赤ちゃん 鼻づまり 解消法。 赤ちゃん(新生児)の鼻づまり解消法・鼻水の吸い方を知ろう!

赤ちゃん(乳児)鼻づまり解消法!寝れない治らない改善方法。

赤ちゃん 鼻づまり 解消法

Sponsored Link 赤ちゃんって本当によく 鼻づまりを起こしますよね。 鼻づまりを起こすたびに、おっぱいやミルクが飲めなくなったり、夜泣きをして寝れなかったり、なかなか治らないことも。 鼻づまりに苦しむ赤ちゃんがかわいそうで、「早く何とかしたい!」と毎回試行錯誤しているママも多いのではないでしょうか。 そこで今回は、 赤ちゃんの鼻づまりの原因や解消法についてご紹介します。 赤ちゃんの鼻づまりについて正しく理解して、解消に役立ててくださいね。 ・赤ちゃんの鼻づまりの原因は? ・赤ちゃんが鼻づまりで寝れない時の解消法は? ・赤ちゃんが鼻づまりで夜泣きする場合はどうしたらいい? ・赤ちゃんの鼻づまりがなかなか治らない時は? Sponsored Link 赤ちゃんの鼻づまりの原因は? 赤ちゃんが鼻水を出す原因は、体温調節を行うためや、細菌を体外に出すためですが、そもそも 赤ちゃんは鼻水が出やすい体質になっています。 鼻水を出すことで、病気にならずに健康を保てるよう、自然と体が働いてくれているのです。 しかしながら、赤ちゃんは 体のパーツが小さいですよね。 当然ながら鼻も、鼻の穴の中が狭く、長さも短い造りになっています。 鼻水がたくさん出やすい体質と鼻の小ささが相まって、すぐに鼻づまりを起こしてしまうのです。 赤ちゃんは基本的に鼻呼吸ですので、鼻がつまるとなかなか寝付けなかったり、期限が悪くなったり、様々な弊害が起きてしまうのです。 赤ちゃんが鼻づまりを起こしてしまった場合は、早めに解消してあげたほうがよさそうですね。 赤ちゃんが鼻づまりで寝れない時の解消法は? 鼻水を吸い取ってあげる やはり鼻づまりの解消法として最も効果があるのは、 鼻水をこまめに吸い取ってあげることです。 昔の人は、赤ちゃんの鼻の穴に直接口を付けて吸ってあげていたようですが、最近では 赤ちゃんの鼻水を吸い取るためのグッズが数多く販売されていますよね。 チューブ式のものであれば1,000円以下で買える商品もありますし、少し値段は張ってしまいますが、電動のものもあります。 チューブ式のものを使ったことがある方は分かると思いますが、やはり鼻水を吸おうとすると赤ちゃんは泣いて嫌がります。 そんな赤ちゃんを押さえて鼻水を吸うのはとても大変で、「電動を買っておけばよかった…」と後悔した経験がある方もいることでしょう。 ですからこれから購入を検討される方で予算にも余裕がある方には、 電動をおすすめしますよ。 母乳を赤ちゃんの鼻の中に入れる 「え!?母乳を赤ちゃんの鼻の中に入れても大丈夫なの!?」と驚かれる方も多いかもしれませんね。 ですが、これは小児科の先生も推奨するきちんとした鼻づまり解消法なのです。 母乳育児をされているママであれば、少し母乳をしぼって、スプーンやスポイトなどを使って赤ちゃんの鼻の中に垂らしてみてください。 母乳は鼻に入れても痛くありませんし、点鼻薬の代わりとなって鼻づまりを解消してくれます。 しかも、母乳には 免疫物質が含まれていますので、効果が期待できますよね。 Sponsored Link 赤ちゃんが鼻づまりで夜泣きする場合はどうしたらいい? 体を起こすように抱っこしてあげる 鼻づまりの解消法を試してみても赤ちゃんが夜泣きをしてどうにもならない場合、まずは 抱っこしてあげましょう。 体が横になっていると鼻がつまりやすく、苦しくなってしまうことがあります。 ですから、 首がすわっている赤ちゃんであれば普通に縦抱きをし、首すわり前の赤ちゃんであれば少し上体を起こすように抱っこしてあげましょう。 体が起き上がることで鼻づまりが解消され、それだけで泣き止むこともありますよ。 抱っこしたままソファーに寄りかかり、朝までその状態で寝たことが何回もあるママもいるようです。 できればパパと交代で赤ちゃんを抱っこし、夜を乗り越えられるといいですね。 頭を少し高くして寝かせてあげる 抱っこでなくても大丈夫な場合は、 タオルや枕などを使って赤ちゃんの頭を少し高くしてあげるのもおすすめですよ。 こちらも抱っこと同じで、頭を高くすることで鼻づまりが起こりにくくなります。 ただ、寝返りがまだ上手にできない赤ちゃんの場合は、うつ伏せになってしまうと窒息のリスクもありますので、十分注意してくださいね。 赤ちゃんの鼻づまりがなかなか治らない時は? 早めに受診を 赤ちゃんの鼻づまりが長引いていてなかなか解消されない時は、早めに病院へ行って診てもらいましょう。 大人であれば「鼻水くらいなら放っておく」という方も多いかもしれませんが、赤ちゃんの場合は鼻水を放っておくと副鼻腔炎や中耳炎になってしまう可能性があります。 副鼻腔炎や中耳炎になってしまうと、熱が出たり耳垂れが出たりと、赤ちゃんもさらに辛い思いをしてしまいますので、「たかが鼻水」とあなどらずに、 鼻づまりが数日続いている場合は早めに受診しましょう。 小児科と耳鼻科、どっちに行けばいい? いざ病院へ行くとなると、小児科と耳鼻科のどちらへ行けばいいか迷ってしまいますよね。 そんな時は、赤ちゃんの状態をよく観察してみてください。 赤ちゃんの症状は、鼻づまりや鼻水だけですか?他に熱や下痢などの症状はありませんか? もし、 鼻水の他に熱や下痢などの症状があるようであれば、まずは 小児科の受診をおすすめします。 症状が 鼻水や鼻づまりだけだったり、耳を痛がっているような素振りがあれば 耳鼻科を受診してみましょう。 最初は小児科へ行ったけど、その後も鼻づまりが治らない…なんていう場合も、耳鼻科へ相談してみるといいかもしれませんね。 また、「自分では上手に鼻水を吸ってあげられない」というだけであっても、病院へ行けば機械で吸い取ってもらえますので、躊躇せずに受診してみましょう。 少し鼻がつまってきたな…と感じたら、こまめに鼻水を吸ってあげたり、母乳を垂らしてみたり。 「これくらいならまだ大丈夫だろう」と放置せずに、早めに手を打ってあげましょう。 そのためにはまず赤ちゃんの健康状態の観察と、鼻吸い器などの道具の準備が必要ですね。 日頃から赤ちゃんの健康状態をしっかりと観察し、いざという時のために道具を準備しておけば、赤ちゃんも長い間苦しまなくて済みますし、結果的にママも楽になりますよ。 万全な備えと早めの対処で、赤ちゃんの鼻づまりに立ち向かいましょう。

次の

赤ちゃんの鼻づまり解消法!寝られないときはどう対処したらいい?

赤ちゃん 鼻づまり 解消法

またお風呂は基本的に1日に1回なので何度も入れることはできませんよね。 3.蒸しタオルで鼻の上部を温めてあげる。 蒸しタオル(ハンドタオルかガーゼ)で赤ちゃんの鼻の上部(付け根)を温めてあげて下さい。 この方法でも鼻の通りが良くなりますよ。 4.母乳で出来る簡易「点鼻薬!!」 この方法は小児科の先生に聞き「なるほど!安全で良いなぁ」と感じました。 もし母乳育児をしているママならおすすめの方法です。 以下で詳しく説明しますね。 母乳で出来る簡易「点鼻薬!」 母乳を「点鼻薬のような要領」で鼻の中に入れてあげる方法です。 母乳は血液から作られているため安全です!!また母乳内にはいろいろな免疫物質が含まれていると同時に抗炎症作用もあるんだそう。 1.赤ちゃんを仰向けに寝かせます。 2. 搾りたての新鮮な母乳をスポイトまたは綿棒に染み込ませて、赤ちゃんの鼻の中に数的入れてあげます。 3.その後赤ちゃん用綿棒とティッシュなどで優しく鼻水をとってあげて下さい。 母乳は赤ちゃんの鼻に入れても痛くないですし、もし誤って飲んでしまっても安全です!! 今回は赤ちゃんの鼻づまりで自宅で出来る解消法をお伝えしました。 夜は赤ちゃんの鼻づまりが強く、母子ともに寝れない状態になったので小児科を受診した時にこの「母乳点鼻薬」を教えてもらいましたが母乳は安全な点がとっても安心出来ました。 ただこの方法はあくまで鼻水・鼻づまりの 一時的な対処療法です。 やはり鼻づまりの原因は風邪である訳なので出来るだけ早めに小児科を受診し風邪が治るといいですね…。 その場合は(小児科で風邪をもらってしまう恐れもあるので)あらかじめ電話で赤ちゃんの月例と症状と伝えておき、小児科では受付だけ済ませて、車や別の場所で待機しておいた方がよりいいですよ。 あとはお部屋の中を加湿するのもおすすめです。 看病で母子共に大変だと思います。 赤ちゃんの鼻づまりが早く良くなることを願っています!!.

次の

赤ちゃんが鼻づまりで苦しそう!我が家の5つの鼻づまり解消法|まるくら

赤ちゃん 鼻づまり 解消法

この記事の目次• 赤ちゃんの鼻水がとまらず鼻づまりが続く…という症状は結構多い! 鼻水が出るのは、体に細菌や病原体が入ってきている証拠です。 大人よりも鼻腔が狭く鼻粘膜がとても敏感な赤ちゃんは、大人であれば何も反応しない微弱なウイルスにも敏感に反応してしまい、ウイルスを体の外にだすために鼻水がでるようになるのです。 つまり、免疫力が弱く粘膜が敏感な赤ちゃんにとって、鼻水が出るということは日常的に多いのです。 安心は出来ません…危険な鼻水もあります 赤ちゃんにとって鼻水が出ることは日常茶飯事だとお伝えしました。 よってつい軽く考えてしまいがちです。 しかしそのちょっとした油断があるからこそ、鼻水は危険なのです。 インフルエンザなどのウイルス性の感染症や気管支炎、アレルギー性鼻炎や花粉症、蓄膿症 慢性副鼻腔炎 など何らかの病気が原因で鼻水が出ているにも関わらず、「よくある風邪などの鼻水だろう」と考え、病気の発見を遅らせてしまうことがあります。 1度や2度、食欲が落ちているからといって緊急で病院へ連れていく必要はありませんが、呼吸困難はとても危険ですので、様子を見て判断するのではなく、医師に診てもらうことが一番です。 まずはかかりつけの小児科に連れて行って症状を見てもらいましょう。 そして、その後耳鼻科などをすすめられた場合はそちらにシフトしてください。 緊急ではないがすぐに病院へ連れていく必要がある場合 次に、緊急で連れていく必要はないけれど、次の日の診療時間内には病院へ連れていく必要がある場合の症状について紹介していきます。 まず、 鼻水の状態がサラサラしている、あるいはドロドロして黄色っぽい場合です。 こうした場合は熱が出ていなくても、その他の症状が出ていなくても、早めに病院へ連れていきましょう。 また、サラサラ、あるいはドロドロしていなくても、 数日間鼻水が止まらないのであれば、この場合もまた病院へ連れていきましょう。 次に、赤ちゃんの健康状態による判断方法です。 食欲が落ちていて母乳やミルクを飲まない、あるいは飲みづらそうにしている場合• 食欲がない上に機嫌が悪い場合• 鼻水以外の症状も出ている場合 鼻水以外にもこういった症状が出ていたり、熱が出ていたりという場合もあります。 また鼻水が沢山出ていることで、それを排除するために咳が出てきてしまう可能性もあります。 小さい赤ちゃんにとって咳でゴホゴホするのは本当に辛いでしょう。 こうした場合もまた、早めに病院へ連れて行って診察・治療をしてもらいましょう。 病院へ連れていくために確認しておくこと 鼻水や健康状態がいつもと違うからと病院へ連れて行っても、赤ちゃんの状態を正しく伝えられなければ、正しく診断してもらうことはできません。 赤ちゃんの状態をより正確に診断してもらうためにも、以下のポイントを確認しておきましょう。 鼻水がどれくらい続いているのか、その期間の鼻水の状態はどうか?• 鼻水以外にも気になる症状はあるのか?• 食欲や機嫌など赤ちゃんの健康状態はどうか? 赤ちゃんの状態がおかしいなと感じた場合は、まずはこの3つのポイントをよく確認しておき、病院へ連れていく際に、医師に赤ちゃんのこれまでの状態を正確に伝えられるようにしておきましょう。 こうした観察は、鼻水に限らずどんな症状の場合にも大切なことです。 普段から、赤ちゃんの状態や変化を記録しておくようにしましょう。 なんとかして早く楽にしてあげたいですよね!ケアの方法を挙げます。 外気の温度や湿度に対応させる• 鼻水吸引器を使う• こまめに拭き取る• くしゃみをさせる• 水分不足になりがちなので、多めに水分をとらせる 外気の温度や湿度を見極めて! こまめな確認が大事 赤ちゃんは上手く体温調節ができませんので、気温によって手をかけてあげましょう。 赤ちゃんの体を冷やさないよう、部屋の温度を上げたり、普段よりも1枚多く着せてあげるなど温かくして過ごさせてあげることが大切です。 特に、粘り気のある鼻水は拭き取るのは難しいので、綿棒をくるくると回してからめ取るようにするとすっきり取れやすくなります。 ただし、綿棒は細長くて危険ですので、赤ちゃんが嫌がって暴れるようでしたらやめましょう。 また、からめ取る際は鼻の奥深くに入れすぎないよう、注意してください。 鼻水が固まって息苦しい場合は、こよりを使ってくしゃみをさせましょう 鼻水が鼻の奥で固まっていて、息苦しくてつらそうな場合は、くしゃみをさせることで楽になる場合もあります。 ティッシュペーパーを細長く丸めてこよりを作り、そっと鼻の中に回しながら入れます。 綿棒の場合と同様に、鼻水がからめ取れる場合もありますが、鼻の穴が刺激されることによりくしゃみが出て、奥に詰まっている鼻水を出すことができます。 ただし、これもあまり鼻の奥まで刺激しすぎると危険ですので注意しましょう。 お風呂に入ると鼻水が流れやすくなり、呼吸も楽になります 鼻の奥で鼻水が固まってしまっている場合は、入浴することで解消される場合もあります。 赤ちゃんが元気に過ごしていて熱も高くないのであれば、鼻水が止まらなくてもお風呂に入れてもOKです。 お風呂の湯気で鼻詰まりが緩和されることもあるのでお勧めです。 但し、長時間の入浴や湯冷めによって風邪を引き起こすこともありますので注意しておきましょう。 身体を温めることによって血行が良くなるためで、リラックス効果も生まれます。 また、湯気で鼻が加湿されるため、鼻水も通りやすくなるのです。 入浴が難しい場合には、蒸しタオルも効果的です 熱があってお風呂に入ることが難しかったり、赤ちゃんが入りたがらないという場合には、蒸しタオルを鼻に当てるだけで解消される場合もあります。 ハンドタオルを一枚用意します• 水で濡らして、ラップに包みます• ラップを外してできあがった蒸しタオルを、赤ちゃんの鼻にそっと当てます。 「あったかくて気持ちがいいよ、鼻水が楽になるからね」など、赤ちゃんが安心するような声がけをしてあげるといいでしょう。 タオルが冷めたら外します。 鼻を温めることで鼻孔が広がり、鼓膜の血流が良くなることで鼻の通りが良くなります。 持続性はありませんが、即効性は期待できます。 水分不足にはくれぐれも注意! です 鼻水が止まらないときというのは、鼻水と一緒に水分が多く出ている上に、鼻詰まりが影響して母乳やミルクが飲みにくく普段よりも食欲が落ちてしまいがちです。 その為、水分不足に陥りやすいので、母乳やミルクを飲ませる回数を普段よりも多くしてあげましょう。 鼻水がつらい時に効果が期待できる食事法 鼻がつまってつらい時に積極的に摂りたい食品を挙げます。 食事に積極的に取り入れていきたいですね。 離乳食や、授乳中の場合には、ママが取り入れることでも効果が期待できると思います。 しょうが(身体を温め、血行を良くする)• ごぼう、さつまいもなどの根菜類(身体を温め、血行を良くする)• 玉ねぎ(血行を良くし、鼻の粘膜の炎症を抑える) 鼻水緩和に効果的なおすすめレシピ 品でも栄養バランスが良く、ボリュームがあって満足できるレシピをご紹介します。 — 2015 10月 21 9:01午前 PDT 食欲も落ち、味覚も鈍っている赤ちゃんにとっては三度の食事すら困難な場合もあります。 そこで、一• 鶏ひき肉…350g• 片栗粉…適宜• しょうが…少々• さつまいも…中1本• 玉ねぎ…中1個• 味噌…お好みで• さつまいもが入っているので甘みがありますので、赤ちゃんでも食べやすいレシピです。 離乳食(完了期)にも使えます。 その場合には、しょうが、長ねぎは赤ちゃんに合わせて調節してください。 これにご飯を加えれば、簡単なおじやにもなります。 赤ちゃんに与える際には、熱すぎないように温度に注意してください。 おうち対策をしたけれど赤ちゃんがつらそうならすぐに受診 これらの方法を試されても赤ちゃんの様子が改善されなかったり、体調が悪化するようでしたら、すぐに医療機関を受診しましょう。 子どもの鼻水ケアを考えた時、風邪薬や抗生物質、点鼻薬などの薬に頼りたくなることは多いと思いますが、安易に薬を使ってしまうと、かえって症状を悪化させてしまうことがあるので素人判断しないように注意が必要です。

次の