トイレの修理 相場。 トイレタンクの水が止まらない修理方法と料金相場

トイレのタンクの費用と価格の相場は?-リフォらん

トイレの修理 相場

トイレの詰まりや、水漏れの修理費用相場はいくら? ご自宅のトイレの詰りや水漏れが起こると、急なことで慌ててしまいますよね。 ご自身で処置を試みても修理できなかったり、明らかに業者でなければ対処できない状況の場合は、すぐに業者に修理を依頼することになります。 修理にかかる費用は詰りや水漏れの状態によって、作業内容や使用する器具が異なります。 そのため、 業者に現地調査をして確認してもらわなければ、詳細な費用は分からないことが多いといえるでしょう。 【処置別費用の目安】• トイレ詰まり解消:10,000円~20,000円程度• 配管詰まり及び洗浄:15,000円~20,000円程度• 薬剤洗浄:4,000円程度• トイレの水漏れ (パッキン調整、交換):8,000円程度 (タンク内部部品交換):12,000円~15,000円程度 トイレの詰まりや水漏れが起こる原因と対処法 出典: トイレの詰まりや水漏れは突然起こることがほとんどですが、原因が分かればある程度防ぐことができますし、対処法を知っているといざという時に焦らずに済みます。 ここでは、トイレの詰まりや水漏れの原因と対処法について詳しく解説していきます。 トイレが詰まる原因と対処法 トイレが詰まる主な原因には、次のようなものが挙げられます。 異物(固形物)• トイレットペーパー• 除菌シート、ティッシュペーパー• 紙ナプキン、おむつ• 排泄物、おう吐物• 汚水管のつまり トイレ詰まりの原因は、誤ってトイレに落としてしまったメガネ、携帯電話などの異物をはじめ、トイレットペーパーの使い過ぎや除菌シート、ティッシュペーパーを大量に流してしまうことで起こることが多いといわれています。 除菌シートやティッシュペーパーの中には、水に溶けにくい性質のものがありますので、大量に流してしまうと詰まりを起こす原因になるため、注意してください。 また、 紙ナプキンやおむつなどは水に溶けないだけでなく、給水性が高いため排水管や堰(せき)で大きく膨れてきますので、ご自身が処置を施しても改善することは少ないでしょう。 排水路や堰によって流れなくなった排泄物や、おう吐物に含まれる油分も、便器の内部や排水管に付着することにより、詰まりを引き起こすといわれています。 おう吐物をトイレに流した際には念入りに水を流し、便器の内部や排水管に付着した油分を流しておくようにしましょう。 汚水管(敷地内の桝)の詰まりによるものは、素人では処置が難しいので業者に確認してもらうほうが確実です。 【対処法】 トイレが詰まった場合には、 「ラバーカップ」、トイレ詰まり専用の 「ワイヤー」、 「真空式パイプクリーナー」を使用すると、詰まったものを押し込んだり、引っかけて取り出すことができます。 また、液体洗剤や重曹、お酢や お湯(40度~60度くらい)を注いで1時間程度放置するとつまりが緩むこともあります。 しかし、ご自身で処置を試みても状態が解消されない場合は、素人では原因を判断するのは困難ですので、すぐに業者に依頼をしましょう。 トイレの水漏れが起こる原因と対処法 トイレの水漏れが起こる箇所と主な原因には、次のようなものが挙げられます。 給水管:経年劣化、パッキンの劣化や損傷• トイレと床の間:排水管と便器を接続している部品の劣化• ウォシュレット:経年劣化、部品(バブルユニット)の故障• 便器とタンクの間:経年劣化、パッキンの劣化や損傷• 止水栓:経年劣化 トイレの水漏れの原因には、タンク内からの水漏れやトイレの床からの水漏れ、給水管からの水漏れなど様々なものがあります。 水漏れが発生した際の 応急処置は、止水栓をドライバーで閉めておき、これ以上水が出てこないようにすることが重要です。 部品や給水管の経年劣化に伴うものや、ウォシュレットから水漏れが発生している場合は、素人の修理では難しい場合が多いので、業者に修理をするか部品の交換かの判断をしてもらいましょう。 トイレの詰まりや水漏れは、ご自身が処置をして解消できるものから、専門の業者による処置でなければ対処できない場合など、トイレの状態や状況によって様々です。 トイレに何らかの不具合が発生した場合には、すぐに業者に依頼をすることで最悪の事態を防ぐことができます。 そして専門の業者であれば、 経験も豊富で確かな技術もありますので、安心して修理を任せることができます。 下記の記事では、「トイレの詰まり、水漏れの原因と対処法」についてより詳しく説明していますので、参考までにご覧ください。 トイレの詰まりや、水漏れの放置は危険 トイレの水漏れは、長時間そのままにしておくと状態が悪化してしまうため、速やかに処置や修理をする必要があります。 業者に修理を依頼する際には、作業がしやすいようにトイレ周りをきれいに掃除し置くと、すぐに作業に取り掛かってもらえるでしょう。 トイレの詰まりは、軽度のものであれば自分で処置できるケースもあります。 ただし、トイレットペーパーなどの紙類以外の固形物を流してしまった場合は、ご自身で処置をすると詰まっていたものが更に奥に入り込んでしまったり、便器や排水管を傷つけてしまう恐れがあるので注意しましょう。 被害も最小限に抑えるためにも、 すぐに駆けつけてくれる業者を選んでください。 詰まりの原因が分からない場合も、速やかに業者に依頼したほうが確実に修理してもらえます。 以下に、ご自身で対処できるケースと、業者に依頼すべきケースについて例を挙げていますので参考にしてください。 【ご自身で対処できるケース(軽度)】• トイレットペーパーなどの紙類が詰まった• 便器内の水が少しずつ流れていて、徐々に引いている• 水の勢いが弱いため詰りを起こした 【業者に依頼すべきケース(重度)】• 紙以外の固形物を流してしまった• いつまで経っても便器内の水が減らない• 詰まりの原因が分からない トイレ詰まり・水漏れ修理で費用をおさえるポイント 先にご紹介しましたように、トイレ業者に修理等を依頼するときは、詰まりの程度や、水漏れの状態から判断してください。 トイレ詰まりは、ラバーカップなどを使って解消することも可能ですが、自分で処置をしたことで状態が悪化してしまい、かえって修理にかかる費用が高くなってしまうこともあるので注意が必要です。 また、水漏れが発生した際はすぐに 「止水栓」を止めることで、多少水道代をおさえることができます。 必ず行っておきましょう。 修理にかかる費用は、 現状の状態によって作業する内容や必要になる部品も異なるので、金額にも違いが出てきます。 さらに、便器交換や排水管を調査する必要が出てきた場合は、高額な費用がかかることもあります。 トイレなどの水回りのトラブルは緊急を要し、ゆっくりと業者選びができないケースも多いですが、なるべく実績があり早急に対応してくれる業者を選ぶようにしてください。 業者によって修理費用や時間外料金などが異なるので、前もって追加料金の発生の有無も必ず確認しておくと安心です。 トイレ詰まり・水漏れ修理を依頼すべき業者とは? 最後に、トイレ詰りや水漏れ修理を業者に依頼する際に、押えておくべき3つのポイントをご紹介します。 ポイントをしっかりと押さえておくことで、施工技術のある信頼できる業者を選定することができるでしょう。 適正な価格を提示している 適正な工事価格を把握するためには、 2~3社程度の複数の業者に相見積を依頼することが大切です。 ホームページやチラシに 「激安」と記載されていたり、他の業者に比べて見積価格があまりにも安すぎる場合は、工事後に高額請求をしてくる 悪徳業者の可能性もあります。 工事価格の安さに惹かれ、見積書に記載されている内容などを確認せず、安易に契約をしてしまうのは危険です。 不要な工事などを勧められたり、高額な代金を請求されることがあるため注意してください。 業者から提示された工事金額や内容をしっかりと比較検討し、信頼できる業者かどうかを見極めてから工事を依頼しましょう。 施工事例がある 業者選定の際、インターネットで検索すると、簡単に業者を見つけることができるのでとても便利ですよね。 多くの業者は公式ホームページを持っていて、これまでの工事実績や施工事例などを掲載しているので、すぐに確認することができます。 施工実績の多い業者は技術力が高く、信頼できる業者であることの目安の1つと言えますので、工事を依頼する前にしっかりと確認しておくと安心です。 そうはいっても、別の会社の工事写真などを無断で掲載している業者も存在していますため、しっかりと内容を確認してください。 自宅が対応エリアに入っている 依頼する業者がご自身の住んでいるエリアで対応してくれる、というのも重要なチェックポイントです。 エリア外になると、 出張料などの費用が余計にかかることが懸念されます。 ご自宅の近くに事業所を構えている業者のほうが、緊急を要する場合にも、すぐに駆けつけてくれるので安心です。 また、最近では全国対応してくれる業者もみられますが、事業所数が少ないと移動に時間がかかり、すぐに対応できないこともあります。 事前に工事日を確認しておきましょう。 まとめ トイレの詰まりや水漏れが起きたときは、緊急を要することも多いので慌てて業者選びをする方が多いと思います。 時間をかけて費用相場などを調べることは難しいかもしれませんが、悪徳業者に依頼してすぐに不具合が起きてしまっては費用が無駄になってしまいます。 信頼できる業者を選定するためには、費用相場の目安や業者選びのポイントを押さえておくことが非常に重要です。 また、ご自身で対処できることできないことを把握しておくことで、緊急時にも慌てずに対応できるでしょう。 トイレつまり、水漏れ修理のお役立ちコラム Q. トイレのつまりが原因の水漏れ修理の前の応急処置って? トイレのつまりで水が溢れそう、溢れてきたというときには、まずは止水栓を閉めてこれ以上水が出てこないようにすることが肝心です。 焦って何度も水を流そうとするのは、大抵の場合では逆効果。 もし、止水栓の場所を知らなければ今からでも調べておきましょう。 仮に止水栓を閉めたら、詰まった原因を考えてみましょう。 ペーパーなど、普段は流れるものを大量に流した記憶があればラバーカップを使ってみるとそれだけで解消することが良くあります。 効果が無ければ、重曹と酢とお湯を注いで1時間ほど放置するとつまりが緩んでラバーカップが効くようになることもあります。 これらの処置をしてもまだ改善しない場合は、それ以上無理にいじらず水漏れ修理の専門家に依頼するのが良いでしょう。 リフォマ リフォームマーケット とは? リフォマ(リフォームマーケット)とは、住宅や店舗の修理、リフォーム、水漏れ修理などのメンテナンス、ハウスクリーニングなど、職人・専門家による施工が必要な作業をサイト経由で見積依頼、発注が出来るサービスです。 ユーザー(発注者)は無料でご利用頂けます。 法人様にもご利用頂けるサービスです。 リフォマの利用料金は? サイトの利用、見積りの依頼などには一切費用はかかりません。 加盟する工務店からサイトに掲載するための審査のための費用を含めた、情報掲載料を頂いております。 リフォマを通してリフォームを依頼するメリットは? 複数の工務店から見積りと提案を簡単に取り寄せる事ができるので、ご希望の施工内容が最安値でご利用頂けます。

次の

トイレ修理業者の料金相場を3つの項目で解説!実際の料金もまとめました

トイレの修理 相場

トイレ換気扇の交換、修理の費用は、使用する機器類や施工方法など、ご希望されるリフォーム内容、及び現状の設備状況などの諸条件によって変わります。 トイレ換気扇の交換、修理のポイント トイレは家の中で最もニオイが気になる場所です。 そこで、家族全員が気持ちよく使えるようにトイレに換気扇は必要不可欠ですが、換気扇にもたくさん種類があるのでどれを選んだらよいか迷ってしまう方も多いでしょう。 換気扇を選ぶポイントは、 住宅のタイプに適した種類のものを選ぶことと、 トイレに適した機能を持つタイプのものを選ぶことといえるでしょう。 まず種類ですが、トイレに設置される換気扇には、「パイプ用ファン」と「ダクト用換気扇 」が一般的に多く用いられています。 パイプ用ファンは、主にプロペラファンが使われ、 壁や天井に埋め込んだパイプに差し込んで換気します。 小型でも大風量で比較的掃除がしやすいことがメリットといえますが、外風などの抵抗に弱いため気密性の高い住宅への設置にはあまり適さず、戸建て住宅に使用されることが多いです。 ダクト用換気扇は天井埋込型換気扇とも呼ばれ、主にシロッコファンが使われています。 天井に配管したダクトを通って換気するので、外気に面していない場所でも設置が可能です。 また、外風などの抵抗に強く安定した風量が確保できるので、気密性の高い住宅や高層住宅に向いています。 次に、換気扇の種類が決まったら付属機能による選定です。 24時間常時換気のものでは通常は弱運転、人を感知すると強運転に。 ・残置運転付 退出後も残置運転でニオイや湿気をしっかり排出。 ・遅延タイマー付 退出後のニオイや湿気もしっかり排出し、タイマーで自動OFFすることによって消し忘れを防止。 ・フィルター付 トイレットペーパーやタオル等の繊維ボコリをフィルターでキャッチして換気扇内部のホコリ汚れを軽減。 費用については、選ぶ換気扇によって違いますが施工費用も各業者さんによって異なります。 納得の価格と内容でトイレ換気扇のリフォームが行えるよう、 複数の業者さんに相談して見積もりをとり、比較検討することをお勧めします。 トイレ換気扇の交換、修理の費用データ 一般的なトイレ換気扇の交換、修理の費用は、 1. 5万円~3万円程度が相場と言えるでしょう。 その他費用を安くするポイントとしては、特にメーカーにこだわりが無ければ、希望する機能をリフォーム会社に伝え、機能的に要件を満たす商品の提案をもらうようにしましょう。 またコスト重視であれば、型遅れの商品や業者の過剰在庫を使うと更に費用を抑えられるので、そういったものが入手出来るかも併せて相談してみましょう。 それでは、トイレ換気扇の交換、修理のよくある施工事例と、費用の概算を見ていきましょう。 実際にかかった費用の割合 施工場所と価格相場 換気扇交換 2〜6万円 タイマースイッチ交換 1. 5〜2万円 パイプファン交換 1. 5〜2万円 モーター交換 2〜3万円 関連コンテンツをチェック! トイレ換気扇の交換、修理のお役立ちコラム Q. トイレ換気扇の交換(修理)のタイミングって? トイレの換気扇から異常音がしたり、換気が弱いと感じ始めたら、修理・交換のタイミングです。 ただし、こういった不具合は換気扇の故障によるものではなくファンに付いたホコリ等が原因になって起こることもあるので、まずは 換気扇ファンを取り外して付着したホコリやゴミを綺麗に取り除いてみてください。 それでも改善されない場合は修理または交換となりますが、 トイレの換気扇の寿命は7〜10年の為、それを過ぎている場合は修理をしてもまたすぐに壊れてしまう可能性が高いので、 修理ではなく新しいものと交換をした方が良いでしょう。 よく見られているカテゴリー• トイレ換気扇の交換、修理の施工事例• トイレ内装リフォーム• 費用 700万円• 工期 45日• トイレ内装リフォーム• 費用 2140万円• 工期 3ヶ月 ローカルワークスで見積りをとるメリット 最も ニーズに合った施工を 最安値で引き受けてくれる施工業者を 簡単に探せます。

次の

トイレつまり修理を業者に頼んだ場合の料金っていくらくらいするの?安い業者はどこ?失敗しない業者の選び方まで教えます!

トイレの修理 相場

第一章:トイレのつまり業者を呼んだ時の費用相場は? 1・トイレがつまった時は専門業者に依頼すべきです。 ご家庭のトイレでのトラブル。 水漏れや故障、トイレのつまりなど一度はご経験があるのではないでしょうか。 トイレがつまって使えなくなってしまうと、一人暮らしでも大変ですが、ご家族で住んでいると使用回数も増えますし、お子さんやご年配の家族がいるとトイレがすぐに無いと大変、さらに困ったことになってしまいます。 一刻も早く解決をしたいところですね。 しかし、家庭用トイレは日々進化をしています。 お手入れのしやすさ、節水、ウォシュレット、など快適さと機能性が高まると同時に、仕組みや構造が複雑になっているものが、どんどん増えてきました。 一概に 「つまり」とはいっても、素人が簡単に修理をするにはなかなか難しなり、なかにはさらに悪化をさせてしまったり、別の箇所を壊してしまったりするケースも出て来ています。 ここでは迅速かつ確実に、 「トイレのつまり」を解消するため、専門業者に依頼をすることをおすすめしています。 なぜ専門業者にお願いをするのか、そこには 「時間」と 「お金」がポイントになってきますので、このあと詳しくみていくことにしましょう。 そして、専門業者に依頼をした場合は、一体いくらくらいかかるのか、いつ来てくれるのか、どういう修理がなされるのか、高額な請求をされたらどうしよう、など、不安に思ってしまい、頼むのをためらってしまう方も多いのではないでしょうか。 そんな悩みや不安な気持ちを解消すべく、専門業者に依頼した場合についての費用相場についてもご紹介していきます。 2・トイレのつまりの費用相場は、何によって決まるのか 基本料金 インターネットで検索をすると実に多くの修理業者が出てきます。 サービスの内容はもちろん業者によって様々ですが、一般的なケースを中心に、ここではご紹介しましょう。 業者を決め、電話やメールで依頼をした後、まずは現場でつまりの原因が一体何であるか、調査がはじまります。 「基本料金」として、現場の調査や見積もりの用意、出張料金を設定している会社では、 4000〜5000円が一般的のようです。 中には基本料金自体は無料で作業費に含む、という会社もあるようです。 また、薬品や機械を使わず、簡単な作業のみでつまりが解消され作業がほとんど発生せず終了した、というケースもあるようですので、その場合は基本料金のみで済むようです。 もし、その際に提示された見積りに納得がいかない場合は、作業依頼せず断るという選択肢もあるかと思います。 一番気をつけて頂きたいのが、初めに提示した見積金額から、作業完了後の請求金額が変わってしまうこと。 「作業中に追加の修理箇所が発生してしまった」と言われることが多いようです。 もちろん事実の場合もありますが、悪徳業者の手口の場合もあり、なかなか素人では判断しかねるところですし、工事が完了してしまったあとなので、なかなか反論しようにも難しいところでしょう。 断りきれず泣き寝入りしてしまうことがないよう、見積金額から追加の作業が発生し、金額が変わる可能性がある場合は、作業前にお知らせしてもらえるよう、業者さんに必ず伝えてみるのもひとつ手です。 つまり以外のさらなるトラブルが起こらないよう、自己防衛も兼ねて対応していきましょう。 作業費 調査でつまりの原因や対応箇所が明確になり、見積金額にOKが出れば、次は実際の作業に入って行きます。 費用については、つまりの箇所やつまっているものによって異なりますが、軽度のつまりであれば約5000〜8000円程度が一般的なようです。 もし専用の器具やローラーを使っての作業が発生するようであれば、 10000〜15000円程度。 更に奥につまってしまったり、便器を外しての作業が必要になったりすると 15000円〜を超えることもあるようです。 もちろん、対応する業者によってや地域、依頼する時間や曜日などによっても変わってきますので、あくまでも目安としてご参照ください。 部品代 一般的なつまりの対応であれば、つまりの部分が解消すればあとはトイレの流れも復旧しますので、かかる費用としては、基本料金と作業費のみの場合がほとんどです。 しかし、トイレ自体が特殊な構造だったり、老朽化や劣化、破損により部品の交換が必要になったりした場合には、 別途部品代がかかることが想定されます。 その他出張費など 基本料金に加え、出張費の有無についても業者によって異なりますので、事前にチェックをする必要があります。 「出張費・見積もり全て無料!」とうたっている場合でも、夜間や早朝は料金が増す場合も。 ただ、家族が多く使用回数が多い、近所に使えるトイレが無くて困る、子どもやお年寄りがいる、などの場合は、一刻も早くトイレのつまり解消をしたいところ。 夜間や早朝対応で料金が増した場合でも構わない、という場合はそのあたりも踏まえて、よく検討してみてはいかがでしょうか。 3・原因別!トイレのつまり費用相場 ・トイレのつまる原因 トイレのつまる原因は一体何か、ご存知ですか?原因の一番はなんといっても 「ペーパー」類。 トイレットペーパー自体は水に流れやすく溶けやすいとはいえ、まとまった量を一気に流そうとするとつまりの原因になります。 また、掃除用のペーパー状のクリーナーも同様です。 水に流れやすく溶けやすいとはいえ、まとまった量を流す際はご注意ください。 また、水に溶けないティッシュペーパーを流してしまうことで、つまる可能性も。 トイレットペーパーが切れていて、少量だから構わないかと、使ってしまう場合もあるようですが、それが積み重なりつまりを生むことになりますので、気をつけるようにしましょう。 つまりの原因、二番目に多いのは、生理用品やおむつ。 トイレについついあやまって落としてしまいそうな物ですね。 気づかず流してしまったり、拾うのをためらってそのままつい流してしまったりする場合もありますが、これらが注意したいところは、水分を吸収して膨らんでしまうところ。 パイプの途中で膨らんだ状態になると、そこでパイプを塞ぎつまりの原因に。 トイレには付属のゴミ箱を設置しうっかり流してしまうことがないように、日頃から注意をしましょう。 また、最近は、携帯電話もつまりの原因の多くだと言います。 ズボンのポケットに入れていて、気づかず落としてしまい、あわてて流してしまう…なんていうこと、意外とあるようです。 携帯電話だけでなく、文房具、化粧品、アクセサリー、など、落とす可能性あるこのような固形物、そのもの自体は小さくても、それが中心となり、ペーパーや汚物がまとわりついて大きな塊になることもありますので、あわせて注意をするようにしてください。 また、トイレの節水もつまりの原因となる場合があります。 タンク内にペットボトルを入れるという家庭の知恵があるようですが、これでは排水量が減るため水の流れが弱くなり、しっかり流せなくなり、つまりの原因になる、というケースも。 トイレを流すのに、1回あたり約6リットル、古いトイレだと13リットルもの水を使用すると言われています。 毎日使い、使用回数も多いトイレだからこそ、水道料金のことを考えると、節水はぜひしたいところです。 しかし、それが原因でつまってしまっては元も子もありませんし、節水でうかせたはずの料金以上の修理金額がかかってしまうなんてことも。 水量を調節したり、ある程度まとまった量を流す時は「大」を使用したり、など、使い方の検討をぜひおすすめします。 さらに、使用年数が長い場合に多いのが、 排水管自体に汚れが蓄積し、つまってしまうこと。 この場合は、家庭でポンプや薬品で解消しようとしても素人にはまったく手に負えない場合がほとんどですので、いち早く専門業者に依頼をすることをおすすめします。 第二章:トイレのつまり自分で直した時の費用相場は? 1・トイレのつまりを自分で直す方法と費用相場 トイレのつまり、もし少しのつまりであればご家庭で直す方法がありますので、早速みていきましょう。 ここでは比較的簡単にできる、2つをご紹介いたします。 いずれの方法も作業の前には、必ず、止水栓を締め、ウォシュレットや温水便座の電源は抜くことが大切。 これ以上の水の被害が広がりや感電を防ぎます。 1つめは 「ラバーカップ」を使うことです。 棒の先に半球状のゴム製カップがついているもの、一度は見た事があるはずです。 ホームセンターやスーパー、最近では100円ショップでも売っていますし、マンションの場合は管理人さんが持っている場合もあります。 利用の前には、汚水がこぼれるのを防ぐために、大きめのビニール袋の真ん中に穴を開け、そこにラバーカップを通して便器を覆うようにして使いはじめましょう。 まずは、排水口の部分に、隙間ができないよう押し込むようにくっつけ、排水口に向かって押し、さらに強く引き抜いてください。 この作業を何回か繰り返すことで、真空状態ができ、パイプの途中のつまりが解消されます。 真空状態をつくることがポイントです。 ラバーカップにも種類があるので、トイレの形状に合わせて購入をすることをおすすめします。 コツをつかむまでは難しいかもしれませんが、一度コツをつかんでしまえば、今後も簡単につまりの解消をすることができるでしょう。 2つめの方法は 「重曹と酢とお湯」を使います。 重曹は食品にも使え、洗剤代わりに掃除などにも活躍する、安全なもの。 約1/4カップ用意をしてください。 酢は約1/2カップ、お湯は50度ほどのものを便器量の半分ほど用意ください。 お湯は、熱湯ですと排水管を傷めたり、便器が割れたりする原因になりますので、十分に気をつけてください。 まずは便器の中に、重曹、酢、の順番にいれていきます。 このとき、順番を間違えると効果がまったくありませんので必ず順番は守るようにしてください。 そのあと、お湯を便器の半分程度いれていきます。 そうしてしばらくすると、重曹の炭酸ガスが発生し、便器内が泡立ってきます。 この泡により、ペーパーや汚物が分解され、パイプ内のつまりを解消してくれます。 そのまま1時間程度、放置して様子をみましょう。 このあと流していきますが、その前にもしラバーカップがあれば何度か押し込んでみると、つまりがさらにすっきりと解消するはずです。 これら2つの方法は、いずれも身近なものですぐに試すことができるのでおすすめです。 さらに化学薬品などを使わない方法ですので、小さいお子さんがいる家庭でも安心して試していただけます。 完全につまってしまう前の、つまりの前兆を感じた際に試すのにも、良いのではないでしょうか。 2・トイレのつまりの費用相場は、自分で直した方が安い!しかし… 先に書いたように、軽度なつまりとはいえ、身近にあるものを揃えるだけでトイレのつまりを解消することも、可能性としてはありえます。 費用だけを見てみると、先ほどの方法を試す場合は、材料費としては、ラバーカップは 約500〜1500円、重曹や酢はそれぞれ100円程度で済んでしまいます。 あとは自身の作業料や時間がかかるだけです。 一方、専門業者に依頼をした場合はどうでしょう。 「お見積無料」「出張費無料」などの業者もありますが、平均をすると、大きな工事を伴わない軽度の作業のみの場合は、 5000〜10000円がかかるようです。 単純に費用面だけを比較すると、もちろん自分で直した方が安いので、お得なことは確かです。 しかし、ここでは 「修理は専門業者におまかせする」ことをおすすめしています。 なぜ 「修理は専門業者におまかせする」ことをおすすめするのか、それにはこんな理由があるがあるからです。 詳しく見ていくことにしましょう。 3・専門業者に任せれば、時間もお金もお得? 「修理は専門業者におまかせをする」理由、おおきく2つがあげられます。 まず1つめは 「時間」です。 自分で修理をする場合は、最初に水漏れ箇所の特定からはじまります。 わかりやすく水が吹き出ている場合を除けば、しとしとと漏れだす場合が多いので、原因箇所の特定までに時間がかかることが想定されます。 原因箇所が特定されたあとは、その修理方法を探すことになるでしょう。 おそらくインターネットで探す方が多いのではないでしょうか。 いまは検索をすれば、分かりやすく図示や動画で解説しているサイトも多く見つかります。 修理方法が見つかった場合、その修理に必要な道具や部品を買わなくてはなりません。 家にすでに工具がそろっていたり、部品が必要ない場合もありますが、買いに行ったり取り寄せたりするには、さらに時間がかかります。 そして道具も部品もそろってから、いよいよ修理、となっても、修理自体にも時間がかかります。 なにより一番注目すべき点は、その修理で水漏れが確実に直る保証が一切無い、ということです。 これだけ準備に時間や手間をかけても、そもそもの原因が違っている可能性もありますし、原因が複数箇所の場合もあり得ます。 それに対して、専門業者にお願いをすれば、作業に来てもらってから、調査、原因の特定、作業、があっというまに進み、早い場合は1時間もかからずに終わる場合も。 「トイレ」という、使用頻度が高く、一刻も早く解決をしてほしい場所だけに、修理にかかる時間の短さは、何事にも代え難い、大きなポイントではないでしょうか。 2つめは 「お金」。 先ほど単純に比較をすると、自分で直す場合は 1000〜2000円程度、専門業者にお願いをすると 5000〜10000円程度、と書きました。 自分で直す場合が確かに安くはありますが、これも時間と同様、確実に直る保証が一切無い、ということに注目してください。 支払った金額自体はたしかに1000円程度かもしれませんが、それにかけた時間や取り寄せる手間、場合によってはガソリン代や送料がかかることも。 さらに、自分で直そうとして、さらに悪化させたり、修復不可能になってしまったりする場合もあり、余計なお金がかかってしまう最悪のケースも。 お金についても、時間と合わせてぜひ考えてください。 他にも、自身が修理に携わる労力や、汚れてしまった場合の片付け、修理に時間がかかってしまいさらなる被害がでてしまうこと、など、数え上げるときりがありません。 繰り返しになりますが「トイレ」という場所だからこそ、専門業者の迅速かつ確実な修理をおすすめしたいのです。 時間、お金、手間、様々なポイントをふまえ、一刻も早く快適な日常生活が戻るよう、ぜひ検討をしてみてください。

次の