に一人暮らしをしている人が引越しする場合は費用が少し高くなり、およそ4万円ほどが相場になります。 これは、買い揃えた家具や家電一式を運ぶ必要があり、輸送コストが割高になるためです。 ただし、今は「家具家電付き物件」などに住んでいて、大型の家具や家電を運ぶ必要がない人は「初めて一人暮らしをする人」の料金を参考にしましょう。 オプション料金は例えば、「エアコン・洗濯機・テレビ等の取り付け・取り外し」や、「観葉植物・楽器・バイク等の輸送」などを依頼する場合に発生します。 引越しのオプション料金 参考: 作業員へのチップ 参考: 家具・家電の購入費用 初めての一人暮らしでは生活に必要な家具・家電製品を一式揃える必要があります。 最低20万円程度の費用を用意しておくようにしましょう。 以下は、一人暮らしをスタートするために最低限、必要なものの購入リストです。 必要なもの 相場費用 家電 洗濯機 30,000円 冷蔵庫 40,000円 電子レンジ 15,000円 テレビ 40,000円 照明 5,000円 家具 テーブル 7,000円 収納ケース 5,000円 カーテン 5,000円 寝具 ベッド 15,000円 布団セット 9,000円 参考: 安く購入したい場合は、アウトレットや中古品などを探してみると、掘り出し物が見つかる場合があります。 生活必需品の購入費用 家具・家電と同様に初めての一人暮らしでは生活必需品も買い揃える必要があります。 洗濯用品 物干し竿、ハンガー、ハンガーピンチ、洗濯洗剤、柔軟剤 バス用品 ボディーソープ、シャンプー、リンス、ボディースポンジ、タオル、風呂用洗剤、風呂掃除用スポンジ キッチン スポンジ、食器用洗剤、包丁、まな板、調味料、菜箸、フライ返し、フライパン、鍋、コップ、食器、箸、スプーン、フォーク、ナイフ、サランラップ、アルミホイル、ゴミ袋、タオルハンガー 洗面台まわり ハンドソープ、ハブラシ、歯磨き粉 生活用品 ティッシュペーパー、トイレットペーパー、ゴミ箱 ほとんどのものが、「100円ショップ」で扱われており、安く購入することができます。 もし、これらの日用品をゼロから一式集めようとする場合は、数万円の費用が必要になります。 参考: ここまで、一人暮らしの初期費用について、細かく内訳と相場を紹介してきました。 次は、具体的な費用の支払い金額事例を見ていきましょう。 物件の退去にかかる費用 実家から出て、新生活を始める人以外は、今住んでいる賃貸物件の退去にも費用がかかる場合があります。 可能性がある費用の項目としては以下の3つがあります。 賃貸契約書にハウスクリーニングについて明記されていない場合は、支払いの義務は発生しません。 また賃貸契約の内容によっては、ハウスクリーニング費用を負担する必要があります。 ハウスクリーニング費用と修繕費は、原則として敷金から差し引かれ、残った額が退去時に返還されます。 解約までの家賃 すでに新居への引越しが完了していても、賃貸物件の解約の日までは家賃が発生します。 賃貸契約では、解約するという意思を1~2ヶ月前までに賃貸の貸主に伝える決まりとなっているので、注意しましょう。 できるだけ費用を安くしたいと思っている人は、新居の家賃と旧居の家賃を二重で支払う機関が短くなるよう設定しましょう。 一般的な初期費用の相場と料金事例 これまでの調査データを基に、大阪から引越しをして、東京都内で一人暮らしを始める人を例として、総額の費用を計算していきます。 まずは、賃貸する物件の家賃や、引越しで移動する距離の条件を以下のとおり設定します。 2ヶ月分) 82,000円 礼金(0. 9か月分) 60,000円 仲介手数料(0. 支払い合計金額 574,084円 初期費用の相場と言われる家賃6か月分にあたる426,000円より148,084円も高くなってしまいました。 主な原因は、敷金・礼金をどちらも支払ったことや、引越し料金が高すぎることです。 他にも、大阪から東京までの交通費や、家具や家電を一式そろえるための費用もかさんでいます。 一人暮らしの初期費用を約35万円安くする方法 一人暮らしの初期費用を大きく抑えるためには、次の5つの方法があります。 敷金・礼金なしの「ゼロゼロ物件」を選ぶ• 仲介手数料を無料にする• フリーレント物件で前家賃を無料にする• 賃貸の消毒作業を断る• 単身パックなどを使って引越し費用を安くする どれか1つだけで初期費用が安くなるわけではなく、複数の方法を併用することで、費用を最大限にまで安くすることができるのです。 自分に合った方法をできるだけ多く試し、初期費用を安く抑えましょう。 また、細かい部分で巣すが、下記のような方法で、少しでも費用を抑えることができます。 家具や家電はリサイクルショップ等で安く購入する• 必要最低限の家具・家電以外は、後々買い揃える• 交通手段は新幹線ではなく高速バスなど安い手段に変える では、上記の方法でいったいどれだけ安くなるのでしょうか? それぞれの方法の注意点などとともに、実例を紹介していきます! 敷金・礼金なしの「ゼロゼロ物件」を選ぶ 最近では、敷金も礼金もない「ゼロゼロ物件」が増えてきました。 では、なぜ敷金も礼金もない物件があるのでしょうか? 敷金は、前述もしていますが、一時的な預かり金なので、大家さんの収入にはなりません。 基本的に、退去する際に修繕費などを差し引いた残りの金額は借主に返還されます。 そのため、「とにかく空室を埋めたい」と思っている大家であれば、敷金を無しにしていることもあります。 礼金についても、敷金と同じような理由で「礼金なし」にしている物件が多いです。 しかしその場合、家賃に礼金を上乗せしていることもあり、そもそもの家賃が相場より若干高いこともあります。 また、公的機関による住宅融資で建築した物件については、礼金がありません。 参考: 敷金・礼金無しの物件に絞って紹介しているサイトもあるので探してみるのも良いです。 ちなみに、敷金は「敷金をなしにしてくれたら即決する!」などと言えば、応じてくれる大家さんもいるので、どうしても費用を抑えたい人は交渉してみましょう。 値下げ交渉が成功しやすい時期は賃貸物件の閑散期となる4月~9月です。 今回の減額費用 12,290円 現在の減額費用 -260,790円 単身引越しプランなどを使って引越し費用を安くする 一人暮らしの引越し料金を安くするための方法は4つあります。 単身の引越し料金を安くする方法 こんな人におすすめ 複数の引越し業者の見積もりを比較する 荷物が多い・引越し日までに余裕がある 大型家具や家電が少ない・すぐに業者を決めたい 荷物が少ない・少しでも安く引越しがしたい 荷物が少ない・少しでも安く引越しがしたい 上記のように、荷物が比較的少ない単身者だからこそ取れる手段が多くあるので工夫をしてみましょう。 今回は、複数の引越し業者の見積もり比較をしたと想定します。 すると、次のような結果になりました。 最安値の引越し業者を選べば、42,600円で引越しができるという結果になりました。 項目 事例で紹介した費用 安くした料金 減額 物件費用 敷金 82,000円 0円 -82,000円 礼金(0. 9か月分) 60,000円 0円 -60,000円 仲介手数料(0. ぜひ参考にししてください。 一人暮らしに必要な資金と引越し費用を安くする方法まとめ 今回は、引っ越しにかかる初期費用の内訳と、初期費用を徹底的に安くする方法を紹介しました。 全ての条件が揃えば、引越にかかる費用の総額を約35万円も安くすることが可能です。 また、人気が高い物件ほど敷金・礼金が設けてあることが多く、 交渉がうまくいかないこともあります。 それでも初期費用を安くしたい場合には、検討している物件より安い家賃の物件を探しましょう。 敷金、礼金が1月分の支払いが必要な物件では、単純に 家賃を1万円落とせば、前家賃も含め3万円安くなります。 例1)家賃70,000円の場合 敷金1ヵ月分 70,000円 +礼金1ヵ月分 70,000円 +前家賃1ヵ月分 70,000円 =210,000円 例2)家賃60,000円の場合 敷金1ヵ月分 60,000円 +礼金1ヵ月分 60,000円 +前家賃1ヵ月分 60,000円 =180,000円 国土交通省の「住宅市場動向調査報告書」の調査結果では、賃貸住宅に住み替える際に困った経験として「契約時の敷金・礼金などの金銭負担」が58. 最終的には、引っ越した家の住み心地や、経済的に余裕をもった生活を送れるかということが重要ですので、物件選びは慎重に、そして初期費用の総額を少しでも安くできるよう、今回紹介した内容を役立ててください。 また、今回は初めて一人暮らしをする人をモデルに実例を上げましたが、現在すでに一人暮らしをしている人は、下記の3つの費用が余分にかかります。 退去する賃貸物件の原状回復費用• 現在住んでいる賃貸物件の家賃• 買い替え予定の家具・家電などの処分費用 退去する賃貸物件で、敷金を超える原状回復費用が発生したときや、入居時に敷金を支払っていなかった場合は、その分を支払わなければいけません。 しかし、原状回復にかかる費用を安くすることができれば、退去時にかかる料金が安くなるほか、敷金を返してもらって次の引越しの資金に当てることが出来ます。 原状回復にかかる費用を安くする方法は、「」で紹介しているのでぜひ参考にしてください。 賃貸物件の契約上、現在住んでいる賃貸物件と、新居の物件の家賃を支払う期間が重なってしまうことがあります。 これを、「二重家賃」といいます。 この二重家賃を抑えるためには、現在住んでいる賃貸物件の退去日と、新居の入居日をできるだけ近づけなければいけません。 他にも、二重家賃を抑える方法については、「」で紹介しています。 買い替え予定の家具や家電を処分するときにも、処分費用がかかります。 1番おすすめなのは、リサイクルショップに引き取ってもらう方法です。 リサイクルショップへ持っていけば、家具・家電の品質がよい場合は買い取ってもらうこともできます。 買い取ってもらえない家具や家電の処分方法は、「」で紹介しています。 引っ越しの費用を安くするポイントは複数の見積もりを比較して最安値の引越し業者を見つけることです。 引っ越しの費用が足りない場合には 「クレジットカード」払いに対応した引越し業者もあります。 一人暮らしの引っ越しにかかる初期費用の総額は、家賃の6か月分を目安として計算しておくと良いでしょう!(家賃が7万であれば42万) また、引っ越しの料金を抑えるには 「単身専用パック」や「長距離プラン」など自分にあったサービスを利用しましょう。 敷金や礼金なしの物件を選ぶことでも初期費用を安く済ませられます。 引越し業者の選び方に迷ったら「料金」「口コミ・評判」「サービス内容」「満足度ランキング」を参考にしてください。 サービスの利用後には「引っ越しの準備・手続きやることリスト」もプレゼント特典や各種キャンペーンをご用意しています。

次の

単身赴任の引越し費用相場とやること!単身赴任で最低限準備するもの

引越し 費用 相場 単身

単身パックのメリット・デメリット メリット デメリット• ・料金を安く抑えられる• ・訪問見積もり不要としている引越し業者が多く、見積もりに来てもらう時間をとる必要がない• ・運べる荷物の量やサイズに制限がある (超えた分の荷物は別の方法で運ぶ)• ・梱包資材(ダンボールなど)は自分で用意したり、有料で購入しなければならない場合が多い• ・利用可能エリアに制限があるところが多く、引越し先によっては利用できない 単身パックの魅力はやっぱり費用の安さ!その分、梱包資材の購入や積みきれない荷物の発送など、実費としてかかるコストを負担する必要があったり、運べる荷物に制限があったりといったデメリットもあります。 【総合評価】 賃貸業者に紹介されたところに見積りを何社かとりあえず、依頼しましたが、 それだけで2倍以上も差があり、 対応もいまいちでした アクティブさんは、電話担当の方も、当日担当の方もテキパキしていて、引っ越しが趣味になりそうなほど、大変清々しいものでした。 荷物が少なかったので、あっという間の引っ越しでしたが、割れ物もなく無事に終了。 早く荷ほどきに入れるのが良かったです。 オプションのお米など余計なサービスは人によって需要が異なるので、引っ越しをいかにスムーズに行うかが、原点のこちらはとても好印象でした。 【接客対応】 前の質問に書きました。 【引越し作業】 何をどこに置くか、手早く作業してもらえたので、 近所に騒音の心配が少なく、対応がとても爽やかで感じのいい人たちだったので、 新生活のいいスタートになりました。 なので、前回の引っ越しに続き、会社や値段より、 対応のよいここ!!と決めていました。 【サービス】 特典などは今回利用していません。 【料金】 祝日で、引っ越しシーズンにも関わらず、 むげに断らずなんとか予定を調整してくれたこと。 【総合評価】 まず最初にオンラインで見積り依頼をし、その時からレスポンスがよくて、すぐに詳細をつめて金額、日程までどんどん決められました。 質問等はさきにまとめてしてしまったのが良かったかもしれません。 引越し日前になったらアナウンスがあり、自分も予定を忘れていたわけではないけど、気配りされて気持ちが良かったです。 当日になって、スタッフの方のあいさつや身だしなみもよくて、安心して任せられました。 引っ越し自体も手際よく作業をしていただきました。 特にトラブル等もなく、実にスムーズにはかどりました。 荷物の梱包やバラシは自分でやったので、ほぼほぼ運んでもらっただけですが、意外と簡単にやってもらえたので、次の機会があればまた頼みたいです。 【接客対応】 明瞭取引でした 【引越し作業】 作業が早くて助かった 【サービス】 不満なかった 【料金】 明瞭取引でした.

次の

同一市内への引っ越し費用の相場とは?

引越し 費用 相場 単身

単身引越しの見積もり相場と単身引越しパックの価格を比較 冒頭でもお話した通り、単身パックを利用すれば、一人暮らしの方の引越し料金を格安にすることができます。 通常の引越し作業を業者に見積もりしてもらった場合と、単身パックを使った場合で、距離別に料金の相場を比較してみましょう。 特に、県外への移動などの中~長距離の引越しを予定している方であれば、単身パックを活用したほうがより安い費用で引越しできます。 単身引越しパックと単身プランの違いは「見積もりの金額」と「荷物量」 単身引越しパックは格安で提供されていますが、それは単身向けプランより輸送できる「荷物量」が少ないことが大きな理由です。 単身引越しパックと単身向けプランの違いについて、以下の表で確認していきましょう。 そのため、単身引越しパックを利用する際は、1つのコンテナに載せきれる荷物のサイズや量に制限がかかります。 対して、単身向けプランでは依頼者の状況に合わせてトラックをチャーターするので、荷物量の制限はありません。 また、単身パックはコンテナに載せきれる荷物量が決まっているので、基本的に訪問見積もりが必要ありません。 同時に、複数のコンテナを一度にトラックで輸送できるので輸送コストが低く、単身プランよりも格安の料金で引越しすることができるのです。 引越し業者ごとの単身専用パックの料金とサイズの比較 「単身パック」は日本通運の商標登録商品ですが、そのほかの引越し会社も同様に、単身者向けの類似サービスを行っています。 各引越し業者が提供する単身引越しパックの積載容量や、料金は下記の通りとなっています。 大物家具が少ない人は日通の「単身パックS・L」がおすすめ 大きな家具の運搬がない、という人は 日通の「単身パックS・L」がおすすめです。 1コンテナあたりの値段が16,000円からと、他社に比べても非常に安いからです。 もし、荷物が入りきらないという人がコンテナボックスを2基依頼しても、単身プランを利用するより安くなる可能性があります。 ただし、ベッドや冷蔵庫といった大きな家具・家電は運搬できないため注意が必要です。 大物家具が多い人はプロスタッフの「単身引越しパック」がおすすめ 大きな荷物も運ぶ必要がある!という人は、 プロスタッフの「単身引越しパック」がおすすめです。 例えば、ベッドやローボード、こたつといった荷物を運搬することも可能です。 さらに、大物家具が5点以上あるという人でも、1個当たり2,000円の追加料金を支払えば運んでくれます。 注意したいのが、家族世帯向けの家具や家電の場合、サイズによっては「大物」の2点分としてカウントされることがあります。 一人暮らしサイズではないソファや冷蔵庫などを運ぼうとしている人は気を付けましょう。 単身引越しパックに自分の運びたい荷物量が積めるか調べる2つの方法 いざ「単身引越しパックを利用したい!」と思っても、運ぶ荷物の量が多かったり、大きなサイズの家具などがあったりすると、コンテナボックスへの積載が難しい場合があります。 自分が運ぼうと思っている荷物が単身引越しパックでも運べるか否かを確かめるには、下記の2つの方法があります。 単身パックで運べるダンボールのサイズと個数を目安にする• 単身パックのコンテナに積む荷物をアプリでシミュレートする方法 1つ目は、単身パックで運べる段ボール箱の数とサイズを知って、積み切れるかの目安にする方法です。 2つ目はスマートフォンのアプリを使って、運ぶ予定の荷物の寸借を計測する方法です。 それぞれのチェック方法について、以下で詳しく見ていきます。 単身引越しパックで運べるダンボールの適切な個数とサイズ 段ボールのサイズとコンテナサイズを計算することで、自身の荷物が単身引越しパックで運べるか否かの目安にできます。 日通の提供する「単身パックS」を例にして、各ダンボールがどれぐらいの個数積めるのか見てみましょう。 もし、「荷物がギリギリ積めるか・積めないか微妙だ」という方であれば、このようにコンテナに合わせたダンボールを用意することで、無駄なスペースを作らずに単身パックを活用できます。 単身専用パックのコンテナに積む荷物をアプリでシミュレートする方法 「AR ruler」では、上記の写真の様にカメラに映した対象の縦・横・奥行の3辺をその場で計測することができます。 サイズが気になる家財でも、無理なくコンテナに収まるか、積むことができるかを確かめることが出来ます。 また、荷物を1つずつ計測して、サイズ感を確かめることも可能です。 サイズの大きな家具や家電が運べるかわからない方は、取り急ぎ1点のみの寸借をアプリで計測してみると良いでしょう。 単身引越しパックで運べない家電や家具 前述したとおり、単身引越しパックではコンテナボックスに荷物を積載するため、大きな家具や家電が運べない場合があります。 一般的に、単身専用パックで運ぶことが適さない荷物は、以下で対応方法と一緒に紹介しているので参考にしてください。 ベッド 折り畳み式のベッドであれば運送可能。 組み立て式は長さがあるため運送は難しいです。 布団のように折りたためないマットレスも同様なので要注意。 詳しくはをご覧ください。 自転車 コンテナボックスに収まるサイズであれば運送可能。 かさばるため他の荷物が載せられなくなるので自転車は別便での配送がおすすめ。 詳しくはをご覧ください。 冷蔵庫 2ドアタイプの冷蔵庫は配送可能。 3ドアの冷蔵庫も高さ170cm以下のものであれば日通の「単身パックL」で配送可能。 洗濯機 ドラム型・全自動洗濯機(縦型)などタイプを問わず、コンテナボックスに積み込むことが可能。 詳しくはをご覧ください。 ソファ 3人掛けのソファなどで、横幅が170センチを超えるものは運搬が難しい 液晶テレビ 家庭用サイズのテレビであればほぼ積むことができる 70型(インチ)以上のものは横幅が150センチを超えてくるので、容量の小さなコンテナには積載が難しい 原付バイク エンジン付きの乗り物は運搬できません。 ストーブ 燃料タンクの灯油が空の状態であれば運送可能。 もし、運べない荷物がある場合は別途で輸送手段を考えるか、単身パックの利用を断念しなければなりません。 上記の項目にある荷物をお持ちの場合は、必ず引越し業者へ連絡し、相談をしましょう。 一人暮らしの引越しを安くする5つのテクニック 単身パックの利用以外で、一人暮らしの方が引越しの費用を安くできる主な方法は以下の5つです。 単身引越し料金の安い引越し会社を選ぶ• 業者による引越し見積もりを安くする• 宅配便や宅急便で荷物を運ぶ• 赤帽の引越しサービスを使う• 賃貸契約の初期費用を安くする それぞれの方法を詳しく見ていきましょう。 単身引越し料金の安い引越し会社を選ぶ 単身者の引越しに特化した引越し業者を探して契約することで、引越し費用を安く抑えることができます。 各引越し業者ごとに得意とする内容が異なるので、同じ条件でも見積もりや料金設定に差が出るからです。 単身向けの安い引越し業者を探したい方は、「」を参考にしてください。 ミニ引越しプランがある業者に依頼をする という、荷物の少ない単身者向けの引越しサービスを用意している業者があります。 主に「短距離の輸送」「荷物はダンボール10個くらいまで」といった制約はありますが、非常に安い料金で引越しができるので検討してみましょう。 業者による引越し見積もりを安くする 引越し会社の料金は「基本運賃」や「実費」といった内訳で提示されます。 内訳を知ったうえで、それぞれの代金を安くする工夫をすることで、見積もり金額を大幅に安くすることができます。 少しでも引越し費用を抑えたい方は、「」をご覧ください。 宅配便や宅急便で荷物を運ぶ 荷物が極端に少なく、かつ短距離の引越しを行うという方は、宅急便や宅配便の利用が最も費用を抑えられることがあります。 例えば、ダンボール10箱程度の荷物しかない場合、単身パックで1. 5万円、宅配便で1. 3万円ほどの料金となるため、宅配便の利用の方が安いです。 詳しくは、「」を参考にしてください。 赤帽の引越しサービスを使う 「赤帽」は軽トラック1台分程度の荷物の引越しを専門で行うサービスです。 引越し侍が行ったシミュレートでは、大きな家具や家電がある単身の方は、単身パックよりも赤帽引越しのほうが安くなる結果となりました。 赤帽の利用も検討されている方は、「」をご覧ください。 賃貸契約の初期費用を安くする 引越し作業にかかる費用ではなく、家賃や敷金礼金などの賃貸契約にかかるコストを抑え、トータルの出費を安く済ませるという手段もあります。 「」では、単身の方向けに物件契約をコストダウンする方法をご紹介しています。 単身パックの料金と荷物量まとめ 単身パックを利用することで、単身者の平均的な引越し相場よりも安くできることがわかりました。 ただし、単身パックではコンテナに積載できる荷物に限りがあるので、荷物量に不安がある方は事前のチェックや、その他の節約方法を検討すると良いでしょう。 例えば、一人暮らしの荷物の少ない引っ越しに向けて 「単身専用パック」があります。 単身専用パックの特徴は、運べる荷物の量と料金があらかじめ設けられている点です。 料金の相場は1万円~3万円以内で運ぶ荷物の量と引越し業者により内容が異なります。 その他にも「らくらくパック」や「おまかせパック」「近距離プラン」など引越し業者の数だけプランやパックがあり料金・サービスの内容も異なります。 引越し侍の見積もりサービスでは 各社のパックやサービスの内容と料金を比較できるため安いパック・プランの引越し業者を見つけられます。 引越し業者はどこがいいか選び方に迷ったら「料金」「口コミ・評判」「サービス内容」「満足度ランキング」をポイントにしましょう。 サービスの利用後には「引っ越しの準備・手続きやることリスト」もプレゼント特典や各種キャンペーンをご用意しています。 単身の小さな引っ越しから・家族やオフィスの移転まで24時間無料で簡単に見積もりの依頼ができます。 格安で引っ越しをしたい方は是非ご利用ください!.

次の