ツイッター この メディア は 表示 しない よう に。 【Twitter】画像が表示されずURL表示になる対処法

【解除方法】Twitterで自分のツイートが不適切(センシティブ)な内容と出で表示されない件

ツイッター この メディア は 表示 しない よう に

不適切認定される理由、原因 「このツイートは、不適切な内容が含まれている可能性があるため表示できません。 」 twitter上の設定を可能にしている方は何ら関係の無い話ですが、この表示になる原因について結論から書くと以下になります。 twitterアプリやWEBブラウザ版ツイッターの設定• FacebookとTwitterの連携設定の仕様• 画像に赤枠などの編集がかかっており、それがグロ画像のように認識される これらの点について、ある程度の情報が溜まったので、検証過程をお伝えします。 他の ツイッターに関する記事はこちら• どうすれば直る?設定の変更方法• 自分のアカウント画像をクリックするなどして設定画面へ• 「設定とプライバシー」• 「プライバシーとセキュリティ」• これで完了です。 不適切云々の表示はなくなります。 実質上、twitterアプリ内の操作だけでは解決できないことになります。 アプリで見てる方は、 サファリなどのWEBブラウザから設定を変更してください。 私が知らないだけかも…それにしても不親切ですね。 プラットフォームによる影響 ?:アプリとブラウザ じつは、 「不適切表示をする」にチェックを入れていない場合でも、閲覧する プラットフォームによっては普通に表示されている場合があることを見つけました。 携帯電話の twitterアプリから閲覧• 同じ携帯電話でもサファリ等のWEBブラウザからtwitterを閲覧• PCやタブレット等でWEBブラウザから閲覧 これらの内、 1番の場合だけ、不適切認定がされる場合があるということがわかりました。 つまり、 twitterそのものorアプリの仕様の問題 であるということになりそうです。 どのような内容であれば不適切認定されるのか 2017年4月現在、 投稿内容自体には何ら問題がないにもかかわらず、不適切認定されて、設定によっては表示されないという問題が発生しています。 先日の私の日記でも紹介した軍事アナリスト、小川和久氏のツイートが、設定によってほぼ不適切認定されているのでいい例だと思い紹介します。 事例1: fb. これは、Facebookページへの遷移リンクなのですが、この中身は以下です。 これを見ると、軍事的な動画であることから不適切認定されているんでしょうか? 事例2: fb. 同じくFacebookページへの遷移リンクですが、この中身は以下です。 「韓国側の理解不足」という表現が不適切なのでしょうか? 思い当たるものは、これしかありませんが、なんだか違和感があります。 事例3: fb. この内容で不適切表記されている。 内容の何が問題なのかわかりません。 比較事例 北朝鮮+「最悪」というマイナスワードがついているが、これはいいらしい。 小括:アプリとブラウザの基準の違いではない アプリを使用するか、WEBブラウザか否かで不適切判断の基準が事なるということ ではないと思われます。 同時に、携帯電話そのもののセキュリティ設定とも無関係であることがわかりました。 とすると小川さんの 他のツイートと異なることは、遷移リンクを張っていないということ。 他の投稿でよく貼られている 「 sriic. meという短縮URLが問題であるということでもありません。 FB連携設定と遷移リンクが原因の可能性 twitterへの投稿が、Facebookの投稿からの連携設定で行われていること、且つ、投稿に遷移リンクが含まれていることが原因である可能性があります。 問題状況を整理すると以下です。 twitterアプリで投稿を閲覧する際• 設定を「不適切表示」可能にチェックを入れていない状態で• facebookの投稿をtwitterに反映させる設定をとっている投稿者のタイムライン上に• 遷移リンクの文字列が表示されている これらの条件が満たされている場合に「不適切表示」されていると思われます。 遷移リンク先の文字列、情報には何ら不適切と思われる表現がないと思われるものもあります。 上記の内、「3facebookの投稿をtwitterに反映させる設定をとっている投稿者のタイムライン上に」「4遷移リンクの文字列が表示されている」という部分について。 なぜこれらが原因と考えられるのかと言えば、 フェイスブックの短縮アドレスのみを投稿している方でも、不適切表示されない方がいらっしゃるからです。 その代表が、 経済評論家の上念司さんのツイートです。 上念司さんは、Facebookの投稿において自己が経営しているフィットネスクラブ(ファイトフィット)の画像等を紹介していることがありますが、これはことごとく正常な表示でした。 上念さんは、おそらく twitter上にfacebookの短縮URLを張り付けていると思われます。 つまり• これが原因でなかったなら、もうよくわかりません。 では、以下の項のような可能性は在り得ないのでしょうか? 特定ユーザーの投稿が手動で狙い撃ちされている可能性 ありえません 笑 よく、「反日勢力に都合の悪い投稿、投稿者の発信が邪魔されている」と言われますが、そのような思想をもってなおかつ手動でやれるような人的資源があるようでしたら、トランプ大統領のアカウントや私の発信まで全て吹き飛んでますよ 笑 なお、yahooニュースのコメント欄では 1:北朝鮮、韓国やそれに類するワード + 2:マイナスワード 厳密ではありませんが、大体この組み合わせで 不適切認定されます。 文脈として繋がりがなくても問答無用です。 ただし、これも システムが文言検索で機械的に処理しているだけです。 上記に示した例は、2015年初頭のものでした。 過去には「不適切な表現を含む可能性があります 」という表示があり、クリックで中身を見れることがありましたが、現在ではそのようなことは見ることがありません。 機能が削除されたのかはわかりませんが、この件について検索をかけると2014年くらいまでのものが最新です。 例えば2015年の時点では 「 日本国内にも韓国人や在日たくさんいますからね約3000万人といわれています」 という表示が不適切認定されていました。 以下魚拓 上下の画像は、同じコメントを映したものです。 日付は右下にある通り2015年1月8日のものです。 2017年4月では 『古巣への敬意を欠かない チョンテセに ブーイングとか、こういうことをする一部の清水サポは 酷いな。 腐ってる。 北朝鮮人として 在日として真摯に生きていた彼の思いを抹殺することになる。 どんな国の人間でも一定程度の 馬鹿がいるが、それがこういうところにあらわれてしまったのはとても 残念です。 こういうサポこそが 反日であり、 マスメディアはもっとこの件を 問題にすべき。 』 このような表記でも不適切認定されません。 これは、 検索機能の技術の進歩によって、検索の精度が上がったためと思われます。 以上、ここまでyahooに関する話でした。 以下、ツイッターについての話題に戻ります。 結論:「仕様」• アプリの方は設定変更をすれば解決できる• 画像編集については以下の別記事と追記を参照してください。 2017年4月20日追記:百田尚樹さんの事例 2017年4月19日現在、百田尚樹さんの投稿でも不適切表示されており、フォロワー等の対応に苦慮されていました。 不適切表示されている投稿はこちらです。 百田さんの引用リツイートの投稿に含まれる、他人の投稿の中身は以下です。 「fb. me」が含まれており、遷移先はフェイスブックでした。 やはり、この方も小川和久さんと同様の投稿形態であり、このような投稿が直接の原因であるということがほぼ確実だと思われます。 更に、この事例により、 引用したツイートの中身によっても不適切認定されるということがわかりました。 これも、投稿者が悪いのではありません。 ツイッターとフェイスブックの連携による不具合でしょう。 また、何度もいいますが 「投稿に対して多数の通報をされたから」 「特定勢力による手動の言論弾圧だ!」 「サイバー攻撃だ!」 この可能性はありません!! 何度もいいますが、この日記では一般的に起きている現象について検証しています。 もしそうであるならば、 トランプ大統領や桜井誠さんのツイッターの投稿で見れなくなっているものが大量に発生しているはずですが、そうなっていません。 今一度、冷静になって事態に向き合ってください。 この発想でいる限り、問題解決ができる可能性は永遠にゼロ!です。 なお、この問題は設定変更で解決できてしまうので、ツイッターの側も積極的に解決しようとしていないのではないかと思われます。 フェイスブック側との連絡調整もあるはずですから、面倒であり、優先順位としては低いと思われるからです。 追記終わり。 Nathannate.

次の

ツイッターのPC版が2カラムから3カラムに変更で使いやすくなった?│初心者ブログから成功へ

ツイッター この メディア は 表示 しない よう に

設定画面でカスタマイズ出来ること Twitter の設定では以下のような項目をカスタマイズができます。 Twitter をより便利に利用できるように、自分好みの設定にカスタマイズしてみましょう 設定画面の開き方 設定画面は画面上部のヘッダー右側にあるメニューボタン アカウント名 をクリックするとメニューが表示されるので、そこから「設定」を選択します。 各設定項目は、上部のメニューバーをクリックすることで切り替えることができます。 旧インターフェイスのメニューは? 2010年のリニューアル前の設定画面はヘッダーメニュー 画面右上 の「設定」リンクをクリックすることで開きます。 名前 自分の名前。 こちらはログインなどに使うユーザー名ではなくサイドバーのプロフィール上などに表示される名前です。 この項目は「」の項目で変更できます。 ユーザー名 ログインやプロフィールページの URLなどに利用されます。 つまり変更するとプロフィールページの URLも変わります。 メールアドレス Twitterからのフォロー、ダイレクトメッセージなどの各種通知、サポートなどに利用されます。 また「他のユーザーがメールアドレスを手がかりに探せるようにする」にチェックすると、 他のユーザーの Gmailなどのアドレス帳されている場合に、そこから自分のアカウントを探せるようになります。 メールアドレス自体は公開されません。 言語選択 Twitter の画面表示に使われる言語を選択します。 日本語のほかに、英語、スペイン語、イタリア語、フランス語、ドイツ語がサポートされています。 タイムゾーン いわゆる時差の設定です。 つぶやきの更新日時などの表示に利用されます。 ツイート位置情報 ツイートに位置情報を含めることを許可するかどうかを選択します。 この項目を許可すると、位置情報をサポートしているアプリケーションなどでツイートした際に、現在地をあわせて送信するようになります。 たとえば、東京タワーから「景色がきれい!」とツイートすると、東京タワーの位置情報もあわせてツイートに表示されます。 外部コンテンツ表示 チェックをすると、自分がフォローしていないユーザーが添付した画像や動画も表示されるようになります。 チェックを外すとフォローしているユーザーが添付したものだけが表示されます。 たとえば、リツイートで流れてきたユーザーの画像などは見たくない場合はチェックを外すようにします。 ツイートプライバシー 自分の発言を非公開 followしているユーザーにだけ見せる 設定にするかどうかを設定します。 詳しくはをご覧下さい。 アカウントを削除 このアカウントを削除します。 クリックすると削除の確認ページが表示されるので、「これらの事を了解した上でアカウントを削除します」ボタンをクリックするとアカウントが削除されます。 HTTPSのみ Twitter へのアクセスを HTTPS 経由のみで行うようにします。 HTTPS 経由にするとツイートやメッセージの送受信などといった Twitter のサーバーとの通信内容がすべて暗号化されるため、より安全に利用できるようになります。 欠点としては、通信がわずかに重くなります。 なお、設定を変更して「保存する」ボタンを押すとパスワードの入力を求められますので、ログイン時のパスワードを入力して「変更を保存」ボタンをクリックします。 これで設定の変更が完了します パスワード ここではではログイン用のパスワードを変更します。 新しいパスワードを 2度入力して、「変更する」ボタンをクリックするとパスワードが変更されます。 通知 ここでは Twitter からの通知に関する設定を行います。 チェックをオンした際の動作を解説します。 メッセージ ダイレクトメッセージを受信 ダイレクトメッセージが送られてきた際に、同じ内容をメールでも受け取ります。 返信または @関連を受信 ツイートの返信、または@関連 ツイートの中に [自分のアカウント名] が含まれるツイート を受信した時に、その内容をメールで通知します。 アクティビティ 誰かが私をフォロー開始 誰かが自分をフォローした際にメールでフォローしたことが通知されます。 ツイートがお気に入りに登録 誰かが自分のツイートをお気に入り登録した際に通知されます。 ツイートがリツイートされた 誰かが自分のツイートをリツイートした際に通知されます。 更新情報 Twitter の新しい製品、機能、アドバイスなどに関する通知 Twitter が新しく何かサービスや機能、アドバイスなどを公開した際にメールが送られます。 自分の Twitter アカウントに関連する製品やサービスの更新情報 おそらくですが 自分のアカウント情報などに基づいた、関連するサービスや製品などの情報がメールで送られます。 プロフィール ここではプロフィールページなどに表示されるアイコンや自己紹介の内容など変更します。 アイコン プロフィールページやタイムラインで表示されるアイコン画像を指定します 自分のPC上にある画像を選択し、「保存する」ボタンをクリックすることでアイコンが変更されます。 指定できる画像形式は JPEG, GIF, PNGで、ファイルサイズは 700KB以下です。 画像の大きさに特に制限はないようですが、基本的に表示される場所に応じて縮小 または拡大 して表示されます。 また、現在のアイコンを削除してデフォルトのアイコンに戻す場合は「この画像を削除する」をクリックします。 名前 自分の名前。 こちらはログインなどに使うユーザー名ではなくサイドバーのプロフィール上などに表示される名前です。 現在地 いま住んでいる場所 地名など を指定します。 ユーザー検索に使われるほか、外部のツールやサービスでもこの情報を参照するものがあります。 たとえばは、世界中の つぶやきをリアルタイムに地図上で表示します。 Web 個人の Webサイトやブログ、プロフィールなどの URL。 プロフィールページに表示されます。 自己紹介 簡単な自己紹介文です。 145文字までで入力でき、プロフィールページに表示されます。 デザイン ここではホームやプロフィールページのデザインを変更することができます。 いくつか用意されているテーマの中から選択できるほか、背景画像や配色を個別に変更することもできます。 テーマからデザインを選択する テーマからデザインをするには、「テーマを選択」の下にある画像の中から使用したいデザインを選択し、「保存する」ボタンをクリックします。 テーマ画像をクリックした時点で背景などが切り替わり、デザインをチェックすることができます。 「保存する」ボタンをクリックするまでは実際には変更されません。 ちなみに左上のテーマがアカウント作成直後のデザインです。 また、「」という外部のサイトでは さらに多数の種類のテーマを配布しており、直接 Twitter に反映させることができます。 背景画像をアップロードして変更する 自分の好きな画像をアップロードして背景画像にするには「背景画像を変更」タブをクリックします。 すると、ファイルを指定するフォームが表示されるので、自分の PC から背景画像として使用したいファイルを選択してアップロードします。 「背景画像をタイルする」にチェックをすると、画像が縦横に繰り返し並べて表示されるようになります。 「背景画像を使用しない」をクリックすると、アップロードされた画像が削除されて背景画像が表示されなくなります。 次の「配色」で指定した背景色が表示されます。 配色を変更する 「配色を変更する」タブをクリックすると、文字や背景の色を変更することができます。 各項目をクリックすると右側に色を選択するカラーピッカーが表示され、そこから好きな色を選ぶことができます。 HTMLのカラーコード形式 FFFFFF でも指定可能です。 連携アプリ この項目は、Twitter と連携したアプリやサービスからの認証 OAuth を行った場合に表示されます。 連携したアプリやサービスの一覧を確認したり、認証を解除する事ができます。 OAuth とは? Twitter と連携したアプリやサービスが Twitter の情報を取得する際には、OAuth という認証方式を利用します。 これは Twitter のユーザー名とパスワードを外部アプリに入力せずに Twitter上で認証を行い、その証明を外部アプリやサービスに伝えます。 そしてこの証明を使ってタイムラインの取得などの各機能を呼び出します。 Twitterのユーザー名とパスワードが外部アプリに知られることがなく、またこの証明をいつでも解除できるという点から、 セキュリティ面に配慮された方式として、Twitter以外のサービスでも Flickr や Yahoo! などでも採用されています。 Multtiple の例 まずはクライアントアプリであるでの例を見てみます。 Multtiple で Twitter アカウントの追加を行うと、以下のように PIN を入力するダイアログが表示されると共にブラウザーが開かれ、 Twitter の認証画面が表示されます。 「許可する」ボタンを押すと、画面に 7桁の数字が表示されるので、これを先ほどのダイアログに入力します。 これで認証が完了して、Multtiple 上で認証したアカウントで利用できるようになります。 設定の「連携アプリ」の項目を開くと、Multtiple が追加されている事が確認できます。 また、ここで「許可を取り消す」リンクをクリックすることで、連携アプリからのアクセスを無効化することができます。 許可を取り消した後で、もう一度認証をやり直せば再度利用する事ができます。 FriendFeed の例 続いて、Webのサービスでの対応例を見てみます。 FriendFeed では、Twitterのアカウントを使って FriendFeed のアカウントと作成することができます。 既に FriendFeed のアカウントを持っている場合は、FriendFeed と Twitter のアカウントの紐付けが行われます。 まずは、FriendFeed のログインページで、Twitter のアイコンをクリックします。 すでに FriendFeedのアカウントを持っている場合はダイアログが表示され、そのアカウントを使用するか、別のアカウントを作成するかを選択します。 次に、Twitterへのログイン画面が表示されるので、そのまま Twitter のアカウントでログインします。 既に同じブラウザー上で Twitter にログインしている場合はスキップされます。 すると、FriendFeed が Twitter のアカウントにアクセスすることを許可するかどうかを選択する画面が表示されるので、問題が無ければ「Accept」をクリックします。 以上でアカウントの関連付けが完了し、Twitter のアカウント情報を元に FriendFeed のアカウントが作成され、さらに Twitter にログインすれば、そのまま FriendFeed にもログインすることができるようになります。 この関連付けを解除するには Twitterから「このユーザーに対する操作」設定画面で「許可を取り消す」をクリックします。 または各サービス、アプリケーションからも解除できます。 セキュリティ面での注意 セキュリティに配慮された形式の OAuth ですが、連携アプリの利用に当たっては注意も必要です。 OAuth で許可を与えられたアプリには Twitter のすべての機能を呼び出す権限が与えられます。 アプリによっては情報の取得のみ これはつまり、連携アプリがあなたのアカウントでツイートやダイレクトメッセージの送信を行ったり、非公開のツイートやダイレクトメッセージ等を閲覧したりできてしまうことを意味しています。 中には悪意あるアプリがあなたの非公開の情報を取得したり、スパムなどの目的で不正にダイレクトメッセージの送信を行うようなものも存在する可能性があります。 こうした不正利用を防ぐためには、不用意に連携アプリの連携を許可せず、適切なものかどうかをきちんと確認した上で許可をするようにするように気をつける必要があります。 また、設定の連携アプリの画面を確認し、不要であったり意図せず連携を許可していたアプリの許可を取り消すといった対応も有効です。 と、このような話をすると連携アプリは危険なもののように聞こえてしまいますが、基本的には連携アプリはとても有益なものであり、利用することで Twitter をより活用できるようになるものばかりです。 上で挙げた注意点はあくまでその可能性があるという内容ですので、そのことを心に留めて使っていれば基本的には連携アプリを便利に使う事ができると思います。

次の

Twitterの画像が表示されない7つの原因と対処法まとめ

ツイッター この メディア は 表示 しない よう に

【 このメディアは、表示しないように設定したコンテンツが含まれているため表示されません。 】 という表示。 これはツイートを投稿した人の設定でそうなっています。 ここでは設定の変更方法を画像つきで説明します。 WEBブラウザとツイッターアプリとで扱いが異なるので注意してください。 アップデートで設定が勝手に切り替わった可能性が疑われています。 パソコンでのツイッター画像・動画の投稿の設定 PC画面の場合について説明します。 1:プロフィール欄の設定とプライバシー 左側のプロフィールアイコンの下「もっと見る」をクリック すると各種項目が表示されます。 「 設定とプライバシー」をクリックします。 2:設定とプライバシーのプライバシーとセキュリティ 「 プライバシーとセキュリティ」を押します。 すると各種設定項目が表示されるので、ページ下部にスクロールします。 3:「セキュリティ」項目 ページ下部にくると「 セキュリティ」項目欄があります。 これが自分のツイートを投稿するときに画像と動画がセンシティブ扱いされる原因です。 対応方法は以上です。 こちらについては以下で説明しています。 スマホ・携帯のコンテンツ表示の場合 スマホ・携帯(或いはタブレット)の場合、ツイッターアプリの場合と WEBブラウザからツイッターを見る場合の2種類あります。 WEBブラウザからツイッターを見る場合 この場合はiOSのsafariから設定を行っています。 こちらがスマホで見たWEBブラウザのツイッター画面です。 左上のプロフィールアイコンをタップします。 設定とプライバシーをタップすると画面遷移します。 プライバシーとセキュリティをタップします。 ちょっと下にスクロールすると、PCのときと同様の設定項目があります。 スマホの場合はこれでOKです。 何か「変更を保存する」というボタンがあるわけではありません。 また、ブラウザでの設定なので、スマホとPCとで設定は連動しています。 別々に設定変更をする必要はありません。 ツイッターアプリでの場合 実は、ツイッターアプリではこの設定変更画面はありません。 デフォルトでどのような設定になっているのかはわかりませんが、もしもアプリだけを使っているという方はWEBブラウザで設定してみてください。 まとめ• WEBブラウザの場合は所定の設定変更で対応可能• ツイッターアプリの場合は設定変更不可能 今回問題になった現象以外にも、WEBブラウザ上で行える設定次第で解決可能な問題が多くあるように思います。 普段はアプリからツイッターを利用している方でも、問題が生じたらWEBブラウザからアクセスしてみてはいかがでしょうか? 以上 Nathannate.

次の