きみの鳥はうたえる 動画。 きみの鳥はうたえる(映画)無料フル動画情報!Dailymotionやパンドラも調査|映画TIMES

映画『きみの鳥はうたえる』のあらすじと主要キャストと作品情報!

きみの鳥はうたえる 動画

「」 にて。 2018年9月8日(土)午後2時20分より鑑賞(スマリーン1/C-4)。 ~「終わりの予感」が漂う中、いとおしく切ない若者たちの夏 北海道・函館の映画館、函館シネマアイリスの開館20周年記念作品として製作された映画。 原作は作家・の小説。 は、5回も候補になりながら一度も受賞できず、1990年に41歳で自殺している。 死後しばらくしてから注目を集めるようになり、「」(2010)、「」(2014)、「オーバー・フェンス」(2016)が映画化された。 それに続く映画化4作目となる。 ちなみに過去の作品は、いずれも地元の函館の人々が中心となって映画化したもの。 今回もそれは同様だ。 そのせいか、原作は東京が舞台だが、映画では過去作同様に函館に舞台を移している。 また、時代も現在に変更しているため、やラップ音楽といった原作の執筆時にはなかったものもたくさん登場している。 ストーリー展開そのものもかなり改編しているようだ。 2人の男と1人の女の青春ストーリーである。 函館郊外の書店で働く「僕」()は、失業中の静雄()と小さなアパートで一緒に暮らしていた。 そんなある日、「僕」は書店の同僚の佐知子()と関係を持つ。 それをきっかけに、佐知子は毎晩のようにアパートへ遊びに来るようになる。 そして、3人は一緒に夜通し酒を飲んだり、クラブで踊ったり、ビリヤードをする。 そんな彼らの気ままな日常が描かれる。 これといって大きな出来事は起きない。 大仰な描写もまったくない。 だが、そこには様々な感情が渦巻いている。 「僕」は他人から「誠実でない」といわれるようにいい加減で、暴力性も持ち合わせた人間だ。 一方、静雄は優しくておとなしい青年。 まったく性格の違う2人だが、なぜか気があってお互いを尊重している。 そんな2人のところにやってきた佐知子が、男たちの関係性に微妙な影を落とす。 まあ、早い話が三角関係の映画ともいえるわけだが、ドロドロの関係が描かれるわけではない。 「僕」は、佐知子と恋人同士のようにふるまうものの、お互いを束縛せず、静雄と佐知子が2人で出かけることも気にしないと言う。 それに対して静雄も「僕」に気を使い、「僕」が佐知子と2人きりの時には、できるだけ家にいないようにしたりする。 3人の若者たちの日常からは、青春のきらめきが見えてくる。 ただし、それはまばゆいばかりのきらめきではない。 「僕」も静雄も佐知子も、このままの暮らしがずっと続くなどとは思っていないようだ。 楽しい夏が過ぎ去り、いつかこの関係性に終わりがもたらされ、やがて青春の日々が終焉を迎えることを予感しているように感じられる。 その予感がスクリーン全体を終始覆い、単なるキラキラした青春映画とは異質の空気感を醸し出す。 そして、その予感があるからこそ、彼らが過ごす「今」という日常がこのうえなくみずみずしく、いとおしく、切ないものに見えてくるのである。 それが、この映画の最大の魅力ではないだろうか。 3人の会話は、まるでアドリブのような自然な会話だ。 アップを多用しつつも、時にはセオリーをはずしたようなカメラワークも面白い。 監督は、セリフに頼りすぎずに、役者のしぐさや微妙な表情の変化で心の揺れ動きを繊細に描いていく。 3人の若者を演じた、、の演技もなかなかのものだ。 特に心の奥にある複雑な感情を垣間見せる石橋の演技は特筆もの。 それにしても、やっぱり若い頃のの面影を感じさせるなぁ。 親子だから当たり前だけど。 そんな3人がクラブで遊ぶシーンが印象深い。 最初はちょっと冗長な感じがしたのだが、よくよく見ると「僕と佐知子」「静雄と佐知子」、そして「3人」という構図を巧みにつなげて、それぞれの思いや関係性を巧みに表現している。 また、函館の夜明けの街を夜通し遊んだ3人が歩くシーンなども、いかにも青春映画らしいシーンで心に染みる。 ドラマは中盤以降にさざ波が立ち始める。 ある人物との関係をしようとする佐知子。 同僚の店員とトラブルを起こす「僕」。 母親との関係に悩む静雄。 そうしたものを内包しつつ、3人の関係は変わり始める。 みんなでキャンプに行くことを提案する静雄。 しかし「僕」は、その誘いを断り、キャンプには静雄と佐知子の2人が行く。 そこから彼らが帰ってきた時に……。 ラストは彼らの終わりの予感が現実のものとなる。 そこで、「僕」がとる行動が興味深い。 日頃から「何を考えているかわからない」といわれる彼が、ストレートに感情を表現する。 それに対して、佐知子が見せる表情がこの映画のラストシーンだ。 この表情をどう解釈するか。 それは観客に委ねられているのだが、個人的には佐知子の決意はすでに揺るぎないものであり、二度と元に戻ることはないと確信する。 青春とはそういうものなのだ。 夏はもう終わったのだ。 彼らそれぞれの前にあるのは、きっと今までとは違った道なのだろう。 地味で小ぶりではあるものの、青春の一瞬の輝きと終わりを実によく表現した映画だと思う。 本作を観たら、過去のの映画化作品「」「」「オーバー・フェンス」もぜひ観てください。 いずれも素晴らしい作品なので。 順次全国公開予定 ホームページ cinemaking.

次の

映画「きみの鳥はうたえる」感想ブログ

きみの鳥はうたえる 動画

CONTENTS• 演出を務めるのは『Playback』『密使と番人』などで知られる三宅唱監督。 主人公「僕」役に柄本佑が演じ、その友人役に若手実力派俳優の染谷将太、2人の男性の間を揺れる女性役に石橋静河が演じています。 三宅唱プロフィール 三宅唱 みやけ・しょう は、1984年に札幌で生まれます。 映画美学校フィクションコース初等科修了。 2010年初長編『やくたたず』を発表。 2012年にの劇場公開第1作『Playback』は、は ロカルノ国際映画祭インターナショナル・コンペティション部門に正式出品され、 高崎映画祭新進監督グランプリ、日本映画プロフェッショナル大賞新人監督賞を受賞。 その後、2015年に『THE COCKPIT』は、 国際ドキュメンタリー映画祭シネマ・デュ・レエル新人監督部門に正式出品。 三宅唱監督は、佐藤泰志の原作『きみの鳥はうたえる』の映画化にあたり、このように作品いついて語っています。 「佐藤泰志が小説で描いた「生の輝き」を映画で表現しようというのがこの映画の挑戦でした。 素晴らしい環境を用意してくださった函館の皆さん、心から尊敬する役者・スタッフらとともに、いま振り返ると自分がちょっと恥ずかしくなってしまうくらい、とにかく無我夢中でつくることができました。 映画館の暗闇で、美しい夏の光や音を感じながら、この映画のなかで生きるかれらとともに、かけがけのない時間を過ごしてほしいと思っています。 これは良い意味で青春を思わせる発言ですね。 若きスタッフと若き俳優とともに見つめた函館の夏の日、ぜひ、劇場で見てみたいですね。 映画『きみの鳥はうたえる』のあらすじ 函館の夏、まだ何ものでもない僕たち3人はいつも一緒だった…。 函館郊外の書店で働く「僕」と、一緒に暮らす失業中の静雄。 「僕」と同じ書店で働く佐知子が加わり、3人は、夜通し酒を飲み、踊り、笑いあいます。 しかし、微妙なバランスのなかで成り立つ若者たちの幸福な日々は、いつも終わりの予感と共にありました…。 映画『きみの鳥はうたえる』感想と評価 函館の映画館 シネマアイリスの開館20周年を記念し製作された映画『きみの鳥はうたえる』。 原作は佐藤泰志。 これまで佐藤の書いた小説の映画化は、2010年公開の 『海炭市叙景』、2014年公開の 『そこのみにて光輝く』、2016年公開の 『オーバー・フェンス』があり、それに続く4作目が『きみの鳥はうたえる』になります。 監督を務めたのは、2012年公開の『Playback』や2015年公開の『THE COCKPIT』など意欲的な作品制作を見せる、北海道出身の三宅唱監督。 三宅演出の先ず、見どころになるのは、原作の骨格はそのまま舞台設定を変えました。 原作にあった 東京から函館へ移し、また現代の物語として大胆に翻案したことで、 自分のバックボーンとなる土地勘のある場所を作品舞台にしたことで、ストーリーに現実味のある今を描く点に注目です。 また、 キャスト陣も期待させる俳優が揃い見どころの一つ。 語り手である「僕」を演じるのは、2018年公開の 『素敵なダイナマイトスキャンダル』の柄本佑。 友人・静雄役は、2018年公開の 『空海-KU-KAI-美しき王妃の謎』で、若手実力派俳優の存在感を示した染谷将太。 そして、2017年公開の『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』で、数多くの賞を獲得した石橋静河が、ふたりの男たちの間を行き来する佐知子役を純で深い演技で魅せています。 期待の 若手俳優たちの瑞々しい演技は、見たことのない輝きで、きっと、あなたを魅了します。 三宅監督とスタッフ、そして若手実力派俳優が一緒になって作り出した函館の街を映像に焼き付けた匂いと夏の光の輝きを感じてください。 2001年に黒木和雄監督の『美しい夏キリシマ』で主演デビューを果たします。 そのほか代表作に、『スクラップ・アンド・ビルド』(2016 、『コック警部の晩餐会』 2016 、舞台「エドワード二世」 2013 、「百鬼オペラ 羅生門」 2017 があります。 本作『きみの鳥はうたえる』で主人公「僕」を演じた柄本佑は、ファンに次のようなメッセージを贈っています。 「三宅唱監督にこの映画の話をいただいたのが 2015年の11月。 撮影をしたのが 2017年の6月。 出来上がったのが 今年の2月です。 本当に出来上がるのかな、と思うくらいの時間をかけて出来上がりました。 「キミトリ」の「僕」という役が決まってから監督と過ごした濃密な時間が映っています……。 やーしかし公開するのは本当に嬉しいことですが、僕の中の「僕」が終わってしまうようで少し寂しくもありますな。 よろしくお願いします」 もう、ご存知の方は、思わず、吹き出して笑っちゃうコメントですよね。 俳優柄本佑の映画コメントはどれも類をみない面白さ。 役者としての奥の深さをいつも感じられますよね。 4歳からクラシックバレエを始め、2009年よりアメリカ・ボストン、カナダ・ カルガリーにダンス留学後、2013年に帰国。 コンテンポラリーダンサーとして活動を開始します。 2015年より舞台や映画へ役者として活動の場を広げるようになると、2016年に、NODAMAP舞台『逆鱗』にも出演。 2017年に公開された石井裕也監督の『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』で映画初主演を果たし、同作品でブルーリボン賞新人賞ほか、多くの新人賞を受賞。 』 2017 などがあります。 また、NHK福岡のドラマ『You May Dream』 2018 でドラマ初主演も務めました。 石橋静河はファンに次のようなメッセージを贈っています。 「自分の大好きな作品が公開されることになり、本当に嬉しく思います。 函館での撮影はとても濃厚で、贅沢な時間でした。 三宅監督が大きな器になり、その中で自由に泳がせてもらったような感覚です。 登場人物が皆、函館の柔らかい光の中で輝いています。 ぜひ劇場でご覧ください」 石橋静河は登場人物の皆が「函館の柔らかい光の中で輝いています。 ぜひ劇場でご覧ください」と言っています。 2011年に園子温監督の『ヒミズ』で第68回ヴェネチア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞したほか、映画賞を多数受賞しています。 主な出演作に『WOOD JOB! 「今でもあの函館のニオイを思い出します。 潮と夕日が混じったようなニオイと、酒のニオイと、朝方のニオイ。 静雄が嗅 いだであろうニオイを嗅ぎながら毎日現場に通っていました。 三宅さんが作る現場は台本の空気そのものでした、佑さんと石橋さんとプラプラしながら、酒を交わし、カメラが回っていました。 僕と佐知子と静雄が、日々の時間を忘れるような時間が流れたり、ヒリヒリとした時間が流れたり、何かから逃れようとする時間が流れたり、我々が肌で感じた心地の良いある種のエモい青春を、三宅監督は1番いい形で映画にして閉じ込めてくれました。 皆様本当にスクリーンで味わって欲しいです。 日々に一息つくつもりで、ヒヤヒヤして帰って欲しいです。 これほどたくさんあるのだなと驚かされますね。 そしてそれが、「肌で感じた心地の良いある種のエモい青春」だとも語ってます。 これは、 あなたにも意識して感じて見てください。 まとめ 映画『きみの鳥はうたえる』は、本公開に先駆けて 函館シネマアイリスでは、8月25日 土 より先行公開。 その後、 2018年9月1日 土 より新宿武蔵野館、渋谷ユーロスペースほかにて全国順次公開です。 佐藤泰志の書いた小説が、函館を舞台に変えたことで、どのような物語を柄本佑をはじめ、石橋静河や染谷将太が共演で演じたのか。 あるいは、函館という匂いになったのか。 お見逃しなく!.

次の

きみの鳥はうたえる 動画

きみの鳥はうたえる 動画

「」 にて。 2018年9月8日(土)午後2時20分より鑑賞(スマリーン1/C-4)。 ~「終わりの予感」が漂う中、いとおしく切ない若者たちの夏 北海道・函館の映画館、函館シネマアイリスの開館20周年記念作品として製作された映画。 原作は作家・の小説。 は、5回も候補になりながら一度も受賞できず、1990年に41歳で自殺している。 死後しばらくしてから注目を集めるようになり、「」(2010)、「」(2014)、「オーバー・フェンス」(2016)が映画化された。 それに続く映画化4作目となる。 ちなみに過去の作品は、いずれも地元の函館の人々が中心となって映画化したもの。 今回もそれは同様だ。 そのせいか、原作は東京が舞台だが、映画では過去作同様に函館に舞台を移している。 また、時代も現在に変更しているため、やラップ音楽といった原作の執筆時にはなかったものもたくさん登場している。 ストーリー展開そのものもかなり改編しているようだ。 2人の男と1人の女の青春ストーリーである。 函館郊外の書店で働く「僕」()は、失業中の静雄()と小さなアパートで一緒に暮らしていた。 そんなある日、「僕」は書店の同僚の佐知子()と関係を持つ。 それをきっかけに、佐知子は毎晩のようにアパートへ遊びに来るようになる。 そして、3人は一緒に夜通し酒を飲んだり、クラブで踊ったり、ビリヤードをする。 そんな彼らの気ままな日常が描かれる。 これといって大きな出来事は起きない。 大仰な描写もまったくない。 だが、そこには様々な感情が渦巻いている。 「僕」は他人から「誠実でない」といわれるようにいい加減で、暴力性も持ち合わせた人間だ。 一方、静雄は優しくておとなしい青年。 まったく性格の違う2人だが、なぜか気があってお互いを尊重している。 そんな2人のところにやってきた佐知子が、男たちの関係性に微妙な影を落とす。 まあ、早い話が三角関係の映画ともいえるわけだが、ドロドロの関係が描かれるわけではない。 「僕」は、佐知子と恋人同士のようにふるまうものの、お互いを束縛せず、静雄と佐知子が2人で出かけることも気にしないと言う。 それに対して静雄も「僕」に気を使い、「僕」が佐知子と2人きりの時には、できるだけ家にいないようにしたりする。 3人の若者たちの日常からは、青春のきらめきが見えてくる。 ただし、それはまばゆいばかりのきらめきではない。 「僕」も静雄も佐知子も、このままの暮らしがずっと続くなどとは思っていないようだ。 楽しい夏が過ぎ去り、いつかこの関係性に終わりがもたらされ、やがて青春の日々が終焉を迎えることを予感しているように感じられる。 その予感がスクリーン全体を終始覆い、単なるキラキラした青春映画とは異質の空気感を醸し出す。 そして、その予感があるからこそ、彼らが過ごす「今」という日常がこのうえなくみずみずしく、いとおしく、切ないものに見えてくるのである。 それが、この映画の最大の魅力ではないだろうか。 3人の会話は、まるでアドリブのような自然な会話だ。 アップを多用しつつも、時にはセオリーをはずしたようなカメラワークも面白い。 監督は、セリフに頼りすぎずに、役者のしぐさや微妙な表情の変化で心の揺れ動きを繊細に描いていく。 3人の若者を演じた、、の演技もなかなかのものだ。 特に心の奥にある複雑な感情を垣間見せる石橋の演技は特筆もの。 それにしても、やっぱり若い頃のの面影を感じさせるなぁ。 親子だから当たり前だけど。 そんな3人がクラブで遊ぶシーンが印象深い。 最初はちょっと冗長な感じがしたのだが、よくよく見ると「僕と佐知子」「静雄と佐知子」、そして「3人」という構図を巧みにつなげて、それぞれの思いや関係性を巧みに表現している。 また、函館の夜明けの街を夜通し遊んだ3人が歩くシーンなども、いかにも青春映画らしいシーンで心に染みる。 ドラマは中盤以降にさざ波が立ち始める。 ある人物との関係をしようとする佐知子。 同僚の店員とトラブルを起こす「僕」。 母親との関係に悩む静雄。 そうしたものを内包しつつ、3人の関係は変わり始める。 みんなでキャンプに行くことを提案する静雄。 しかし「僕」は、その誘いを断り、キャンプには静雄と佐知子の2人が行く。 そこから彼らが帰ってきた時に……。 ラストは彼らの終わりの予感が現実のものとなる。 そこで、「僕」がとる行動が興味深い。 日頃から「何を考えているかわからない」といわれる彼が、ストレートに感情を表現する。 それに対して、佐知子が見せる表情がこの映画のラストシーンだ。 この表情をどう解釈するか。 それは観客に委ねられているのだが、個人的には佐知子の決意はすでに揺るぎないものであり、二度と元に戻ることはないと確信する。 青春とはそういうものなのだ。 夏はもう終わったのだ。 彼らそれぞれの前にあるのは、きっと今までとは違った道なのだろう。 地味で小ぶりではあるものの、青春の一瞬の輝きと終わりを実によく表現した映画だと思う。 本作を観たら、過去のの映画化作品「」「」「オーバー・フェンス」もぜひ観てください。 いずれも素晴らしい作品なので。 順次全国公開予定 ホームページ cinemaking.

次の