ご 教授 いただき たく 存じ ます。 「いただきたく存じます」は二重敬語?正しく意味と使い方、類語を紹介

「~いただきたく存じます」の意味&上司に失礼のない使い方を解説!

ご 教授 いただき たく 存じ ます

この記事の目次• ご教示いただきたく存じます の意味・敬語 「ご教示いただきたく存じます」は「教えてもらいたいと思います」という意味。 なぜこのような意味になるのか? そもそもの意味と敬語について順をおって解説していきます。 ご教示の意味は「教えること」 「ご教示」の意味は「教えること」「教え示すこと」 ここで「ご教示」の「ご」の部分は向かう先を立てるために使う敬語であり謙譲語の「お(ご)」です。 ~いただきたく存じます の意味は「~してもらいたいと思います」 「いただきたく存じます」の意味は「もらいたいと思います」 敬語は以下のとおりに使用しています• 「もらう」の謙譲語「 いただく(頂く)」• 願望の「 ~したい」• 「思う」の謙譲語+丁寧語「ます」で「 存じます」 これらをあわせると意味は「~してもらいたいと思う」と解釈できます。 ご教示いただきたく存じます の意味は「教えてもらいたいと思います」• 「教えてもらう」という意味の「 教示」• 願望の「 ~したい」• 「思う」の謙譲語+丁寧語「ます」で「 存じます」 これらすべての敬語を合わせると「ご教示いただきたく存じます」の意味は… 「教えてもらいたいと思います」 というように解釈できます。 ここで使う謙譲語「お(ご)~いただく」は「ご利用いいただく=利用してもらう」「ご指導いただく=指導してもらう」などのように、ビジネスシーンでよく使われます。 覚えておくと本当に役立ちます。 余談ですが尊敬語にも「お(ご)」の使い方があり混同しがちですのでご注意を。 ようは「教えてほしい!」と覚えておけばよい 「ご教示」「いただきたく」「存じます」などという堅苦しい敬語をつかっていますが… ようは「教えてほしい!!」という意味です。 「教えてほしい!」をすご~く丁寧にした敬語が「教えて頂きたく存じます」なのですね。 ご教示いただきたく存じます の使い方 つづいて「ご教示いただきたく存じます」の使い方について。 ビジネスシーンではとくに、何かしらの質問や問い合わせメールの締め結ぶとして使います。 使い方「問い合わせ・質問ビジネスメール」 「ご教示いただきたく存じます」の使い方 おもに問い合わせや質問をともなうビジネスメールに使います。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使えます。 たとえば、• 例文「~につきご教示いただきたく存じます。 何卒よろしくお願い致します」• 例文「~に関してご教示いただきたく存じます。 よろしくお願い申し上げます」 のようにして質問すると丁寧です。 具体的にはたとえば、 社内で上司などに問い合わせするビジネスメールのとき。 「 さて首記の件、来期の予算策定にあたり、エチレンの2018年市況につき ご教示いただきたく存じます。 お忙しいところ恐れ入りますが、何卒宜しくお願いいたします。 」 みたいに使えます。 まぁ、ようするに「教えてほしい!!」という意味なのです。 あとに「お願い申し上げます・お願い致します」をつなげる ところでビジネスメールの結び締めをつくるときは… 「ご教示いただきたく存じます。 よろしくお願い申し上げます。 」のように後に「よろしく!」的な文章をつなげましょう。 ちなみに「お願い申し上げます」は 「 お願いいたします」「 お願い致します」と言い換えすることもできます。 また「どうか」という意味の「何卒(なにとぞ)」をつかい、 「 何卒よろしくお願い申し上げます」 としても丁寧。 頭の片隅にいれておきましょう。 結びには前置きに気づかいのフレーズを! ビジネスメールの結び締めを丁寧にするためのコツ。 前置きに気づかいのフレーズを使うとより丁寧な印象のメールとなります。 たとえば以下のようなフレーズがあります。 恐縮=申し訳なく思うこと 「お忙しいところ恐縮ではございますが、お願い~」 「お忙しいところ大変恐縮ではございますが、お願い~」 「たびたび恐縮ではございますが、お願い〜」• 恐れ入る=申し訳なく思う 「お忙しいところ恐れ入りますが、お願い〜」 「お忙しいところ大変恐れ入りますが、お願い〜」 「たびたび恐れ入りますが、お願い〜」• お手数=お手間 「お忙しいところお手数お掛けしますが、お願い〜」 「お忙しいところ大変お手数ではございますが、お願い〜」• 勝手を申し上げる=自分勝手を言う 「誠に勝手を申し上げますが、お願い〜」 「ご教示」「ご教授」の意味と違い ふたたび横道にそれます。 「 ご教示」と似たようなフレーズには「 ご教授」がありますが…これって何が違うのでしょうか? それぞれの基本となる意味をまとめると、• 「 ご教示」の意味:(何かを)教え、示すこと• 「 ご教授」の意味:(学問など専門的なことを)伝え、教えること となりますので、教えることの内容によって「ご教示」と「ご教授」とを使い分けます。 たとえば、• 敬語の使い方を専門的に教えてほしい時には「 ご教授ください」• 東京駅までの行き方を尋ねたければ「 ご教示ください」 を使えばいいということになります。 ビジネスシーンでは「ご教示」をよく使う ビジネスメールでよく使われるのは 「 ご教示」の方ですね。 これはビジネスシーンで知りたい内容が芸術や学問ではないためです。 ちなみに「ご教示」はビジネスメールで使われることがほとんどで、会話ではもっとシンプルな表現「教えて頂きたいのですが…」「教えていただけますか?」などを使います。 いっぽうで学生が先生に質問するのであれば 「 ご教授」を使うのが正しい、ということになります。 「ご教示」のいろいろな使い方・例文 あとは「ご教示いただきたく存じます」だけでなく、いろいろ使える「ご教示」の例文を紹介しておきます。 問い合わせ・質問ビジネスメール結びに使う「ご教示」 「ご教示」のいろいろな使い方。 おもに問い合わせや質問をともなうビジネスメール結び締めとして使います。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使えます。 たとえば、• 例文「ご教示くださいますようお願い申し上げます」 意味は「教えてくれるようお願いします」• 例文「ご教示のほどお願い申し上げます」 意味は「教えてくれるよう、どうかお願いします」• 例文「ご教示いただければ幸いです」 意味は「教えてもらえたら嬉しいです」• 例文「ご教示いただければと存じます。 何卒よろしくお願い致します」 意味は「教えてもらえたらと思います」 のようにして質問すると丁寧です。 「ご教示いただければ幸いです」がもっとも丁寧な敬語であり、あとはほぼ等しいレベル。 具体的にはたとえば、就職活動で企業に問い合わせするビジネスメールのとき。 「このたびは今年度の新卒採用予定の有無について伺いたく、連絡いたしました。 もし貴社にて新卒採用のご予定がおありでしたら、応募したいと考えております。 お忙しいところ大変恐れ入りますが、 ご教示くださいますよう何卒宜しくお願いいたします。 」 みたいにメール結びとして使えます。 まぁ、ようするに「教えてね!よろしく」という意味なのです。 お礼のビジネスメールに使う「ご教示」 「ご教示」のいろいろな使い方。 質問や問い合わせメールにたいして返信がきたときのお礼として「返信の返信メール」に使います。 たとえばメール書き出しのお礼に、• 例文「早速ご教示いただきありがとうございます」 意味は「教えてもらいありがとう」• 例文「お忙しいところご教示いただきありがとうございます」• 例文「ご多忙のところご教示いただきありがとうございます」• 例文「ご教示くださいましてありがとうございます」 意味は「教えてくれてありがとう」 のようにしてビジネスメールに使うとよいでしょう。 「 ご教示いただき」と「 ご教示くださいまして」は敬語の成り立ちが違います。 具体的には、 「ご教示いただく=教えていただく」なのか「ご教示くださる=教えてくださる」なのか、という点において違いますが丁寧さとしてはまったく同じです。 また、 「 ご教示いただきありがとうございます」「 ご教示くださいましてありがとうございます」はどちらも結局のところ、お礼を述べているわけであってどちらも同じように使います。 「ご教示」を使ったビジネスメール例文【全文】 最後に「ご教示」を使ったビジネスメールの例文を挙げていきます。 目上の方や取引先に対して使える文章にしていますので、ご参にどうぞ。 私、現在就職活動をしております、就活大学・就活学部の就活一郎と申します。 この度は、今年度の新卒採用予定の有無について伺いたく、連絡いたしました。 もし貴社にて新卒採用のご予定がおありでしたら、応募したいと考えております。 お忙しいところ大変恐れ入りますが、 ご教示くださいますよう何卒宜しくお願いいたします。 メール署名 【補足】 1 恐れ入りますが=恐れ入る+丁寧語「ます」で「すみませんが…」の意味。 2 申します=言うの謙譲語「申す」+丁寧語「ます」 3 お忙しい中=忙しいとは思うのだけど…の意味。 相手を気づかうために使うと好感がもてる。 参考となる書き方:• 突然のご連絡、大変失礼をいたします。 株式会社就活・開発担当の就活と申します。 この度は貴社ホームページを拝見し、連絡を致しました。 さて首記の件、貴社製品を以下の用途へ適用検討しております。 お忙しい中恐れ入りますが、 ご教示くださいますよう、何卒よろしくお願い致します。 メール署名 【補足】 1 恐れ入りますが=恐れ入る+丁寧語「ます」で「すみませんが…」の意味。 2 申します=言うの謙譲語「申す」+丁寧語「ます」 3 お忙しい中=忙しいとは思うのだけど…の意味。 相手を気づかうために使うと好感がもてる。

次の

「ご教示願います」の意味は? 「ご教授」との違いと使い分けを知ろう

ご 教授 いただき たく 存じ ます

ビジネスの場では、メールや口頭で相手に何かを教えてもらいたいシーンがよくあります。 そのときに使える、正しい敬語表現をご存知でしょうか。 何かを教えてもらいたいとき、「お教えください」と言ってもよいのですが、熟語を使ったビジネスシーンに合う敬語表現としてよく目にするのが「ご教示ください」「ご教授ください」の二通りの言い方です。 字面も発音も似ている二つの熟語なので、ついつい混同して使われがちなものですが、実は意味に違いがあります。 ここでは「ご教示」と「ご教授」の正しい意味の違いや使い分け方を解説いたします。 例文も複数載せていますので参考にしてください。 ご教授の意味 「教授」とは学問や技芸を教え授けることです。 また名詞としては、大学などで専門の学問・技能を教え、またその研究に従事する職のことを指します。 動詞の文例としては「書道を教授する」「経済学を教授する」が挙げられています。 学問や技能、芸術などを、先生や講師から体系立ててレクチャーしてもらうこと、知識を授けてもらうことをイメージすればよいでしょう。 「ご教示ください」と「ご教授ください」の違いと使い分け方 それぞれ意味が異なり、使われる状況も異なるため、ビジネスシーンでは「どちらが正しくて、どちらは間違っている」と一概にいうことはできません。 文脈に応じて適切な方を選ぶようにしてください。 誤用に注意したいのは、 たんに情報を聞き出したいときに「ご教授ください」を使うことです。 意味を確認したとおり、教授は学問や技芸について教えてもらうことですから、一般にビジネスシーンでは「ご教示ください」の方がしっくりくる頻度の方が高いでしょう。 スケジュールや物事の進め方、方法をたずねる際に「ご教授ください」としてしまうのは誤りです。 このような場合は「ご教示ください」を使うようにしましょう。 「ご教示ください」と「ご教授ください」はどちらも書き言葉? 「ご教示ください」と「ご教授ください」は意味に違いがありますが、どちらも書き言葉という共通点があります。 「ご教示いただければと存じます」や「ご教授願います」など定型文として、書くときに用いられます。 話し言葉で使うと堅い印象がありますので、「お教えいただきたく存じます」や「お教え願います」、「ご指導のほどよろしくお願い申し上げます」などに変換して使うと良いでしょう。 「教授」と「享受」の違いと使い分け方 「教授」の同音異義語として 「享受」という言葉があります。 「享受」の意味は受け入れて自分のものとすること、受け入れて、味わい楽しむこととあります。 文例としては独身の自由を享受するインターネットの恩恵を享受するというものが挙げられます。 「享受」は、「教えてもらう」という意味の「教示」「教授」とはまったく意味の方向性が異なる単語です。 うっかり混同して使っていると明らかに誤用とばれてしまいます。 意味の違いを理解するだけでなく、スマホやPCでの文字入力上の変換ミスにも気をつけましょう。

次の

「ご教授賜る」の意味とビジネスでの言葉の正しい使い方

ご 教授 いただき たく 存じ ます

まず「ご教授」の意味ですが、学問や技芸を教えることを丁寧に表しています。 大学教授という言葉はよく聞きますが、ビジネスにおいてはあまり使わない言葉です。 次に「賜る」の意味ですが、これは「もらう」の謙譲語です。 目上の人から物などをもらうときに、この表現を使います。 そして、「与える」の尊敬語でもあります。 主語が誰かによって、謙譲語と尊敬語どちらでも使うことができるので便利です。 ビジネスにおいても、よく使われます。 「日頃よりご愛顧賜り、ありがとうございます」は愛顧 ひいきという意味 をもらう自分側が主体なので、この場合の賜るは謙譲語です。 「ご教授賜る」は専門知識を教えてもらいたい時に使う 「ご教授賜る」は、長期間にわたり専門知識を教えてもらいたいときに使える、あらたまった表現です。 たとえば、歌舞伎の先生に弟子入りして学びを請うときなどに使うと適しているといえます。 政治家の先生の秘書として長きにわたって勤めたいと考えるのであれば、「尊敬する先生の元で、ご教授賜りたく存じます」という表現も適しているといえます。 政治家が「先生」と崇められる場面が多いことから、この場合には「ご教授」でも問題ないと考えられます。 ビジネスの場においては、特殊な場合を除いては、あまり使われることはありません。 ビジネスの場において教えを請う表現は「ご教示」 「ご教授賜る」はビジネスの場においては適切でないことが多いと説明しました。 それでは、ビジネスにおいてはどのような表現が適しているのでしょうか。 「ご教示賜る」であれば、幅広くビジネスの場で使うことができます。 「教示」とは、知識や方法などを教え示すことをいいます。 「ご教授賜る」と似ていますが、読みが異なります。 ご教示 きょうじ いただけますと幸いです、という文はビジネスメールの末尾によく見られますが、業務上の指示内容を得たいときには、これは正しい使い方です。 ビジネスの場においても「ご教授賜る」ではなく簡単な言い回しで構わない 「教えてください」という言い方ではさすがに不躾ですが、「教えていただけますか」と丁寧語にすればビジネスシーンにおいても問題なく使えます。 社会人になりたててで気負ってしまっていたり、逆に30代を過ぎて簡単な言葉では恥ずかしいという思いが知らず知らずにプレッシャーになって慣れない表現を誤用してしまう人がよくいます。 シンプルな表現はわかりやすく、むしろ好まれることが多いのです。 誤解なく理解してもらえることが、ビジネスにおいては一番大切だからです。 普段使わない言葉を正しく使いこなすには 新聞を読むことがおすすめ 「ご教授賜る」「ご教示いただきたい」といった表現は日常の会話においてはあまり使われません。 普段使い慣れない言葉だからこそ、いざというときに何となく使ってしまい、誤用してしまいがちです。 では、どうすればこうした誤用を避け、かつ洗練された表現を自分のものにできるのでしょうか。 活字を読んで語彙を増やすことが一番ですが、インターネット上では正しくない日本語も飛び交っていますので注意が必要です。 教養のためにも、新聞を読むことが一番でしょう。 そして意味がわからない言葉、曖昧に覚えている言葉は辞書で調べましょう。 電子辞書は軽くて便利ですので、いつでも持ち歩くことができます。 言葉を使う上で最も大切なこと相手にわかりやすく伝える 最も大切なことは、間違いをしないことではないのです。 言葉というものは、相手と良い関係を築くためのコミュニケーションのツールに過ぎません。 相手の言葉の間違いにも寛容であった方がよいでしょう。 大切なことは言葉の裏にある相手の気持ちです。 そして、その真意を相手に誤解なく届けるために、よりわかりやすい表現を使うことが思いやりでもあります。 学ぶのに遅すぎるということはありません。 便利な表現を多く学び、自信を持って使えるようにしましょう。 「ご教授賜る」という言葉はビジネスの場で「ご教示賜る」と多く誤用されている ビジネスの場においては「ご教授賜る」が、「ご教示賜わる」という意味で多く誤用されていることがわかりました。 ご教授賜る、という表現そのものは間違いではなく、正しい場面においてはもちろん使うことができます。 ビジネスの場における「ご教授賜る」の誤用から見えることは、多くの人たちが「教えてください」という表現をより丁寧に相手に失礼のないように言おうとしている姿勢です。 これまで誤用をしてしまっていたとしても、相手への敬意を払った丁寧な言い方をしようという気持ちは、人間関係を築く上で何より大切なことです。 コミュニケーションツールである言葉を巧みに操ることで、より円滑に物事を進められるようになるでしょう。

次の