エクセル + 表示。 日付の表示形式:エクセル2010基本講座

数字にカッコをつけたい-(0)・(#):Excel(エクセル)の使い方

エクセル + 表示

【エクセル時短】は「少しでも早く仕事を終わらせたい!」というビジネスパーソンのみなさんに、Excelの作業効率をアップするワザをお届けする連載です。 毎週木曜日更新。 「ポイント」ではなく「センチメートル」で指定したい Excelで表を作成するとき、 印刷後のセルの大きさを正確に指定したいことがあります。 例えば、もともと紙でしか存在しない帳票を、Excelでデータ化して再現したいといったケースです。 しかし、Excelの初期状態である[標準]表示では、セルの大きさ、つまり 列の幅や 行の高さを「ポイント」という単位で指定することになります。 これでは印刷結果が何センチメートルになるのか、さっぱり分かりません。 では、どうすれば? 【 エクセル時短】第119回では、列の幅や行の高さをセンチメートル単位で指定する方法を紹介しましょう。 ページレイアウト表示にして数値で入力する 列の幅や行の高さをセンチメートル単位で指定するには、シートを[標準]表示から[ ページレイアウト]表示に切り替えます。 画面右下にある[ページレイアウト]ボタンをクリックすると、ページレイアウト表示に切り替わります。 加えて、列と行の境界線をドラッグして大きさを変更するのではなく、[列の幅]または[行の高さ]ダイアログボックスを表示して、 目的のサイズを数値で入力します。 以下で手順を見ていきましょう。 1[列の幅]ダイアログボックスを表示する ページレイアウト表示に切り替えたあと、列番号を右クリックして[列の幅]を選択します。 2列の幅を指定する [列の幅]ダイアログボックスが表示されました。 目的のサイズをセンチメートル単位の数値で入力し、[OK]ボタンをクリックします。 「1」と入力すれば1センチメートルになります。 3[行の高さ]ダイアログボックスを表示する 列と同じように、行番号を右クリックして[行の高さ]を選択します。 4行の高さを指定する [行の高さ]ダイアログボックスが表示されました。 ここでは列と同様に「1」=1センチメートルに指定しました。 5列の幅や行の高さをセンチメートル単位で指定できた 列の幅や行の高さをセンチメートル単位で指定できました。 上記の赤枠で示したセルのサイズは、1センチメートル四方になっています。 以上の操作でセルのサイズを指定できましたが、印刷時に拡大・縮小してしまっては意味がありません。 指定した実寸で印刷されるよう、 [拡大縮小なし](100%)の設定で印刷することを忘れないようにしましょう。 close 閉じる.

次の

Excel「ユーザー定義」の表示形式を設定(記号解説) [エクセル(Excel)の使い方] All About

エクセル + 表示

「セルの書式設定」完全マスターシリーズ(この記事は第7回です)• 1.セルの書式設定の画面 右クリックをするか、[ホーム]タブ-[数値]グループの右下にある小さいボタンで、セルの書式設定(表示形式)の画面を開きます(参考:)。 また、表示形式を「その他の表示形式」にする方法もあります。 2.プラスを表示する (1)先頭にプラス+をつける 問題 A列の数値の先頭にプラスを付けなさい。 解説 A列を選択します。 セルの書式設定(表示形式)の画面を開きます。 「ユーザー定義」を選びます。 プラスが付きました。 表示形式を自由に設定する(ユーザー定義)場合は、特殊な記号を使います。 これを書式記号といいます。 セミコロン「;」で3つに分けて考えます。 最初は正の数でプラスを付けることを表します。 #は数値を表します。 2番目は負の数でマイナスを付けることを表します。 3番目は0の場合です。 ちなみに、0にプラスマイナスを付ける場合はプラスマイナス0と入力します。 セミコロンについて、詳しくは完全総まとめ「第7章セミコロン」をご覧ください。 (2)パーセント 問題 B列の数値を小数第1位のパーセンテージにしてから、先頭にプラスを付けなさい。 解説 B列を小数第1位のパーセンテージにします。 セルの書式設定(表示形式)の画面を開きます。 ユーザー定義を選びます。 種類にプラスを付けます。 セミコロンの後にマイナス0. これで完成です。 (3)カンマ桁区切り 問題 C列の数値をカンマ桁区切りにしてから、先頭にプラスを付けなさい。 解説 C列の数値をカンマ桁区切りにします。 セルの書式設定(表示形式)の画面を開きます。 ユーザー定義を選びます。 先頭にプラスを付けます。 最後にセミコロン0と入れます。 これで完成です。 先頭にプラスを付けます。 「 , 0」はカンマ区切りのことです。 (4)設定の解除 表示形式を標準にすれば元に戻ります。 3.発展問題 プラスとマイナスで表示の仕方を変えられることが分かれば、さまざまな応用が可能です。 [A]整数値、 [B]カンマ桁区切り(負数赤色)、 [C]小数第2位までの小数、 [D]小数第2位までのパーセントでそれぞれ試してみましょう(参考:)。 [A] 0 [B] , 0;[赤]- , 0 [C] 0. 00 [D] 0. 00;-0. 00;0. マイナスだけ表示を変える場合、0の場合を入力する必要はありません。 00 [D] 0. 00;0. 00 [D] 0. 00;0. 00 , [D] 0. 動画版(完全版)は、Youtubeにすべて無料で公開しております。 ぜひ、ご覧ください。

次の

エクセルの行、列を一括で再表示させる方法

エクセル + 表示

印刷タイトルの設定 大きな表は、複数ページに分かれて印刷されます。 その場合、2ページ以降は、行または列の見出しのない表が印刷されます。 「印刷タイトル」を設定すると、各ページに共通の見出しを付けて表を印刷できます。 各ページに行のタイトルを設定して、印刷プレビューで確認しましょう。 「ファイル」をクリックします。 「ページ設定」をクリックします。 「ページ設定」ダイアログボックスが表示されます。 「シート」タブを選択します。 「行のタイトル」の をクリックします。 マウスポインタの形が に変わります。 見出しにしたい行番号を選択します。 をクリックします。 「印刷プレビュー」をクリックします。 印刷プレビューが表示されます。 「次ページ」をクリックします。 2ページ目にも見出しが表示されていることを確認します。

次の