八月のシンデレラナイン アニメ 作画崩壊。 八月のシンデレラナイン

【作画】アニメ「八月のシンデレラナイン」とんでもない不正が発覚してしまうwwwww

八月のシンデレラナイン アニメ 作画崩壊

ワンピースの「斬撃」とかいう薄皮一枚削るだけの無能技wwwwww• 【ハンターハンター】ネテロVS王の名バトルを再現した15万円フィギュアのクオリティwwwwww• 【画像比較】人気漫画の「黙れ」シーンをご覧くださいwwwwwww• アベンジャーズの最強ラスボス・サノスさん、クソ雑魚だった事が判明・・・・• ワンピースの尾田先生「背景を手抜きするのは漫画家として失格」 ブリーチ「・・・」• 【比較】初期から最も画力が上がった漫画家が凄すぎるwwwwww• ジャンプで打ち切られた作者さん、とんでもないことを告白する・・・・・• 強さ議論厨「悟空が最強で~」「一方通行が~」「いやワンパンマンが~」ワイ「はぁ・・・」• 漫画史に残る最終回がついに決まってしまう・・・・• 『ワンパンマン』と同じ筋トレメニューを実践した結果wwwwwwwwww• 【画像】 矢吹健太朗先生、復帰したジャンプで神業を披露してしまうwwwwww 関連記事.

次の

八月のシンデレラナイン

八月のシンデレラナイン アニメ 作画崩壊

また、権利者様および各関係者様への敬意を忘れず、不利益にならない用法を心掛ける事を明記します。 前振りトーク 読者の皆さま、DJの 淡雪もリファインしたいです。 当ブログで好評を博している『ハチナイ』の作画崩壊記事ですが、いつまでもアニメ版『ハチナイ』=作画崩壊と誤解されたままではいけません。 14歳(中等部三年生) お馴染み、助手の 締里だ。 間違いは修正すればよい。 アニメ版が作画で話題になったが、『ハチナイ』の本分はソシャゲだからな。 ソシャゲの宣伝の為にも、アニメ版にはもうひと頑張りして欲しいところだ。 15歳(高等部一年生) 実際、アニメ版のストーリーは評判が良かったですからね。 作画のせいでネタ枠になってしまったが、逆に考えると悪名は無名に勝るで、話題にならなかったよりは良かったかもな。 気になる方は以下の記事を。 新型コロナによる影響で、空きができてしまった放映枠を埋める必要があるからでしょうね。 7月からの放送では、初回放送をブラッシュアップしたBlu-rayに収録されているコレクターズエディションでお届けいたしますので、是非ご視聴ください。 追加で+1話のスペシャルコンテンツもご用意しておりますので、楽しみにお待ちください。 コレクターズエディションか。 円盤には通常の『作画崩壊バージョン』と修正した『コレクターズエディション』の2パターンが収録されているのでしょうか? でしたらお得ですね。 いや、調べた限りでは『作画崩壊バージョン』は 歴史の闇に葬られたっぽいな。 そうですか。 ぶっちゃけ、原作側(ソシャゲ運営会社)からしたら、噴飯ものの出来(作画)だったしな。 どちらが真のアニメ版『ハチナイ』かはさておき、改めて里ヶ浜ナインを紹介してみまよう。 登場キャラはご覧の通りだ。 アニメ版でスポットが当たっていたのは上2段のメンバーです。 ポジションは以下だぞ。 多くのキャラは投手兼任ですが、エースは我妻さんとなっております。 アニメだと未登場だ。 興味がおありの方は各自で調べて下さいね。 ついでに『ハチナイ』をスマホにインストールしてみましょう。 じゃあ、試合シーンに入る。 努力バカで、上から目線の威圧的言動が目立つ マウンティング女だ。 アニメ版とソシャゲ版では入部における経緯が違う。 彼女の投球フォーム、軸足の位置がプレート前に修正されていますね。 ストレートだけで三者凡退に抑えた。 にゃー、というウザい語尾が気になる。 アニメだと俊足を売りに1番だが、ソシャゲだと下位打線での起用が良いだろう。 相手チームのエース、神宮寺さんの投球フォームの作画が良いですね。 2番の阿佐田も守備特化だ。 語尾が「~のだ」な奴だぞ。 アニメだと有能な2番バッターとして機能していた。 ワンナウト二塁で主人公の登場です。 なお、学業優秀な東雲とは違い勉強は苦手だ。 本当の意味で野球バカと言えるだろう。 辛辣ですね、締里さん。 野手の主人公で定位置がショートというのは、割と珍しい気がする。 リアル野球だとチームナンバーワン選手のポジションは遊撃手ですけれど、創作だとピッチャーかキャッチャーが多い気がします。 あだち充野球でもサードの方が語感が良いのか、『タッチ』の新田と『H2』の橘という天才スラッガー両名はサードなんだよな。 サードって本来は「肩は強いけれど、守備はイマイチ」な人のポジションですからね。 『メジャーセカンド』の関鳥さんをみれば分かりますけど。 ファーストは別名「守備の墓場」と呼ばれています。 内野は二遊間コンビ(セカンドとショート)が主役だ。 だから『ハチナイ』最高性能である有原がショートは野球として極めて正しい。 5番は岩城か。 どう見ても、ドカベンなあのキャラのオマージュというか、彼をまんま美少女にしただけです。 見事に豪快な三振でチェンジです。 神仏照覧な『珠詠』のロマン砲よりも酷いな。 ブンブン丸を通り押して大型扇風機じゃないか、これだと。 7番が「ノゴロー」こと野崎だ。 左の豪腕ということで察してくれ。 ソシャゲだとクリンナップを打たせたいバッターだな。 8番は「すずわか」こと鈴木さん。 ソシャゲでも正捕手争いをする好プレーヤーです。 三者連続三振で終わってしまった。 成長させられるソシャゲ版とは違い、アニメだとお二人とも本当に素人ですから。 ライトは仕方がないにしても、セカンドがこれではキツイな。 次の打者であるキャッチャーの牧野さんですが、例の話題になった「見送る視線だけでフォアボール表現」はそのままでした。 修正リソースにも限りがあるしな。 センターに犠牲フライを打たれてしまう。 守備力が低いなぁ。 ピッチャーだって本職ではないというのに。 さらには4番の神宮寺さんに。 まあ、本職サードが急造投手しているだけだし。 止め絵なのに 作画が。 修正できなかったみたいだ。 ここからが本来のポジションになる。 なんと、練習試合なので不慣れなポジションの練習をしていたのです。 惨敗だったな、マジで。 しかし落ち込んでいる暇はありません。 これで少しはチーム事情に余裕ができる反面、レギュラー争いが生じます。 「むみぃ」こと宇喜多と河北の素人2人が、非情にもレギュラー落ちしてしまう。 別名「ぼっち先輩」こと倉敷だ。 ソシャゲですとライトも守ります。 繰り返しますが、アニメ版だとエースの天さんが未登場で終わりますから。 舞子ラスが投げる時は仙波が専属的にキャッチャーなのだが、アニメ未登場なので和香が務めている格好だな。 ライトは茜からポジションを奪った九十九伽奈だ。 天才キャラだが嫌味がない。 ソシャゲ版ですと守備力のステータスは低いのですが、アニメだと普通に好守備ですね。 もっとも守備位置はライトですけれど。 盗塁シーンの作画、走っている場面がやや貧弱でしたね。 空振りと送球は良かったけどな。 作画、良くなっているな。 最初からこの作画で放映できていれば。 カット割りも上手いですよね。 この辺りの動き、特に空振りは、普通に『大正野球娘。 』よりも上だ。 』は2019年の作品ですからね。 2019年の『ハチナイ』が本気を出せばこの通りです。 10年も経っているしな。 有能な1番2番だ。 さあ、超やきう人の登場です。 4番の東雲さん、5番の九十九さんも続いて連続ヒットです。 何故か6番の舞子ラスさんの場面はまるっとカットされています。 3回の裏だ。 勿体なかったです。 マルチヒットに水を差したな。 これで彼女もマルチ達成だ。 クリンナップが本当に強い。 気のせいか、捕球前にボールが2個に。 見なかった事にしよう。 でも無得点でした。 なにしろ初登板だしな。 踏ん張れるでしょうか。 この回、ヒット3本を打たれた。 打線は彼女の熱投に応えられるか。 これで有原は3打数3安打(1HR)で猛打賞だ。 作画も惜しかったな。 ほぼ静止画だったのですが。 有原さんの好走塁で2点も。 これで5対3と勝ち越した。 ここで向月はピッチャー交代です。 エースの高坂が出てくる。 全国ナンバーワン投手との事。 なおもピンチは続く。 練習試合とはいえ初勝利です。 そして本番だ。 全国大会の初戦です。 ちなみに全国で硬式女子野球部は約30校なので地区予選なしだぞ。 5回勝てば全国制覇だな。 あの試合とはレギュラーが違う。 守備がバタついているな。 連続エラーとは。 練習試合の時とは逆ですね。 自責点0とはいえ、連続エラーから簡単に適時打を浴びるとは。 執拗に6番の打席がカットされる。 投手が初心者とはいえ本職になり、内野陣が強化されたのは大きい。 神宮寺はスライダーの他にツーシームも投げるみたいだ。 岩城さんは8番に降格ですか。 今度は投手自らエラーとは。 早くもエラー3つですよ。 早くも全力投球か。 基本的に先発ピッチャーは救援投手とは違い普段は8割の力で投げます。 そうしないと長いイニング保たないですから。 ちなみに中野へもフォアボールだ。 満塁になってしまった。 エラー3に四死球2、酷いです。 チャンスで上位打線だったから、せめて1点は取りたかった。 ノーアウト二塁です。 1点は諦めてゲッツー狙いだな。 無駄な失点を与えてしまいました。 神宮寺の走塁ミスだな。 ライナーなのに外野に抜ける前に飛び出してはダメですよね。 早くもマルチヒットをマークしました。 しかもツーベースヒットだ。 神宮寺も打たれてるな。 ノーアウト一三塁です。 前の回、そのまんまだ。 追いつかれたが、あっさりと引き離した。 流れは里ヶ浜だ。 神宮寺さん、目が死にかけです。 でも次は岩城だからなぁ。 空振り三振でしょうね、普通に。 ミートを意識してバットを短く持ってもスタンドインか。 飛距離だけは一級品ですね。 ここで清城はタイムをとって、仲間でコミュニケーションをはかった。 どうやら続投みたいですよ。 奪三振だけは凄いな。 クリンナップ以外は雑魚ですから。 スクイズ失敗に助けられたが、清城打線に捕まり始めた。 有原さん、今日はノーヒットです。 3打数でヒット0か。 もう舞子ラスは限界に見えるぞ。 セカンドは控えのともっちさんに交代です。 それだけではない。 スタミナ切れに加えて、あの打席で右腕が痺れたままなのでしょう。 リリーフは後輩の野崎だ。 打撃は不調でも守備は流石だ。 九十九はレフトに回った。 それから岩城さんは応援団長に復帰しました。 学校未公認の1人応援団ですけどね。 ついに最終回の攻防だ。 無理ですよね、打つの。 しかも二塁打。 次は当たっている4番、東雲さんです。 期待大だな。 走攻守が揃った野球超人だな、有原は。 超やきう人ですから。 彼女もまたエースだな。 それ『球詠』のパクリじゃないですか。 河北のゼスチャーだとツーアウトだと誤解しそうだ。 ここで4番の神宮寺さんです。 クライマックスだな。 シングルヒットで同点。 長打が出れば逆転サヨナラだ。 ナイスゲームだった。 試合中のBGMが秀逸でしたね。 臨場感は最高でした。 戦略や戦術面から見ると『球詠』の新越谷VS梁幽館には及ばない印象だ。 『球詠』は漫画原作だから試合内容が練り込まれていて当たり前といえば当たり前だが。

次の

八月のシンデレラナイン(ハチナイ)攻略Wiki|ゲームエイト

八月のシンデレラナイン アニメ 作画崩壊

また、権利者様および各関係者様への敬意を忘れず、不利益にならない用法を心掛ける事を明記します。 14歳(中等部三年生) 助手の 締里だ。 今年の大谷は打者専念だが素晴らしい打棒だな。 投手、大谷翔平が見られるのは来シーズンだが、彼のとんでもない打球速度の弾丸ライナーホームランが拝めるだけでも、ファンは満足しているだろう。 15歳(高等部一年生) そんな大谷さんのプレーにも引けを取らない、衝撃的な野球シーンを提供してくれているのが『ハチナイ』こと『八月のシンデレラナイン』であります。 簡単に概要を紹介および説明するぞ。 八月のシンデレラナインとは 八月のシンデレラナイン アカツキにより開発、運営されているスマートフォン用ゲームアプリおよび、それを原作とした関連作品(メディアミックス)を指す。 略称・愛称は『ハチナイ』。 サービス開始は2017年の6月27日で、トムス・エンターテイメントが元請けとなり、製作委員会方式により2019年4月からアニメが放映された。 プロデューサーは山口修平。 KADOKAWAがプロモーション協力をしている。 アプリは150万ダウンロードを突破。 なお、原作ゲームの主人公(=プレイヤー)は怪我により野球生命を絶たれた元リトルシニアリーグのエースで、彼が監督を務めるが、アニメ版の主人公は原作メインヒロインの有原翼である。 アニメ円盤の予約も好調で、デザインも含めてキャラ良し、ストーリー良し、設定と世界観もグッドな作品だ。 作画が残念だったり、納期が間に合わなかったのか、休みを挟んでしまったりと、色々と『いもいも』方面での話題にもなってしまいました。 そこで今回、我々も 『ハチナイ』の応援、宣伝部隊として、特に話題になっている野球の試合シーンをまとめようと思った次第だ。 普段はキャプチャ画面(静止画)ですが、この放送から「動きで伝えなければ理解しにくい」シーンに限り、GIFや公式配信(違法ではない)のYouTube動画も導入していきます。 それでは、まずは最も評判なスライディングシーンだ。 必要もないのに、2人目の得点ランナーがスライディングしている。 本当にシュールだ。 それ以前に、1人目の生還者の走りに欠片も緊張感がありません。 次いで、第5話の練習試合で披露されたスライディングだ。 まるでベガだ。 送球もワープしているしな。 これでもかとばかりに、動画枚数が節約されていますね。 略して、 ナイスライディン! となる。 叫びやすくて、ゴロが良いですよね。 また、第5話における試合シーンでは、まだまだ名場面が。 というか、ボールが。 作画も崩壊しているし。 巧妙な騙し絵みたいなシーンですね。 こんなのもあるぞ。 色々と限界だったんだろうな、この時は。 それなりにですが、頑張っている動きもあるにはありました。 プレートの位置を注視しなければ、ですが。 』だと。 技術は上がっても、リソースが追い付かなければ無意味だしな。 ついに『大正野球娘。 』を超える作画&動きが実現されました。 いや、流石にこの超絶クォリティと比較するのは、正直いって可哀そうだ。 ボークですし、バットのスイングもワープ気味です。 そうですね。 『MAJOR 2nd』中学生編については、以下の記事を参照ねがいます。 ファーストが棒立ちのまま、微動だにしません。 内野ゴロなのにランナーの走り方は、一塁駆け抜けではなく長打コースですし。 サードの動きも、動画枚数的にあれが精一杯なのだろう。 棒立ちから、いきなり打球に反応してますからね。 衝撃的なのが、次のキャプチャだ。 ありえないミスだよな。 チェック体制が満足に機能していないのかと。 関連記事はこちらになる。

次の