春 は あけぼの 歌詞。 春はあけぼの 清少納言「枕草子」意味・現代語訳

有名な文章『春はあけぼの』と『冬はつとめて』どっちが時間...

春 は あけぼの 歌詞

現代語訳(口語訳) 春は夜がほのぼのと明けようとする頃(が良い)。 (日が昇るにつれて)だんだんと白んでいく、山際の辺りがいくらか明るくなって、紫がかっている雲が横に長く引いている様子(が良い)。 夏は夜(が良い)。 月が出ている頃は言うまでもなく、(月が出ていない)闇夜もまた、蛍が多く飛び交っている(様子も良い)。 また(たくさんではなくて)、ほんの一匹二匹が、ぼんやりと光って飛んでいくのも趣がある。 雨が降るのも趣があって良い。 秋は夕暮れ(が良い)。 夕日が差し込んで山の端にとても近くなっているときに、烏が寝床へ帰ろうとして、三羽四羽、二羽三羽と飛び急いでいる様子さえしみじみと心打たれる。 言うまでもなく雁などが隊列を組んで飛んでいるのが、(遠くに)大変小さく見えるのは、とても趣があって良い。 すっかり日が落ちてから(聞こえてくる)、風の音や虫の鳴く音などは、言うまでもなく(すばらしい)。 冬は早朝(が良い)。 雪が降(り積も)っているのは言うまでもなく(素晴らしく)、霜が(降りて)とても白いのも、またそうでなくてもとても寒い(早朝)に、火などを急いでおこして、(廊下などを)炭を持って移動するのも、たいそう(冬の朝に)ふさわしい。 昼になって、生暖かく(寒さが)だんだんとやわらいでいくと、火桶に入った炭火も白い灰が多くなっているのは(見た目が)よくない。

次の

はるはあけぼの 歌詞 KONISHIKI ※ live.gettymusic.com

春 は あけぼの 歌詞

春のうららの 隅田川 のぼりくだりの 船人が 櫂(かい)のしづくも 花と散る ながめを何に たとふべき 見ずやあけぼの 露(つゆ)浴びて われにもの言ふ 桜木(さくらぎ)を 見ずや夕ぐれ 手をのべて われさしまねく 青柳(あおやぎ)を 錦おりなす 長堤(ちょうてい)に くるればのぼる おぼろ月 げに一刻も 千金の ながめを何に たとふべき 一番の歌詞の意味 「うらら」とは、空が晴れて、日が柔らかくのどかに照っているさま。 うららか(麗らか)。 「櫂(かい)」は、船を漕ぐ道具。 オール。 「花と散る」は、花びらのように散る。 ここでは「花」は桜か。 「何にたとふべき」は、何にたとえたらいいだろうか、といった意味。 源氏物語「胡蝶」の和歌 一番の歌詞は、源氏物語「胡蝶」の巻で詠まれた次のような和歌が元になっている。 春の日の うららにさして 行く船は 棹のしづくも 花ぞちりける <紫式部> 和歌の意味:春の陽がうららかに射す中、棹をさして(掛詞)行く舟は、そのしずくも花が散る様のようだ。 二番の歌詞の意味 「見ずや」は、「(こんな素晴らしい眺めを)見ないでいられようか」といった反語。 結果として、「見よ、ご覧なさい」といった意味で使われる。 「あけぼの」は夜明け、明け方。 が有名。 「露(つゆ)」は朝露(あさつゆ)。 「われにもの言ふ」は、私に語り掛けるような。 「夕ぐれ」は、における「秋は夕暮れ」を意識したものか。 もちろんここでは春の夕暮れ。 「さしまねく」の「さし」は、語調を整えたり強めたりする接頭語(意味はない)。 「まねく」は「招く」。 三番の歌詞の意味 「錦おりなす長堤」は、美しく織られた錦のように花に彩られた川の長い堤防・土手。 「おぼろ月」とは、もやで霞んだ春頃の月。 参考:『』 「げに」は、本当に、いかにも、まちがいなく。 「一刻も千金の」とは、ほんの少しの時間でも千金に値する、価値の高い様子。 漢詩『春夜』の一節に由来している。 元ネタの故事成語「春宵一刻値千金」 「一刻も千金の」のくだりは、中国北宋時代の詩人・蘇軾(そしょく)の詩『春夜』に登場する次のような一節に由来している。 春宵一刻直千金 花有清香月有陰 意味:春の夜はわずかな時間でも千金の値打ちがある。 花は清らかな香りを放ち、月はおぼろに霞んでいる。 関連ページ 『荒城の月』、『花(春のうららの隅田川)』、『箱根八里』など、明治時代に活躍した瀧 廉太郎(たき れんたろう)の有名な曲 解説と視聴まとめ 「春のうららの隅田川」でも歌われる中国の詩文 春夏秋冬それぞれの季節における趣深い情景や風物詩 『春よ来い』、『春が来た』、『花(春のうららの隅田川)』など、春をテーマとした日本の童謡・唱歌まとめ 菜の花畠に入り日薄れ 見わたす山の端 霞ふかし.

次の

有名な文章『春はあけぼの』と『冬はつとめて』どっちが時間...

春 は あけぼの 歌詞

こんばんは 拓です。 春はあけぼの やうやう白くなりゆく山ぎは 少し明かりて 紫だちたる雲の細くたなびきたる 枕草子で最も有名な『春はあけぼの』から始まる冒頭部分。 実はこの枕草子冒頭部分にこそ、清少納言のライティング術が如何なく発揮されているのです。 春はあけぼのから見えてくる枕草子ライティングの真骨頂。 清少納言が繰り広げる情景描写の素晴らしさをお伝えします。 春はあけぼの ではまず、『春はあけぼの~』の意味を現代風に訳してみましょう。 春は明け方が趣がある! 徐々に白み始める空、 遠くに見える山の稜線が少しだけ明るくなり始める風景。 その周りに紫がかった細い雲がたなびいている景色はとっても風情があります。 このようになります。 簡単に言うと、春の明け方を切り取った情景描写ということになります。 少し遠くに見える山の稜線から朝日が顔を覗かせた瞬間の風景です。 では、この描写の注目すべき点を確認していきましょう。 鮮やかな色の描写で視覚的効果を狙う 現代語訳の2行目を見てみましょう。 徐々に 白み始める空、 遠くに見える山の稜線が少しだけ明るくなり始める風景。 注目したいのは、上で示した赤字の部分。 『白みはじめる空』 『白』という明確な色が登場します。 これがとっても重要です。 『白』という具体的な色を表現することで、読み手は頭の中でその情景をハッキリとイメージ出来るようになります。 例えば・・ 『明るくなり始めた空』という文章があったとします。 なんとなく情景は思い浮かぶけど、それがどのくらい明るいのか?空の表情はどんな感じなのか? 『明るい』という事実は分かりますが、具体的な情景は読み手によってバラバラになってしまいます。 では『白みはじめる空』はどうでしょうか。 空に少しだけ太陽が顔を出す。 すると暗闇だった空が徐々に白くなり始める。 『白』という具体的な色を表現することで、太陽が顔をだした瞬間の情景が想像できます。 単なる文章が、色を入れることにより、読者がその情景を想像しやすくなります。 ではもうひとつ見てみましょう。 その周りに 紫がかった細い雲がたなびいている景色はとっても風情があります。 ここでは『紫』が登場します。 夜明けの余韻がまだ残る真っ暗な空。 山の稜線は太陽が顔を出し、白くなり始めている。 文章の中に色を織り交ぜることは、読み手が視覚的にイメージしやすくなるので、とっても効果的なのです。 動きがあることで情景を想像できる もう一度2行目を見てみましょう。 徐々に白み始める空、 遠くに見える山の稜線が 少しだけ明るくなり始める風景。 今度は別の部分を赤字にしてあります。 『徐々に』と『少しだけ』です。 これになんの意味があるのか? 実はこれ、読み手が頭の中で想像する上でものすごく重要な事なんです。 『徐々に』と『少しだけ』、この言葉が入ることで情景に動きが出ます。 文章に深みが増します。 試しに『徐々に』と『少しだけ』、さらに『色』の表現を消してみましょう。 遠くに見える山の稜線が明るくなり始める風景。 なんか味気なくないですか? これに『徐々に』や『少しだけ』を加えると表現に動きが付き、どんな状況なのかがイメージしやすくなります。 さらに『色』を入れることで、視覚的にもイメージしやすくなります。 徐々に白み始める空、 遠くに見える山の稜線が少しだけ明るくなり始める風景。 こんな感じで、『動き』と『色』を追加することで、とっても深みのある文章にすることが出来るんです。 例えばこんな表現 では、清少納言のライティング術を参考に、いくつか例を挙げてみましょう。 意識的に情景を表現している箇所を太字にしてみます。 目の前には、汚いポストがある。 目の前には、 少し古びた赤いポストが 佇んでいる。 夕暮れ時の空。 太陽が沈みかけ、 オレンジ色に染まる夕暮れ時の空。 足元には大きな穴が開いている。 足元には 吸い込まれそうなほど真っ暗で巨大な穴が 口を開けている。 綺麗な海が広がっている。 水面が光を反射してキラキラ輝き、 真っ青な海が どこまでも続いている。 どうでしょうか? 2. の方が情景をイメージしやすいのではないかと思います。 こんな感じで表現すると、文章がグッと引き締まりますよ! 清少納言の情景描写 枕草子で最も有名な『春はあけぼの』 小難しい単なる古典と思いきや、その中身には現代でも通用するライティング術が散りばめられています。 一日24時間が自由に使える『趣味三昧な毎日』を実現する秘訣はコチラ 電子書籍無料配布中!.

次の