逆seo 業者。 逆SEOと風評監視によるネット誹謗中傷対策 |株式会社エフエーアイ

Google検索から情報を削除する申請に偽造が多数発見…逆SEO業者の仕業か?

逆seo 業者

会社名の誹謗中傷に対応 会社名で検索したときに、ネガティブなサイトが表示されるのは、たいへん困りますよね。 事実が書いてあるのならまだしも、事実ではない内容の書き込みが検索のトップに来ると、経営にとって大きな損失になります。 そこで、企業としては、こうした誹謗中傷サイトが上位に表示されないように、社名でのSEOを展開していく必要があります。 この施策を「逆SEO(ぎゃくエスイーオー)」といいます。 逆SEOとは 逆SEO対策とは、会社名や個人名で検索したときに表示される誹謗中傷サイトの順位を下げることです。 GoogleやYahooで検索したときに、検索の1ページ目や2ページ目に誹謗中傷サイトが表示されると風評被害につながる恐れがあります。 そこで、逆SEO対策サービスを利用し、迷惑なサイトの検索順位を押し下げることが検討課題になります。 とりわけ、2ちゃんねる(2ch)などの掲示板やブログ、twitterなどSNSでの誹謗中傷(名誉毀損)に対して、逆SEOはたいへん有効な手段となります。 検索でブランドの露出を増やす 企業のレピュテーション・マネジメント(レピュテーション対策)にとって、逆SEOは最重要施策の一つです。 ネット上の評判管理は、「やらせ」や「ステマ」では成功しません。 かえって炎上を招くだけです。 もっとも確実な方法は、自らが保有・管理するドメインを検索上位に表示させ、 事実無根の誹謗中傷や営業妨害を受けたとしても、 それがクライアントや多数の消費者の目につかないようにすることです。 自社でメディアを展開し、会社名やブランド名の露出を増やすことで、レピュテーションリスクや炎上リスクは軽減できます。 それを行うのが逆SEOです。 WEB広報の逆SEOサービスの特徴 独自の技術・ノウハウ WEB広報は、逆SEOに関する卓越した技術とノウハウを持っています。 独自の手法により、GoogleやYahooなどの検索において、誹謗中傷サイトの検索順位を引き下げることができます。 最速の逆SEO対策 WEB広報の逆SEO対策サービスは、短期間で対策を終了させるのが最大の特徴です。 豊富なノウハウとスピーディーな対応により、誹謗中傷サイトの検索順位を最短2~3日で大きく後退させることができます。 また、契約期間は1か月単位となっています。 多くのお客様が、わずか1か月で成果をあげ、逆SEOを無事完了させています。 安い 当社の逆SEOサービスは、料金がたいへんリーズナブルです。 個人名の場合は月3万円~、法人名の場合は月5万円~となっており、業界最安値です。 具体的な料金はその都度、見積もりさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。 クオリティー重視、丁寧で安心な逆SEO 逆SEO対策は、誹謗中傷対策の手段としてたいへん有効ですが、稚拙な対策を行うと、誹謗中傷がさらに拡散する恐れがあります。 また、逆SEOを目的として作成したサイトやブログが、かえって会社のイメージダウンになる恐れもあります。 当社は、クオリティーを重視し、高品質な逆SEO対策サービスを提供しており、荒っぽい対策は行いません。 お客様のビジネスにとって大きなプラス効果のある逆SEOにより、検索対策を成功へと導きます。 豊富な実績とノウハウのある当社に安心してお任せ下さい。 ビジネスのプラスにつなげる 当社の逆SEOサービスでは、誹謗中傷の被害を食い止めるだけでなく、その後のお客さのビジネスの発展に役立つようなサイトを制作します。 誹謗中傷という「マイナス」要因を「プラス」に変える発想で、貴社の事業拡大に貢献いたします。 逆SEO対策の料金.

次の

逆SEO業者が家入一真氏に検索結果の入ったDMを送付!自作自演か?

逆seo 業者

今回のテーマ 今回は、逆SEOの方法について詳しく知りたい人のために、以下の内容をお話します。 元々の逆SEOの意味・役割• 逆SEOに効果はある?6つの方法• 気をつけるべき逆SEOと対処法• 逆SEOは本当に必要なのか• 今後は逆SEOも効果がなくなっていく それでは早速見ていきましょう。 元々の逆SEOの意味・役割 逆SEOは、匿名掲示板での企業の風評被害対策の1つとして始まりました。 風評被害対策とは、掲示板などの監視、風評被害発言の削除申請、そして逆SEO対策です。 たとえば、会社や個人に対する誹謗中傷や名誉毀損が書かれたWEBページが上位表示されていると、大きな迷惑を被ったり、被害を受ける企業や人がいます。 そのため、わざと索順位を下げる施策を行います。 そこから、ライバル企業の検索順位を下げる方法に使われたり、犯罪者が自分の前科を隠すために使うようになりました。 以下のように。 逆SEOのことを知って、「ライバルに逆SEOすれば……。 」と考えた人もいるでしょう。 ただ、本当に逆SEOには効果はあるのでしょうか。 逆SEOに効果はある?6つの方法 逆SEOは、SEOの知識さえあれば、その逆を行えば良いだけなので、比較的簡単に行えます。 該当ページより上位表示するページを大量作成し、相対的に順位を落とす• コピーページを大量作成し、該当ページに大量の被リンクを貼って評価を下げる• 該当ページのコピーページを大量作成し、検索エンジンにスパムだと認識させる• 該当ページをクラックしてウィルスを仕込み、検索エンジンの評価を下げる• Googleに該当ページを不正なサイト申請して、インデックスから削除する• 該当ページのライバルに優良被リンクを貼り、相対的に順位を落とす 該当ページより上位表示するページを大量作成し、相対的に順位を落とす 該当ページより上位表示するページを大量に作成し、長期にわたって上位表示をさせるのはとても難しいはずです。 しかも、相当コストがかかるため、あまり現実的な方法ではありません。 コピーページを大量作成し、該当ページに大量の被リンクを貼って評価を下げる これは3つの結果が考えられます。 低評価ページからの被リンクのため、思惑通り該当ページの評価が下がって順位が落ちる• 被リンクが低評価を受けなかったため、該当ページの順位が一時的にせよ上がってしまう• 低評価なページからの被リンクが無視されて、該当ページの順位は何も影響を受けない 今後のGoogleの対応は、低評価・評価に値しないリンクは無視する方向性なので、3番目になるかなと思います。 つまり、この逆SEO対策は意味がなくなるということです。 該当ページのコピーページを大量作成し、検索エンジンにスパムだと認識させる この方法は、該当ページがいつ作られたページなのかも影響します。 比較的新しく作られたページだとスパム認定されることもありますが、古いページだと後から作られたコピーページのみがスパムと認識される可能性が高くなります。 該当ページをクラックしてウィルスを仕込み、検索エンジンの評価を下げる もし可能であれば、これは厄介です。 クラックと書きましたが、もうひとつはウィルスを仕込んだサイトリンクを踏ませ、感染させる方法です。 これはGoogleアナリティクスなどから辿ることで可能になります。 怪しい被リンクはむやみにクリックしない方が良いですし、明らかなスパムサイトからの被リンクはを使って、拒否した方が良いでしょう。 Googleに対して該当ページを不正なサイト申請して、インデックスから削除する スパムページとしてGoogleに申請する方法ですが、該当ページがまっとうな運営をしていれば、まったく影響を受けることはありません。 該当ページのライバルに優良被リンクを貼り、相対的に順位を落とす これは「該当ページより上位表示するページを大量作成し、相対的に順位を落とす」に近く、やや実行しやすい手法だと思います。 ただ、優良な被リンクを用意することがどれだけ難しいかは考えればわかります。 気をつけるべき逆SEOと対処法 さて、あまり効果が高いとは言えなそうな逆SEOの方法ですが、1つだけ注意するのは「コピーページを大量作成し、該当ページに大量の被リンクを貼って評価を下げる」です。 あえてコピーページと書きましたが、これはリンク業者から有料リンクを買って、該当ページに被リンクしても良いわけです。 実行されると、数千単位の質の悪い被リンクが一気に貼られてしまいます。 逆SEOは本当に必要なのか わたしの知人の話ですが、ある事件に巻き込まれて冤罪で加害者認定されてしまいました。 しかも、地方テレビでも実名報道されました。 その人は、真面目に商売をしている普通の人です。 後に冤罪とわかって警察やテレビ局から謝罪されたのですが、一度流れた情報は取り消すことができず、WEB上に拡散されました。 拡散された不名誉な情報は、これからもネットデブリとして残り続けます。 これらの書き込まれた情報があるWEBサイトや掲示板などをあたり、おおよそ削除した上に、すでに管理者がいない自動ニュースサイトやデータ削除を断るサイトに対して逆SEOをした場合、1,000万円以上費用がかかると言われたそうです。 その人は、商売に支障が出ると困るという理由で、業者に仕方なく1,000万円支払ったとのこと。 話を聞いたのは、すべて済んでからです。 犯罪者の過去のネガティブ情報、ライバルを蹴落とす目的の逆SEOはいらないと思います。 ただ、冤罪は一度情報が流れてしまうと取り返しがつきません。 また、妬みなどによる企業や個人の誹謗中傷も同じです。 間違った情報を流したマスコミやメディアは、何もしてくれません。 ましてや、情報を拡散した人たちは、謝りもしません。 そのため、効果があるなら、必要な人もいるのだろうと感じた話でした。 ただ、逆SEOをお願いすると高いですけど。 今後は逆SEOも効果がなくなっていく おそらく今後は、逆SEOも効かなくなっていくと思います。 その証拠に、以前は被リンクによって順位の上下が割と簡単に行えましたが、今はそこまで簡単ではありません。 たとえば以下のような質の悪いリンクは、ペナルティではなく無視をするという流れにシフトしているようです。

次の

逆SEO業者の選び方

逆seo 業者

検索結果の順位を押し下げることから、上位に表示されるようにするSEO対策の逆ということで「逆SEO対策」と呼ばれています。 他に、「リバースSEO」「ネガティブSEO」などと言われることもあります。 次の図は、2019年の検索結果の順位別クリック率を表したグラフです。 つまり、 検索結果にネガティブサイトが存在していても、順位が低ければほとんどクリックされないということです。 逆SEO対策は検索結果の順位を下げ、クリックされにくくい状態にすることができるため、ネガティブサイトの対策として有効と言われています。 逆SEO対策は時間がかかる!対策期間の目安 逆SEO対策にかかる期間は、どのようなキーワードで対策したいか、どのくらいネガティブサイトが上位化しているか、といった状況によってまちまちです。 数か月から、長い時には1年以上施策を続けることもあります。 いずれにせよ、 数日や数週間といった短期間で結果を出すことは難しく、時間のかかる施策です。 逆SEO対策にかかる費用の目安 費用についても、対策するキーワード、どんなネガティブサイトか、検索結果の順位状況などによって前後します。 料金体系は月額制であることがほとんどですが、中には成果報酬制(ネガティブサイトが一定の順位以下になった場合にのみ費用が発生する)を取っている業者もあります。 どんな時に逆SEO対策を検討すべき? 逆SEO対策は、 ネガティブサイトが検索結果に表示されていて、名誉が傷つけられたり会社のイメージダウンに繋がる恐れがあったりする時に行われる施策です。 一見ネガティブサイトへの対処としては削除の方が確実に見えますが、時には逆SEO対策の方が適しているケースも存在します。 どんな時に逆SEO対策を検討すべきなのか、解説していきます。 ネガティブな情報が削除できない時 ネット上に書かれたネガティブな情報は、必ずしも削除できるとは限りません。 書き込みがされたブログや掲示板などの利用規約に違反していたり、法的に問題があったりしなければ、 弁護士に依頼したとしても削除は難しくなります。 検索結果からの削除でも同様のことが言えます。 ほかにも、ネガティブな情報が掲載されているのが海外サイトである、海外のサーバが利用されているといった場合も削除のハードルが上がり、削除ができない場合があります。 一方、逆SEO対策を行う際は、利用規約や法律に違反していることを示す必要がありません。 そのため、違法性がなく、規約違反にも当たらないため情報が削除できない、といった場合に逆SEO対策が有効です。 また、逆SEOでは、海外サイトであるかどうかといった点は問題になりません。 削除によってより被害が大きくなる懸念のある時 ネガティブな情報を削除することで余計に誹謗中傷や炎上が激しくなる懸念がある時は、逆SEO対策で目立たなくする方法が取られることもあります。 ネガティブな情報の削除依頼をすると、サイトによっては削除を依頼した履歴が残ることがあります。 削除依頼が出ていることにネガティブな情報を書き込んだ相手が気づいた場合、「火消し」(インターネット上の中傷や炎上などをもみ消すこと)が行われていると感じるかもしれません。 相手によっては、さらに中傷などをエスカレートさせる懸念があります。 逆SEO対策であれば、削除をするわけではないため履歴が残りません。 相手を刺激せずに、ネガティブな情報を目立たなくすることが可能です。 削除と何が違う?逆SEO対策のメリット・デメリット 削除とは違うアプローチでネガティブサイトに対処できる逆SEOですが、削除との違いは具体的にどんなところなのでしょうか。 メリットとデメリットを挙げながら解説していきます。 逆SEO対策のメリット 逆SEO対策の主なメリットは次の3つです。 逆SEO対策のメリット• 削除の痕跡を残さず、ネガティブな情報を目立たなくできる。 違法性のあるものや規約違反に当たるものに限らず対策が可能。 ポジティブな情報が検索結果の上位に表示される。 まず1つ目のメリットは、 削除した痕跡を残すことなく、ネガティブサイトを目立たなくできることです。 削除を依頼するとその痕跡が残ってしまうことがあり、場合によっては誹謗中傷や炎上がエスカレートすることが懸念されます。 逆SEO対策は削除をしないため、痕跡が残ることがありません。 2つ目は、違法性があるものや規約違反の投稿に限らず、幅広いネガティブな情報に対処できる点です。 サイトから情報を削除してもらう際は、法律や利用規約に違反していることを示す必要があることがほとんどです。 一方、逆SEO対策にはそのような要件がなく、 削除が難しい場合でも対処できることがあります。 3つ目は、ポジティブな情報が検索結果の上位に表示されるようになる点です。 逆SEO対策の施策には、ユーザーの知りたいことを網羅したポジティブなサイトを新しく作成して、ネガティブなサイトよりも上位化させる、というものがあります。 その結果、ネガティブサイトが目立たなくなる上、 ポジティブなサイトが検索結果の上位に表示されることになるため、ブランディングにも効果的と言えます。 逆SEO対策のデメリット 逆SEO対策はあくまで「ネガティブサイトの検索結果の順位を下げ、目立たなくする」施策です。 情報自体を削除するわけではないため、目立たなくなっても情報はネット上に残り続けます。 そのため、 ブックマークからのアクセスや、リンクを辿ってのアクセスを防ぐことは不可能です。 ネガティブサイトへアクセスされるのを完全に防ぎたい場合は、逆SEO対策ではなく、弁護士に依頼するなどして情報を削除するしかありません。 もう一つ気を付けたい点が、逆SEO対策は必ず成功するとは限らないということです。 検索エンジンが順位を決定するために用いるアルゴリズムは非公開となっており、思い通りに順位を上げたり下げたりすることは業者にもできません。 「確実にネガティブサイトを押し下げられる」などと言っている業者の場合、スパム等のブラックな手法を使っている懸念があるため依頼するのはおすすめしません。 逆SEO対策の手法とは? 逆SEO対策の主な手法は、上位化しても問題のないサイトにSEO対策を施し、ネガティブサイトより検索結果の上位に表示させるというものです。 こうした施策によってネガティブサイトの順位を押し下げ、ユーザーの目に触れる機会を減らすことができます。 保有している既存のサイトのSEO対策をする 自分で保有しているサイトがあれば、SEO対策をして検索順位を上げることで相対的にネガティブサイトの順位を押し下げることができます。 サイトのアクセスを増加させることにも繋がりますし、SEO対策がうまくいっているサイトは財産にもなります。 サイトの編集ができれば自分で行うことも可能ですが、SEO対策の専門的な知識が必要です。 また、 保有しているサイトが少ない場合は十分にネガティブサイトを押し下げることができません。 新しくサイトを作成してSEO対策をする 現在逆SEO対策業者が行う施策として主流になっているのが、新しくサイトを作成した上でSEO対策を施し検索順位を上げ、ネガティブサイトの順位を押し下げるというものです。 この施策を行う場合は、サイトを立ち上げる手間がかかる上、質の高いコンテンツの作成やSEO対策の知識も必要になります。 専門性が高く個人で行っても成果を出すのが難しいため、業者に依頼するのがおすすめです。 まとめ|逆SEO対策とは削除できない時に有効な対処法 逆SEO対策とは、 ネガティブサイトの検索結果の順位を押し下げることで目立ちにくくするという施策でした。 ネガティブな情報を完全に消し去ることはできませんが、様々なケースに対応でき、ブランディングにも効果があるといった特徴があります。 削除するのが難しいネガティブサイトや誹謗中傷でお悩みなら、逆SEO対策を検討してみてはいかがでしょうか。

次の