聖 剣 伝説 3 クラスチェンジ。 聖剣伝説3 クラスチェンジのおすすめタイミング

【聖剣伝説3リメイク】リースのおすすめクラスチェンジと育成方法|習得アビリティ

聖 剣 伝説 3 クラスチェンジ

クラスチェンジとは 初期状態では各キャラは「クラス1」ですが、条件を満たすことで「クラス2」「クラス3」「クラス4」へとクラスチェンジできます。 クラスチェンジすることで:• 新しいコンボが使える(クラス2でAAAX、クラス3でAAAAX)。 新しいを使える(クラスごとに1つずつ)。 育成を通じて新たなアビリティを解放できるようになる。 アビリティのスロットが増える(クラス1は2つ、クラス2は4つ、クラス3は6つ、クラス4は8つ)。 クラス2〜4にはが備わっている。 強い武器防具を装備できる。 見た目が変化する。 クラスチェンジのイメージ クラスチェンジする方法 後述する特定の条件を満たした上で、世界各地にあるマナストーン、もしくはマナの聖域にある女神像に触れるとクラスチェンジできます。 キャラが Lv38 以上である• 七章で手に入るクラス4用のクラスチェンジアイテムを所持している クラスリセット 「女神の天秤」を所持していると、クラス1に戻れます。 「女神の天秤」は1周あたり最大6個入手可能です(敵の本拠地に1個、クリア後の裏ダンジョンに5個)。

次の

聖剣伝説3 > クラスチェンジ

聖 剣 伝説 3 クラスチェンジ

クラス クラスチェンジ条件 特徴 初期クラス 突出した能力は無いが、オールラウンドに力を発揮する。 クラス2 クラス クラスチェンジ条件 特徴 ・Lv18以上 味方へのバフを得意とするクラス。 パーティをサポートして戦う。 ・Lv18以上 デバフ特化のクラス。 ボスなどの強敵に対して、非常に優秀。 クラス3 クラス クラスチェンジ条件 特徴 ・Lv38以上 ・ブリーシンガメンが必要 広範囲の必殺技が強力でバフ効果と合わせて高い火力を出す。 ・Lv38以上 ・明星のクサリが必要 味方へのバフに特化したクラスで、パーティ全体の火力・耐久力を上げる。 ・Lv38以上 ・騎竜のクサリが必要 デバフと必殺技で非常に高い火力を出す。 ・Lv38以上 ・グレイプニルが必要 敵全体のデバフを得意とし、効率的にダメージを稼げる。 クラス4 クラス クラスチェンジ条件 特徴 ・慈愛のオーブが必要 ストーリー7章で入手 味方全体へのバフ効果で、パーティの火力を引き上げる。 ・慈愛のオーブが必要 ストーリー7章で入手 デバフの他に召喚魔法で火力も補えるバランスのよいクラス。 闇ルートに進めると敵弱体化と召喚魔法で攻撃のできるバランス型キャラになる。 パーティの他に魔法攻撃キャラがいないのであれば、闇ルートに進めて魔法攻撃を担うのが良いだろう。 光ルート:味方強化に特化したサポートキャラに育成 味方全体強化アビリティを豊富に持つので、パーティのアタッカーをサポートしよう。 育成ポイントの余裕があれば、力も伸ばして全体攻撃力アップのアビリティも習得したい。 優先して伸ばす能力• クラス4までいけば威力の高い召喚魔法を連発できる。 優先して伸ばす能力• 逆に回復や攻撃はあまり期待できないので、他の特化型キャラと組み合わせるのが良い。 その他基本情報 武器 槍 出身地 風の王国ローラント 声優 CV 小松未可子 リースの紹介文 風の王国ローラントの王女にして、国家を守るアマゾネス軍のリーダー。 意思が強く、責任感があり、まわりに対する気遣いも忘れないしっかり者な性格。 反面、気難しく頑固な面もある。 幼くして母をなくしてからは、弟のエリオットに時には姉として、時には、母として接する心の優しさを持つ。 国を、父を、そして弟を誰よりも愛する。 関連する攻略記事 キャラデータベース.

次の

【聖剣伝説3リメイク】シャルロットのクラスチェンジとアビリティ|ゲームエイト

聖 剣 伝説 3 クラスチェンジ

第二回の考察です。 前回はクラスチェンジ考察みたいなことをやったけど今回はそれをもう少し詳しく解説しようかなと。 評価は5段階でそれぞれ書いておきます。 プレイヤーによって評価は変わるものなので あくまで一例としてご覧ください。 またクラス2とクラス3の評価はそれぞれのクラスにおいてのものです。 クラス2の評価4とクラス3の評価4は別ということにご留意ください。 【 デュラン】 ・光のクラス ・ ナイト【評価:4】 デュランの火力としては少し落ちる部分もあるが、クラス2の段階では申し分なし。 ヒールライトを単体ながら使用できるという点もプラス。 また盾を装備できるが、クラス2の段階ではあまり恩恵を得られない。 マイナス点としては、やはり装備の値段がネックになってくる。 大体金欠になるのが、中盤のマナストーン遭遇から神獣戦の辺りなので、意識して金を貯めていかないとその時点での最強装備を揃えるのは結構きついものがある。 ・ ロード【評価:5】 火力はパラディンより少し高い程度。 ヒールライトの全体を使える点はパーティーにシャルロットがいない場合はかなり有用。 ティンクルレインも使用できるが、こちらはそこまでメリットがない。 また装備できる盾も回避率がいいこんごうの盾か、状態異常を防げるちかいの盾を装備できるので防御面でも役に立つ。 必殺技が単体だが、ボス戦等では特に問題ないので十分。 ・ パラディン【評価:3】 火力はデュランの中で最低だが誤差レベルなので気にする必要はなし。 ヒールライトの回復が単体のままなので急なパーティーの立て直しに少し苦労をするかもしれないが、ポトの油で代用できる。 セイントセイバーを習得できるが、闇の神獣に間に合わない場合も。 光弱点のめんどくさい雑魚に使っていくのが理想的な使い方だろう。 必殺技が全体なのは雑魚掃討に有利なので、雑魚戦ではこれをメインに使用していくのがベスト。 ・闇のクラス ・ グラディエーター【評価:5】 闇のクラスということで火力は申し分なし。 必殺技が(クソダサいことを除けば)全体技で雑魚戦にも十分すぎるほど。 また4属性のセイバー魔法を覚えることで、4属性の神獣戦ではパーティーの火力底上げに繋がる。 特に風の神獣戦では切り替えごとにセイバー魔法が切れるので、アイテムが底を尽きるという可能性もほぼ皆無。 魔法のクルミだけは買っておこう。 ・ ソードマスター【評価:4】 火力は光のクラスより少し高い程度。 光と闇以外のセイバー魔法を習得するが、リーフに関してはMP枯渇の危険性がほぼないので、使う選択肢にならないことも。 ムーンセイバーに関しては保険としてパーティーにかけておくのは悪くない選択肢と言える。 後半のダンジョンではボスがなにかしらの弱点を持っていることが多いので全体がけできるようになったセイバー魔法もあって損はない。 必殺技が全体なので雑魚処理は問題なし。 ・ デュエリスト【評価:5】 火力は全キャラの中でもトップ。 デュランの中でも頭一つ抜け出している。 ダークセイバーを習得するが、闇を弱点とする敵が少ないのでオマケ程度に考えておくべきだろう。 必殺技も全体攻撃でほんとに火力一本で戦うクラスだが、聖剣3では純粋な物理火力が強いのでこれだけでなんとかなってしまう。 【 ケヴィン】 ・光のクラス ・ モンク【評価:5】 獣人化した場合の火力はデュランを凌ぐほど。 また光のクラスなのでヒールライトも習得できるため、戦闘も回復もある程度なんとかなる。 ケヴィンは第2クラス以降必殺技が単体と全体のランダム発動になる。 ボス戦などは獣人化してクラス1必殺技を使った方が強い場合も多い(これは敵ボスのAI上仕方ないが)それに考慮しても基本的に攻防どちらにおいても隙がない。 ・ ゴッドハンド【評価:4】 習得する技はオーラウェイブ(必殺技ゲージ最大)。 火力は十分なのでヒールライトの回復もあわせて攻守共に問題なく戦える。 ヒールライトも単体のみなので回復が遅れがちになるが、大技を連発される場面はそうそうないのでタイミングを見て使っていく。 間に合わない場合はポトの油で代用すればよい。 ・ ウォーリアモンク【評価:4】 習得する技はリーフセイバーとヒールライト全体。 火力はケヴィンの中で最低だが、夜間であれば気にならない。 最大限生かすなら夢見草をストックしておくのもありだろう。 ケヴィンの中では唯一クラス3必殺技が単体のみなので範囲火力はない。 ヒールライト全体化できることを生かし、じっくりと処理していこう。 ・闇のクラス ・ バシュカー【評価:4】 光のクラスよりさらに火力が伸びているものの、必殺技が単体、と言う点でモンクほどの万能さはこの時点では得られない。 純粋な火力としてはかなり高いが、バシュカーにした場合は後述するクラス3への繋ぎと見るのが妥当だろう。 ・ デスハンド【評価:4】 ケヴィン最大の火力を誇る闇のクラス。 習得する技はエナジーボール(クリティカル率上昇)だが、聖剣伝説3にはクリティカルの概念が存在しないので無意味。 つまり火力のみのキャラとなる。 それだけでも十分なのでこのクラスの場合は火力だけを考えよう。 ・ デルヴィッシュ【評価:5】 ケヴィンが誇る闇のクラスのもう片方。 習得する技はムーンセイバー。 デュランのところで書いたが、ムーンセイバー自体は優秀な魔法なのできつい戦闘ではかけておいて損はない。 火力もデスハンドと比べると落ちるがそれでも優秀なことには間違いない。 総合的に見るとデスハンドより多少小回りが効くので迷ったらこっちでいいかもしれない。 【 ホークアイ】 ・光のクラス ・ レンジャー【評価:3】 二回攻撃の火力は魅力的だが、素の火力が低いため思うようにダメージが入らないこともある。 習得する魔法もボディチェンジはめんどくさい雑魚に使用していくのがベスト。 スリープフラワーは単体のためなんとも微妙。 神獣戦などでは他の味方からサポートを受けて戦おう。 ・ ワンダラー【評価:4】 火力はホークアイ中最低だが、習得する魔法が優秀。 ルナティックは敵の最大HPをカットできるのでボス戦開幕に、ライフブースターでHPの低い味方のサポート。 ポイズンバブルは中々の火力の上MPも回復できる。 カウンタマジックで敵の魔法を弾き返すなど、かなりトリッキーに立ち回ることが出来る。 低い火力はリースのパワーアップやドレイクのウロコでカバーできる範囲なので、プレイヤー自身でうまく操作してあげるとかなりのポテンシャルを秘めているクラス。 ・ ローグ【評価:3】 ワンダラーとは違い、トラップ系の技に秀でたクラス。 グレネードボムはMPを回復できるので利用価値はあるが、そもそもトラップ系の技にメリットがほぼない。 ほんとにエフェクトのかっこよさを見るためにとる、そんなレベル。 ゲームの性質上技を撃つと画面が止まるので、そんなことする暇があるなら殴った方がいい。 ホークアイのクラス3では一番優先度が低い。 ・闇のクラス ・ ニンジャ【評価:5】 火力はまぁまぁ。 二回攻撃できるメリットを生かし、硬くない敵ならダメージは問題なく入る。 習得する魔法が4属性ダメージ+デバフという優秀なこともあり、中盤の敵には弱点でなくてもデバフ狙いで撃っていっていいだろう。 ゲーム中能力を上げるアイテムはバイゼルで購入できるが、能力を下げるアイテムはドロップアイテムのみなので優先度は高い。 ・ ニンジャマスター【評価:3】 第2クラスのニンジャの強化版。 忍術は全体化するので基本的に雑魚に使っていくことになるが、ダメージソースと言うよりはやはりデバフがメインになる。 どうしても後述するナイトブレードが優秀すぎるため、その影にかくれてしまいがちなクラス。 ・ ナイトブレード【評価:5】 火力はホークアイの中で最高。 全キャラの中でも高い部類に入る。 ニンジャの単体デバフを扱える上、含み針での沈黙付与、凶器攻撃での最大HPダウン、必殺技が全体とホークアイの優秀な部分を全て集めたクラス。 ちなみにナイトブレードの必殺技は敵も使う。 HPが少ないと一発でパーティーが壊滅するのでガラスの砂漠や闇の洞窟では注意が必要。 【 アンジェラ】 ・光のクラス ・ ソーサレス【評価:4】 4属性の上位魔法とセイントビームを習得できる。 この辺りの魔法は中盤の神獣戦で役にたつだろう。 魔法をメインに使っていくことになるので、魔法のクルミはしっかり買っておくといい。 物理火力はお察しなので常に魔法を使うようにするとアンジェラの利点を最大限生かせる。 あと必殺技が投げキッスだがそれをプレイヤーに飛ばして欲しいってのが本音。 ・ グランデヴィナ【評価:3】 4属性上位魔法とセイントビームの全体化とダブルスペルを習得。 後述するアークメイジとの違いがないので、好みで好きなほうを選ぶといい。 何気にアンジェラの中では物理は最強だったりする。 筆者が縛りプレイ以外でアンジェラを使わないので解説らしい解説ができない。 ・ アークメイジ【評価:3】 グランデヴィナとの違いはダブルスペルの代わりにレインボーダストを習得する点。 こちらの方が消費MPが1高い。 威力は・・・見た目が中々に派手。 ・闇のクラス ・ デルヴァー【評価:4】 闇の上位魔法を覚える。 中盤は下位魔法で問題ないが、光の神獣にこの時点で弱点ダメージを出せるのはアンジェラだけなので、この点では便利。 ダークフォース自体も威力は高めなので弱点でなくても使っていけるだろう。 ・ ルーンマスター【評価:5】 ゲーム中最強の雑魚キラー。 4属性の最上級魔法(ダメージ+状態異常)を扱える上、レベルが高くなれば999ダメージを叩きだせるデススペル、ダークフォース(全体)を習得できる。 ボス戦では遅れをとるが、厄介な雑魚を封殺できる性能なので、これだけで十分採用価値がある。 ・ メイガス【評価:4】 踏んでください女王様! 4属性の単体上級魔法と、隕石を落とすエインシャントを習得できる。 エインシャントは彼女自身の知性の高さからの威力はもちろん、そのエフェクトの派手さも圧巻の一言。 とりあえず見た目でこのクラスにしたプレイヤーも多いのではないだろうか。 エフェクトがものすごーく長いので、どうせそのうち使わなくなる(私の話) 【 シャルロット】 ・光のクラス ・ プリーステス【評価:5】 火力は全キャラ中最低だが習得する魔法が優秀。 ヒールライトの全体化、さらに4属性のセイバー魔法と物語中盤を安定化させるポテンシャルを秘めている。 最大HPが低めなのでHPに気を配る必要があるが、彼女の有無で戦況が大きく変わる場面もある。 ・ ビショップ【評価:5】 習得する魔法は魔法防御を上げるマジックシールド、セイントセイバー、アンデッドに大ダメージのターンアンデッド。 またラストダンジョンがミラージュパレスの場合、ラスボスにターンアンデッドがぶっ刺さる。 アンデッド系の敵に対しては滅法強い。 ・ セージ【評価:3】 習得するのはセイバー魔法の全体化とセイントビーム。 ビショップほど特化していないので、うまく立ち回れば強いといったキャラ。 セイバー魔法の全体化はラスト付近ではほぼボス戦ピンポイントの使用になるため、ヒールライトやティンクルレインでのサポートがメインになるだろう。 ・闇のクラス ・ エンチャントレス【評価:4】 ヒールライトの全体化はもちろんのこと、それに加えて召喚魔法を覚える。 ダメージは決して高くはないが、シャルロットの物理火力は悲しいレベルなので殴るよりはマシだが、といったところ。 光のクラスと比べると多少打たれ強い。 ・ ネクロマンサー【評価:5】 聖剣3ぶっ壊れ魔法の1つブラックカースを習得する。 正直これ1つだけで採用する価値がある。 敵の能力をほぼ全て下げるため、ボス戦では開幕に使用するだけで安定感がかなり増す。 火力はシャルロットのためお察しだが、味方のサポートという点では随一。 ・ イビルシャーマン【評価:5】 デーモンブレスとアンティマジック、二種の召喚魔法を習得する。 デーモンブレスは魔法防御ダウンのデバフ付き、アンティマジックは後半のボスのバフはがしに便利。 物理火力は高くないが、デーモンブレスでの雑魚処理、ボスはアンティマジックで対処。 ブラックカースもクラスチェンジアイテムで使用できるので、アイテムに空きがあればいれておくとかなり万能に立ち回れる。 【 リース】 ・光のクラス ・ ワルキューレ【評価:4】 味方の能力を上げる4つの魔法を習得。 必殺技も全体で単発の火力もデュランに次いで高く、HPも高めという万能キャラ。 雑魚処理も早く、ボス戦もバフ付与で火力サポートができるので、どんなパーティーでも何かしらの活躍ができる。 ・ ヴァナディース【評価:4】 必殺技がクラス3の中では唯一全体化し、火力もリース中最大と火力面に秀でたクラス。 召喚魔法のフレイアはダメージ+ちびっこ付与なので、後半ダンジョンでめんどくさい雑魚と当たったら使用していくとベスト。 ただし経験値はほぼなくなるのでそこだけは注意。 ・ スターランサー【評価:5】 能力上昇魔法を全体化できるようになる。 魔法使用の際にゲーム画面が止まる性質上、それが一回で済むのでかなり便利。 一気にパーティー全体の能力を上げつつ、自身は召喚魔法のマルドゥークで雑魚に沈黙を付与できるので敵の強さを落とすことが可能。 ボス戦ではその能力上昇魔法を生かして短期決戦に持ち込める。 ・闇のクラス ・ ルーンメイデン【評価:4】 光のクラスとは逆に敵の能力を下げる魔法を習得。 ボス戦では優先的に使っていくといいだろう。 ただ敵に使用するという点でカウンターを誘発する場合もあるので、カウンターがある敵に使う場合はこちらのHPにも気を配ろう。 ・ ドラゴンマスター【評価:3】 火力がリース中最低で、かつ必殺技も単体、デバフも単体と悲しみに溢れたクラス。 召喚魔法のヨルムンガンドはダメージ+毒付与なので総合的な火力は最大。 必殺技のエフェクトは筆者お気に入りだったりする。 雑魚処理は召喚してからの各個撃破、ボス戦では開幕デバフをして後はひたすら攻撃というパターンがメイン。 ・ フェンリルナイト【評価:4】 火力はリースの中で高め。 デバフが全体化し、召喚魔法はラミアンナーガを習得。 召喚魔法の中では唯一追加効果がないので、単純な全体魔法として使用していくことになる。 デバフが全体化できるので後半の雑魚には開幕で撃ちこむといいだろう。 以上で私の使用感を含めた考察は全てになります。 最後に注意点を少しまとめておきます。 ・デュラン、リースは武器のリーチがやや長いので距離をおきながら戦える。 ・ケヴィン、ホークアイは逆に接敵するので被弾しやすい。 (ケヴィンは獣人化すればリーチが伸びる) ・シャルロット、アンジェラは物理火力として見てはいけない。 ・カウンターがある敵に対しては注意すること。 真面目に全滅する。 なにかあればコメントの方でご連絡ください。 閲覧ありがとうございました。

次の