ほうれん草。 ホウレンソウ(ほうれん草)の栽培方法・育て方のコツ

[6月発送予定]「ほうれん草粉末」 微粉末(100g) クリックポスト便(送料200円)

ほうれん草

ハム・グレイヴィという名前を聞いてもそれ誰? って、言われちゃいますよね。 彼はとあるアメリカンコッミクスの主人公。 彼と恋人のオリーブ、その兄のカスターの3人で物語は始まったのです。 1929年、世界大恐慌の頃でした。 ところが、彼は物語誕生から10年後に登場した脇役に人気を奪われて主役の座も恋人のオリーブもかっさらわれちゃった。 その脇役の名前こそ、ポパイ! そう、彼は最初から主役だったわけじゃなかったのです。 ちなみにオリーブのフルネームはオリーブ・オイル Olive Oyl。 うーん、なんか安直なネーミングだなぁ。 以上、ポパイに関するトリビアでした……、って、ここでブログを終わっても良いのですが 良くないって 、今日の本題はポパイのシンボルとも言えるほうれん草の話です。 以前、「」というブログを書きましたがそう言えば和食の定番、「ごま和え」、「ごま汚し」の作り方のコツを書いてなかったなと思いいたりましたので、ちょっと書き足そうというのがこのブログの趣旨です。 ということでまずはレシピを紹介しますね。 ほうれん草の胡麻よごしの作り方 【材料】 2人分 - 調理時間:7分-• ほうれん草:半袋• 薄揚げ:半丁• 黒ごま:適宜• 茹で汁:300ml• 塩:1. 濃口醤油:12g 小匙2• 味醂:6g 小匙1 【作り方】• 茹で汁に塩1.5グラムを加えて小鍋に沸かします。 それをやっている間にほうれん草は洗って根本を落とし、半分に切ります。 このレシピでは小鍋を使うので半分に切っていますが大きな鍋が使える場合はまるごと、根の方から突っ込んで茹でましょう。 軸の方を小鍋に投入して3分茹でます。 ラスト1分になったら葉と薄揚げも加えて茹でます。 茹で上がりをザルに揚げて流水で冷まし更に氷水で急冷します。 2.の水気をよくしぼって、2cm幅に切ります。 薄揚げは5mm幅の小口切りにします。 黒ごまと[調味料パート]と和えればできあがり。 ほうれん草の茹で方のコツ ほうれん草を茹でる際のコツは3つあります。 塩ゆでする ほうれん草のえぐ味の正体はほうれん草に含まれるシュウ酸。 これは水溶性なので茹でると抜けます。 茹で汁に塩を加えることで効率よくシュウ酸を抜くことができます。 短時間で茹でる とはいえ、湯で時間が長いとほうれん草が持つ栄養素まで抜けてしまいます。 茹で時間は長くて3分。 できれば2分以内に収めましょう。 茹で上がったら冷水で急冷する 茹でてザルに揚げたほうれん草は氷水に投入して急冷します。 色止めと呼ばれる技法でこうすると鮮やかな緑色を保つことができます。 余談ですが和食の世界では白ごまを和えたほうれん草を「胡麻和え」、黒ごまを和えたほうれん草を「胡麻よごし」と呼びます。 お湯も油も一瞬では温まりません。 どうしたって2、3分かかります。 この2、3分間の間に食材を切る、衣を付けるなどの工程をこなすのが料理を段取り良くするコツです。

次の

ホウレンソウ

ほうれん草

ハム・グレイヴィという名前を聞いてもそれ誰? って、言われちゃいますよね。 彼はとあるアメリカンコッミクスの主人公。 彼と恋人のオリーブ、その兄のカスターの3人で物語は始まったのです。 1929年、世界大恐慌の頃でした。 ところが、彼は物語誕生から10年後に登場した脇役に人気を奪われて主役の座も恋人のオリーブもかっさらわれちゃった。 その脇役の名前こそ、ポパイ! そう、彼は最初から主役だったわけじゃなかったのです。 ちなみにオリーブのフルネームはオリーブ・オイル Olive Oyl。 うーん、なんか安直なネーミングだなぁ。 以上、ポパイに関するトリビアでした……、って、ここでブログを終わっても良いのですが 良くないって 、今日の本題はポパイのシンボルとも言えるほうれん草の話です。 以前、「」というブログを書きましたがそう言えば和食の定番、「ごま和え」、「ごま汚し」の作り方のコツを書いてなかったなと思いいたりましたので、ちょっと書き足そうというのがこのブログの趣旨です。 ということでまずはレシピを紹介しますね。 ほうれん草の胡麻よごしの作り方 【材料】 2人分 - 調理時間:7分-• ほうれん草:半袋• 薄揚げ:半丁• 黒ごま:適宜• 茹で汁:300ml• 塩:1. 濃口醤油:12g 小匙2• 味醂:6g 小匙1 【作り方】• 茹で汁に塩1.5グラムを加えて小鍋に沸かします。 それをやっている間にほうれん草は洗って根本を落とし、半分に切ります。 このレシピでは小鍋を使うので半分に切っていますが大きな鍋が使える場合はまるごと、根の方から突っ込んで茹でましょう。 軸の方を小鍋に投入して3分茹でます。 ラスト1分になったら葉と薄揚げも加えて茹でます。 茹で上がりをザルに揚げて流水で冷まし更に氷水で急冷します。 2.の水気をよくしぼって、2cm幅に切ります。 薄揚げは5mm幅の小口切りにします。 黒ごまと[調味料パート]と和えればできあがり。 ほうれん草の茹で方のコツ ほうれん草を茹でる際のコツは3つあります。 塩ゆでする ほうれん草のえぐ味の正体はほうれん草に含まれるシュウ酸。 これは水溶性なので茹でると抜けます。 茹で汁に塩を加えることで効率よくシュウ酸を抜くことができます。 短時間で茹でる とはいえ、湯で時間が長いとほうれん草が持つ栄養素まで抜けてしまいます。 茹で時間は長くて3分。 できれば2分以内に収めましょう。 茹で上がったら冷水で急冷する 茹でてザルに揚げたほうれん草は氷水に投入して急冷します。 色止めと呼ばれる技法でこうすると鮮やかな緑色を保つことができます。 余談ですが和食の世界では白ごまを和えたほうれん草を「胡麻和え」、黒ごまを和えたほうれん草を「胡麻よごし」と呼びます。 お湯も油も一瞬では温まりません。 どうしたって2、3分かかります。 この2、3分間の間に食材を切る、衣を付けるなどの工程をこなすのが料理を段取り良くするコツです。

次の

ほうれん草

ほうれん草

ほうれん草は、あくの強い野菜の代表です。 下の方々も書かれているように、ほうれん草のアクは(蓚酸)という物質です。 シュウ酸は、体内のカルシウムと結合して不溶性のシュウ酸カルシウムが生成されます。 シュウ酸カルシウムは水にほとんど溶けませんから、血管などに沈着しやすいのです。 あまり血管にたまると結石の原因になります。 ただし、【生食】でなく、通常おひたしにして食べる量であるならばまったく問題ありません。 あくの出ないゆで方ありますか? これは、考え方を変えたほうが良いと思いますよ。 美味しくないのはアクが抜けて(出て)いないからです。 ほうれん草は、茹でてアクを抜かなければ美味しくありませんよ。 たっぷりのお湯で茹でてください。 お湯が少ないと、ほうれん草を入れたとき、温度が下がり、茹で時間が長くなります。 色も変わり、食感も悪くなります。 アクも抜けきれません。 参考URL: ほうれん草、おいしいですね。 貧血や老化予防にいいんですよね。 でも、ほぼ毎日ってすごいですね。 さすがにちょっと、調理方法にも困ってしまいそうですが…。 さて、下の方も書かれている通り、基本的にあくは茹でることで逃げていってくれます。 一つまみの塩をいれて茹でて、茹で上がったらすぐに冷水に取るときれいな緑も守れます。 ここでポイント。 茹でるときには絶対に蓋をしないでくださいね。 早く茹でようと思って蓋をしちゃうと、せっかく逃がした「あく」が湯気と一緒に出て行けず、お鍋に戻ってきちゃいますから。 そして、茹でた後たっぷりの冷水にさらすのも、ポイントです。 まあ、ほうれん草茹でるときに蓋をされる方の方が少ないとは思うので、余計なことだったかもしれませんけれど。 あと、農家の方には大変申し訳ないのですが。 私、実はほうれん草を切るとき、根っこから3~4cmほど切り落としてしまいます。 食べられる部分なんですけれど、とても、土の風味がするので、ごめんなさい。 それから、ほうれん草で一番期待したい栄養素であるところのカロチンは、油にはよく溶けますが、水にはそんなに溶けないので、茹でちゃっていいと思いますよ。 ツナ缶と一緒に食べるなんて、油も一緒に取れるわけですから、カロチンを効率よく摂取するよい方法じゃないですか。 因みにビタミンCは3分茹でると半減しますし、水によく溶けるので、水にさらしている間にも溶け出てしまいますけれど。 えっと、ビタミンCは別の野菜に期待するとか、ってだめでしょうか。 ほうれん草のアクはシュウ酸という物質です。 水に溶ける性質があるので、茹でることによってアク抜きになります。 シュウ酸はカルシウムの吸収を阻害する作用があるので、アク抜きは必要です。 レンジ加熱の場合、加熱だけではアク抜きが出来ないので加熱後に水に晒します。 ゆで方は#2様の方法がおすすめだと思います。 個人的な感覚ですが、茹でた方が葉が柔らかく茹で上がる気がして、私は茹でる方法をとっていますが。 あと食べ方でいうと、お浸しはほうれん草の味を一番ストレートに感じる食べ方だと思います。 (私もあのえぐみが苦手なのでお浸しはあまり好きではありません。 ) 胡麻和えにするとおひたしよりは感じにくいです。 白和えもいいかも。 うちはよくベーコン(orツナ缶)、玉ねぎと炒めたものを溶き卵と混ぜてオムレツにします。 あとは、やはりベーコンと炒めて(しめじを加えたりして)ホワイトソースをかけてオーブンで焼いてグラタン風にするとか。。 食べ方でかなり味が変わると思うので試してみてください。

次の