三井ダイレクト損保。 ソニー損保と三井ダイレクト損保を比較!おすすめの自動車保険は?

三井ダイレクト損保の自動車保険のメリットとデメリット、申込み前の注意点など

三井ダイレクト損保

目次情報 1. ソニー損保 VS 三井ダイレクト 保険料満足度は? 「ソニー損保」も「三井ダイレクト」もテレビCMでもおなじみのダイレクト型自動車保険。 まずはこの 2つの保険の「保険料満足度」を比較しましょう。 データは公平に比較するため「オリコン2018」の順位を参考にしました。 【保険料満足度】 ソニー損保 74. 21 三井ダイレクト 74. 06 数字だけみるとほとんど大差なく、順位もソニー損保が第4位、三井ダイレクトが第5位でした。 また数値は1位から10位まで3点ほどの差しかなかったので、10位までに入っている保険会社はほとんど保険料の満足度には差がないともいえます。 勝敗は「引き分け」という感じですね! ソニー損保 VS 三井ダイレクト ロードサービスの充実度は? 自動車保険はいまや「ロードサービス」付帯が当然になってきてますね。 「ソニー損保」そして「三井ダイレクト」ではどちらのほうが充実してるのか。 ここで両社のロードサービスを細かく比較しましょう。 【無料レッカー距離と詳細】 ソニー損保 記載なし 三井ダイレクト 更新2年目以降で、自己や故障など自走不可のトラブルの際は、12時間分のレンタカー代を無料に 同じダイレクト型自動車保険でも、ロードサービスにはかなり差がありますね。 トラブルで自走不可の際の帰宅費用や宿泊費用は「ソニー損保」は手厚いですが「三井ダイレクト」にはなし。 またペットの費用も「ソニー損保」だけです。 いっぽう 「三井ダイレクト」には自走不可時にレンタカーのサービスがありますが、更新ユーザーのみ。 しかも12時間分のみはあまり意味がなさそうですね。 ロードサービスはどの保険も同じではありません。 細かいところまでしっかりチェックすべきです。 ソニー損保 VS 三井ダイレクト 事故対応満足度は? では次は最も大事なポイント万が一の「事故満足度」を確認しましょう。 データは自社サイトに記載されているものを参考にしてます。 【事故対応満足度】 ソニー損保 91. 「満足度」を聞いているのに、「普通」と答えた割合を入れ込んでしまうのはどうなんでしょうね?これだと正確なデータとはいいがたいですね。 ソニー損保 VS 三井ダイレクト 特約、オプションは? 自動車保険には自動車に乗っている時以外にも様々なシーンで助かる「特約」が増えています。 ここでは「ソニー損保」と「三井ダイレクト」の特約を比較しましょう。 搭乗者傷害Wケア 搭乗者傷害の医療保険金倍額支払に関する特約+搭乗者傷害の育英費用補償特約の特約セット。 事故でケガをした場合の保険金を倍額にするものと、扶養するお子様が死亡、後遺障害などになった場合500万円を支払う 自損事故傷害特約 物損をともなう単独事故など自賠責保険で補償されない事故によってドライバーや搭乗者、車の所有者が死傷したとききまった額の保険金を支払う特約 事故付随費用補償特約 車両保険対象の事故で契約車が自力走行不能となったときの宿泊や帰宅の費用を支払う特約 ファミリー傷害特約 家族がおケガで入院や通院したときに保険金を支払う特約で、ワイドタイプ、アウトドアタイプなどがある。 ただ スポーツや運動会でのケガの補償はユーザーによってはいいのでは。 私も学校で運動会の担当をした際、PTAのケガの懸念がかなりありました。 そういうシーンがあるなら 「三井ダイレクト」のファミリー障害特約は魅力でしょう。 ライフスタイルのなかでどのようなシーンがあり、どんなリスクが考えられるか想定したうえで、自身にあった保険を選ぶ必要がありそうです。 ソニー損保 VS 三井ダイレクト 割引は? 「ダイレクト型自動車保険」の「ソニー損保」と「三井ダイレクト」。 次は保険料を決めるポイント「割引」を比較しましょう。 【両社の割引】 ソニー損保 三井ダイレクト インターネット割引 新規は10000円、継続は2000円 【新規】 割引前の額40000円未満 4000円 割引前の額40000円以上 60000円未満 6000円 割引前の額60000円以上 80000円未満 8000円 割引前の額80000円以上 10000円 【継続】 一律3000円 新車割引 5%引き 割引あり(率は不記載) 運転者限定割引 限定範囲により1~7%引き 運転者の範囲を設定によって割引はあり(率は不記載) ゴールド免許割引 10%引き 免許の色により保険料の割引はあり(率は不記載) 継続割引 1~2%引き 初回:1% 2回目:1. 5% 3回目以降:2%割引 証券不発行割引 500円 500円 電気自動車割引 1000円 Eco割引としてハイブリッド、電気自動車で 規定を満たせば割引あり マイページ新規申込割引 1000円 記載なし 継続時複数契約割引 1000円 記載なし くりこし割引 走らなかった分を翌年繰越し割引 記載なし 紹介割引 記載なし 契約ユーザーから紹介され規定を満たした場合2000円割引 車両保険セット割引 記載なし 車両保険をセットとその他の補償の 保険料を割引(率は不記載) 新規の場合は「ソニー損保」のほうがインターネット割引が大きいですが、更新なら保険料の総額によっては「三井ダイレクト」のほうが安くなりそう。 ただ 継続割引やくりこし割引などその他割引は「ソニー損保」のほうが多いです。 保険料満足度は拮抗してるので、両方見積もってみるとよいでしょう。 ソニー損保 VS 三井ダイレクト 総括!.

次の

三井ダイレクト損保CMの女優は誰?マイクで歌っている出演女性を紹介

三井ダイレクト損保

三井住友海上と三井ダイレクトの違いとは!? 三井住友海上と三井ダイレクトは、代理店型と通販型という販売経路に違いがあります。 三井ダイレクトはインターネットで手続きをすることができる自動車保険などを取り扱っており、ネット割引が適応されるので、割安な保険料で契約することができます。 今回は三井住友海上と三井ダイレクトの違いを焦点を当てて、保険料の違いや補償内容の違いについてご紹介します。 三井ダイレクトの保険料は安い? 三井ダイレクトの保険料は三井住友海上に比べると通販型であるため非常に安いです。 具体的には、インターネットで契約をすると、最大で「10. 500円」の割引が受けられますので、保険料を重視する人にはおすすめです。 000円割引と証券不発行 500円)の場合です。 しかし、「代理店型」の三井住友海上とは同じ商品を提供していますが、補償内容や一部取り扱いのない商品もあります。 では、どういったところが違うのかを紹介していきます。 三井ダイレクト損保の回数継続割引 三井ダイレクト損保では、自動車保険やバイク保険の継続した回数に応じて保険料が割引されます。 初めて保険を契約する場合、「1. 0%」保険料がお得になる割引があります。 500万円 後遺障害・・・2. 650円 保険開始期日を翌日とした場合の補償内容と保険料で計算しています。 なお、eサービス 証券不発行 の場合は、さらに500円の割引となります。 830円 になり、三井ダイレクト損保に比べると、三井住友海上の年間保険料は高いです。 三井住友海上「日常生活賠償特約 保険金額・無制限)」 自動車保険にぜひつけておきたい特約の1つに、日常生活賠償特約というものがあります。 日常生活賠償特約とは、自動車の事故とは関係のない特約なのですが、これをつけていると、日常生活において、第三者にけがを負わせたまたは死亡させた、財産に損害を与えたという場合に、法律上の賠償金を支払うことができる特約です。 この特約は、限度額がない「無制限」で補償されますので、高額な賠償金が発生してしまったとしても対応することができます。 日常生活賠償特約は、三井ダイレクト損保ではつけることができず、代理店型の自動車保険にしかつけることができません。 なお、代理店型では、火災保険や傷害保険にもつけることができますが、保険金額は1億円までとなっていますので、自動車保険につける方がお得です。 日常生活賠償特約の支払い例 なぜ、日常生活賠償特約を無制限でつけておいた方がいいのかということを、実際にあった例を挙げて説明していきます。 【事故例】 子供が公園でボール遊びをしていた際、そのボールが道路まで転がって行ってしまった。 たまたま道路をバイクで走行していた人が、そのボールを避けようとしたが、バランスを崩して転倒してしまった。 バイクを運転していた人は、転倒したことで後遺症が残るほどの重傷を負った。 バイクを運転していた人は、ボールが転がってきたことが事故の原因だとして、ボール遊びをしていた子供の親に、損害賠償請求をした。 裁判では、ボールが転がってきたことが事故の原因と認め、バイクを運転していた人に対する治療費、逸失利益(事故が起こっていなっかたら得ていたであろう将来の収入)、バイクの修理費など、総額で1億円を超える賠償が確定した。 このように、個人でも場合によっては、1億円を超える賠償責任が発生してしまうことがありますので、無制限で補償してもらうためにも、自動車保険に日常生活賠償特約をつけておくことが大事です。 三井住友海上と三井ダイレクト損保補償内容の違いは!?のまとめ 三井住友海上と三井ダイレクト損保とでは、補償内容の違いはそれほどありません。 しかし、インターネット割引などで安い保険料で契約することができますので、とにかく安い保険料で補償を受けたい人には、三井ダイレクト損保がおすすめです。 ですが、通販型なので事故を起こした際、担当者がどこまで対応してくれるか、そして保険内容を自分で把握し、管理しなければならない自己完結型の商品であるといえます。 代理店で直接対応してる担当者なら、お客様の保険内容など把握しているので、何かあった際対応し、その後の事故対応や今後どうすればいいか直接相談できます。 同じ商品を取り扱っているので、ほぼ補償内容に変わりはありませんが、通販型で安い保険料を選ぶなら、三井ダイレクト損保をおすすめします。 一方、保険料より補償内容や事故対応を重視させたいなら、三井住友海上をおすすめします。 結局、自分にあった保険と出会うにはどうしたら良い? 商品を全て見ることは難しいため、プロにオススメをベースに様々な商品を見るのが一番早いと思います。 保険相談窓口を今、最も注目している1社を筆頭に有名どころ4社の独自アンケートによる口コミや客観的レビュー、店舗数などのデータ、個人の評価を元に、比較してみました。 3 店舗数が多い事で信頼度が高く相談がしやすい環境がありますが、直接来店する形は、拘束時間が長すぎるという口コミが多かったり、自宅に直接、来てもらうのはセキュリティー上、不安があることや仕切りが少ない店舗だと他人に話が聞かれるのでは?といった個人情報に対する不安は実際に口コミでありました。 2 以上はなかなかないと思いますので、まずはアプリで保険を見直しをどのようにされているか口コミ・体験談を見てみるのもアリかもしれません。 そして、保険の勉強をしている方に是非おすすめしたい保険相談窓口の比較記事を作りました。 独自アンケートによる口コミや客観的レビュー、店舗数などのデータ、個人の評価をまとめたページの「」を是非、ご覧ください。 ほけんケアは池山による保険や税金など家計を預かる方には必見のサイトです。 呼び名はほけんケア池山と呼んでください! このブログは主婦が保険相談のため自分の力で徹底的に調査した記事と保険を調べることで出会った保険代理店の方に色々お話を伺ってまとめた記事で成り立っています。 過去に日商簿記3級を取得、現在3級FP技能検定取得に向けて勉強中! かれこれ保険について学び初めてから15年近く前、話せば長くなりますが、長男の誕生が保険の勉強のきっかけでした。 大恋愛の末に結婚した夫は企業関係で大手国内生保の保障額が高すぎる保険に加入しており、20代でも5万近い保険を払っていて保険貧乏になっていました。 結婚してから少しずつ保険の見直しをしていこうとしたと矢先に長男を迎えることになり、家計の見直しとともに本気で保険の見直しを検討し始めることになりましたね。 きちんとしたライフプランを考える上でも保険は切っても切れない存在であると同時に、保険貧乏になれば保険で不幸になる可能性もあります。 私や夫のように不適切な保険加入者をこれ以上増やしたくないという一心でこのブログを書き続けていきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

次の

三井ダイレクト損保 「総合自動車保険」の口コミ・評判 | みん評

三井ダイレクト損保

三井ダイレクトの自動車保険の事故対応力 事故処理拠点 3 事故当日の初期対応 2 無料レッカー距離 3 宿泊費用・帰宅費用サービス 2 面談訪問サービス 3 GPS位置情報サービス 2 もらい事故時の等級の扱い 3 外部機関の事故対応評価 3 ざっくりいうとこんな人にオススメ• ガラケー(従来型の携帯電話)を使っている方• 頻繁にガス欠を起こす方• 外資系は避けたいと思う方 三井ダイレクトのメリット• ガス欠の出動依頼の回数制限なし(ガソリン代は有料)• ガラケーからGPSで位置情報を通知できる(スマホは不可)• グリーンの免許証でもブルーの免許証と同じ保険料で割高にならない• クラブオフが使える 三井ダイレクトのデメリット• 「三井の事故解決力」というキャッチコピーで、三井住友海上が事故処理をするような誤解を与える• 事故処理拠点が東京・名古屋・大阪だけと少なめ• 自宅から50キロ以上離れた場所でのトラブルしか、自走不能時のレンタカー費用が無料サービスされない• 無料の宿泊・帰宅費用サービスがない• スマホからGPS位置情報通知ができない• ファミリーバイク特約に人身傷害の補償がない スペックまとめ 2016年2月調べ) 事故対応 事故処理拠点の所在地 東京(水道橋、日本橋)、横浜、名古屋、大阪 当日中の初期対応受付時間 0:00~19:00 事故の担当者体制 専任担当者ではなく「対人担当」「対物担当」とわかれる 無料ロードサービス・付帯サービス サポート拠点 全国約3,300ヶ所 無料レッカー距離 保険会社が指定する提携修理工場:距離無制限、顧客指定先:50kmまで JAF会員はJAFの利用を優先させられる。 ・自動車保険の商品価値である「事故対応」「ロードサービス」の違いのランキング・比較 ・一般的(標準的な)補償プランの紹介 ・節約方法・節約術の解説 ・「事故対応」のチェックポイントの解説・評価 ・補償内容の違いの比較 ・事故時の交渉術・対応法 なお、当ウェブサイトに掲載されている保険商品・会社情報は誤っている場合や情報が古い場合があります。 加入の検討に際しは、各保険会社のウェブサイトにてご確認ください。 筆者プロフィール 損保を退職するまで事故受付と物損事故の交渉担当者をやっていました。 com All Rights Reserved.

次の