さ が とこ アプリ。 webとアプリの良いとこどり!ハイブリッドアプリとは

Windows版アプリ ダウンロード

さ が とこ アプリ

ソフト名 どこでもキャビネット Windows版アプリ バージョン 2. exe サイズ 3. 50MB 著作権者 株式会社大塚商会 対応OS Microsoft Windows 8. メモリ• 対応OSのWindows 8. どこでもキャビネットをインストールするには. NET Frameworkのver4. 2以上が必要となります。 インストールされていない場合は、マイクロソフトのページよりインストールしてください。 本アプリは新規インストール用です。 既にインストール済みのお客様はアプリからのバージョンアップ通知、または「最新版の確認」メニューを利用してアップデートしてください。

次の

‎「白いとこ歩いたら死亡」をApp Storeで

さ が とこ アプリ

textwellでブログのアウトラインも作れるし記事を書くこともできる 色々な顔に変身する万能テキストエディタアプリ 「」これが本当に素晴らしい。 本当に様々なことがこのアプリ一つで可能です。 ただ、記事を書くだけではありません。 テーマについて調べたり、構成を考えたり、出来上がった文章の順番を修正したり いろいろなシーンで様々なアクションが役に立ちます。 なんていうか、 アプリの中にさらにアプリがあるみたいな感覚になります。 私は、ブロガーと言うよりも キュレーションのような感じでまとめるようなブログも持っています。 そんな時にとても役に立つのが今回紹介する「textwell」。 このtextwellにはかなりお世話になっています。 このエディタは、アクションを使うことにより (色々な人が開発してくれている) 様々な顔を持つまさに「万能」テキストエディタに生まれ変わります。 今回は、各アクションの紹介もしつつ どのような使い方が考えられるのかを色々と見ていきたいと思います。 カスタマイズができすぎるのでこれさえあれば他はいらない 「どのアプリもできることとできないことがある」 今まで、様々なテキストエディタやマインドマップ系のアプリ そして、アウトライナーなど試してきましたが、やはりどれも機能は一長一短なんですよね。 「複数のアプリを使うと移動するのが面倒」 そして、iPhoneの1番の弱点はアプリケーションの間の移動です。 考えたときに、1番便利なのはEvernoteに全て集約してしまう事でした。 しかし、Evernoteには ・文字の大きさが設定できない ・ iPhoneやiPadのアプリでは現在の文字数がわからない などの欠点があります。 「とても素晴らしいけどここだけが足りない」 どんなアプリにもこのような不満がありますよね。 「textwellはアクションによって、様々なアプリの良いとこ取りができる」 もちろん、専門に開発されたアプリケーションのように複雑なことができません。 しかし、シンプルな機能をアクションの中に組み込むことで あら不思議!ただのテキストエディタがとんでもないことに いってみればtextwellの中にアクションと言う名前の「アプリ」が入っているような感じでしょうか。 「例えば、行間や段落をアウトライナーのように色を可能にしてくれるアクション」 そして、これはiPhone全体に言えることですが いちど書いた文章を移動するのはとても大変。 おそらくみんなが思ってることだと思います。 震える指先で、なんとかテキストを選択 そして、「カット」をタップして切り取った後に移動したい場所に貼り付ける。 1つや2つならまだいいです。 しかし、これらの作業複数回やろうとするとかなり骨が折れます。 行間や段落のみになりますがtextwellはこれらの文章の色もスワイプするだけで簡単に行うことができます。 ということで、かなり簡易的なアウトライナーとしても使用できます。 アウトライナーとしての役割 普段はテキストエディタなのですが、 このアクションを組み込むことでアウトライナーに返信します。 文章のアウトラインの作成。 要点をまとめる。 こんな使い方も簡単にできてしかも スマートフォンにとっては1番のネックの文章の並び替えまで簡単にできてしまいます。 もちろん、純粋にアウトライナーではないので 階層をもたせたりといった難しいことはできませんが 本当に要点を書き出したり見出しの作成だけしたい場合は このアプリケーションはぴったりです。 写真参照。 しかもそのエディタ上で編集も可能! 通常この手のビジュアルエディタはプレビュー専用でそこで編集はできないものなのですが このアプリケーションのアクションではそれができてしまいます。 確かこのようなモードで編集できるのは「するぷろ」のみだったと思います。 このブログビューを表示してしまうと文字の大きさは調節できませんが それでも、全体の構成や重要部分の太字などを確かめるときには役に立ちます。 「テキストエディタが編集できるビジュアルエディタに早変わり」 文字の大きさにも柔軟に対応しています これはアクションではなくtextwellにあるデフォルトの機能。 アクションを使わない通常モードであれば文字の大きさも自由自在に変更できます。 あなたはiPhoneを使ってテキスト入力をする時 長文を書きたいのに文字が大きすぎる こう思った事はないですか? 私もずっと不満に思っていた1人です。 iPhoneは、文字を入力する キーパット出してしまうと画面の半分位がそれにとられてしまうんですね。 iPhone 6 Plusになって多少は改善されましたが、 それでも メモではなく、ブログの記事を書く人にとっては そもそもの使用領域が少な過ぎるんですね。 そして、何も考えられてないのか 文字のサイズを変更できるテキストエディタアプリが少ないこと少ないこと。 そんな中で、textwellは文字の大きさを大きくしたり小さくしたりできる 文字が小さくなって、 全体が見渡せるようになり文章の前後のつながりがわかるようになります。 これにより、より修正等もやりやすくなります。 これももちろんデフォルトです。 記事を書くときに、 今どれぐらいの文字数を書いているのかを確認できるのはものすごく重要なことです。 これがないと、 ダラダラとわけのわからない文章書いてしまったり、 無駄な時間を費やしてしまうことになりかねません。 textwellは当たり前ですが文字数も表示してくれます。 その他であれば、段落の数やキーワードの数も表示してくれます。 しかし、これははっきり言ってあまり使用しません。 最近は、文字数を表示してくれるエディターアプリも多くなってきました。 ぜひとも、EvernoteのiPhone版にも文字数カウントを設置してもらいたいところですね。 このアプリさえあれば調査したいキーワードを 1行ずつ並べて置いてそれを順番にGoogleなどで検索することが可能です。 (アプリ内のブラウザが開きます) 例えばですが検索したいキーワード キャベツダイエット 糖質制限ダイエット バナナダイエット おからダイエット スムージーダイエット このように、Googleで調べたいキーワードを1行ずつ並べておけば いちいち検索窓に入力することなくその行にカーソルがあるだけで検索してくれます。 写真のように、iPhoneだけでどんどん検索して行くことが可能です。 今回はたった5行ですが、これが20、30とキーワードの数が増えていくとともにかなり重宝します。 そして、面倒なアプリ間の移動もなく 全てテキストエディタ内で完結することができます。 これもかなりポイントが高いです。 ただし、iPhoneは細長いのでちょっと厳しいかもしれません。 iPadならちょうど良いです。 私は、何かについて調べるときは Yahoo! 知恵袋の文章をとりあえず30個ほど読んでみる そしてGoogleに検索をかけて上位10サイトを目視する。 このような事を行っています。 マクロを使って知恵袋の文章は自動で抽出していますが、 例えばこの文章を読み込んで、 縦に2画面分割をして読みながら重要なポイントだけ抽出していくと言うことをも可能です。 ちょっとやってみた やはり、iPhoneでは縦に細くなりすぎて文字が細切れになり読みにくくなりますね。 このアクションはiPadを持っておられる人はかなり重宝すると思うのでいちど使ってみてください。 アクションをダウンロードするたびに 使用する用途が1つ増えてしまう恐ろしいアプリです。 もちろん、ブログを書く、小説を書く メモアプリでもいいと思いますが、アイディア次第で色々と可能性が広がるのはワクワクしますよね。 このアプリはユニバーサルアプリなので一回の購入のみでiPhoneとiPad両方で使うことができます。 ただ文章を書くだけでなく 構成を考えたり、修正したり、要点を抜き出すことだけに集中したり アイディア次第で様々な使い方をすることができます。 行単語ごとの検索なんて、もはやこの上ない便利な自動アクションの1つです。 たぶんパソコンでやるよりも便利なはず。 このアプリ1つあるだけで本当にいろいろなことができるので、まだ未購入でダウンロードされていない方は是非!!.

次の

アプリ開発のそこんとこ。

さ が とこ アプリ

エンジニアやプログラマなどのIT技術職の魅力は、自分のスキルや知識が仕事に活かされる、さらにはイメージしたものを現実に作り出せるところにあります。 今となってはなければ生活が成り立たないパソコンやスマートフォンも、誕生してから100年も経っていません。 しかし、現代にあって当然のものとなり、誰もが恩恵を受けています。 中でも暮らしを便利にしてくれるのがアプリで、スマートフォンを持っているだけでは使える機能が限定されてしまっています。 ですが、アプリを加えることで可能性が広がっていき、暮らしの役に立ってくれるのです。 このアプリ開発に重要となるのがIT技術職で、需要は高く職に就くのを希望する人も多くいます。 それではIT技術職の適性は何かというとスキルや知識、集中力なども大切ですが、最も必要とするのはイマジネーションです。 実のところスキルや知識は努力次第である程度は誰でも身に着けられるので、必要な適性とはいいにくいでしょう。 求めるのは無から有を生み出すためのアイディアで、イメージを形にしていくことが重要になります。 起業して成功を収めている人は大体が誰も思いつかなかった内容を考え、形にした結果といえるのです。 クライアントから受注するタイプの仕事ならスキルや知識が優先されますが、アプリ開発の場合はイマジネーションが必要になります。 夢想家だと思われている人ほど、適した環境を得られれば才能が開花するので、アプリ開発を行ってみるのも良いでしょう。 もし、イマジネーションが不得手でもアプリ開発を行ってみたいのであれば、 を参考にしてみるのも良いかもしれません。

次の