ワード 罫線 引く。 Word(ワード)表の罫線の削除と引き方をおさらい!【初心者向けワード講座】

ワードで表の罫線を消しゴムで削除

ワード 罫線 引く

ワードで罫線を使うには Wordの書類の中では、端から端まで点線や直線、2重線を引くことがありますよね。 種類はそんなにありませんが簡単に引く方法をご紹介します。 また、切り取り線などにお使いいただくようなはさみのマークを入れる方法もご一緒に説明します。 <Word(ワード)で罫線を引く方法・消す方法 点線や波線を引く! 目次>• ワードで罫線を引く方法【点線・二重線など】 まず最初は、罫線を端から端まで引く方法です。 「日本語入力」をオフで操作しましょう。 1 実線 ハイフン「-」を3回入力し、[Enter]キーを押します。 実線が引かれます。 2 2重線 イコール「=」を3回入力し、[Enter]キーを押します。 2重線が引かれます。 3 点線 アスタリスク「*」を3回入力し、[Enter]キーを押します。 点線が引かれます。 4 波線 「~」を3回入力し、[Enter]キーを押します。 波線が引かれます。 5 太い実線 アンダーバー「_」を3回入力し、[Enter]キーを押します。 太い実線が引かれます。 6 太い線と細い線の組み合わせ シャープ「#」を3回入力し、[Enter]キーを押します。 太い線と細い線の組み合わせが引かれます。 【日本語入力をオンにした場合】 ・「=」「-」「_」は、上記の操作で、必ず[Enter]キーを2回押します。 すると、それぞれの線になります。 ・その他の「#」「~」「*」は、記号を入れたあと、「F10」キーで半角にしてから、「Enter」キーを押します。 ワードで罫線を引く方法【切り取り線】はさみマークはどこから? 切り取り線などは、罫線の左側にはさみマークなどがあるとわかりやすいですね。 このマークは、[記号と特殊文字」から出します。 この場合の罫線は、前のページでご紹介した方法の線では位置がずれてしまうので図形描画ツールバーの[直線]で引きましょう。 1)[挿入]-[記号と特殊文字]をクリックします。

次の

Word 2010:表の挿入と編集

ワード 罫線 引く

マウスで罫線を引く:Word ワード 2013基本講座• マウスで罫線を引く スポンサードリンク• マウスで罫線を引く マウスで表を作成する• [罫線を引く]を実行するとマウスポインタがペン 鉛筆 の形に変わります。 ドラッグすると表が作成できます。 横罫線を引く• 縦罫線を引く• 斜め罫線を引く• [罫線を引く]を解除するときは[Esc]キーを押します。 マウス操作で罫線を削除することもできます。 表内をクリックします。 表ツール リボンが表示されます。 [デザイン]タブを選択し、[罫線の削除]ボタンをクリックしてオンにします。 マウスポインタが消しゴムの形になります。 削除したい罫線部分をドラッグします。 削除の対象部分が太く表示されます。 削除したい範囲を指定して削除することもできます。 [罫線の削除]を解除するときは[Esc]キーを押します。 マウス操作で罫線を引くときの、罫線の種類や線種を変更する方法です。 表ツールのデザインタブを選択します。 [罫線のスタイル]をクリックするとテーマの罫線から選択することができます。 独自に線の色や種類を設定することができます。 [ペンの色]で罫線の色を設定します。 [ペンの太さ]で罫線の太さを設定することができます。 [ペンのスタイル]で罫線の種類を設定することができます。 既に作成している表の一部の罫線を設定したペンのスタイルに変更するには?• 表ツールの[デザイン]タブを選択します。 飾り枠グループでペンの色、ペンの太さ、ペンのスタイルを設定します。 [罫線の書式設定]ボタンをクリックして、オンにします。 マウスポインタが筆の形に変わります。 変更したい罫線部分をドラッグして指定します。 罫線が設定したスタイルに変更できました。 罫線の書式設定 を解除するには[Esc]キーを押します。 スポンサードリンク | ||マウスで罫線を引く.

次の

Word 2010:表の挿入と編集

ワード 罫線 引く

Word:表が途中で次ページに送られてしまう。 表が途中で切れて (分割され)、次ページに送られてしまうというご質問をよくいただきます。 原因は以下のいづれかです。 順にお試しください。 表を選択し右クリックし「表のプロパティ」• 【行】タブ で 「高さを固定する」 のチェックを 外す• 表全体を選択して右クリックし「段落」 をクリック• 【インデントと改行】タブ で 「行間=1行」とする• 【改ページと改行】タブ をクリック• 表を選択し右クリックし「表のプロパティ」•

次の