孝儀皇后。 孝儀純皇后(令皇貴妃):瓔珞(エイラク)のモデルになった清の皇后

延禧攻略粵語線上看-小白影音

孝儀皇后

嫻妃 輝発那拉 氏の史実 いつの時代の人? 生年月日:1718年 没年月日:1766年 姓:輝発那拉(中国語:ホイファナラ、日本語:きはつなら) 地位:継皇后、嫻妃(かんひ) 父:那爾布 母:郎佳氏 夫:乾隆帝(けんりゅうてい) 子供: 永璂(第12皇子) 娘(第5皇女) 永璟(第13皇子) 輝発那拉 (ホイファナラ)氏は清王朝の第6代皇帝・乾隆帝 (けんりゅうてい)の側室、後に皇后になりました。 日本では江戸時代になります。 嫻妃の姓は輝發那拉?烏拉那拉? 嫻妃の姓については諸説あって「輝發那拉」と「烏拉那拉」の2種類があります。 「烏拉那拉ウラナラ」説について 清朝滅亡後に中華民国が作った「清史稿」に登場する名前。 雍正帝の皇后(孝敬憲皇后)が「烏拉那拉」のため、勘違いした可能性があります。 「清史稿」は短い期間で作られたもので間違いも多く歴史的な価値は低いと考えられています。 でも中国では長く「烏拉那拉」だと信じられていました。 「如懿傳」などいくつかのドラマでは間違ったまま使用していることもあります。 「輝發那拉ホイファナラ」説について 清朝時代に作られた「欽定八旗滿洲通志」「八旗滿洲氏族通譜」に登場する名前。 王朝時代に書かれた記録に名前があるので、現代では「輝發那拉」が正しいとされます。 「那拉ナラ」説について 「烏拉」や「輝發」は地名。 だから 「烏拉那拉」を「烏拉」に住んでる「那拉」氏。 「輝発那拉」を「輝発」に住んでる「那拉」氏。 と考え、姓は「那拉」だけだとする説もあります。 輝發那拉ホイファナラ 氏とは 「 輝發 ホイファ」はキタイ(契丹)の言葉で「自由な移動」の意味です。 大契丹国(遼)は渤海を滅ぼしたあと反乱を防ぐため部族の移動を制限しました。 現在の輝発川に住んでいた人々は契丹人と親しかったため移動の自由を認められました。 そのため「自由な移動」を意味する「 輝發 ホイファ」と名付けられました。 16世紀になって 哈達 ハダ氏のよびかけでいくつかの部族が同盟を結びフルン国を作りました。 フルン国は 輝發 ホイファ氏は 哈達 ハダ、 烏拉 ウラ、 葉赫 イェハの部族が集まった国です。 小国の王族は姓に「 那拉 ナラ」がついていました。 「 那拉 ナラ」とはモンゴル語で「太陽」の意味です。 ヌルハチが女直族を統一しようとしたとき、フルン国の人々は抵抗しました。 最終的にヌルハチのマンジュ国に服従します。 しかしフルンの王族はマンジュ人でも名門とされたので、清朝建国後は皇后が多くでました。 おいたち 父・那爾布(ナルブ)は満州氏族の一つ輝発那拉氏の人。 姓の輝発那拉とはもとは輝発 地域に住む一族。 那拉同盟にくわわり「輝発那拉」と名乗りました。 ヌルハチに抵抗したため清朝建国後に地位が低下した一族でした。 雍正帝の時代 乾隆帝が親王時代に副福普(側室)になりました。 このとき14歳でした。 1735年(雍正13年)。 雍正帝が死去。 乾隆帝が即位しました。 乾隆帝の時代 1737年(乾隆2年)。 嫻妃になりました。 1745年(乾隆10年)。 嫻貴妃になりました。 1748年(乾隆13年)。 皇后富察氏が死亡。 乾隆帝は皇后富察氏のことが忘れられません。 そこで新しい皇后は必要ないと考えていました。 でも、乾隆帝の母・崇慶皇太后は皇后の座が空いているのを心配していました。 崇慶皇太后の権限で輝発那拉氏を次の皇后に決めました。 輝発那拉氏は 皇貴妃になりました。 皇貴妃とは皇后内定者を意味する称号です。 皇后になる 皇后富察氏の喪があけた1750年(乾隆15年)に輝発那拉氏は皇后になりました。 皇后の役目を勤め、皇帝とともに儀式や行幸に付き従いました。 皇后になって3人の子供を出産します。 没落 1765年(乾隆30年)。 南部(江南)への行幸に同行しました。 旅の途中、乾隆帝は輝発那拉氏の48歳の誕生日を祝いました。 旅の途中までは順調でした。 2月18日。 乾隆帝は朝食に肉料理を提供しました。 乾隆帝は側室達に肉を分け与えました。 ところがその日の夕食時に皇帝と一緒に食事したのは3人の側室(、慶妃陸氏、容妃和卓氏)だけでした。 輝発那拉氏は同席しなかったのです。 その日から輝発那拉氏は人前に姿を見せませんでした。 2月28日以降。 乾隆帝は輝発那拉氏を都に戻るように命じます。 娘婿の福隆安を護衛としてつけました。 輝発那拉氏は水路を通り北京に戻ってきました。 輝発那拉氏がなぜ乾隆帝の怒りをかったのは謎です。 ある説によると輝発那拉氏が髪を切ったとも言われます。 満州の習慣では皇后が髪を切るのは皇帝や皇太后が死亡して100日後とされました。 乾隆帝と崇慶皇太后は生きています。 輝発那拉氏が髪を切れば乾隆帝と崇慶皇太后に対する「侮辱」や「呪い」と受け止められるでしょう。 しかし輝発那拉氏は満州人です。 長年紫禁城で暮らしています。 そのような習慣はわかっているはずです。 宮殿に戻った乾隆帝は魏氏に皇貴妃の称号を与えました。 輝発那拉氏に付き従う侍女は5人いましたが、2人に減らされました。 そして1年後。 1766年6月(乾隆31年)。 輝発那拉氏は重病になりました。 しかし乾隆帝は行幸のスケジュールを変えずに予定通りに出発しました。 輝発那拉氏への気遣いはなくなっていたようです。 1766年7月(乾隆31年)。 輝発那拉氏は死亡しました。 正確な日付はわかりません。 記録がないからです。 死後も嫌われる輝発那拉氏 輝発那拉 (ホイファナラ)氏が死亡したとき、乾隆帝は狩りをしていました。 連絡を聞いてもすぐに紫禁城に帰ろうとはしませんでした。 代わりに息子を帰らせました。 乾隆帝は輝発那拉氏の葬儀は皇室の一員として行いました。 ところが葬儀の規模は皇后の葬儀にしては小さく、出席者の数は少なかったのです。 皇室の葬儀がある日には高官は仕事が中止になり葬儀に出席しなければいけません。 ところはその日は普段どおりに業務が行われていました。 出席者の数は少なく、とても皇后の葬式とはいえない有様でした。 しかも埋葬は貴族に仕える使用人と同じような墓でした。 みかねた家臣が皇后にふさわしい形で埋葬するように訴えました。 ところが、乾隆帝は激怒してその家臣を処刑しました。 輝発那拉氏の記録は少ないです。 いったい何がそこまで乾隆帝を怒らせたのかはわかりません。 ドラマでももともと愛されていなかったとか、悲劇の皇后として扱われることもあります。 作品によって様々な描かれ方をされています。

次の

富察皇后、令妃入榜!與乾隆合葬的5后妃

孝儀皇后

父親の清泰は内管領の職にあ孝儀純皇后 朝服像った。 魏佳氏は貴人であったが乾隆十年(一七四五)十一月に冊封されて嬪となり、乾隆十四年に妃となり、同二十四年には貴妃に封じられた。 乾隆二十五年十月六日に円明園内の天地一家春宮で、のちに嘉慶帝となる皇子顒琰を生む。 これは乾隆帝の第十五子であった。 乾隆三十年、魏佳氏は皇貴妃に封じられ、同四十年に残歿した。 乾隆帝は大いに悲しみ彼女をいたむ詩をつくった。 実録中の記載によると、「乾隆六十年九月、皇帝は勤政殿に御し皇子、皇孫、王公大臣たちを召して以下を伝えた。 第十五子である嘉親王を皇太子として立て、明年丙辰の年をもって皇帝をつがせ嘉慶元年とする。 また、皇太子の生母である懿皇貴妃に孝儀純皇后の名を贈り、奉光殿において孝賢皇后の次にまつることとする。 皇太子は孝儀純皇后の位牌を恭奉するべし」とある。 この画像は、魏佳氏が皇后を追封されて以後のもので、内廷画院の画家の描いた作である。 出所:.

次の

魏瓔珞原型——孝儀純皇后輝煌燦爛的人生

孝儀皇后

《延禧攻略》中吳謹言飾演的令貴妃 人物原型魏佳氏的「開掛」生平 其實,劇中魏瓔珞的歷史原型,也正是乾隆皇帝的令貴妃,之後的皇貴妃,更是乾隆皇帝的第三位皇后——孝儀純皇后,滿軍旗正黃旗包衣管領世家魏慶泰的女兒魏氏(1727. 23-1775. 28),後於嘉慶二十三年改魏佳氏),並由乾隆皇帝抬旗成為滿洲鑲黃旗(「高宗孝儀純皇后,仁宗之母也。 本姓魏,正黃旗包衣管領下人,族入滿洲稱魏佳氏。 」《清列朝后妃傳稿》)。 乾隆四十年(1775)正月二十九日薨世,年49歲,後葬入乾隆皇帝的清裕陵。 魏佳氏生前是乾隆皇帝的皇貴妃,她的皇后之位是在她薨逝二十年後的乾隆六十年(1795)九月初三,乾隆帝側立魏佳氏的兒子——皇十五子永琰為皇太子時追封的,時為「孝儀皇后」。 嘉慶四年九月,追上尊謚曰「孝儀恭順康裕慈仁翼天毓聖純皇后」,嘉慶二十五年十二月又加上「端恪」二字,道光三十年四月加上「敏哲」二字,所以,加謚累謚為「孝儀恭順康裕慈仁端恪敏哲翼天毓聖純皇后」,魏佳氏也是清朝歷史上並不多見的漢族血統的皇后。 (「四十年正月丁丑,薨,年四十九。 謚曰令懿皇貴妃,葬勝水峪。 六十年,仁宗立為皇太子,命冊贈孝儀皇后。 嘉慶、道光累加謚,曰孝儀恭順康裕慈仁端恰敏哲翼天毓聖純皇后。 (」子四:永璐,殤;仁宗;永璘;其一殤,未命名。 女二,下嫁拉旺多爾濟、札蘭泰。 可見魏氏受到乾隆皇帝的恩寵。 乾隆十三年(1748)五月,21歲時晉封為令妃。 乾隆二十四年(1759年)十一月二十日,33歲時晉封為令貴妃。 乾隆二十五年(1760年)十月初六日,34歲的令貴妃於圓明園的天地一家春生下乾隆帝皇十五子永琰。 乾隆三十年(1765年)五月初十日,39歲時晉封為皇貴妃;乾隆四十年(公元1775年)正月二十九日,皇貴妃薨,年49歲;二月十一日冊謚令懿皇貴妃。 (以上史料根據《清高宗實錄》) 令妃半身像 根據以上史料和分析,魏佳氏從19歲進入乾隆皇帝的後宮之後便可謂是順風順水,更是一路「開掛」,在乾隆皇帝的恩寵下,以一個漢人女子的血統,滿族貴族的身份,成為了後宮的實力掌權者皇貴妃。 為何魏佳氏生前只做到了皇貴妃? 魏佳氏在乾隆乾隆三十年晉封為皇貴妃。 我們知道,清朝每位皇帝在位時,若有皇后,通常情況下是不設置皇貴妃的,皇貴妃位同「副後」,且只有一人。 因此,若沒有極為突出的貢獻或者是皇帝的極大恩寵,或者是帝後失和的情況出現,是不會出現皇后、皇貴妃同時出現的情況的。 更何況,魏佳氏在乾隆二十五年生下皇十五子永琰時,還是貴妃的位分,都並沒有晉陞位分。 為何五年之後在當時還有皇后輝發那拉氏(《清史稿》記載為烏喇那拉氏)就晉陞為皇貴妃呢? 令妃畫像 根據史料記載,乾隆四十三年,乾隆皇帝有這樣的解釋:「...... 其後自獲過愆,朕仍優容如故。 乃至自行翦發,則國俗所最忌者,而彼竟悍然不顧。 然朕猶曲予包含,不行廢斥...... 」也就是說,乾隆皇帝自己的說法是,當時的皇后輝發那拉氏剪了頭髮,大不敬,大不孝(該說法無考,今有學者質疑,此處不論),但是皇帝念及舊情,並未廢后。 但是,可以肯定的是,帝後失和導致皇后權力的旁落是真,輝發那拉氏名為皇后,實也不然(這一點從輝發那拉氏去世後的喪儀和待遇也能看出,此處不詳論)。 乾隆三十年五月,皇后斷髮四個月後,乾隆帝晉封魏佳氏為皇貴妃,但因為乾隆皇帝並沒有廢除輝發那拉氏後位,所以魏佳氏並沒有成為皇后,但此時皇貴妃魏佳氏已經成為後宮實際的主人。 但是,乾隆三十一年(1766)七月十四日皇后輝發那拉氏就薨逝了,直到乾隆四十年魏佳氏薨逝也只是冊謚為令懿皇貴妃。 而她的皇后身份也是在她薨逝二十年後的乾隆六十年(1795)九月初三,乾隆帝側立魏佳氏的兒子——皇十五子永琰為皇太子時追封的,可以看到從輝發那拉氏去世到魏佳氏追封為皇后,中間隔了二十九年。 這二十九年的時間裡面,魏佳氏為什麼在沒有皇后的情況下,一直是皇貴妃,而未晉封為皇后?且如果不是因為兒子永琰成為太子,她大概也不能母憑子貴,繼續是皇貴妃了。 令妃攜子顒琰 說到底,這裡面最重要的一個原因也就是因為魏佳氏的血統問題。 前文說過,魏佳氏本是漢人,是因為皇帝抬旗成了滿族鑲黃旗,而在清朝歷史中,所有皇后幾乎都是滿族女子,漢人皇后屈指可數。 所以這大概也就是魏佳氏只做到皇貴妃,就算當時輝發那拉氏去世,乾隆皇帝再寵愛她,也只給了她一個「副後」的身份。 之後也是考慮到皇十五子成為太子,為永琰提高身份,讓他以名正言順的嫡子身份成為將來的皇帝才為魏佳氏追封皇后身份的。 (「六十年,仁宗立為皇太子,命冊贈孝儀皇后。 她本來不高的出生,卻受到乾隆皇帝的寵愛,由貴人到皇貴妃,地位不斷提高,成為後宮的實力掌權者。 她的皇十五子永琰更是在她生前就已經被秘密立儲,在魏佳氏薨逝之後,乾隆帝更是追封她為孝儀皇后。 從魏佳氏的遺物中我們發現,她生前已經擁有東珠朝珠,要知道,東珠朝珠是帝後才有資格佩戴的,我們在現收藏於故宮博物院的《崇慶皇太后八旬萬壽圖》中也可以看到,皇貴妃魏佳氏在生前就已經佩戴了東珠朝珠,這說明魏佳氏雖然當時是皇貴妃,但實際已經享受著皇后權力和待遇了。 《塞宴四事圖》中魏佳氏與乾隆其他嬪妃 三十日,魏佳氏薨逝後的第二日,乾隆帝至吉安所令懿皇貴妃金棺前奠酒後回到圓明園,剛剛到達圓明園承光殿後小憩時又為魏佳氏寫了一首詩: 《憩承光殿作》 返蹕圓明園,憩駕承光殿。 為娛聖母情,宜割賢妃綣。 春風緒並吹,春雲惜因散。 彌月未沾澤,望雪殷宵旰。 籌農無時置,餘事可付慢。 乾隆皇帝對於魏佳氏的喜愛程度還可以從魏佳氏一次又一次位分晉封的冊文中看出來,乾隆皇帝對於魏佳氏的描述用到了以下的詞語:「柔嘉之質、淑慎之姿、久嫻姆教、小心而嚴翼、敬勤弗怠」(冊封為令嬪),「夙嫻內則、雅協珩璜之度恪勤效職、克襄蘋藻之榮」(冊封為令妃),「素嫻女誡、勤慎居心、柔嘉著范、敬佐中宮」(晉封令貴妃),「溫恭端淑、夙嫻懿範、益茂芳徽、只事小心、」(晉封皇貴妃)。 (《清高宗實錄》) 由此可見,在乾隆皇帝眼中,魏佳氏實乃一個賢良淑德,性情溫和,盡職盡責的后妃,因此,也難怪乾隆皇帝會對魏佳氏有如此深厚的感情。 縱觀這位乾隆後宮倍受恩寵的女子魏佳氏,她的一生可謂是極盡輝煌,我們已經無法探究這盛大的輝煌背後又有多少心酸,單從她生前逝後的各種榮耀與待遇,我們已經能夠感受到魏佳氏的幸運,更令人羨慕的是,她有著一個給她無比恩寵和喜愛的乾隆皇帝。

次の